精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
コンボお知らせメール便:コンボからのお願い!~資金集めにご協力をお願いします!

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボの共同代表を務めている宇田川です。コンボお知らせメール便をお読みいただいている皆様、いつもどうもありがとうございます。今日は私から大切なお願いがあり、メールさせていただきました。これまで何度かご案内しているとおり、コンボでは精神障害をもつ方を応援するシステムを作るため、クラウドファンディングにて挑戦をはじめています。
  タイトル:「地域で生きる精神障害者を応援するシステムを強化したい!」
   https://readyfor.jp/projects/comhbo_plus
 残り27日間で、目標金額300万円をめざす挑戦となります。【2月24日(金)23時までです】
 コンボではこれまで、精神障害をもつ方の応援をしてきました。このたび精神障害をもつ方が、自分と同じ障害の方のことがわかったり、今は障害がなくとも、これから新しく精神障害をもつ方にとって役立つシステムを作りたいと思いプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトで改修を予定しているSPIS(エスピス)については、1月24日の読売新聞「医療ルネッサンス」にも紹介されました。
 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170124-OYTET50000/?catname=iryo-renaissance
 ※コンボ版SPISは、このSPISが個人で使えるようにしたもので、いわば「SPISパーソナル版」です。
   https://www.comhbo.net/?page_id=6905

 クラウドファンディングというのは、インターネットを通じて、人々に比較的少額の資金提供を呼びかけるものです。「ALL or NOTHING」という仕組み上、目標額に1円でも到達しないと不成立になってしまい、それまで集まった支援金が受け取れなくなってしまいます。現在、私たちのプロジェクトの目標金額は300万円で、今、約90万円集まっています。ページを見て少しでも共感していただけましたら、お力を貸していただけないでしょうか。ご支援の方法は下記になります。ご負担のない範囲でご協力いただければ嬉しいです。
   引換券の購入という形での支援
   https://readyfor.jp/projects/comhbo_plus
 ※支援にはクレジットカードが必要となります。ご支援いただいた皆さまには、金額に応じてお礼のリターンをご用意しております。
 長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでいただき本当にありがとうござい
ます。最後まで頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!
***********************************************************
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=11907
☆1月号の特集は「医療機関選びのコツ」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/


# by open-to-love | 2017-01-27 22:58 | コンボ(地域精神保健福祉機構) | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:次回こんぼ亭「高森マジック」をたっぷりと!

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。今日コンボのスタッフHが上野駅を通ったおり、小さい花束をもらってきました。伊豆の観光キャンペーンだったようです。花を配っていたのは「ミス熱海桜娘」、配っていた花は、カーネーションで、早速コンボの棚に飾られています。春が待ち遠しいですね。

★HEADLINES★
(1) 第40回こんぼ亭 (2/25):回復力を高める関わり方の基本~事前申込受付中~
(2) コンボのクラウドファンディング:2/24まで!
(3) ピアサポートグループ開催情報
(4) コンボイベント最新情報
(5) コンボ出展情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第40回こんぼ亭月例会★
 『~こんなときにはどうするの?~
     回復力を高める関わり方の基本』
        2017年2月25日(土)
     ~事前申込み受付中!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 2月のこんぼ亭月例会は、高森信子さん(SSTリーダー)をお迎えします。精神疾患のある方への接し方に特化した研修会を年に300回近く行っています。どんな時、どんな関わり方をするのが、効果が高いのかを熟知しています。その「関わり方」のノウハウは、非常に具体的でシンプル、しかも効果が高いため、「高森マジック」と呼ばれています。今回は、ご家族や当事者だけではなく、施設などの職員の皆さんや医療関係者の皆さんにも、ぜひご参加いただきたいとおっしゃっています。また、2月のこんぼ亭ご案内役、すなわち「亭主」は、「こころの元気+」にもたびたびご登場いただいているドクトル・イチキこと、市来真彦先生(東京医科大学)にお願いしています。高森さん&ドクトル・イチキにどんな化学反応が起きるか!!も、見どころです。皆様ふるってご参加ください!
  ☆詳細&お申込方法はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=11794
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/12/40-konbotei-takamoriS.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇高森信子(たかもりのぶこ):SSTリーダー
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役):市来真彦先生(東京医科大学)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お得な事前申込は2/17(金)まで!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2017年2月25日(土)
      12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】 小岩アーバンプラザ
      (〒133-0051 東京都江戸川区北小岩 1-17-1)
      〇アクセス: JR総武線小岩駅北口より徒歩約15分;
              京成本線江戸川駅より徒歩約10分
      〇地図: http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_koiwa_urban/guide.html
 【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★クラウドファンディング・プロジェクト★Update!★
 「地域で生きる精神障害者を応援するシステムを強化したい!」
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  引き続き、ご支援をお願いいたします!
    ☆コンボのクラウドファンディングプロジェクトのサイト(ReadyFor内)
    https://readyfor.jp/projects/comhbo_plus
    ☆コンボのウェブサイト
    https://www.comhbo.net/?page_id=11752
    ◆Update!◆ (2017年1日26日 16:00現在)
    ●現在 865,000円 (目標額まであと 2,135,000円!)
    ●残り 29日 (期限は2017年2月24日まで!)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○1/28(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)
 ○2/16(木)レインボーキャリア会《女性限定》(神奈川県座間市)
  ★ピアグループ情報を掲載してみませんか?
   ご希望の方は、comhbo.peer@gmail.com までご連絡ください!

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第41回月例会◎
 『大人の発達障害 働くときの苦労と工夫』
 【日時】2017年3月18日(土)
 【会場】江戸川区総合文化センター(東京都江戸川区)
 【出演】執行泉(株式会社いづみカンパニー代表取締役;第10回
  リリー賞当事者部門受賞者)、高木皓太(公務員)、ほか
  ☆事前申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=11970
  ☆チラシはこちらから(裏面に申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/01/41-konbotei-S.pdf

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ出展スケジュール
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★新刊・DVDもお手にとってご覧いただけます! ぜひお立ち寄りください!
 ◎第8回ACT全国研修会関東大会◎
 【日時】 2017年1月28日(土)~29日(日)
 【会場】 ソニックシティ(埼玉県さいたま市)
 【HP】 http://assertivecommunitytreatment.jp/2016/
 ◎日本心理教育家族教室ネットワーク第20回研究集会新潟大会◎
 【日時】 2017年2月24日(金)~25日(土)
 【会場】 朱鷺メッセ(新潟市中央区)
 【HP】 http://jnpf.net/?p=1123

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
○===============================○
  《うるおい日本プロジェクト(熱中症予防声かけプロジェクト)》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=11907
☆1月号の特集は「医療機関選びのコツ」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/


# by open-to-love | 2017-01-26 20:30 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
相模原「やまゆり園」事件を考える対話の集い-共に生きる社会をめざして―

関係者、地域のみなさまへ 
このたび、「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集い」を開催したいと思います。

 「相模原『やまゆり園』事件」は、平成28年7月26日にひき起こされ、重度の知的障がい者19名が犠牲となりました。容疑者は、同年2月に出した衆議院議長あての手紙のなかで「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、および社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる社会です」「障害者は、不幸をつくることしかできません」と書いています。報道によると、事件後も「障がい者なんていなくなればいいと思った」と繰り返し述べています。

 この事件によって、障がいを持つ方や家族の方々の多くが、強い憤りとわが身を切られるような痛みと衝撃を感じています。障がいをもつ方々の福祉の向上を求めて取りくんできた方々の多くが、これまで築きあげてきた「共に生きる社会」のもろさを思い知り、差別の問題の根深さを思い知らされています。
 しかし私たちは、こうした衝撃や差別問題の根深さにいつまでも打ちひしがれているわけにはいきません。この事件を早々と忘れさってしまうのではなく、この事件から何を学び、これからに向けて何をしていくべきかを考え続けることが必要だと思います。
  
「障がい者はいなくなればいい」という容疑者の言動は決して許されるものではありません。あわせて、容疑者や事件の特異性だけに目を奪われるのではなく、それを生み出してしまった社会の現状に目を向け、二度とこうした事件をひき起こさない社会を築きあげていくことこそが求められています。平成28年4月からはじまった「障害者差別解消法」をもとに差別の無い社会をつくっていくこと、そして「共に生きる社会」の真の実現に向けてみんなで考えあい行動していくことが必要だと思います。
 また、この問題は、障がい者問題にかぎったことではありません。少数者(マイノリティ)や社会的弱者といわれる方々への差別やいじめの問題とも根っこはつながっていると思います。だからこそ、社会全体の課題として考えあうことが必要(ひつよう)だと思います。

 こうした思いで、「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集い」を別紙(裏面)「開催案内」のとおりに実施したいと考えます。ご賛同いただき、ご参加いただければ幸いです。

  平成28(2016)年12月
「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集いinもりおか」実行委員会
世話人代表 加藤義男(もりおか障がい者問題勉強会Ko-Koの会)

a0103650_22562576.jpg


相模原「やまゆり園」事件を考える対話の集い ~共に生きる社会をめざして~

【開催のねらい】
この事件で犠牲となった方々への追悼と、この事件をとおしての思いを話しあう。そして、この事件から何をくみとるのか、そして二度とこういった事件をひき起こさない社会にするにはどうしたらよいかを考えあう。

【日時】
 平成29(2017)年 2月11日(土)13時30分~15時30分 (開場13時)

【会場】
 ふれあいランド岩手「第1、第2、第3研修室」(盛岡市三本柳8-1-3)

【内容】
 (1)黙祷と歌「19の軌跡」(19人の犠牲者をしのんでつくられた歌)
 (2)開催にあたってのあいさつ
 (3)話しあい(指定発言、自由な話しあい)
 (4)「関係者からのメッセージ」紹介
 (5)「アピール」

【主催】
 「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集いinもりおか」実行委員会
 ○実行委員会構成団体(順不同)
   岩手県重症心身障害児(者)を守る会盛岡圏域分会
   盛岡ハートネット
   もりおか障がい者問題勉強会「Ko-Koの会」
   白馬塾
   もりおかCS懇(もりおかコミュニティソーシャルワーク懇話会)

【参加申し込みなど】
○趣旨にご賛同の方であれば、どなたでも参加歓迎
○参加人数把握のため、できるだけ事前の参加申し込みをお願いします。定員100名
 (会場に余裕のある場合は、当日参加も受け付けます)
○参加費は無料です
○事前申し込みはメール(ykatou65@ybb.ne.jp)かFAX(019-662-8481)で、「相模原事件の集い参加申し込み」として、お名前と連絡先をお知らせください。1月25日締め切り
○問い合わせは、実行委員会・加藤(ykatou65@ybb.ne.jp)へ

☆ハートネットのみなさま、ぜひ、ご参加くださいね。(事務局・黒田)



# by open-to-love | 2017-01-23 23:18 | 優生思想 | Trackback | Comments(0)
べてるの家:べてるもんど最新号 第12号 発売中!

こんにちは。べてるの伊藤知之です。
べてるの雑誌「べてるもんど」の最新号vol.12が発売されました。
今回の特集は2016年のべてるまつりです。
価格は420円(送料別)です。
お申し込みはメールか
TEL 0146-22-5612
FAX 0146-22-4707
までお願いします。

伊藤知之
# by open-to-love | 2017-01-20 21:40 | べてるの家 | Trackback | Comments(0)
松本ハウスのリカバリーストーリー

a0103650_033490.jpg


平成28年度 第2回岩手県障害者就業・生活支援センター連絡協議会および岩手県就労移行支援事業所連絡会との合同研修会

内容 ☆松本ハウスのコント・トークショー
☆対談:松本ハウス・宮古山口病院長 及川暁氏
☆講演:宮古山口病院長 及川暁氏 岩手県精神科認定看護師の会
日時 平成29年2月3日(金)
13:30~16:30(受付 12:30~)

場所 浄土ヶ浜パークホテル(宮古市日立浜32-4)コンベンションホール鳳松
~宮古駅から送迎バスあり~

定員 150名

書籍販売・サイン会予定 この機会に是非!!

講師 松本ハウス 経歴 左:ハウス加賀谷 右:松本キック
1991年結成したお笑いコンビ。【タモリのボキャブラ天国】や【電波少年】などのテレビ番組で活躍していたが、ボケ担当ハウス加賀谷の統合失調症療養を理由に1999年に活動休止。加賀谷の病状が寛解したことにより2009年から10年ぶりに活動を再開。サンミュージック所属。
近年はお笑い活動と共に、統合失調症に対する理解を呼びかける講演活動を精力的に行っている。

著書:『統合失調症がやってきた』 松本キック、ハウス加賀谷 共著
『相方は、統合失調症』   松本キック 著
テレビ出演:『バリバラ~障がい者情報バラエティ~』(NHK 教育テレビ)

主催:岩手県障害者就業・生活支援センター連絡協議会および岩手県就労移行支援事業所連絡会
共催:岩手労働局職業安定部職業対策課、岩手県商工労働観光部雇用対策・労働室、岩手県保健福祉部障がい保健福祉課、岩手県精神保健福祉協会、一般社団法人日本精神科看護協会岩手県支部、社団医療法人新和会宮古山口病院、社会福祉法人若竹会
後援:宮古市、宮古公共職業安定所、岩手県立宮古高等技術専門校、岩手県立宮古恵風支援学校、NPO法人宮古圏域障がい者福祉推進ネット、職業訓練法人宮古職業訓練協会

《お問い合わせ先》
宮古地区チャレンジド就業・生活支援センター (宮古市緑ヶ丘2番3号 はあとふるセンターみやこ内)
TEL 0193-71-1245 FAX 0193-71-1246 (担当:小林・盛合)
# by open-to-love | 2017-01-18 00:02 | 宮古圏域:宮古市 | Trackback | Comments(0)
明日は「いわて徘徊SOSセミナー」
a0103650_2133485.jpg

a0103650_213388.jpg


平成28年度(公財)いきいき岩手支援財団助成 認知症にやさしい町づくり推進支援事業 アクションプラン

日時:平成29年1月14日(土)13時~16時

先着200名 無料 (どなたでも可)

場所:いわて県民情報交流センター(アイーナ)7階 小田島組☆ほ~る 岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号

内容:
1.映画上映 「徘徊ママリン87歳の夏」(字幕付き)

 認知症の母とその娘、そして周囲の人々の姿を描 いたドキュメンタリー映画(77分)。 昼夜の別 なく徘徊する酒井アサヨさん(87歳)と、それ を見守る長女の酒井章子さん(55歳)。約10年前に認知症と診断されたアサヨさんはその後病状 が進行し、現在は章子さんとともに生活していま す。映画では二人の生活を追い、認知症とともに暮らすことや、老い、そして人間とは何かを考えさせられます。

2.シンポジウム 「徘徊について、できる事を考えよう!」

 徘徊での行方不明者の数は年間1万人とも言われています。今、地域で支え見守る体制が必要となっています。あるアンケートによると「困っている人がいた ら求められたら助ける」との回答が70%あるのに対して、「当事者になった際助けを求められ る」と回答した人はわずか5%しかいません。
 認知症にやさしい町づくりには「支援する、される」どちらの立場も歩み寄る事が必要で認知症の人や介護者がSOSを出しやすい地域づくり を考えていく必要があります。
 認知症の問題を他人事ではなく自分の事として「いろいろな立場の方」にパネリストとして体験や思い、取り組みについて紹介していただきます。ぜひ参加者皆さんの明日からの第一歩(アクション)につながるようなシンポジウムを開催いたします。

パネリスト(予定)介護家族、地域の方、商店・企業、行政等...

申込み:代表者氏名、住所、参加人数を記載の上、メール、往復はがきで申し込み下さい。
〆切:平成28年12月15日必着

申し込み先:
 〒020-0003 盛岡市下米内2‐4‐12 もりもり会 事務局宛て
 メール morioka.ninchishou@gmail.com

お問合せに関しましてはメールでお願いします。

主催:いわて徘徊SOSセミナー実行委員会 / NPO法人もりおか認知症サポーターズもりもり会

当セミナーにつきまして:「いわて徘徊SOSセミナー」は身近な地域にどんなサービス、もの、ひとがあったら良いのか...そし て、それぞれの立場で「わたしに出来る身近な取り組み」について参加者みんなで考え、認知症の人 もそうでない人も住みやすい町つくりの為の一歩(アクション)を進めていくセミナーです。 セミナーでは多くの地域で認知症の見守りについてアクションを起こしたい人を発掘し地域の担い手となる人の支援や人との繋がりを支援していきたいと考えております。 そのため映画の観覧のみの参加はお断りいたします。ぜひ皆さんで一緒に考えていきたいと考えてお ります。

☆このセミナーは、ハートネットも協力しています。で、明日、ハートネットから参加するみなさまにお願い。もしよかったら、ちょっと早めに会場に来ていただけますか?いろいろ、なんやかや、お手伝いあることと。よろしくお願いします。(黒田)
# by open-to-love | 2017-01-13 21:06 | 認知症 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:こんぼ亭の事前申込は1/16(月)正午まで&コンボ後援イベント

 盛岡ハートネットのみなさま、昨日、コンボの職員と称する「誰か」が、コンボのFacebookにアクセスした方々に次々と友達申請を送るという事件(!)がありました。コンボからその「誰か」に「お問合せ」をしてみたところ、数時間でアカウントを閉じてしまったようです。「なりすまし」があらわれるなんて、なんだか芸能人になったみたいです。皆様もお気を付けくださいね。本日は、コンボが後援しているイベントふたつのご案内です。来週末のこんぼ亭も、お申込み引き続きお受けしています。

★HEADLINES★
(1)第39回こんぼ亭 (1/21):老子に学ぶうつ病の治し方~事前申込締切もうすぐ~
(2) コンボ後援:OCD交流会スペシャル(東京都新宿区)
(3) コンボ後援:第2回ACTIPSセミナー(東京都品川区)
(4) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第39回こんぼ亭月例会★
 『老子に学ぶうつ病の治し方
   ~曰く 水のように低く、やわらかく、生きる~』
        2017年1月21日(土)
   ~事前申込み1/16(月)正午まで!~
●~●~●~●~●~●~●~●
 1月のこんぼ亭月例会、うつ病当事者の方の体験発表もあります。事前申込締切を、1/16(月)正午まで延長しています。お申込みお待ちしております!
  ☆詳細&お申込方法はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=11732
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/11/comhbotei39flier.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇野村総一郎(のむらそういちろう):六番町メンタルクリニック所長; 日本うつ病センター副理事長
  〇ゆま(うつ病当事者)
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役)相務めます:渡邉博幸(木村病院 院長)
        ※渡邉先生のDVD:「ちょうどよい薬の量のはなし」
         こちらから → https://www.comhbo.net/?p=4094
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事前申込がお得です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2017年1月21日(土)12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】 江戸川区総合文化センター 小ホール
      (〒132-0021 東京都江戸川区中央4-14-1)
      〇アクセス: JR総武線新小岩駅 南口より徒歩約15分;タクシーで5分
 【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援イベント≫
 ☆OCD倶楽部主催☆
    全国OCD克服体験&交流会スペシャル
       2017年1月15日(日)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 OCD(強迫性障害)の克服体験を聞く会第3弾です。今回は交流タイムや質疑応答の時間をたっぷりもうけています。当日参加できますので、ぜひご参加ください。
  ◎発表者のプロフィール、申込方法など、詳細は下記ウェブサイトから
   http://kyouhakunaosu.jugem.jp/?eid=475
 【日時】 2017年1月15日(日) 10:00~17:00
 【会場】 東京ボランティア市民活動センター
      (JR飯田橋駅ビル内、セントラルプラザ10階)
      (〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1)
      〇アクセス → http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access
 【参加費】 当日2500円 ※会場支払い
 【定員】  40人(先着順)
 【お問合せ】 OCD倶楽部
         メール:  mental2030@gmail.com

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援イベント≫
 ☆NPO法人リカバリーサポートセンターACTIPS主催☆
    第2回ACTIPSセミナー
    多職種アウトリーチアドバンスドセミナー
          テーマ 『聴く・感じる・伝える』
      2017年3月4日(土)~5日(日)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 メンタルヘルス領域でアウトリーチ支援を実践している人、実践を予定している人を対象としています。本セミナーでは、アウトリーチ支援の概要や実践を知ることにとどまらず、関わりの中での「聴く・感じる・伝える」について体験するとともに、考えを深める機会を提供します。シンポジウムでは、それぞれの立場から関わりの中での「聴く・感じる・伝える」を語ります。後半のグループワークでは、オープンダイアローグにも取り入れられているリフレクティングを体験し、多様な視点や対話的実践を体験する機会を提供
します。
  ◎申込方法など詳細は下記ウェブサイトから
   http://kokucheese.com/event/index/443732/
  ◎チラシはこちらから(プログラムの詳細がご覧になれます)
   https://goo.gl/nbqqH5
 【日時】 2017年3月4日(土) 10:00~17:30
             5日(日) 10:00~15:30
 【会場】 Cafe & Hall Ours(カフェ&ホール アワーズ) (北品川地域交流施設)
      (東京都品川区北品川5-7-2)
      〇アクセス → http://ourscafe.jp/
 【受講料】 8000円 ※事前申込受付中
 【定員】  25人(先着順)
 【お問合せ】 NPO法人リカバリーサポートセンターACTIPS(アクティプス)セミナー担当
         メール:  actips.seminar@gmail.com

●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第40回月例会◎
 『こんなときにはどうするの? 回復力を高める関わり方の基本』
 【日時】2017年2月25日(土)
 【会場】小岩アーバンプラザ(東京都江戸川区)
 【出演】高森信子(SSTリーダー)、ほか
  ☆事前申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=11794
  ☆チラシはこちらから(裏面に申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/12/40-konbotei-takamoriS.pdf

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
○===============================○
  《うるおい日本プロジェクト(熱中症予防声かけプロジェクト)》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=11907
☆1月号の特集は「医療機関選びのコツ」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
# by open-to-love | 2017-01-13 20:39 | 強迫性障害 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:今年最初のメルマガ!〜こんぼ亭申込締切迫る!

 盛岡ハートネットの皆様、こんにちは。コンボ広報チームです。あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。…といっても、もうしっかり七草がゆをいただいたあとですが。コンボは今年設立10年目を迎えます。これまで支えていただいた皆様への感謝の気持ちとともに、今年も頑張ってまいりますので、皆様の応援・ご支援を引き続きお願いいたします。では、今年最初のメルマガです!

★HEADLINES★
(1) 第39回こんぼ亭 (1/21):老子に学ぶうつ病の治し方~事前申込締切もうすぐ~
(2) コンボのクラウドファンディング:途中経過!
(3) 第13回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞):募集締め切りました!
(4) ピアサポートグループ開催情報
(5) コンボイベント最新情報
(6) コンボ出展情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第39回こんぼ亭月例会★
 『老子に学ぶうつ病の治し方
   ~曰く 水のように低く、やわらかく、生きる~』
        2017年1月21日(土)
   ~事前申込み1/16(月)正午まで延長!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 1月のこんぼ亭月例会では毎年、「最新情報」をテーマにとりあげています。今回は、うつ病治療の最新情報、日本人にあった認知行動療法についてです。事前申込締切を、1/16(月)正午まで、(ちょとだけ)延長しました。 皆様ふるってご参加ください!
  ☆詳細&お申込方法はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=11732
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/11/comhbotei39flier.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇野村総一郎(のむらそういちろう):六番町メンタルクリニック所長; 日本うつ病センター副理事長
  〇ゆま(うつ病当事者)
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役)相務めます:渡邊博幸(木村病院 院長)
    ※「こころの元気+」でも連載執筆していただきました。 「亭主」として2回目の登場です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お得な事前申込は1/16(月)正午まで!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2017年1月21日(土)12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】 江戸川区総合文化センター 小ホール
      (〒132-0021 東京都江戸川区中央4-14-1)
      〇アクセス: JR総武線新小岩駅 南口より徒歩約15分;タクシーで5分
 【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★クラウドファンディング・プロジェクト★Update!★
 「地域で生きる精神障害者を応援するシステムを強化したい!」
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  引き続き、ご支援をお願いいたします!
    ☆コンボのクラウドファンディングプロジェクトのサイト(ReadyFor内)
    https://readyfor.jp/projects/comhbo_plus
    ☆コンボのウェブサイト
    https://www.comhbo.net/?page_id=11752
    ◆Update!◆ (2017年1日12日 16:00現在)
    ●現在 822,000円 (目標額まであと 2,178,000円!)
    ●残り 43日 (期限は2017年2月24日まで!)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  ◎第13回 精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)◎
      ~応募締め切りました~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  昨年末、12/31をもちまして、今回の応募を締め切りました。全国から応募いただいた皆様、どうもありがとうございます! 表彰式&「こころの元気+」セミナーについてはコンボのウェブサイトやメルマガで、近日中にご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。

●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○1/15(日)ガレージとーく(長野県塩尻市)今週末!
 ○1/19(木)ピアサポートグループ麦の会(長野県安曇野市)
 ○1/28(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)
  ★ピアグループ情報を掲載してみませんか?
   ご希望の方は、comhbo.peer@gmail.com までご連絡ください!

●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第40回月例会◎
 『こんなときにはどうするの? 回復力を高める関わり方の基本』
 【日時】2017年2月25日(土)
 【会場】小岩アーバンプラザ(東京都江戸川区)
 【出演】高森信子(SSTリーダー)、ほか
  ☆事前申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=11794
  ☆チラシはこちらから(裏面に申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/12/40-konbotei-takamoriS.pdf

●~●~●~●~●~●~●
 コンボ出展スケジュール
●~●~●~●~●~●~●
 ★新刊・DVDもお手にとってご覧いただけます! ぜひお立ち寄りください!
 ◎第8回ACT全国研修会関東大会◎
 【日時】 2017年1月28日(土)~29日(日)
 【会場】 ソニックシティ(埼玉県さいたま市)
 【HP】 http://assertivecommunitytreatment.jp/2016/

 ◎日本心理教育家族教室ネットワーク第20回研究集会新潟大会◎
 【日時】 2017年2月24日(金)~25日(土)
 【会場】 朱鷺メッセ(新潟市中央区)
 【HP】 http://jnpf.net/?p=1123

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
○===============================○
  《うるおい日本プロジェクト(熱中症予防声かけプロジェクト)》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=11907
☆1月号の特集は「医療機関選びのコツ」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
# by open-to-love | 2017-01-12 19:36 | うつ病・躁うつ病(気分障害) | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第39回お茶っこの会「色とりどりのトランプ」が開かれました

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」の第39回お茶っこの会は2016年12月25日、盛岡市総合福祉センターで開かれました。
 今回のテーマは「色とりどりのトランプ」。県内外から36人が参加しました。

a0103650_22594197.jpg


a0103650_22594975.jpg


 クリスマスにちなんだ手作りのザッハトルテ、たくさんのお茶菓子、そして、お手製の漬物も。ありがとうございました。おいしかったです。

a0103650_22595535.jpg


一人一人、希望をテーマに描いた、トランプのカード。

a0103650_22595859.jpg


順番に並べたのを、裏返すと…メリークリスマス。

a0103650_230184.jpg


希望を持てる新年になりますように。みなさん、よいお年を!
# by open-to-love | 2016-12-28 22:57 | お茶っこの会2016 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット 第39回お茶っこの会「色とりどりのトランプ」アンケート回答

(2016年12月25日・盛岡市総合福祉センター)

参加者数=36人
回答者数=23人

Q1.あなたにとって「希望」とは? どんな色? どんなかたち?

◎青。星の形。まっさらな空の色に、星の形、飛んでいけ。
◎赤。エネルギーがあふれてくる感じがあって好きです。エネルギーが希望につながる感じ。
◎青。
◎知人に「黄色が似合っている」と言われたことがあります。そして、黄色は明るく、また、幸せの象徴です。だから、私にとって「希望=しあわせ」の色は、黄色です。
◎希望の色は、太陽の色に思えます。皆様に公平に降り注ぐ色なので、この色を思い浮かべました。
◎好きな形は、丸です。どこも高くも低くもない形です。
◎だいだい色。星、輝いている形。
◎青、海、空、光。希望ということで、何となく青空、晴れた時の風景が浮かびました。
◎うすむらさき。もやもや、スーッとした夜明けの空の色。
◎黄色。空まで届く、ひまわりのような。
◎虹色。空色。虹は希望のかけはし。空は、気持ちを写す鏡。
◎ピンク、白、黄色。スノードロップの花言葉。
◎虹色かな?
◎薄緑。芽吹き始めの春の色。これからも明るい展開を示す色。
◎オレンジ色。暖かな感じで、思いやりの気持ちを表現しているように感じている。
◎金色…光り輝いているから。銀色、銅色でもいい。形はメダル。成功の象徴だから。
◎ローズレッドのバラの花。命とか心臓とか、そんなイメージ。
◎黄色でキラキラ輝いている太陽のような色。
◎今はグレー。希望あるんでしょうか…。
◎虹色。どしゃぶりの雨上がりに空に広がるように、希望も広がる。
◎白色に近い金の色。色というより光。どんなところも明るく照らしてくれる。
◎黄色、水色。春一番に咲く花には黄色が多いというので。

Q2.来年2月11日、ふれあいランド岩手で、盛岡ハートネットも協力して「相模原『やまゆり園』事件を考える対話の集い」が開かれます。あなたは、この事件を通じて、どんなことを感じ、考えましたか? 二度とこういった事件を引き起こさない社会にするにはどうしたらいいでしょうか? メッセージを書いてください。(それぞれのメッセージのエッセンスをギュッとまとめて、「集い」で発表させていただきたいと思ってます)

◎みんな違うということの認識が足りない社会で起きたこと。いいとこと悪いとこはみんなあって、それが個性だということがわからないで来た結果だと思います。どうか、だいじょうぶという世界になりますように。
◎ショックの一言。言葉を失った感じでした。施設の元職員が犯人であったこと、犯人自身も精神疾患を抱えていたことで、何をどう考えたらいいのか思考の整理が難しかったです。しかし、多数の殺人ということは絶対許せないものがあります。この事件、どんな風に考えたらいいのだろう…悶々とします。精神科の入院に関して、あらためて考えさせられました。入院生活を続けていればこんな事件は起きなかったのか…。でも、精神疾患の患者さんの権利を考えると、それはどうなのか…、悶々とします。
◎すべての人が、すべての人を大切にする!
◎地道に活動していくことが大事だと思います。
◎知らないことは、怖いことなんでしょうか? 精神障害とは、そう思われているのでしょう。でも、健常者の人でも事故、病気で精神障害になることを、想像すらできない人もいる。分けることは簡単なことでも、なんでも分けるのは良いことなのか? 精神障害者にも心があるのに…。考えることもできるのに…。何度も心がつらくなるのに…。「殺す」なんて…。
◎精神障がいについて、偏見が生じないようにと思っています。ゆとりのある社会、遊びを認められる世の中、失敗をとがめない人が多いこと、相談し合いましょうと言える社会でありますように。
◎元職員の人が起こした事件で、とてもびっくりしました。なぜあんなことが起きたのか、教えて欲しいです。
◎難しい問題だと思いました。口には出さなくとも、犯人と同じ考えを持つ人は他にもいます。このような事件を起こさないためには、どこから何を始めたら良いのか、まだわかりません。
◎一人一人が、心のエネルギーにみちあふれて、元気で楽しく過ごせる日がくれば、バカな事件はおきないと思います。皆に、幸せな普通な日々が来ますように。
◎この事件で、自分もいない方がいいのか…と、とっても「痛かった」です。どんな人も、分けへだてなく、生きられる世界へ。心の壁を外せるように、優しい気持ちを持った人が増えたら…。「どうしたら?」答えはまだ出ないけど…。
◎意外にも、障害者ではない人より、優れた能力がある。なめないでほしい。障害者の見方を考えてほしい。
◎命を大切に、みんなとなかよく。
◎「障がい者がいなくなればいい」とは「障がいがなくなればいい」の間違いであり、「余計」な考え方。頼まれてもいないことを、勝手に実行して、全く余計なことをしてくれました。よく考えて行動すべきだし、興味がないのなら放っておいてほしい。
◎先進国の経済成長が止まり、分配の果実が少なくなり、少ない果実の分配をめぐり競争が激しくなって来た。よって弱者の方に対し、社会に優しさが欠けてきたように思われる。さらに社会全体に差別意識が強まり、いじめ問題もそこに起因している。やまゆり園の事件も、社会の競争の激しさと差別意識がその原因と思われるが、それを乗り越えるセーフティーネットを今の社会にいかに築けるか問われているように思われる。
◎障害者施設を都心部から離れた場所に作ることが隔離の思想につながっている。
◎マイノリティーである者を排除する社会的な雰囲気が、極端な形で表出されたように感じて、すごく怖い気持ちになりました。多くの人たちと違っていることや、社会的に弱い立場である人を受け止められる社会になってほしいと思います。多様な人間がいることが、生きることを豊かにすることに気づいてもらえたら、生きづらい人たちが少なくなっていくのでは?「ダイバーシティー&インクルージョン」という視点が広がっていくといいですね!
◎思いやりの芽を育てる。一人一人の心に思いやりが育てば、目の前の一人を大切にすることができ、いじめや差別を減らすことができると思う。戦争も、憎しみや怒り、ねたみから起こる。思いやりがないから争う。目の前の一人を思いやることで大切にされた思いを次の人につなげることで、連鎖反応で世界に思いやりの輪が広がる。
◎措置入院及び退院後の支援のあり方が問われた事件。障害者差別のあり方も問われている。
◎障害者が排除されない社会を、されてはいけない社会を。差別偏見のない社会を。殺戮のない社会を。
◎他人の痛みに思いを致す思いやりと想像力にあふれた社会にするためには、自分との違いを認め合うこと。ほんのちょっとの不自由を分かち合う気持ちを持つこと。一番支援されるべき方々が中心の社会になること。人としてどうあるべきか、考え合う社会になること。
◎以前、障がいのある方々の施設で働かせていただきました。その時の自分を振り返りました。彼、彼女たちは、どんな思いでいたのだろう?と考えました。
◎安心を提供する施設で、たくさんの方が亡くなられたことはとてもショックです。今はクリーンな世の中で、どんどん排除される人が増えているような気がしますし、一方で支えようとする人もいて、両極端ですね。何かをする前に、誰かに相談できる心の余裕を大切に育てられる社会を作りたいものです。
# by open-to-love | 2016-12-28 22:38 | お茶っこの会2016 | Trackback | Comments(0)