精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love

<   2012年 05月 ( 61 )   > この月の画像一覧

そらさんの「ときどき海沿い便り」

◇その6…「酒米田植え体験会」

 あちこちでカエルの鳴き声が賑やかになると、田んぼには早苗が植えられて景色が少し変わります。
 先日、釜石市にある(株)浜千鳥さんの「酒造り体験塾」今年度一回目として、酒米の田植え体験会が大槌の田んぼで行われました。
a0103650_23515144.jpg

 色々なご縁がありまして、こちらの体験会に数年前から仲間たちとお手伝いさせて頂いています。
 朴の葉にお赤飯を包み、昔農作業時のおやつにされていた「田の神」と、豚汁を、お昼用に作ります。
a0103650_2352933.jpg

 体験会参加の皆さんは、田んぼ2面に分かれて一列に並び、苗を3本ずつつまみ、少しずつ植え進めます。大人も子供も泥に足を取られながら、作業を満喫されていた様でした。
 お天気に恵まれて、体験会や片付けまで順調に進み、良い一日になりました。
 あとは秋に行われる予定の稲刈り体験会までに、順調に稲が成長する事を祈るばかりです。
 そして年末あたりには美味しい日本酒になるのを早くも心待ちに ― 。
(2012年5月29日)
by open-to-love | 2012-05-29 23:52 | ときどき海沿い便り | Trackback | Comments(0)
応援してます大槌町…「大槌復興刺し子プロジェクト」

a0103650_20135925.jpg


大槌復興刺し子プロジェクト

針と糸から、復興への糸口を。
手仕事から、未来への働き口を。

仮設住宅で、一日中横になって過ごしていたおばあちゃんも。
仕事を失ったお母さんも。働き盛りの若い女性も。
復興への願いを込めて、
大槌の鳥「かもめ」を一針ずつ刺していきます。
岩手県大槌町発、
一歩を踏み出した女性たちによるプロジェクトです。

※大槌町の友人がプレゼントしてくれました。大切にします(黒田)
by open-to-love | 2012-05-27 20:13 | 応援してます大槌町 | Trackback | Comments(0)
応援してます釜石市…「釜石ラスク」

a0103650_2010620.jpg


※釜石ラスク、これはごま味。売り上げの1%が釜石市に寄付されるんだそうです。

a0103650_21585797.jpg


※そして、ほたて味。買ったのは、釜石ではなく、宮古(川井)の産直やまびこ館でした。
by open-to-love | 2012-05-27 20:11 | 応援してます釜石市 | Trackback | Comments(0)
応援してます釜石市…「手作り駄菓子」

a0103650_2062378.jpg


※作り続けて半世紀、現代に伝える伝統の味。釜石市千鳥町の三陸食品の手作り駄菓子、これは「年輪花林糖」。
by open-to-love | 2012-05-27 20:07 | 応援してます釜石市 | Trackback | Comments(0)
応援してます宮古市…「宮古の塩かりんとう」

a0103650_19582779.jpg


※製造は八幡平市の樋口せんべい店、販売は矢巾のおとぎの里というところですが、「塩の採水地:岩手県宮古市重茂半島」です。味は…次回お茶っこの会をお楽しみに!
by open-to-love | 2012-05-27 19:58 | 応援してます宮古市 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第8回「お茶っこの会」が開かれました

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」の第8回「お茶っこの会」は5月26日(土曜日)午後1時半〜4時、盛岡市若園町の市総合福祉センター1階レクリエーション室で開かれました。今回は六魂祭と日程がバッティングしたため、参加を断念した方もいましたが、それでも盛岡市内を中心に27人が参加しました。
 お茶菓子は、恒例の沿岸名物でした。

a0103650_2342199.jpg


差し入れもありがとうございました。

a0103650_23422996.jpg


a0103650_23424210.jpg


 3つのグループ分けをして、自己紹介して、お茶飲んでお茶菓子食べて少し和んだら、いよいよヨガ。ゲストは紺野真理子先生。前回のお茶っこの会でもみんなでちょっとだけ呼吸法をやってみましたが、すごく好評だったので、あらためて、お願いしました。
 紺野先生の肩書きは、全米ヨガアライアンスインストラクター、インド政府公認YICヨガインストラクター、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー、日本メディカルハーブ協会メディカルハーブコーディネーター、環境カオリスタ、岩手県生涯学習指導者。なんか、ものすごいです。
 ヨガの歴史を交えながら、呼吸法に始まり、気軽にできるヨガを楽しくみんなでやりました。
 両手を広げ、上半身をずーっと後ろへ…。先生の見本。なんか、ふわっと、素のままの美しさを感じる動きでした。

a0103650_23595619.jpg


 体を感じ、呼吸を感じ、「今、ここ」を感じるヨガ。リラックスしたら、ふたたび、お茶っこ。アロマもちょこっと楽しみました。
 紺野先生、どうもありがとうございました。みなさんからもすごく好評でした。またそのうち、よろしくお願いします(黒田)
by open-to-love | 2012-05-26 23:56 | お茶っこの会2012 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第8回「お茶っこの会」アンケート集計

(2012年5月26日・盛岡市総合福祉センター)

参加:27人
アンケート回答:18人

Q1.紺野真理子先生のヨガはいかがでしたか?

◎軽く出来て良かった。気持ちが良かった。
◎簡単な動きで良かった。
◎大変ためになった。
◎心がリラックスできた気がします。紺野先生の説明も分かりやすく、楽しめました。
◎体調が良くなった。
◎楽しかった。
◎よかったけど、身体の悪い参加者が数名いたので、気を付けた方がいいと思った。
◎簡単で家でも気軽にできそうです。ほどよい疲れでした。
◎ヨガはリラックスする。効果は非常に高いと感じました。
◎ゆっくりで、取り組みやすかった。
◎とても気持ちよかったです。他でやってるヨガとはひと味ちがったものがありました。
◎体を使ったリラクゼーションも、なかなか楽しかったです。とても気持ちよくなりました。
◎呼吸法はとっても気持ちが良くて、からだとこころがすっきりしました。おなかを使って呼吸をしたり、手を挙げる動作をしただけでも気持ちがよかったです。ありがとうございました。
◎気軽にできるストレッチの手法ということで、動きがあまり良くない時に試してみようということが増えた気がする。
◎遠くから盛岡に来るだけで疲労し、ヨガが効くには至らなかった。
◎ヨガも楽しかったですが、インドの話も少し聞けたのがよかったです。
◎すばらしい!

Q2.「ハートネットのこれから…いろいろあります」について、感想やご意見、お願いします。

◎沿岸などへ行くなら私も連れていってほしいです。
◎私が何をしたら良いか、又は何がしたいかがぼんやりとしていた。分からなかった。
◎時間とお金の都合がつくなら、ぜひ参加したい。
◎ハートネットが大学での講義や、外部でも活動していることを初めて知りました。心の病を持った人たちが暮らしやすい社会に近づければいいと思いました。
◎PNPPの後継企画、楽しみにしてます。
◎いろいろな関わりの中でこそ発見することがあると思うので、良いことだと思います。
◎組織的に落ち着いていれば、範囲を広めてもいいけど、余裕はないと思う。
◎いつも楽しいことや新しい情報がたくさんで、癒やされます。
◎大変興味深く読みました。私もお手伝いできることがあればします!
◎コンボの事業に興味あります。何かあったら力になりたいと思います。
◎今回を講座を参考にして、健康に気を配っていきたい。
◎当事者の外のコミュニティとどうつながりを作り直すかを考えています。参考になりそうな取り組みを入れていただければありがたいです。
◎広い岩手で各地で自助グループが震災が起こって以来増えて、そのモデルケースにハートネットがなっている感じがする。その点で、各地のグループとの結び付きの役割がこれから求められているのではないかと思う。
◎ハートネットの手法を、私の住むへき地にも伝えてほしい。
◎協力できることがあったら声掛けてください。他県の方との交流もできるといいです。
◎いろいろありますねェ~。皆さんと話し合って決めたいですね。

Q3.お茶っこの会が、もっと和めて、安心しておしゃべりできる場になるために、あなたはどんなことができるかな~と思いますか? 例会でどんなテーマを期待しますか?

◎私のトークライブを開きたい。
◎難しい。
◎就職、結婚、恋愛
◎医師、病院との相性
◎人の会話にズケズケと入っていけない。
◎今すぐには思い付かないですが…音楽療法とか?
◎初参加です。周りの人たちとの接し方は、とりあえず普通に接しました。みなさん普通に話してくれたので楽しかったです。
◎体を動かすこと。
◎お菓子の提供。
◎どんなことでみんな悩んでいるのか、困っているのか、分かるといいですよね。
◎国、県、市としてのレベルの障害の話のできる例会にした方がいい。
◎今度考えてきます。
◎みなさま、リラックスして参加でき、たいけんよいところだと感じました。
◎会の進行や会場設営などでお手伝いできる事があればしたいです。
◎今回のヨガのような、何かちょっと違った視点からの企画は新鮮で楽しいです。
◎チラシのデザインで、少しでも「なごみ」を届けることかな。
◎発言はあまり多くない私ですが、笑顔や声で、なごんでくれるとうれしいな、と思います。
◎大きいお祭りと日が重なって、いつもより少ない人数だったが、いつもと変わりない話の盛り上がりだったと思う。
◎障害者と呼ばれることがどうしても腑に落ちない。〝害〟を抜いて〝障者〟あるいは〝疾患者〟じゃだめですか。私以外の人も〝障害者〟という呼ばれ方に抵抗あると言ってる人はたくさんいる。言霊というように、ネーミングにはパワーがあると思う。軽い問題と思わないでいただきたい。〝障害者手帳〟というのもいかがなものか。疾患者手帳とかに変えた方が良くないか。
◎アロマ講座。
◎介護。

※紺野先生のヨガ、すごく評判いいですね〜。今回もアンケート用紙にたくさん書いていただきましたが、そのうち、プライバシーに抵触しない範囲で紹介させていただきます。(黒田)
by open-to-love | 2012-05-26 23:27 | お茶っこの会2012 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第8回「お茶っこの会」配布資料(事務局より)

a0103650_22404242.jpg


盛岡ハートネットのこれからのこと…いろいろあります
(2012年5月26日・盛岡市総合福祉センター 第8回お茶っこの会配布資料)

【当事者ネットワーク活動】

◎精神障害者ピアサポートグループ育成事業の構成団体に

 ピアサポートグループの立ち上げ方や参加者の集め方、会の運営の方法などの訓練を行うリーダー養成研修会の開催やモデル事業の実施、インターネットでの交流や情報提供を行うためのサイトの立ち上げを実施する、NPO法人地域精神保健福祉機構・コンボの事業です。
 具体的には、①全国のピアサポートグループ把握調査②ピアサポートリーダー研修会(9月、都内、参加者50人程度)③仙台・東京・大阪・福岡地区でモデル事業④交流・情報提供のためのウェブサイト構築-をするそうです。昨年12月・盛岡駅前アイーナで開催の「ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト」の後継企画とのこと。

 →全国に構成団体を募るそうで、岩手(東北?)はハートネットが窓口となり、県内各地の当事者会のネットワークづくりと関連付けながら、この事業に協力していきたいと思います。みなさん、ご協力よろしくお願いします。

【家族ネットワーク活動】

◎県立大社会福祉学部精神保健福祉援助実習の講師に(6月27日)

 昨年度も一こまやりました。講師は黒田&ハートネット参加家族。テーマは「家族の視点、家族会活動の視点」。対象はPSWを目指す4年生18人です。

◎精神障害者地域移行支援特別対策事業盛岡地域委員会(盛岡広域圏障害者自立支援協議会退院促進分科会)の委員に

 県の事業を受託した社会福祉法人千晶会(My夢)が、ハートネットに委員会への参加を依頼。主として、家族の立場で参加してほしい、とのこと。委員会は年に4回で、それとは別に、家族のつながり作りのイベントも計画している、とのこと。

◎レインボーネットの宮古地区精神障害者家族懇談会のゲストに

 昨年度はハートネットが2回、ゲストとして懇談会に参加しました。本年度は3回予定しているとのこと。

【ゆるいネットワーク活動】

◎第18回例会「リカバリー」記録集を刊行します

 次回お茶っこの会までには刊行できるかもです。1冊500円ぐらい? お楽しみに。

◎「さん・Sunねっと」交流会&研修会(6月6日、釜石地区合同庁舎)

 主として沿岸部の自殺予防のための傾聴ボランティア団体のネットワークですが、ハートネットも加盟してます。

※それぞれに、みなさんの率直な感想&意見、よろしくお願いします!(事務局・黒田)

※あと、相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会「相双COCOROニュースなごみ」第2号(平成24年5月吉日 隔月発行 発行元・相馬地域こころのケアセンターなごみ編集部)も配布しました(ブログには収録済です)。原発禍の福島県、特にも沿岸北部の相双地域は、まだまだものすごく大変です。岩手のみなさん、応援しましょう。(黒田)
by open-to-love | 2012-05-26 22:41 | お茶っこの会2012 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第8回「お茶っこの会」収支報告

日時:2012年5月26日(土)13:30~16:00
場所:盛岡市総合福祉センター1階レクリエーション室
ゲスト:紺野真理子さん(インド政府公認YICヨガインストラクター)

【参加者数】27人

♡収支報告

【収入】7130円

内訳
 参加費:7130円(300円×27人)

【支出】11010円

内訳
コピー代:2810円
郵送料 :8200円

【差し引き】マイナス3880円

【第18回例会「リカバリー」からの持ち越し】マイナス1万9954円

【さらに合計…ハートネットのトータル収支】マイナス2万3834円

※開催一週間前の告知になってしまったにもかかわらず、六魂祭とバッティングしたにもかかわらず、たくさんの参加ありがとうございました。切手、お菓子の差し入れ、ありがとうございました。
by open-to-love | 2012-05-26 22:33 | お茶っこの会2012 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便「標準版家族心理教育研修会in市川のお知らせ」

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。今日は「家族心理教育」研修会のお知らせです。コンボと同じ、市川市内にある国府台病院で行われます。そして、第8回精神障害者自立支援賞(リリー賞)受賞者の姿を追ったドキュメンタリーの放映が、いよいよ今週末にせまってきました。
●~●~●~●~●~●~●~●
標準版家族心理教育研修会in市川
 (千葉県市川市)
●~●~●~●~●~●~●~●
【研修会趣旨】
 統合失調症をはじめとする精神障害をもつ人の家族に対する心理教育の基礎的な知識や実施上のスキルを習得できることを目的として開催する2日間の研修会です。統合失調症の家族心理教育は,再発率の低下や家族の負担感軽減などの効果が科学的に実証されています。日本でも,国府台病院で効果モデル(国府台モデル)が考案されています。国府台モデル発祥の地である国府台病院で,情報提供の仕方,グループワークの進め方,スタッフの役割などを体系的に学べる機会ですので,ぜひ奮ってご参加下さい。

【日時】 2012年6月9日(土),10日(日)
【場所】
国立国際医療研究センター国府台病院(千葉県市川市国府台1-7-1)
※ アクセス
  ・ JR総武線 市川駅よりバス約15分 「国立病院前」下車1分
  ・ 京成電鉄 国府台駅よりバス約5分 「国立病院前」下車1分
【対象】
統合失調症の家族心理教育の初心者,これから始めようとしている方
  (職種,経験年数等は問いません)
【参加費】 5,000円+テキスト代(1,800円)
※ テキスト
  NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)より出版されている心理教育の立ち上げ方・進め方ツールキット2(研修テキスト編)を使用します。既にテキストをお持ちの方は,持参頂ければテキスト代は不要となります。
 ・こちらから注文できます →
  https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000074
【申込み締切り】 2012年6月1日(金)
●申し込み方法等の詳細は,コンボのホームページをご覧ください。
 → http://www.comhbo.net/event/report/report_20120507.html
★研修中コンボの書籍を販売します。この機会にぜひお買い求めください。
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
◎いよいよこの日曜日!◎
第8回リリー賞受賞者を取材したドキュメンタリー番組!
『ひとりひとりの輝くあしたへ~精神障害者支援の新しい形~』
5月27日(日) 午後14時30分~15時 @ BS-TBS
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
◯コンボが主催する「第8回精神障害者自立支援賞(リリー賞)」を受賞した4組の精神障害当事者の活動を紹介する番組です。放映はあさっての日曜日!ぜひご覧ください。
◯次回、第9回の募集開始は9月です。自薦、他薦は問いません。募集の案内などは、追ってコンボのHPに掲載します。
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
◎コンボの本◎ ~好評発売中!~
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
『メンタルヘルス相談室 ~問題を解決する経験者たちの知恵~』
→ https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000084
(読売新聞で紹介されました:http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=53922)
『IPSブックレット2 就労支援マニュアル 実践ツール集』
→ https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000086
『心理教育の立ち上げ方・進め方ツールキット 1 (本編)』
→ https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000085
◯今日のメール便でお知らせした家族心理教育研修で使われるテキストの第1巻です。 グループワークの実際の様子をおさめたDVDや教材サンプルなどの、すぐに使えるツールが満載です。
***********************************************************
以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf

特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
http://comhbo.net
http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL 047-320-3870 FAX 047-320-3871
info@comhbo.net (コンボ広報チーム)

http://comhbo-mail.blogspot.com/
こちらで過去のお知らせメール便がご覧になれます。
by open-to-love | 2012-05-26 07:46 | 家族支援 | Trackback | Comments(0)