精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:自殺未遂/自殺( 27 )

コンボお知らせメール便:「もしも「死にたい」と言われたら」~こんぼ亭申込受付中

 盛岡ハートネットのみなさま、コンボのある千葉県市川市では、ここ数日春のようなお天気が続いています。スギ花粉ももれなくついてきます。沖縄ではスギ花粉アレルギーの症状が出ませんでした。それもそのはず、沖縄ではそもそも杉の木の数が圧倒的に少ないのだそうです。

★HEADLINES★
(1) 第57回こんぼ亭 (3/16): 「もしも「死にたい」と言われたら、、、」~事前申込受付中~
(2) コンボ耳より情報:精神科医療のユーザーによる精神科医の評価~調査結果~
(3) コンボ耳より情報:講演会「ごきげんに生きるということ」(千葉県市川市)
(4) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ≪1≫ 第57回こんぼ亭月例会
   『もしも「死にたい」と言われたら、、、』
   2019年3月16日(土)~事前申込受付中~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 3月は自殺対策強化月間です。厚労省が中心となって各地で様々な取り組みが展開されています。実際目の前の人が、あるいは、身近にいる人が、「死にたい、、、」と言った時、私たち一人一人は、何ができるのでしょう? 次回のこんぼ亭では、松本俊彦先生をお迎えし、「死にたい」という気持ちにどう向き合うかについて、お話しいただきます。専門職の方、ご家族の方、当事者の方やピアサポーターの方、行政や教育関係の方、などなど、たくさんの皆様にご参加いただければと思います。
   ☆詳細はコンボのHPから
   → https://www.comhbo.net/?page_id=20704
   ☆案内チラシはこちらから
   → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/02/57konbotei-flier.pdf
   ☆ウェブ申込はこちらから(クレジットカード決済、コンビニ支払い等に対応)
   → https://peatix.com/event/586190
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〇松本俊彦さん (国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 薬物依存研究部部長)
 〇当事者の方、ほか
 ★こんぼ亭亭主(ご案内役):伊藤順一郎 (メンタルヘルス診療所しっぽふぁ~れ;コンボ共同代表)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時&会場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2019年3月16日(土)   
      13:00~15:30 (12:30開場) 
 【会場】 小松川さくらホール 多目的ホール
      (東京都江戸川区小松川3-6-3)
      〇最寄り駅: 都営新宿線「東大島(ひがしおおじま)駅」より徒歩12分
      〇アクセス → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/02/komatsugawa-sakura-hall-access.pdf
 【参加費】 事前申込 3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
        ※事前申込締切: 3/8(金)
 【お問合せ】 認定NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
         TEL: 047-320-3870
         FAX: 047-320-3871
         EMAIL: comhbotei@gmail.com

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪2≫コンボ耳より情報
 「精神科医療のユーザーは精神科医をどう評価しているのか?」
    夏苅郁子先生の調査結果ついに!
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 精神科医療のユーザーである当事者、そして家族は、精神科医をどう評価しているのか?夏苅郁子先生(やきつべの径診療所)が実施したアンケート調査について、2019年2月7日の朝日新聞で紹介されました。
  ◆朝日新聞の記事
  https://www.asahi.com/articles/DA3S13882842.html
  ※有料記事(ご覧いただけるのは冒頭だけ)
 このアンケートは、以前「こころの元気+」に同封し、読者の皆様にも回答にご協力いただいたものです。皆様のご協力に、心より感謝申し上げます。コンボ賛助会員の皆様には、「こころの元気+」2019年2月号(144号)に「精神科医のイメージと能力に関する調査報告」という冊子を同封してお送りいたしました。
  ◆アンケートの結果は、下記サイトでもご覧いただけます。ぜひご一読ください。
  http://natsukari.jp/result/
  ※冊子をとりよせることもできます

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪3≫コンボ耳より情報 ☆NPO法人NECST主催☆
  スポーツドクター辻秀一先生講演会「ごきげんに生きるということ」
     2019年2月23日(土)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 一流アスリートやトップビジネスパーソンのメンタルトレーニングも行っている辻秀一先生に、わかりやすい言葉で「ごきげん」の価値とそれを大切にするコツをお話しいただきます。「悩みが解決できなくて落ち込んでいる」「人間関係のことが気になっている」「もっと飛躍したい、もっと活躍したい」そんな思いをお持ちの方に、きっとヒントが見つかります!
  ◎詳細、ウェブ申込は下記サイトをご覧ください
  https://www.kokuchpro.com/event/gokigen190223/
  ◎チラシ
  http://necst.org/image/event20190223-1.pdf
  ◎申込用紙、アクセスマップ
  http://necst.org/image/event20190223-2.pdf
  ※ 参加費は当日会場受付にてお支払いください。
  ※ 当日参加もできるそうです。
  【日時】 2019年2月23日(土)14:30~16:30(14:00開場)
  【会場】 山崎製パン総合クリエイションセンター
        (千葉県市川市市川3-23-27)
  【お問合せ】
     NPO法人NECST(ネクスト)担当:柴田
     TEL: :047-320-0147
     E-mail: attend@jcptd.jp

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ≪4≫ コンボ★イベント 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎新刊記念キックオフイベント!◎
 『WRAPの集い2019 in市川』
 【日時】2019年3月21日(木・祝)12:30~15:40
 【会場】市川市文化会館 大会議室(千葉県市川市)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=21133
  ☆チラシ
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/02/wrap2019kickoff-flier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://wrap2019-ichikawa.peatix.com/

 ◎アウトリーチ研修会◎
 『これからの地域精神医療・福祉の発展をめざして』
 【日時】2019年3月23日(土) 13:00~17:00
 【会場】長崎ウエスレヤン大学 鮫島ホール(長崎県諫早市)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=21288
  ☆チラシ
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/02/outreach-isahaya-flier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://comhbo-outreach-isahaya.peatix.com/

 ◎第58回こんぼ亭月例会◎
 「老後のことをみんなで考えたい」
 お客様: 川村敏明さん(浦河ひがし町診療所)
 【日時】2019年4月27日(土)
 【会場】荏原文化センター(東京都品川区)
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=21270
  ☆チラシ
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2019/02/58konbotei-flier.pdf
  ☆ウェブ申込はこちらから
  https://comhbotei58.peatix.com/

●~○~●~○~●~○~●~○~●~○~●
 「こころの元気+」最新号の情報はこちらから!
 https://www.comhbo.net/?page_id=20956
 ☆2月号の特集は「なんでこんなに生きづらいんだろう」
●~○~●~○~●~○~●~○~●~○~●

○=========================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○=========================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間6,000円です(2018/4/1改定)
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
   《書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
   《DVDの紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
   《電子書籍の紹介》 https://www.comhbo.net/?page_id=13458
 【寄付を通じて】
   ☆コンボのホームページ(寄付のお願い)
https://www.comhbo.net/?page_id=182
   ☆CANPAN決済サービスのページ
(クレジットカード決済、コンビニ支払いに対応)
https://kessai.canpan.info/org/comhbo/
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○=========================○
  《競輪の補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ●ACT・アウトリーチ及び共同意思決定システムの推進
   ●リカバリーフォーラム発信
○=========================○
  《うるおい日本プロジェクト》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○=========================○
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: https://comhbo.net
Twitter: https://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
Instagram: https://www.instagram.com/comhbo2017/
Blog: https://ameblo.jp/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
 ※メルマガ以外のお問い合わせ等お急ぎの場合はコンボに直接ご連絡ください。
**************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/


by open-to-love | 2019-02-22 00:03 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
デイヴィッド・フィンケル著、古屋美登里訳『帰還兵はなぜ自殺するのか』

(亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ、2015年2月10日)

a0103650_23221915.jpg

 ピュリツァー賞作家が「戦争の癒えない傷」の実態に迫る傑作ノンフィクション。内田樹氏推薦!
 本書に主に登場するのは、5人の兵士とその家族。 そのうち一人はすでに戦死し、生き残った者たちは重い精神的ストレスを負っている。
 妻たちは「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語り、苦悩する。
 戦争で何があったのか、なにがそうさせたのか。
 2013年、全米批評家協会賞最終候補に選ばれるなど、米国各紙で絶賛の衝撃作!
 「戦争はときに兵士を高揚させ、ときに兵士たちを奈落に突き落とす。若い兵士たちは心身に負った外傷をかかえて長い余生を過ごすことを強いられる。 その細部について私たち日本人は何も知らない。何も知らないまま戦争を始めようとしている人たちがいる。」(内田樹氏・推薦文)

 本書に主に登場するのは、アダム・シューマン、トーソロ・アイアティ、ニック・デニーノ、マイケル・エモリー、ジェームズ・ドスターの五人の兵士とその家族。そのうち一人はすでに戦死し、生き残った四人は重い精神的ストレスを負っている。妻たちは、「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語る。戦争で何があったのか、どうしてそうなったのか…。イラク・アフガン戦争から生還した兵士200万のうち、50万人が精神的な傷害を負い、毎年250人超が自殺する。戦争で壊れてしまった男たちとその家族の出口なき苦悩に迫る衝撃のレポート!

デイヴィッド・フィンケル:ジャーナリスト。「ワシントン・ポスト」紙で23年にわたり記者として働き、2006年ピュリッツァー賞受賞。 その後イラク戦争に従軍する兵士たちを取材するために新聞社を辞めバグダッドに赴く。2009年に本作品の前編にあたる『The Good Soldiers』を上梓。
by open-to-love | 2015-05-29 23:24 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:「こころの元気+」3月号早読み!

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。「こころの元気+」3月号が出来上がってきました。会員の皆様のお手元に届くのは15日頃になります。一足お先に、ラインアップをご紹介します。
 ★HEADLINES★
 (1) 「こころの元気+」3月号のご案内:テーマは「消えてしまいたい」
 (2) ピアサポートグループ開催情報
 (3) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 「こころの元気+」3月号
 まんが特集:消えてしまいたい・逃げ出したい
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 3月号は、久々のまんが特集。「消えてしまいたい・逃げ出したい」をテーマにしました。「死にたい」とは違うんです、ただただ、「消えて」なくなってしまいたいんです、という気持ちを、9本の短編まんがと皆様から届いたイラストで、おおくりします。
 【特集1】漫画:『消えたい』キモチ…(工藤アルミン)3人の方にお話を伺ってきました。
 【特集2】漫画:ぼく、消えたぁい…(4匹目の子ぶた)でも長老様は大丈夫と言った。
 【特集3】漫画:やさぐれうつ日記 その3(かがわともこ)今もずーっと逃げ場を探しています。
 【特集4】漫画:本当のキモチ(新月かえる)私さえいなければ!でも本当は、、、。
 【特集5】“消えたい・逃げ出したい私”イラスト編 10人の方からのイラストを一挙掲載!
 【特集6】漫画:下山の道は是上山の道(松葉ヒロ&不知火一城)現実逃避の日々、、、。
 【特集7】漫画:頑張らなくていいよ(SONOKO)それは「死にたい」とは別な感情です。
 【特集8】漫画:私は逃げるのに勇気がいった(伊能聖武)でも、逃げて正解だった!
 【特集9】漫画:私さえいなければ(森月雛子)病気になってできないことが増えた。
 【特集10】漫画:私が存在する理由(唐沢野枝)私はまだここにいても許されるんだろうか?
 ★「こころの元気+」最新号の情報・お申込みはこちらから
 → http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 表紙モデルインタビュー(動画)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今月のモデルはこんな人!
 → http://www.comhbo.net/online/interview/index.html
 (月初めに更新されます)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2月号の特集「病名はどうやってつけてるの?」が新聞記事に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2月号の特集について、読売新聞のウェブサイト、「Yomi Dr.(ヨミドクター)」のコーナーで取り上げられました。執筆は2月号にも記事をご執筆いただいた、読売新聞記者の佐藤光展さんです。2月号の「病名」アンケートにご協力いただいた皆様に、改めましてお礼申し上げます!
 → http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112065
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4月号:会員限定ミミヨリ情報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4月号では、「栄養&運動」をテーマにとりあげます。賛助会員の皆様には、付録がつきます!生活習慣病を予防・改善するための手帳「心と身体の健康栄養手帳」で、監修は連載をご執筆いただいたこともある新阿武山病院の管理栄養士、井戸由美子先生です。どうぞお楽しみに!

●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 http://comhbo.net/2013/peersupport/genki-plus.html
 ○3/1(日)盛岡ハートネットお茶っこの会(岩手県盛岡市)new!
 ○3/20(金)レインボーキャリア会《女性限定!》(神奈川県座間市)
 ○3/21(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)new!
 ○3/22(日)ピアサポートグループ在(ざい)(神奈川県横浜・川崎市)new!
 ○3/22(日)元気+サークルズ in 清瀬(東京都清瀬市)new!
 ○3/29(日)ココロカフェ in 足利(栃木県足利市)

●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第27回月例会◎
 ~明日!当日参加できます~
 『発達障害者の就労をめぐって』
 【日時】2015年2月28日(土)
 【会場】タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)
 【出演】加藤進昌(昭和大学付属烏山病院院長)、
 五十嵐美紀(昭和大学付属烏山病院ケースワーカー)、
 烏山東風の会(発達障害家族会)の方、ほか
 ☆詳細はコンボのHPから
 → http://www.comhbo.net/event/report/report_20140805.html
 ☆チラシはこちらから
 → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20150228_27_remedy_flyer.pdf

 ◎PNPP in兵庫◎
 ~当日参加できます!(数名様)~
 『ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト in兵庫』
 【日時】2015年3月2日(月)13:00 ~ 16:00(12:30受付開始)
 【会場】神戸市勤労会館 4階 講習室403&404(神戸市中央区雲井通5丁目1-2)
 ☆詳細はコンボのHPから
 → http://www.comhbo.net/event/report/report_20150302.html
 ☆チラシ(申込用紙つき)のダウンロードはこちらから
 → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/pnpp_hyogo.pdf

 ◎第3回リカバリーミーティングいわて◎
 【日時】2015年3月7日(土)10:00 ~ 16:00
 【会場】岩手県民情報交流センター「アイーナ」5階&6階(盛岡市盛岡駅西通 1-7-2)
 ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします

 ◎PNPP in西東京◎
 『ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト in西東京』
 【日時】2015年3月16日(月)13:00 ~ 16:00(12:30受付開始)
 【会場】三多摩労働会館 3階 大会議室(東京都立川市曙町2-15-20)
 ☆詳細はコンボのHPから
 → http://www.comhbo.net/event/report/report_20150316.html
 ☆チラシ(申込用紙つき)のダウンロードはこちらから
 → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/pnpp_nishitokyo.pdf

 ◎第11回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)◎
 『表彰式&セミナー』
 ~お申込みは3/13(金)まで~
 【日時】2015年3月20日(金)13:00 ~ 16:30(12:30受付開始)
 【会場】ベルサール八重洲 2階A・B・C会議室
 (東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル2F)
 ☆詳細はコンボのHPから
 → http://www.comhbo.net/event/report/report_20150320.html
 ☆チラシはこちらから
 → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/1503_lilly_genki_flier_a4.pdf

 ◎リカバリーミーティングみやぎ◎
 【日時】2015年3月29日(日)10:00 ~ 16:00
 【会場】せんだいメディアテーク、エル・パーク仙台、ほか(宮城県仙台市青葉区内)
 ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします

 ◎PNPP in東東京◎
 『ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト in東東京』
 【日時】2015年3月31日(火)13:00 ~ 16:00(12:30受付開始)
 【会場】かつしかシンフォニーヒルズ 別館5階会議室レインボー
 (東京都葛飾区立石6-33-1)
 ☆詳細はコンボのHPから
 → http://www.comhbo.net/event/report/report_20150331.html
 ☆チラシ(申込用紙つき)のダウンロードはこちらから
 → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/pnpp_higashitokyo.pdf

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
   ☆詳しくはこちらから
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=cart&sid=1
 【寄付を通じて】
   ☆詳しくはこちらから
    → http://www.comhbo.net/main/content003.html
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
  〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
  TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
  EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2015-02-28 00:29 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
自殺ではなく自死と表現するという議論について(ほほえみの会より情報提供)

「自殺対策全国民間ネットワーク」の皆さま

 梅雨空に満開のあじさいが映える季節となりました。いかがお過ごしでしょうか。NPO法人全国自死遺族総合支援センターの南部です。
 皆さまあちこちで目にされているように、「自殺」を「自死」と言い換えてはどうかという議論があります。
 すでに島根県では、「自殺総合対策」を「自死総合対策」とするなど、行政としての対応を始めているところもあるようですね。
 皆さまはどのように考えられますか?
 すでに何人もの方からご意見をいただきましたが、このことは単なる呼び方の問題だけでなくもっと根本的なことにまで関わることであり、議論を広く、そして丁寧に進めることがとても大切と私も思っています。
 実は、明日6月22日(土)の朝日新聞朝刊「私の視点」にこの問題について意見を述べた私の寄稿が掲載される予定です。
 思いもかけずに夫を亡くし、自死遺族となってから、さまざまなことを思い、考え続けています。
簡単な安易な解答のないことではありますが、同じ方向を目指している多くの方と共に行動している者として考えをまとめました。
 皆さまにもお読みいただき、ご意見をいただければありがたいです。
 どうぞよろしくお願いいたします。
******
南部 節子
NPO法人グリーフサポートリンク
<全国自死遺族総合支援センター>
******

第9回北東北自死予防フォーラム
7月20日(土)~21日(日)
弘前プラザホテル 詳細は追って…

※すいません、掲載が遅くなりました…。が、大切な視点と思います。(盛岡ハートネット事務局)
by open-to-love | 2013-06-25 01:05 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
ショーン・C・シア著、松本俊彦監訳・鈴木剛子、近藤正臣、富田拓郎訳
『自殺リスクの理解と対応 「死にたい」気持にどう向き合うか』
(2012年8月刊、金剛出版) 
a0103650_21591462.jpg
 本書で解説する“CASEアプローチ”は,クライエントの自殺念慮を導きだすための画期的な面接戦略である。臨床上の叡智,示唆に富む事例,自殺企図患者への面接技術を解説した本でこの本に勝るものはない。著者は自殺思考,自殺行動のニュアンスと本質を体系的にアセスメントするための実践的,常識的,実施可能な技術を多くの詳細なケーススタディをもとに紹介している。
 全米各地で自殺学の専門書として,また臨床家の実践的教本として高い評価を受け,自殺学・死生学講座の必読教科書として採用されている名著待望の邦訳。

目次
 まえがき
 第Ⅰ部 自殺経験:自殺の病因論,現象学,リスク要因
  第1章 自殺:究極のパラドックス
  第2章 メールストロームへの転落:自殺の病因学と現象学
  第3章 リスク要因:死の前兆
 第Ⅱ部 自殺念慮を引き出すために――その原則、ならびにテクニックと戦略
  第4章 面接にのぞむ心構え「自殺をタブー視していないだろうか?」
  第5章 有効な情報を得る技法:話しにくい秘密を明かしてもらう簡便な方法
  第6章 自殺念慮を引き出すには:実践的技法と効果的戦略
 第Ⅲ部 実践的リスクアセスメント――柔軟な戦略と確かな記述
  第7章 総括:安全で効果的な意思決定
訳者あとがき
by open-to-love | 2013-02-18 22:00 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
大切な人の悩みに、気づいてください。

誰でもゲートキーパー手帳(内閣府)
a0103650_14425762.jpg

悩んでいる人に勇気をもって声をかけてみませんか。
こころの健康「りはあさる」
a0103650_1443370.jpg

あなたの大切な人の様子が“いつもと違う”とき…
a0103650_1443816.jpg

話の聴き方(傾聴)
a0103650_14431382.jpg

うつ病の症状について
a0103650_14431818.jpg

事例紹介 1日30人と話そう会の取り組み
a0103650_14432415.jpg

あなたはいくつ知っていますか?
a0103650_14433070.jpg

by open-to-love | 2012-05-02 14:44 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
映画「希望のシグナル-自殺予防最前線からの提言」パンフレット

a0103650_15263239.jpg

a0103650_15265719.jpg

a0103650_1527153.jpg

a0103650_15273140.jpg

by open-to-love | 2011-12-29 15:27 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
映画「希望のシグナル-自殺予防最前線からの提言」ちらし

a0103650_1564283.jpg

a0103650_157137.jpg


2012年3月31日、盛岡完成披露上映会なんだそうです。
by open-to-love | 2011-12-29 15:18 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
岩手県、2010年の自殺死亡率全国ワーストの可能性

 日本は毎年、自殺者が年間3万人を超えて社会問題となっていますが、中でも秋田、青森、岩手の北東北3県は自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)の高さで全国上位を占めています。かねがね、2010年の自殺死亡率で岩手が全国ワーストになる可能性が指摘されていましたが、2011年2月9日に開かれた県精神保健福祉審議会で、そのことが話されたことが、マスコミで報じられました。
 これを受け、岩手県は2011年度、自殺の総合対策本部を設置して自殺防止対策を強化する方針。11年度当初予算案には自殺対策緊急強化事業費8100万円を計上。うつ病患者の早期治療に向けた一般医と精神科医の連携、自殺未遂者や多重債務者らリスクが高い人を地域で見守るネットワークの構築などに力を入れるのだそうです。

 盛岡ハートネットは、自殺予防民間団体ネットワーク「さん・Sunネット」に加盟しています。今後とも、自殺予防の取り組みに力を入れたいと思っています。

 なお、3月5日、盛岡市のプラザおでってで、第17回例会「働くために」を開きます。直接的に自殺予防の事業ではありませんが、就労や復職は、希望をもって生きていくための、一つの条件だと思います。また、自殺予防の取り組みとは、早期発見・早期治療のみならず、生きていく基本的条件に理解を深めることも含まれることでしょう。多くの参加を期待してます。(黒田)
by open-to-love | 2011-02-20 23:36 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)
シンポジウム「共に生きる社会に向けてー青森から全国へ」

a0103650_21113417.jpg


シンポジウム「共に生きる社会に向けて〜遺族の視点から考える自殺対策」

2011年2月26日(土)
時間:13:30〜16:30
場所:アピオあおもり2階イベントホール

参加無料、要申し込み

主催:NPO法人全国自死遺族総合支援センター
後援:(予定)内閣府、青森県
日本財団助成事業

a0103650_211142100.jpg

by open-to-love | 2011-01-13 21:11 | 自殺未遂/自殺 | Trackback | Comments(0)