精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

コンボお知らせメール便:コンボからの切実なお願いです

コンボお知らせメール便:コンボからの切実なお願いです

盛岡ハートネットのみなさま

特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
共同代表 大島巌 伊藤順一郎 宇田川健

 このたびは、コンボからたいへん切実なお願いがあり、ご連絡をさせていただきます。
 コンボが設立されたのは、10年前の2007年1月です。設立から10年を経て、設立以来、経営状況は常にギリギリのところでやりくりをしてきましたが、ここ数年経営状態が思わしくありません。コンボの収入は、コンボの賛助会員の皆さまからの賛助会費、書籍の売上げ、各種補助金などが主なものです。これまで利益の追求を目的とせず、精神保健福祉の啓発活動と実践支援の活動を行ってきました。ところが、過去に消費税が5%から8%になった時に会費や送料等を値上げしなかったことや、近年の物価高騰の影響もあり、年々財政状況が悪化しております。特にこの3年間は赤字が続いております。
   ◆資料1: https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/12/shiryou.pdf
 これまでに、各種印刷費の切り詰め、ウェブサイトの大改造、新規会員募集のよびかけ、各種メディアへの働きかけなどの対策を講じて参りました。しかし、それでも経営状態は苦しい状況が続いております。
 コンボは、10年前に「リカバリー」を活動の柱とすることを宣言しました。設立趣意書には、コンボの使命を明確に示しました。すなわち、コンボとは「精神障害をもつ人たちが主体的に生きて行くことができる社会のしくみをつくる」団体であること、その「社会のしくみ」実現のために、コンボは「地域で活動するさまざまな人たちと連携し、科学的根拠のあるサービス普及に貢献する」ことを表明しました。
   ◆資料2: https://www.comhbo.net/?page_id=160
 しかしながら、社会はまだ精神障害をもつ人達が主体的に生きていくことができない仕組みに充ち満ちています。今年問題になった身体拘束の問題はその象徴かもしれません。
 しかし、そのような社会の変革を望んでいる私たちは、10年間「リカバリー」を掲げて歩んできました。リカバリーとは、その人が自分自身の自己選択・自己責任によって人生を歩むプロセスであり、それはだれにとっても当たり前に認められるはずです。
 しかし、精神疾患を抱えているが故にそれが当たり前ではない社会。私たちはそのような社会を変革し、これからも「精神障害をもつ人たちが主体的に生きて行くことができる社会のしくみ」をつくるための活動を継続していきたいと強く願っています。
 このような活動を今後とも維持・継続するためには、皆さまのご支援ご協力が不可欠です。「地域で活動するさまざまな人たちと連携」しなければ、私たちの活動は成り立ちません。
 このような状況の中で、皆さん方にはぜひともお願いしたいことがございます。
 ●コンボの賛助会員ではない方は、ぜひ賛助会員になっていただき、コンボを支えていただけませんでしょうか。
 コンボの賛助会員の方には、毎月、「こころの元気+」をお送りすると共に、コンボウェブサイトの賛助会員限定コンテンツの閲覧をしていただくことができます。またコンボ主催の講演会、研修会等のさいには、参加費の割引があります。年会費としては、5000円をお支払いいただくことをお願いすることになりますが、その会費がコンボの活動を支えて頂く原資となります。
 ●また、すでに賛助会員にご登録いただいている方は、おいくらでも結構ですので、コンボのこれからの活動を支えていただくために、ご寄付をしていただけませんでしょうか。
 これからの10年も、さらに日本の精神保健福祉をよりよいものにして、みなさんの人生が、みなさんのものであるという実感を得られるような世の中にしていきたいのです。「精神疾患がある人たちが主体的に生きることができる社会のしくみをつくる」- この使命は、次の世代にも引き継いで、活動を続けていきたいと願っています。
 どうぞ皆さまのご支援を賜りますよう、切にお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 賛助会員になる手順
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (1) コンボのホームページから
   https://www.comhbo.net/?page_id=190
   〇上記をクリックし、必要事項をご記入ください。
   〇「その他」の欄に、「お知らせメール便をみました」とご記入ください。
 (2)ホームページからの入力ができない方は、メールでご連絡ください。
   メールのあて先  onegai@comhbo.net
   〇メールの件名に「賛助会員に登録します」とお書きください。
   〇メールの内容は、1)お名前、2)郵便番号、3)ご住所、4)電話番号、をご記入ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ご寄付の方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 郵便局に備え付けの青い郵便振替で、お振り込みください。
 ※ATMに入力するタイプの振り込みだと通信欄などがない場合があるので、青い振り込み用紙にご記入をしてからお振り込みをお願いいたします。
   郵便振替: 00150-3-372934
   加入者名: 特定非営利活動法人地域精神保健福祉機構
   ★通信欄に「寄付(メール)」 とお書きください。
   ★領収書を発行いたしますので、必ずお名前とご住所、電話番号をお書きください。
★コンボは平成27年9月25日付けで認定NPOとなりました。
  当団体へのご寄付は確定申告を行うことにより、税制優遇(寄付金
   控除/損金算入)の対象となります。ぜひご活用ください。
   詳しくは下記をご覧いただくか、コンボ事務局までお問い合わせください。
  → https://www.comhbo.net/?page_id=10158
 以上、何とぞご協力を賜りますよう、重ねて切にお願い申し上げます。
 【お問合せ・ご連絡】
   onegai@comhbo.net  (コンボ事務局長 桶谷)
   認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
   〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
   TEL: 047-320-3870
   FAX: 047-320-3871
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/


トラックバックURL : https://opentolove.exblog.jp/tb/238122196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by open-to-love | 2017-12-27 21:35 | コンボ(地域精神保健福祉機構) | Trackback | Comments(0)