精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

2019年 02月 25日 ( 2 )

盛岡ハートネット第50回記念お茶っこの会が開かれました

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は、東日本大震災後から、安心しておしゃべりできる小さな集まり「お茶っこの会」を1〜2カ月に1回のペースで開き、2019年2月23日で第50回の節目を迎えました。

 いつもの盛岡市総合福祉センター3階、畳の部屋で開催。盛岡を中心に、宮城や秋田からの方も含め、38人が参加しました。

 スペシャルゲストは、皆さんご存知「山田のボブ」さん。
 ボブさんが紹介してくれた、レゲエの3曲、ご紹介します。


◎Bob Marley(ボブ・マーリー)「ONE LOVE(ワン・ラブ)」

◎Konshens(コンシェンス)「Out The Getto(アウト・オブ・ザ・ゲットー)」

◎Jesse Royal(ジェシー・ロイヤル)「Hope & Love(ホープ&ラブ)」

 皆さん、聴いてみてくださいね〜


by open-to-love | 2019-02-25 22:05 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第50回記念お茶っこの会アンケート集計

日時:2019年2月23日(土曜日)
場所:盛岡市総合福祉センター
参加:38人
回答:20人

1.スペシャルゲスト「山田のボブ」さんへ、心温まるメッセージをお願いします。

◎山田の様子を知ることができ、すごくよかったです。一生懸命、仕事に向き合ってる感じが伝わりました。後で、紹介していただいた曲を聴いてみようと思います。

◎ボブさんの思いを初めて聞いたかもしれません。一つ一つの言葉を大切に胸に刻んで生きていきますね。ボブさんの紹介してくれた音楽も心にしみました。ありがとうございました。

◎初めて身近にレゲエを聴きました。新鮮でした。

◎心にしみる時間をありがとうございました。

◎本日はありがとうございました。震災時のお話を聞かせていただき、考えさせられました。PSWを志した経緯に驚きました。ご縁を感じました。私ができることは微々たるものですが、みなさんの健康や復興にお力添えできればと思いました!

◎被災地の現実を知りました。被災した友人の気持ちが痛いほど分かりました。これからも、友人のためにも、傾聴を心がけて、寄り添っていこうと思います。素敵な楽曲ありがとうございます。

◎来年度からも何かの時にお世話になります。

◎震災支援には、いろいろな形があることを改めて知ることができました。「One Love」の思い、私にも届きました。

◎元気をもらいました。レゲエも賛美歌のように、上に上に希望、愛に向かって歌い上げているのですね。

◎心にしみる曲をありがとうございます。山田の方々、岩手の力になる曲だと思いました。

◎山田のボブさん、レゲエ…。チラシを見て、何のことかとクエスチョンと期待でしたが、思いがけず、被災地の保健活動のお話を聞かせていただきました。専門職のおごり、自分にも思い当たる節があります。それを乗り越えて、自らの仕事を見出されたこと、よかったですね。私も自分のできることをやっていくつもりです。

◎ありがとうございます。レゲエライブ、楽しかったです。曲を最後まで聴きたかったです。

◎ボブさんの話を聞けて良かったです。来て良かったです。ありがとうございました。

◎山田の貴重なお話、ありがとうございました。レゲエに力づけられてきたとのこと。メッセージ性があることがわかりました。これから若い人を育て、さらに岩手のために活躍してくださいますよう、期待しています。仕事にやりがいがあるのは幸せと思います。

◎私も若い世代の頃、DJを目指しました。ユーロビート、ハウスミュージック、レゲエなどには、精通している方だと思います。もちろん、ボブ・マーリーは自分の中でも神だと思っております。貴方のお話に感銘を受けました。今後のご活躍を心よりお祈り致します。

◎今日はありがとうございます。レゲエは馴染みのないものでしたが、紹介のあった曲は聴いてみようと思います。震災では、知り合いも亡くなりました。改めて考えさせられました。

◎心温まる音楽ありがとうございます。また、お茶っこの会に遊びに来てください。


2.震災から間もなく8年。牛乳パック灯籠に、どんな思いを込めましたか?

◎毎日テレビで、いろんなところで灯籠の灯りを見てきました。8年たって自分でも作りたいと思いました。今日完成できませんでしたが、家で完成させたいと思います。

◎海は好きなのですが、震災後、風景を見るのがつらくて、足が向きませんでした。今日、灯籠作りを通して、思いを伝えることができて良かったです。

◎流れる心。

◎日本の災害が少なくなるように祈りながら作りました。

◎当時のことを振り返りながら作りました。いまだに気持ちをうまく言葉にできませんね。少しずつでも復興が進むことを願います。

◎8年経って作り上げたものは、何か。本音で語り合うべき時ではと感じています。

◎踏まれても踏まれても、大地に根を張り、力強く咲く花のように、どんな困難も希望を持って生きていけるようにとの思いを込めました。

◎「頑張ろう」と入れました。3月23日には三陸鉄道リアス線が開通するので、沿岸の利便性が高まるといいですね!

◎自分らしく生きることができる社会になりますように。

◎私の心の被災も、ショックあり、笑いあり、涙あり、人生、味わい深いなー。そして、人と共感できるのだなー。〝together〟

◎すべての皆様が幸福になることを思い、作りました。

◎「四つ葉のクローバー」(花言葉は「幸福」)

◎上手に作ろうとしないでいい、とりあえず作ってみようと、ハードルを上げずに取り組みました。

◎忘れたいけど、忘れてはいけない。つらいですけど、自分の道を進むのみ。

◎3月11日を忘れないように。初めて作りました。

◎世界的に、様々な災害が起こっています。その被災に遭われた方々と共に、前向きに、二人三脚でハードルを乗り越えていきたいです。

◎「生きる、ALIVE」を込めました。

◎お母さん、産んでくれてありがとうネ!


3.ハートネットの活動に、リクエストありましたらどうぞ〜!


◎当事者同士が集える貴重な場なので、また参加していこうと思います。

◎お茶っこの会50回おめでとうございます。今回、2回目の参加です。子どもが外に出るきっかけをつくっていただきました。今後も長く続けていただきたいと思います。

◎誘っていただきありがとうございます。

◎みんなでミニゲームをしながらお話をするお茶っこ会もあればよいです。

◎今後の活動も応援しています。

◎何気ない、わざとらしくない、緊張しなくていい場所なのですね。南部せんべい、うまかったです。番茶も(三年番茶だともっとうまいよ)。皆、困難を抱えながら生かされていくことに、ハレルヤ(神様ありがとう)

◎少しでも、精神の病について、寛容につながることになる、そんな行事があればと思います。

◎ボードゲーム。

◎音楽。

◎また、参加したいです。

◎調理実習とかはどうでしょうか。

◎参加したいが、交通手段に困っている人もいますので、その辺のご配慮をいただければ幸いです。

◎今後も休みが合えば、参加したいと思います。

◎大好きな運動を取り入れてほしいです。


by open-to-love | 2019-02-25 21:58 | お茶っこの会2019 | Trackback | Comments(0)