精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
盛岡ハートネット第43回お茶っこの会「熊本と共に」が開かれました

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」の第43回お茶っこの会「熊本と共に」は2017年8月19日、盛岡市総合福祉センターで開かれました。
 県内外の25人が参加しました。たくさんの差し入れありがとうございました。

a0103650_22220047.jpg

a0103650_22293004.jpg

 熊本地震は2016年4月に発生しましたが、ゲストの上中さんに見せていただいたのは、今春、つまり、発生から約1年の時点で撮影された現地の映像です。
 大きく波打った道路、断層、崩落した橋などの映像は、衝撃的でした。
 東日本大震災津波の被災地も、発生から6年以上たってもなお、復興が続いていますが、熊本地震の爪痕の大きさを、あらためて実感しました。
 私たちは、熊本のために何ができるか。障害者ら災害弱者をどう救うべきか。日頃からどんな備えをしておくべきか。匿名社会が進行する中、あるいは、災害の記憶の風化が進む中、報道はどうあるべきか。などなど、たくさんのテーマで、みんなで語り合いました。
 参加者がどんなことを感じ、考えたのかについては、アンケート回答の一部をブログに掲載しましたので、ご覧ください。
 なお、今回の参加費8100円は、全額、熊本地震被災地へのカンパとして、上中雅文さんに託しました。

 天災は、忘れた頃にやってくる。

# by open-to-love | 2017-08-20 22:23 | お茶っこの会2017 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第43回お茶っこの会「熊本と共に」アンケート回答

(2017年8月19日・盛岡市総合福祉センター)

参加者:25人
アンケート回答12人

Q1.熊本地震被災地の様子について、見て、聞いて、どんなことを感じましたか?

◎忘れてはいけないと感じました。
◎東日本の被害と同じように大変。
◎道路の陥没の動画が、リアルでした。被害の大きさがあらためて分かりました。
◎九州のことでも、人ごとじゃないと思った。震災の被災体験者として、何かできることはないかと考えた。特に大分・熊本間の道路寸断は絶句した。
◎人ごとと思わずに、いつ自分の身に起こることと感じ、被災地から多くのことを学んでいく姿勢が大事だと思った。目に見える部分ばかりでなく、見えない部分に目を向けて、何が困っているのか何が必要なのか考えていく。風化させずに、このような話を、体験を聞く場がもっと増えたら良いなと思いました。
◎心の痛みを受け止め傾聴してあげるケアが必要だと思う。
◎自然災害の恐ろしさを目の当たりにした感じ。日本のどこにいても、起こり得る感じがします。人ごとではありません。
◎日本のどこにいても、地震は起こり得ると分かっていても、DVDを見せていただいて、胸が痛みます。岩手も東日本大震災や、岩泉の大雨があって、本当に人ごとに思えません。
◎あらためて災害への意識が高まりました。
◎いまだに道路の段差があったり、不便な中で生活されているということを知ることができてよかった。
◎自然の力のすごさにあらためておどろいた。私たちは自然の中で生かされていることを、忘れずに生活していきたいと感じた。報道ではよく分からなかった様子を、見ることができて、熊本地震の被害の大きさが伝わってきた。


Q2.災害への備えとして、特に大事だなあと思ったのは、どんなことですか?

◎忘れないことと、災害はいつでもどこでも起きる、そのために準備することが大事だと思いました。
◎懐中電灯を常時携帯。
◎日常の格差をなくしていくこと。自分に必要なものを、日頃から、すぐ分かるようにしておくこと。
◎同じ障害やマイノリティーでも、それぞれ違うことを意識しながら支援を考える。
◎防災意識を常時持つ。食料・水・必要な物を備える。
◎風化させない。
◎被災地、被災者への差別意識を持たない(風評被害)
◎メディアスクラム対策。
◎一番は、心構え。災害は、いつあるかわかんないから、ある意味、覚悟を決めるって大事だなあと思う。
◎やはり、災害の時の当事者のネットワークは重要だと思います。
◎知らない人が大勢の中で、避難生活を送るのは自信がありません。
◎ラジオ。正確な情報。
◎普段からの意識。避難訓練など。
◎過剰な支援は、逆効果かもしれない…
◎何があっても良いように備えておく大切さを痛感しました。
◎災害は身近に起こると心しておくことが大切!


Q3.熊本の方々へのメッセージをよろしくお願いします!

◎応援しています。忘れません。
◎がまだせ熊本。岩手から応援しています。
◎東日本大震災からの立ち直りにも、時間がかかり、長期的な支援が必要ですが、熊本の方も同じだと思います。被災者と言っても、それぞれ違うと思いますので、必要な人に必要なケアや支援が受けられるように願っています。
◎復興に向けて、共に歩きましょう。岩手から応援しています。
◎一緒に頑張りましょう。
◎災害から回復するには何年も時間がかかります。焦らずに少しずつ進めてください。それが災害が同じくあった県からのメッセージです。
◎くまモン大好きです。
◎何もできないですが、忘れない、気にかけるように努めます。応援しています。
◎私も3・11の被災者です。身に起こらないと分からないたくさんの苦労があると思います。そんな時、力の源は人々の温かい応援でした。体調に気をつけて一歩ずつ前進しますことを、心よりお祈りしております。東北!熊本!共に頑張りましょう!


# by open-to-love | 2017-08-20 15:02 | お茶っこの会2017 | Trackback | Comments(0)
「RUN伴(らんとも)2017いわて」

2017年8月26日(八戸〜盛岡)
       27日(盛岡〜一関)

a0103650_23323867.jpg



# by open-to-love | 2017-08-19 23:33 | 認知症 | Trackback | Comments(0)
「アートネットもりおか芸術祭2017」開催のご案内

(アートネットもりおか実行委員会事務局)

 この度アートネットもりおか芸術祭2017の応募要項が出来ましたので、お知らせします。
詳細は下記の通りです。

◆開催場所:
 第1会場 もりおか町屋物語館 浜藤ホール
  (〒020-0827岩手県盛岡市鉈屋町10番8号 TEL:019-654-2911)
 第2会場 大慈清水 お休み処
  (〒020-0827 岩手県盛岡市鉈屋町3番15号 TEL:019-622-8989)

◆開催日時 :
 11/4(土)12:00~18:00
 11/5(日) 9:00~18:00

◆出品or出演希望申請期間 : 9/1(金)~9/15(金)必着
 ※規定書式があります。下記お問い合わせで募集要項の申請をお願いします。

◆作品受付 : 10/1(日)~10/14(金)必着
 ※直接担当者までお持込み出来る方は、ご連絡ください。

 内容としましては、今回も展示・ステージを行い、ワークショップをします。さらに希望者には、<第1会場もりおか町屋物語館>近くの<第2会場 大慈清水 お休み処>で展示・販売も行えるようにしました!
 ご来場くださる方は、出品者や出演者の表現の豊かさをぜひご覧になって下さい。
 またご出品、ご出演されたい方は規定書式があります。ですので、下記に記載しております≪募集要項申請希望の方≫にある必要項目をご記入の上、下記連絡先へまで申請をしていただき、その上でこちらから募集要項をお届け致しますのでどうぞよろしくお願い致します。

≪ 募集要項申請希望の方 ≫
   ①お名前
   ②送付先のご住所 or FAX番号
   ③出品(作品)希望 or 出演(ステージ)希望。またはどちらもご希望される方。

● 応募要項の申請 ・ お問合せ先 ●

アートネットもりおか実行委員会
 TEL : 080-1808-2507 
 FAX : 019-635-6023
 MAIL : artnetmorioka01@gmail.com


# by open-to-love | 2017-08-19 23:28 | 心の病とアート | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第43回お茶っこの会「熊本と共に」収支報告

日 時:2017年8月19日(土曜日)
場 所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋
参 加:25人

収入(参加費):1万5104円
 参加費:8100円(300円×25人)
 県立大社会福祉学部精神保健福祉援助実習講師:7004円

(参加費8100円は、熊本地震被災地カンパに)

支出:1万2224円
 コピー代:390円(ジョイス、ローソン)
 封筒代:213円(ホーマック)
 郵送代:5851円
 カード代:770円
 岩手県精神保健福祉連合会賛助会員費:5000円

【差し引き】マイナス5220円

【第42回お茶っこの会「見守り、見守られる」からの持ち越し】プラス4万4922円

【さらに合計…ハートネットのトータル収支】3万9702円

☆収入について。今回の参加費は、全額、熊本地震被災地のカンパとしました。講師の上中雅文さんに託しました。 
 そして、県立大社会福祉学部精神保健福祉援助実習講というのは、PSWを目指している学生さんたちが、家族の気持ちを知るという講義で、毎年この時期の恒例になってます。
 支出について。カード代というのは、7月に開かれた第2回「相模原事件を考える対話の集い」(盛岡ハートネット協力)で、参加した皆さんに描いていただいた「メッセージカード」のカード代です。
 岩手県精神保健福祉連合会というのは、精神障害者家族会の連合会です。ハートネットは、賛助会員になっております。その賛助会費を今年も払いました。
 たくさんのお菓子の差し入れ、ありがとうございました。

# by open-to-love | 2017-08-19 22:38 | お茶っこの会2017 | Trackback | Comments(0)
あさっては盛岡ハートネット第43回お茶っこの会「熊本と共に」

~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

a0103650_21084881.jpg


 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は東日本大震災後、定期的に「お茶っこの会」を開いています。苦しみや悲しみを抱えている人、話したい人、聴きたい人、昼寝したい人…それぞれのペースを尊重する集まりにしたいなと思っています。
 今回のテーマは「熊本と共に」。ゲストは、熊本県水俣市出身で、盛岡市のNPO法人「You-Me ゆいっこ」理事長の上中雅文さんです。
 2016年4月の熊本地震では、関連死を含め200人以上が犠牲になりました。県民の心の支えである熊本城も被災し、復旧作業が続けられています。
 上中さんが現地で撮影した映像を見せていただきながら、私たちが被災地のために何ができるか、各地で相次ぐ自然災害にどう備えるかなどについて、みんなで話し合いましょう。
 災害や病気などで、私たちは、たくさんのつながりを失いました。でも、新しいつながりを少しずつ広げていきませんか?

日時:2017年8月19日(土曜日)12:30~15:30(開場12:00)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:上中雅文さん(盛岡市・NPO法人「You-Me ゆいっこ」理事長)

参加対象:どなたでもどうぞ!
定員:30人
参加費:300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶っこの会は、少人数で安心しておしゃべりするため、定員制にしています。定員オーバーの際は、初めて参加される方を優先させていただきます。ご了承ください。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)

☆皆様、今回は、お茶菓子がすでにたくさんあります。どうか、無理なさらず!

# by open-to-love | 2017-08-17 21:09 | 応援してます熊本県 | Trackback | Comments(0)
べてるの家:雑誌「べてるもんど」vol.13 & 「てとて新聞アーカイブ」発売

こんにちは。べてるの伊藤知之です。

 先日のべてるまつり合わせでべてるの雑誌「べてるもんど」vol.13が発売されました。特集は「糸川昌成氏×向谷地生良氏対談 『心の病を考える』」です。
 価格は420円です。
 他にも、
・幻聴さんピンバッジ
(新作 顔の向きを変えて新登場) 500円
・べてる マスキングテープ
(サイズ 1.5cm×5m 幻聴さんマーク入り) 380円
 があります。
 お申し込みは
TEL 0146-22-5612
FAX 0146-22-4707

☆NPO法人セルフサポートセンター浦河「てとて新聞アーカイブ」発売中!

 浦河のピアサポーター育成・派遣・研修事業等を行うNPO法人セルフサポートセンター浦河の機関紙「てとて新聞」の10年間の傑作選「てとて新聞アーカイブ」を今年のべてるまつり合わせで発売しました。巻末には浦河のピアサポーター・ピアスタッフの座談会も収録しています。
 価格:1冊500円
 お申し込みは
TEL・FAX 0146-22-9929

よろしくお願いします。

# by open-to-love | 2017-08-16 21:05 | べてるの家 | Trackback | Comments(0)
べてるの家:べてるの新刊「べてるな人びと 第5集」発売中!

 こんにちは。べてるの伊藤知之です。
 先日、べてるの新刊「べてるな人びと 第5集」が発売されました。
 副題は「神さまへの嘆願書」です。
 全国各地で展開されている当事者研究の実践の様子などを向谷地さんが書かれています。

価格 1,944円(税込み)

お申し込みは
TEL 0146-22-5612
FAX 0146-22-4707
またはこのメールに返信する形でお申し込みください。

よろしくお願いします。

# by open-to-love | 2017-08-15 21:37 | べてるの家 | Trackback | Comments(0)
秋田■北東北性教育研修セミナー2017夏「秋田LGBT成人式-多様性は無限の可能性/Free Yourself!-」
a0103650_22091529.jpg


a0103650_22092168.jpg

日時:2017年8月12日(土) 13:30-16:30
会場:アトリオン4F ミニコンサートホール(秋田駅前)
基調講演:薬師実芳さん(東京)NPO法人ReBit(リビット)代表理事
岩手来賓:三代目 井上成美さん(三味線演奏者)
青森来賓:宇佐美翔子さん(北東北性教育研修セミナー実行委員会共同代表)
参加費:無料 (定員100名)
主催:北東北性教育研修セミナー実行委員会
協賛:一般財団法人日本児童教育振興財団内日本性教育協会
事務局:北東北セミナー秋田事務局(性と人権ネットワークESTO)
協力:特定非営利活動法人ReBit,NPO法人いきいきFネット秋田

受付〆切■成人式は申込みなしでの参加も可能です。
アフターパーティーは、8月10日(木)までの申込が可能になりました。
皆様のご参加をお待ちしています!

<LGBT成人式のご紹介>
LGBT成人式の詳細と各地の開催については、下記のサイトをご覧ください。

特定非営利活動法人ReBit (りびっと)
http://rebitlgbt.org/project/seijinshiki

<会場へのアクセス>
アトリオン4F ミニコンサートホール
秋田市中通2-3-8
※秋田駅西口より徒歩5分
※駐車場は周辺の有料駐車場をご利用ください。
http://www.atorion.co.jp/access.html

<開催目的>
「成りたい人になる(=成人)」を祝福し、自分を誇れる場として秋田でもLGBT成人式を開催します。誰もが「ありのままで生きられる」北東北の環境づくりと、自分らしく活躍できる人材を育てていくことを目的としています。LGBT成人式を最初に企画して全国に広めてきた薬師さんに基調講演をお願いし、岩手と青森のLGBT当事者に自己実現を果たしてきたロールモデルとして記念演奏や参加者へのメッセージをいただきます。

<参加対象者>
セクシュアリティや年齢を問わず、セクシュアルマイノリティ当事者とアライ(支援者・理解者)の皆様にご参加いただけます。ご家族、パートナー、ご友人の皆様もぜひいらしてください!

<服装>
ドレスコード不問。お好きな服装でご参加下さい。暑いのでTシャツに短パンなどの軽装でも大丈夫です!

<合唱>
参加者の皆様にご協力をいただき、プログラムの最後を合唱で締めくくります。曲は、嵐の「ふるさと」です。参加者の皆様にも一緒に歌っていただければと思います。歌えない方や歌いたくない方にも、どんな曲なのか事前にご確認をいただけましたら幸いです。

<スケジュール>
13:00 開場
13:30 開会挨拶・来賓の祝辞(15分)
13:45 成人の誓い(5分×3人)
14:00 基調講演:薬師さん(50分)
14:50 休憩(10分)
15:00 岩手(井上さん:演奏)(30分)
15:30 青森(宇佐美さん:トーク)(30分)
16:00 合唱「ふるさと(嵐)」
16:30 閉会挨拶
17:00 閉場

※当日は10時から会場内の準備室にて着替えが可能です。成人式後は18時までに片付けを終えて、アフターパーティー会場に移動します。

<講師プロフィール>

基調講演■薬師実芳(やくしみか)さん(東京)
NPO法人ReBit(リビット)代表理事。女性として生まれ、男性として生活をするトランスジェンダー。2013年、早稲田大学商学部卒。在学時にReBitの前進となる「早稲田大学公認学生団体Re:Bit」を設立。行政/学校/企業等でLGBTに関する研修を多数実施。キャリアカウンセラーとして約800人のLGBTの就労支援を行う。2015年、青少年版国民栄誉賞と言われる「人間力大賞」を受賞。2016年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ世界の20代30代の若手リーダー、グローバル・シェーパーズ・コミュニティ(GSC)選出。
NPO法人ReBit:http://rebitlgbt.org/

岩手来賓■三代目 井上成美(いのうえなるみ)さん(三味線演奏者)
1987年生まれ、岩手県盛岡市出身・在住。戸籍変更済みのトランスジェンダー男性(FTM)6歳より故・初代井上成美に師事し、11歳より黒澤博幸氏に津軽三味線の手ほどきを受ける。平成18年に故・初代井上成美師より『井上成美由』と命名される。平成26年に三代目井上成美を襲名。古くから受け継がれてきた民謡の三味線伴奏者としての活動を中心に、ソロ演奏や他楽器とのコラボレーション演奏など、幅広いジャンルで県内・外を問わず活動している。また演奏者の傍ら、民謡成美会三味線指導部長として、後進の指導も精力的に行っている。
Twtter:https://twitter.com/3narumiinoue

青森来賓■宇佐美翔子(うさみしょうこ)さん(北東北性教育研修セミナー実行委員会共同代表)
青森市出身のレズビアン。レイプクライシス・ネットワーク理事、特定非営利法人共生社会をつくる支援全国ネットワーク副代表。2014年より、生まれ故郷の青森での活動を開始 コミュニティ&カフェ「Osora ni Niji wo Kake Mashita (お空に虹をかけました)」を同性パートナーと共同経営。街の中で生活の延長線上に相談機能を持つ場所を!とカフェでの相談ごとにも対応している。2015年に北東北性教育研修セミナー実行委員会を立ち上げ、北東北(青森、秋田、岩手)を中心として性教育に関わる年間2回のセミナーを開催している。国内外の情報を発信、共有し、次世代の性教育に携わる人材を育成し、社会に還元することを目的としている。
北東北性教育研修セミナー実行委員会:
https://www.facebook.com/seducation.north/

<LGBTとは?>
L:レズビアン(女性として女性が好きな人)
G:ゲイ(男性として男性が好きな人)
B:バイセクシュアル(恋愛対象が男女を問わない人)
T:トランスジェンダー(性別に違和感がある人)
の略語です。LGBは性的指向を表す言葉で、Tは性別違和(性同一性障害)などにより性別を変えたり、変えたいと思っている人です。LGBTは、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の総称として使われることがあります。

<参加申し込み&お問合せ>
◆事前申込にて、お名前と参加人数をお知らせください。席に余裕があれば、当日は申込みなしでも入場可能です。

【申込事項】
1)お名前(通称名OK)
2)代表者の連絡先(E-MAILまたはTEL ※緊急時用)
3)同行者のお名前と人数
4)メイクや着替えの希望
5)託児や障害などへの対応の要望
6)アフターパーティーの参欠と同行者
7)お住まいの都道府県
8)その他のご連絡

【お申込み・お問合せ】
メールフォームからお申込みいただけます!
https://ws.formzu.net/fgen/S5055929/

※会場でお化粧や着替えが必要な方はお知らせください。
※美容師のボランティア参加がありますので、浴衣の着付けが可能です。
※当日は手話通訳があります。

<秋田LGBT成人式アフターパーティー
&ESTO発足20周年記念パーティー>
日時:2017年8月12日(土)18:30-20:30
会場:秋田ビューホテル1F「さくら」
アクセス:秋田駅西口より徒歩約3分
http://www.viewhotels.co.jp/akita/access/
ラウンジ貸切(40名定員)
参加費:コース料理(中華・洋食)+ソフトドリンク(1杯)=¥2,600円
※申し込み〆切は、8月10日(木)完全予約制
参加費は当日に会場でのお支払いになります。
主催:性と人権ネットワークESTO
★1998年の発足から10月で20週年を迎えます。ESTO発足20周年祝いも兼ねて、LGBT成人式後に
開催いたします。

事務局■北東北セミナー秋田事務局
(性と人権ネットワークESTO)
E-MAIL:akita-lgbtseijinsiki@estonet.info
※あっとまーく@に◎を変更して送信してください
TEL:080-6049-8843(非通知不可)
※留守電のときはメッセージをお願いします。
FAX:050-1450-6768 (非通知不可)

協力■NPO法人いきいきFネット秋田
秋田県中央男女共同参画センター内
E-MAIL::akitawmc◎alpha.ocn.ne.jp
※あっとまーく@に◎を変更して送信してください
TEL:018-836-7853
FAX:018-836-7854 
※ 秋田県中央男女共同参画センターは、下記の時間のみ電話・FAXが可能です。
平 日 9:00-21:00
土日祝 9:00-17:00
WEBサイト http://akitawmc.com/index.html

【後援】秋田県,秋田市,秋田県教育委員会,秋田県教職員組合,社会福祉法人秋田県社会福祉協議会,秋田魁新報社,河北新報社,毎日新聞秋田支局,読売新聞秋田支局,朝日新聞秋田総局,産経新聞社秋田支局,NHK秋田放送局,ABS秋田放送,AKT秋田テレビ,AAB秋田朝日放送,CNA秋田ケーブルテレビ,エフエム秋田,ACB秋田コミュニティー放送

【賛同】国際教養大学ダイバーシティークラブ,【非公式】秋田大学セクマイサークル,レイプクライシス・ネットワーク,青森レインボーパレード実行委員会,青森インターナショナルLGBTフィルムフェスティバル実行委員会,岩手レインボー・ネットワーク,東北キリスト虹会,ろうLGBT東北,NPO法人あきたパートナーシップ,秋田いのちの電話,NPO法人あきた子どもネット,NPO法人セーフティネット秋田つなぎ隊,秋田・こころのネットワーク

≪お問合わせ全般はこちらまで≫
-性と人権ネットワークESTO-
Sexualities and Human Rights Network ESTO
〒010-8691 郵便事業(株) 秋田支店 私書箱32号
WEBサイト http://estonet.info/

# by open-to-love | 2017-08-10 22:06 | セクシュアリティー | Trackback | Comments(0)
障がいで町興しシンポジウム&「べてるの家」の当事者研究セミナー

こんにちは。べてるの伊藤知之です。

障がいで町興しシンポジウム&「べてるの家」の当事者研究セミナ

1日目「シンポジウム」
日時:8月11日(金)PM2:00~4:00
テーマ「精神障がい・知的障がい・身体障がいの当事者は震災復興の担い手となれるのか」
・シンポジスト:
 向谷地生良さん
 舩井勝仁社長(株式会社船井本社・株式会社にんげんクラブ代表取締役社長)
 その他
対象:障がい当事者・家族・支援者・一般
会場:石巻市保険相談センター3F講義室(石巻市鋳銭場1-27
参加費:精神障がい当事者無料、家族・支援者・一般1,000円
定員:130名

2日目「当事者研究セミナー」
講師:向谷地生良さん・べてるメンバー・その他
対象:障がい当事者・家族・支援者・一般
会場:石巻市保険相談センター3F講義室(石巻市鋳銭場1-27
参加費:無料
定員:80名

お問い合わせ:080-2800-4090
主催:べてるの家に学ぶ 一般社団法人シャロームいしのまき
福祉事業所 地域活動支援センター「べてるの風」 理事長:大林健太郎
TEL:0225-24-9147
FAX:0225-24-9641

よろしくお願いします。

伊藤知之

# by open-to-love | 2017-08-10 21:53 | シャローム石巻 | Trackback | Comments(0)