精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:お茶っこの会2019( 18 )

第52回お茶っこの会「人生100年時代を考える」収支報告

日時:2019年8月18日(日曜日)
場所:盛岡市総合福祉センター
参加:27人

収入:1万4604円
 お茶っこの会参加費=7600円(300円×27人)
 県立大社会福祉学部精神保健福祉援助実習講師謝金=7004円


支出:1万7566円
 コピー代:560円(ジョイス、薬王堂)
 郵送代:5006円
 講師謝金:1万円
 チラシデザイン料:2000円
 

【差し引き】マイナス2962円

【前回=第4回「やまゆり園」事件を考える対話の集いからの持ち越し】マイナス1万7298円

【さらに合計…ハートネットのトータル収支】2万260円


by open-to-love | 2019-08-18 20:10 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
あさっては盛岡ハートネット第52回お茶っこの会「人生100年時代を考える」

~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

a0103650_15092768.jpg



 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は東日本大震災後、「お茶っこの会」を始めました。悲しみや苦しみを抱えている人、話したい人、聴きたい人、昼寝したい人…それぞれのペースを尊重し、楽しくおしゃべりする集まりになればいいなと思って続けています。
 52回目のテーマは「人生100年時代を考える」。ご長寿は喜ばしいことですが、老後の生活、特にお金が心配です。高齢の家族にとって「親亡き後」はとても悩ましいです。
 そこで今回は、そもそも相続って何なのか?とか、最近話題の「エンディング・ノート」の活用法などについて学び、「人生100年時代」をどう生きるか、みんなでおしゃべりしたいなと思います。楽しいミニライブもありますよ!
 震災や病気などで、私たちは、たくさんのつながりを失いました。でも、新しいつながりを少しずつ広げていきませんか?

日時:2019年8月18日(日曜日)13:00~16:00(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター3階・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
   (ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物です)

ゲスト:立花和顕さん(大船渡市・上級相続診断士)

参加対象:どなたでもどうぞ!
定員:30人
参加費 300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶、お菓子の差し入れ歓迎します。
◎ お茶っこの会は定員制です。定員オーバーの際は、初参加の方を優先させていただきます。ご了承を…。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)

☆みなさま、西日本で台風が猛威をふるってます。どうぞ、気をつけていらしてくださいね。


by open-to-love | 2019-08-16 15:10 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
『精神障害をもつ人のための 親なき後に備える』…第52回お茶っこの会に際して

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」の第52回お茶っこの会は「人生100年時代を考える」がテーマです。
 参加されるご家族の中には、「親なき後」が心配な方もいらっしゃるかもしれません。その時、便利なのが、この『精神障害をもつ人のための 親なき後に備える』です。
 ハートネット事務局は、各地の家族会で、何かちょっとしゃべってほしいと頼まれるのですが、高齢の参加者が多い場合は、よく、この本を紹介します。あんまり厚くなく、ポイントを絞っているので、使いやすいです。
 お茶っこの会にも持参しますので、みなさん、ペラペラめくってみてくださいな。

 第52回お茶っこの会は2019年8月18日(日曜日)13:00~16:00、会場はいつもの盛岡市総合福祉センター3階・畳の部屋です。相続のことを学んだり、ミニライブもありますよ。
 関心ある方の参加、お待ちしてます。


☆認定特定非営利活動法人「地域精神保健福祉機構・コンボ」刊行『精神障害をもつ人のための 親なき後に備える』(A5判、124ページ、1296円)

●お金のやりくり、家の管理、家事のこと、などなど、親なき後に備える話し合いのための項目のリストつき!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みんなの知恵と経験を集めた本!
※20以上の新聞で紹介されました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
a0103650_23222030.jpg
 「親なき後に備える」ために、何を話し合い、何をすればよいのかがわかる本。「親なき後のことは今の問題」として考える必要があります。この本には、当事者・家族・専門家の人達がそれぞれの立場から具体的な体験と知恵を語っています。そのため、いろいろなヒントをもらうことができ、自分にもできること、今しておいたほうがよいことなど、一人で考えているだけではどうにもならないことについて、行動を始めるきっかけになります。「親なき後」に備えるためには、まず家族での話し合いから始まりますが、どんなことを話し合えばよいのかなかなか整理がつかないと思います。この本の巻末には、お金のやりくり、家の管理、家事のこと、などなどの話し合いのための項目のリストもついています。当事者、家族、支援者に役立ててもらいたい一冊です。

【本書の内容】

第1章 伝えたいこと

親がなくなった方達の体験談
 親がいなくても生活できています/終活をしっかりしてくれた親に感謝/親なき後10年/親なき後―妹の立場として
親なき後で困ったことの体験談
 残された遺言が無効でした/頭の中が真っ白に/1人の大変さ
親なき後に備えて私がしていること(体験談)
 グループホームへ/1人でも/本やリストの用意/父親として
がんばりすぎない むりしない
親の立場から思うこと
私にもできるんちゃうかなあ
親のあるうちの今!
兄弟姉妹の立場から思うこと
家族にとって親なき後の心配は生きた悲しみ
親なき後の不安とどのように向き合うのか
生活力がないこと・経済的なこと・心理的なさびしさについて考える(Q&A)
  楽しみをもつことが大事/できないことはホームヘルプという手も/1人暮らしを体験してみました/親と離れて暮らしてみる/できることからやっています/少しずつ慣れていく/親の立場から/いくらかかるのか具体化してみる/障害年金と生活保護があります/お金について把握しておくことが必要/支援者とつながることも選択肢の1つ/仕事につくことも考える/生活保護も考えてみる/近所の人とのふれあい /ネコに癒されながら/手をさしのべれば誰かが/つながりを途切らせない/よい仲間、支えてくれる人、そして時間/つながりを築いておく/がんばりすぎない自分になる/思い出や共有する時間をつくる/親なき後のアンケート

第2章 学びたいこと

親なき後にどのように備えるか
親なき後も病いと向き合い地域で暮らしていく生活力
お金より人を遺す
親なき後は、結構なんとかなるものです
家族で親なき後のことを話し合うためのヒント


by open-to-love | 2019-08-09 23:15 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
エンディング・ノート…第52回お茶っこの会「人生100年時代を考える」に際して

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」の第52回お茶っこの会は、「人生100年時代を考える」がテーマ。
 テーマに関連して、最近話題の「エンディング・ノート」を紹介します。
 私は2年くらい前に、新聞で紹介されていたのを見て、買ってみたんですが、とっても便利です。特に、パソコンとかのパスワード、よく忘れていつも探すので、まとめて書いておくと、あれ、何だっけか、と探さずに済みます。
 お茶っこの会は2019年8月18日(日曜日)13:00~16:00、会場はいつもの盛岡市総合福祉センター3階・畳の部屋です。相続のことを学んだり、ミニライブもありますよ。
 関心ある方の参加、お待ちしてます。

◎コクヨ「エンディングノート もしもの時に役立つノート」
a0103650_08303285.jpg

 生活の中のさまざまな「もしもの時」に備え、自分の大切な情報を1冊にまとめておけるノートです。
 あちこちに散らばりがちな自分の大切な情報を1冊にまとめておくことが可能です。
 入院時や相続時など、さまざまな「もしもの時」に役立ちます。また、日常生活の中でも備忘録として活用できます。
 銀行口座や保険、クレジットカードなど、年齢を問わず今日からすぐに書き込める項目を、多数盛り込みました。
 中紙に「コクヨ帳簿紙」を採用/なめらかな書き心地で長期保存にも適しているコクヨオリジナル原紙「コクヨ帳簿紙」を中紙に採用しています。
 CD-R1枚を保管できるディスクケースを付属。ポケット部分には証明写真やお気に入りの写真などを入れておくこともできます。
 もしものことがあったとき、残された人が困らないように、自分の情報や思いが伝えられるものを残す手伝いをしてくれるノートです。
 エンディングノートは、年齢や性別を問わず、幅広い人に使われています。用意しておいて間違いはないこのノート。若い人にも手に取って使用してほしいアイテムです。
 また、散らばりがちな自分の情報を一つにまとめられるため、第三者へ伝えるだけでなく、自分にとっての備忘録としても活用できます。日常のデータ管理を行って、とっさの際にも必要な情報がすぐ出せるように準備をしておきましょう。
収録できる情報
・銀行口座について
・保険について
・クレジットカード・電子マネーについて
・口座自動引き落としについて
・重要な連絡先について(家族・親族一覧)
・ペットについて
・医療・介護について
・葬儀・お墓について
・相続について
・自分の基本情報
・有価証券・その他資産について
・不動産について
・携帯・パソコンについて
・借入金・ローンについて
・年金について
など

by open-to-love | 2019-08-03 08:30 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第52回お茶っこの会「人生100年時代を考える」

~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~



a0103650_00343213.jpg



 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は東日本大震災後、「お茶っこの会」を始めました。悲しみや苦しみを抱えている人、話したい人、聴きたい人、昼寝したい人…それぞれのペースを尊重し、楽しくおしゃべりする集まりになればいいなと思って続けています。
 52回目のテーマは「人生100年時代を考える」。ご長寿は喜ばしいことですが、老後の生活、特にお金が心配です。高齢の家族にとって「親亡き後」はとても悩ましいです。
 そこで今回は、そもそも相続って何なのか?とか、最近話題の「エンディング・ノート」の活用法などについて学び、「人生100年時代」をどう生きるか、みんなでおしゃべりしたいなと思います。楽しいミニライブもありますよ!
 震災や病気などで、私たちは、たくさんのつながりを失いました。でも、新しいつながりを少しずつ広げていきませんか?

日時:2019年8月18日(日曜日)13:00~16:00(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター3階・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
   (ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物です)

ゲスト:立花和顕さん(大船渡市・上級相続診断士)

参加対象:どなたでもどうぞ!
定員:30人
参加費 300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶、お菓子の差し入れ歓迎します。
◎ お茶っこの会は定員制です。定員オーバーの際は、初参加の方を優先させていただきます。ご了承を…。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)



by open-to-love | 2019-07-31 00:31 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第51回お茶っこの会「『縁歌』に生かされて」が開かれました

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」の第51回お茶っこの会「『縁歌』に生かされて」が2019年5月18日(土曜日)、盛岡市総合福祉センターで開かれました。

a0103650_18315378.jpeg

a0103650_18320166.jpeg

 盛岡市内を中心に、県内外の27人が参加。たくさんの差し入れ、ありがとうございました。

 今回は、自死遺族の方に、体験談をお話いただきました。
 自死に対する差別や偏見に苦しみながらも、福田こうへいさんの歌に救われたこと。
 なぜ「自殺」ではなく「自死」なのか。
 感動的なお話でした。ありがとうございました。

a0103650_18320751.jpeg

 お話が終わった後には、みんなで、思いを込めて、鶴を折りました。
 最後の「一人一言」も、それぞれに、今日のお話をしっかり深く受け止めているんだなあということが、よく分かりました。
 お礼に、こうへいさんのDVDと、大船渡銘菓各種を贈呈させていただきました。

 今回いただいた、さまざまな縁を、大切にしたいと思います。
 (盛岡ハートネット事務局 黒田)


 

by open-to-love | 2019-05-19 18:34 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第51回お茶っこの会「『縁歌』に生かされて」アンケート集計

日時:2019年5月18日(土曜日)
場所:盛岡市総合福祉センター
参加:27人
アンケート回答:15人

Q1.ゲストの方のお話は、いかがでしたか?

◎まずは、たくさんの人の前でお話された勇気に頭が下がります。寄り添える人間になりたいと強く思いました。福田こうへいさんの歌を改めてじっくり聞いてみたいです。
◎大変切ない、重いお話でした。
◎緊張もされてたと思いますが、勇気を持って話してくださり、感謝いたします。縁、歌、福田こうへいさんに、話し手の生きる力を感じました。
◎医師、病院に恵まれ、回復することができ、社会復帰できた自分に感謝しました。
◎お話をうかがって感動しました。こうへいさんの話、素晴らしかったです。私もファンです。
◎医師の心ない言葉に傷ついた話。腹が立ちました。許せませんよね。人としてどうなんだろうと思います。
◎つらい気持ちをよくお話してくれたなと思い、感謝です。
◎心の声が聞けて良かった。
◎この頃、泣くことがなかった私です。色々なことを諦めてしまったからなのでしょうか。ゲストの方のお話を、自分に重ねてしまいます。私はトラウマで身動きが取れません。でも、ゲストさんのお話で、良い意味で、心が痛くなりました。
◎自死で家族を亡くした方々の辛さ、悲しさを知ることができました。自分も、自死を考えたことがあります。でも今は、元気で生きようと思うようにしています。家族の思いを考えながら生きようと思いました。
◎自死遺族の方の気持ちが、よく分かりました。
◎つらい話を語ってくれて、とてもすごいと思います。あらためて、心の大切さを思いました。
◎様々な想い、自死遺族に対する社会の偏見をうかがい、いろいろ考えさせられました。つらいお話も悔しいお話も、整理してお話してくださり、ありがとうございました。
◎福田こうへいさんの見方がこれから変わるかもしれません。
◎私もつらい人生を送ったけど、プラス思考を心がけて今後も生きていきたいですね。
◎こころがあふれて、なみだがあふれました。「痛い」とか「つらい」とか、ことばが見つからない位のお話に、ただただなみだでした。どうしようも無い「暗闇」の中で出会った歌。ひとと、ひとをつなぐ歌。「光」をみた様でした。本当に、ありがとうございました。

Q2.折り鶴に、どんな思いを込めましたか?

◎弔意と、故人が精一杯生きたことへの尊敬の念です。
◎大切な方を失った遺族の方が、誤解や偏見から解放されますように。
◎亡くなった人も、生きている人も、どちらも同じ大切な命。
◎応援の気持ちを込めました。
◎差別、偏見が無くなりますように。
◎気持ちは晴れることはないだろうけども、亡くなった人が、たくさんの人の心の中で生きていくことを願いました。
◎みなさんの幸せを願って。
◎どうか、どんな人でも心から笑える時間を、ひとときでもあればと思って、折りました。
◎これから生まれてくる人、今現在生きている方、天国に行かれた方々が幸せになれるような世の中になれば良いかなと思います。
◎私からのエール(応援)、エール(翼)
◎元気でいてね、と…。
◎もらった人が嬉しいと思ってもらえたら幸いです。
◎自死した方を思い出しながら折りました。そして、社会から自死する人がいなくなるように祈って折りました。
◎気持ちは晴れということでやりました。
◎やさしいきもちに、包まれます様に…と、おもいをそえました。折っているときも、なみだがあふれました。


Q3.みなさんにとって、辛い時に、支えてくれるものは何ですか?

◎家族
◎山
◎大切にしている友人たち。
◎家族です。
◎無いです…。
◎懐かしい歌、夫、妹、家族など。
◎家族、仲間(同じ立場の方達)
◎趣味に取り組んでいる時です。
◎仲間であったり、家族ですね。
◎孫ちゃんズです。
◎仕事や役目があるという気持ち。
◎周りの支え。
◎人とのつながりです。誰かに話しかけられたりしただけで元気が出ます。言葉の力は大きいです。
◎家族、友達。ワンコ。
◎行政のいろんな相談窓口も利用することがあります。
◎家族、同僚、親戚。
◎だいすきなおんがく、歌。たいせつなひとたちからの言葉や、手のぬくもり。うれしいきおく。辛い中、なみだにまみれているときに…それらのことが支えで、「あたしはひとりじゃない」と思わせてくれます。


by open-to-love | 2019-05-19 09:32 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第51回お茶っこの会「『縁歌』に生かされて」収支報告

日時:2019年5月18日(土曜日)
場所:盛岡市総合福祉センター
参加:27人

収入:1万7860円
 お茶っこの会参加費=7660円
 コンボ「家族まるごと支援」セミナー講師謝金:1万200円


支出:1万2108円
 コピー代:1230円(ジョイス、ローソン)
 郵送代:8239円
 封筒代:639円(ホーマック)
 

【差し引き】プラス5752円

【前回=第50回記念お茶っこの会からの持ち越し】マイナス6200円

【さらに合計…ハートネットのトータル収支】マイナス448円


by open-to-love | 2019-05-19 08:48 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
「もっこりーなカップ」デビューです…盛岡ハートネット第51回お茶っこの会「『縁歌』に生かされて」

a0103650_23443818.jpeg

(カップ2個と、記念にもらった革のストラップ)

 盛岡ハートネット第51回お茶っこの会(2019年5月18日、盛岡市総合福祉センター)で、福島県の相馬広域こころのケアセンターなごみの木工が得意な男性たちが作った「もっこりーなカップ」がデビューします。
 なごみの米倉一磨所長には、これまで2度、盛岡ハートネットに来ていただき、福島の現状や心のケア活動についてお話いただきました。米倉さんはじめ、なごみのスタッフはフットワークが軽くてユニークな方が多くて、そこに集う男性陣の中に木工が得意な方々がいるということで、木工カップ作りをひらめいたんだそうです。
 奇しくも、「木工」も、「盛岡」も、「も」。そこで、さっそく、ハートネットで使うカップを注文しました。このたび完成し、福島へ取りに行ってきました。
 「も」の焼印、さらには、相馬野馬追にちなんだ、かわいい馬の焼印まで押してくれました。
 カップを手に持った感じは、とてもいいです。
 18日は、みんなで、このカップでお茶っこ飲みながら、おしゃべりできたらなと思います。
 お楽しみに!


by open-to-love | 2019-05-17 23:44 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
明日は盛岡ハートネット第51回お茶っこの会「『縁歌』に生かされて」

~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

a0103650_01000236.jpeg



 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は東日本大震災後、「お茶っこの会」を始めました。悲しみや苦しみを抱えている人、話したい人、聴きたい人、昼寝したい人…それぞれのペースを尊重し、楽しくおしゃべりする集まりになればいいなと思って続けてきました。
 51回目のテーマは「『縁歌』に生かされて」。縁歌とは、福田こうへいさんが目指す「人と人をつなぐ歌」のことだそうです。今回は、自死遺族の方がゲストです。悲しみや苦しみの日々、こうへいさんの歌との出会い、なぜ「自殺」ではなく「自死」なのか? などについてお話しいただきます。
 震災や病気などで、私たちは、たくさんのつながりを失いました。でも、「命」の大切さを改めて感じ、新しいつながりを少しずつ広げていきませんか?

日時:2019(令和元)年5月18日(土曜日)13:00~16:00(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター3階・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
   (ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物です)

参加対象:どなたでもどうぞ!
定員:30人
参加費:300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶っこの会は定員制です。定員オーバーの際は、初参加の方を優先させていただきます。ご了承を…。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)


by open-to-love | 2019-05-17 00:56 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)