精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:お茶っこの会2020( 1 )

盛岡ハートネット第55回お茶っこの会「共生を考える…パキスタン、ジブチ、震災被災地」

~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

盛岡ハートネット第55回お茶っこの会「共生を考える…パキスタン、ジブチ、震災被災地」_a0103650_22315421.jpeg

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は東日本大震災後、「お茶っこの会」を始めました。悲しみや苦しみを抱えている人、話したい人、聴きたい人、昼寝したい人…それぞれのペースを尊重し、楽しくおしゃべりする集まりになればいいなと思って続けています。
 今回は、横浜から、久保慶祐先生をゲストにお招きします。福岡県出身で、外務省医務官としてパキスタンとジブチに勤務し、震災後に釜石・大船渡保健所長を務めたお医者さんです。
 日本の大きな課題が、外国人や障害者との「共生」です。
 昨年末に銃撃で亡くなった中村哲医師ゆかりのパキスタン、アフリカ北東部のジブチ、そして岩手の被災地…。久保先生が数々の現場で見つめ、考えてきた「共生」について、本音トークをしてもらいます。
 その後は、みんなで感想を語り合いながら、恒例の「3・11 祈りの灯火」の牛乳パック灯籠作りをしましょう。
 間もなく震災から9年。私たちは、津波や心の病などで、たくさんのつながりを失いました。でも…新しいつながりを、少しずつ広げていきませんか?

日時:2020年2月15日(土曜日)13:00~16:30(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター3階・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
   (ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物です)

ゲスト:久保慶祐先生(横浜市)

参加対象:どなたでもどうぞ! 定員:30人

参加費:300円


 ☆牛乳パック灯籠作りで、持参してほしいもの。
   ・牛乳パック(中を熱湯で洗って、乾燥させたもの)
   ・カッター
   ・定規
   ・不要な雑誌など1、2冊

 ☆東日本大震災9周年行事「祈りの灯火 2020」
   日時:2020年3月11日(水)13:00〜19:00
                   (灯籠の点灯=16:50〜)
   会場:盛岡城跡公園など


◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶っこの会は定員制です。定員オーバーの際は、初参加の方を優先させていただきます。ご了承を…。
◎行き帰りの雪道で転ばないように気をつけてくださいね。


【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)


by open-to-love | 2020-01-10 22:29 | お茶っこの会2020 | Trackback | Comments(0)