精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

応援してます陸前高田…しょうゆ天使のラーメン

a0103650_22371294.jpg


※最近、バタバタしてて、被災地でいろいろ買っても、ブログにアップする前に、どなたかに差し上げる日々が続いてました。やなせたかし先生のデザイン、北海道旭川市の藤原製麺のラーメン。「この商品の売り上げの一部はヤマニ醤油を通じ、陸前高田市の復興支援に充てられます」。川の駅よこたにて購入しました。
by open-to-love | 2015-07-28 22:37 | 応援してます陸前高田 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:職場のメンタルヘルス~リカバリー全国フォーラムで特別企画!

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。リカバリー全国フォーラム2015では、「職場のメンタルヘルス」をテーマにした特別セミナーを開催します。本日はそのご案内です。リカバリーフォーラムに参加申込をしていただいた方は、無料でご参加いただけます。

 ★HEADLINES★
 (1) リカバリー全国フォーラム2015:特別セミナー
 (2) ピアサポートグループ開催情報
 (3)コンボ耳より情報:東日本大震災行方不明者家族支援ワークショップin盛岡

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 リカバリーフォーラム☆ニュース
《特別セミナー》「予防からリカバリーまで~企業における効果的なセルフケアとラインケア~」
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 特別セミナーでは、本年12月より施行される予定の企業における従業員のストレスチェック制度についてとりあげます。
 事業者は、ストレスチェックを受けた従業員の希望に応じて、医師による面接指導を実施しなければなりません。さらに、医師の意見を聞いた上で、必要な場合 には、作業の転換・労働時間の短縮など、適切な就業上の措置を講じなければならないことになります。
 今回の法改正により、多くの職場でメンタルヘルス対策を実施しなければならなくなるといわれています。
 今回のシンポジウムでは、制度のポイントおよび運用上の留意点、企業におけるストレスマネジメントの実践とストレスケア制度の導入の課題、そして、リカバリー視点の企業における効果的なセルフケアとラインケアについて、それぞれのお立場から語っていただきます。企業の人事関係者、医療従事者、就労支援に携わる福祉関係者、そして、当事者の皆さんのご参加をお待ちしております。
  ☆リカバリー全国フォーラム2015「特別セミナー」のご案内
    https://www.comhbo.net/?page_id=6683
  ☆チラシのダウンロードはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
    https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/07/RNF2015flier-seminar-v2.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 講師
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎大野 裕
  一般社団法人認知行動療法研修開発センター 理事長 ;精神科医
 ◎渡辺洋一郎
  公益社団法人日本精神神経科診療所協会 会長;精神科医
  一般社団法人日本精神科産業医協会 共同代表理事
  厚生労働省ストレスチェック制度マニュアル作成委員会 委員
 ◎企業の人事担当者
 ◎司会:高尾和俊
  株式会社インターリスク総研 災害リスクマネジメント部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 こんなお話しをしていただく予定です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ストレスチェック制度とは? その目指すものとは?
 医師、保健師の他、看護師、精神保健福祉士等も実施者に? その役割は?
 どんな検査項目が含まれる?
 医師による面接指導とは?
 ストレスチェック制度の課題と問題点は? 等々
 認知行動療法の基本的な考え方とは?
 職場のメンタルヘルスにどう応用するか?
 職場で「失敗」したときの落ち込みにどう対処する?
 人とITとで協業?
 社員教育やリワークにどう生かす?
 ストレスチェック制度で産業医をサポートする人材の育成が必須?
 どんなリソースが活用できる? 等々
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時&会場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日時】2015年8月21日(金) 15:15~17:45
【会場】帝京平成大学 池袋キャンパス 本館1階 冲永記念ホール(東京都豊島区東池袋 2-51-4)
 〇アクセス: https://www.thu.ac.jp/access/access_ike.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お申込 ~事前申込受付中:7/31(金)まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 参加費をお振込みいただき、申込用紙を下記までお送りください。確認後、参加証を郵送いたします。
 詳しくは → https://www.comhbo.net/?page_id=6683
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お問合せ&申込用紙送付先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〒272-0031
 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
 NPO法人コンボ内 リカバリー全国フォーラム事務局
 TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
 Email: RF@comhbo.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 リカバリー全国フォーラム2015のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆リカバリー全国フォーラム2015のご案内
   https://www.comhbo.net/?page_id=102
   ☆開催案内のダウンロードはこちらから
   https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/06/RNF2015leaflet.pdf
   ☆申込用紙のみのダウンロードはこちらから
   https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/06/RNF2015leaflet-p8.pdf
   ☆チラシのダウンロードはこちらから
   https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/07/RNF2015flier-final.pdf
   ☆チャリティーTシャツの詳細&ご購入はこちらから
   https://www.comhbo.net/?page_id=2542
   ☆FacebookやTwitterでも発信中!
   Facebook: https://www.facebook.com/recoveryforum
   Twitter: https://twitter.com/recoveryforum/

●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○8/20(木)レインボーキャリア会《女性限定》(神奈川県座間市)
 ○8/27(木)ピアサポートグループ麦の会(長野県安曇野市)new!
 ○8/29(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)new!

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ耳より情報≫
 ☆日本家族研究・家族療法学会主催☆
 「あいまいな喪失」
 東日本大震災行方不明者家族支援ワークショップin盛岡
     2015年8月8日(土)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 東日本大震災津波の行方不明者は約2600人に上ります。大切な人との突然の死別はご遺族の心に深い悲しみをもたらしますが、大切な人との「さよならのない別れ」に伴うご家族の悲しみも深く、特有です。いつまでも気持ちの整理がつかず、孤立しがちになるなど、日常生活にさまざまな影響を及ぼすこともあります。
 この行方不明者のご家族に特有の心理について、近年、米国のポーリン・ボス博士が「あいまいな喪失(Ambiguous Loss)」と名付けて援助法を体系化し、日本でも注目されています。ご家族の悲しみに理解を深め、寄り添い回復を支えていくための、第一線の講師によるワークショップです。
 第1部は、コンボの理事のお一人、後藤雅博先生(南浜病院)の講演です。ぜひご参加ください。
 〇詳しくはこちらから
   http://al.jdgs.jp/add_info/pg255.html
 〇案内チラシはこちらから
   http://al.jdgs.jp/_userdata/2017_AL_Iwate.pdf
 〇申込用紙はこちらから
   http://al.jdgs.jp/_userdata/2017_AL_Iwate_entry.pdf
【日時】2015年8月8日(土)13:30~16:00
【会場】盛岡市総合福祉センター・4階講堂(盛岡市若園町2-2)
※どなたでもご参加いただけます。(参加費500円)
※申込締切は7/31(金)です。
【お申込み・お問合せ】
ワークショップ事務局(未来の風せいわ病院)
TEL.019-696-2055  FAX.019-696-4185

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=6416
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2015-07-24 21:26 | 喪失と悲嘆 | Trackback | Comments(0)
「喪失と悲嘆」に理解を深めたい方に…JDGSサイトのご紹介

 2011年の東日本大震災津波は、たくさんの悲しみをもたらしました。
 大切な人との突然の死別はご遺族の心に深い悲しみをもたらします。
 そして、大切な人が行方不明のままという「さよならのない別れ」に伴うご家族の悲しみも深く、特有です。
 こうした、深い悲しみを抱えているご遺族、ご家族に、どのように寄り添い、支えていくか。
 東日本大震災を機に、日本国内で「悲嘆(グリーフ)」を専門に支援活動や研究を行ってきた専門家の方々が集まり、災害時に残された人たちを支援するためのプロジェクトとして、「災害グリーフサポート=JDGS(Japan Disaster Grief Support)プロジェクト」が誕生しました。
 そのJDGSによる、二つのサイトをご紹介します。

 一つ目は…

◎震災で大切な人を亡くされた方を支援するためのウェブサイト

http://jdgs.jp/

 そして、二つ目は…

◎「あいまいな喪失」情報ウェブサイト

http://al.jdgs.jp/

 です。

「あいまいな喪失(Ambiguous Loss)」とは、聞き慣れない言葉かもしれません。行方不明者のご家族に特有の心理について、近年、米国のポーリン・ボス博士が、このように名付けて援助法を体系化しました。翻訳書が刊行されたり、JDGSプロジェクトが研修会を開いたりして、少しずつ日本でも注目されるようになってきました。

ご関心ある方は、ぜひ、この二つのサイトをご覧下さい。

ちなみに、8月8日、盛岡市で「あいまいな喪失 東日本大震災行方不明者家族支援ワークショップin盛岡」を開きます。主催は日本家族研究・家族療法学会で、共催が災害グリーフサポート(JDGS)プロジェクトです。ご家族の悲しみに理解を深め、周囲の方々が寄り添い、回復を支えていく一助になることを願って、第一線の講師によるワークショップです。
 盛岡ハートネットは、裏方やってました。
 ぜひ、多くの方に、ご参加いただけますことを!

a0103650_23215254.jpg


◎あいまいな喪失 東日本大震災行方不明者家族支援ワークショップin盛岡

日時:2015年8月8日(土)13:30~16:00

場所:盛岡市総合福祉センター・4階講堂(盛岡市若園町2-2)
※会場は駐車場に限りがありますので、公共交通機関をご利用下さい。

講師:後藤雅博(日本家族研究・家族療法学会(JAFT)震災支援委員会委員長、南浜病院長)
   石井千賀子、黒川雅代子、瀬藤乃理子、中島聡美(JDGSプロジェクト)

プログラム:
第1部:講演 後藤雅博「あいまいな喪失について」
第2部:シンポジウム「あいまいな喪失に向き合いながら、穏やかに豊かに生きるとは」

対象:精神保健・復興支援関係者、ご遺族・行方不明者のご家族、傾聴ボランティア、学生等

参加費:500円

問い合わせ&申し込み:ワークショップ事務局
(社会医療法人智徳会 未来の風せいわ病院)
TEL.019-696-2055 FAX.019-696-4185

※ちなみに、日本家族研究・家族療法学会(http://jaft.org/)は1984年、日本における家族支援、家族療法に関する精神医学的、心理学的、社会福祉学的、社会学的な研究、応用、普及を目的に設立されました。こちらのサイトもご覧くださいね。
by open-to-love | 2015-07-16 23:16 | 喪失と悲嘆 | Trackback | Comments(0)
第40回日本自殺予防シンポジウム

「いのちとの出会い〜私たちにできること」

日時:2015(平成27)年9月13日13:45〜17:00
会場:青森県立保健医療大学

a0103650_2184323.jpg


(特定非営利活動法人ほほえみの会より情報提供)
by open-to-love | 2015-07-16 21:09 | ほほえみの会 | Trackback | Comments(0)
「You-Meゆいっこ便」No.151(2015.7.15)

大きな台風が 列島を狙っています
国会も 天候も めちゃくちゃ 大荒れですね・・・。
 ゆいっこの皆も就職する人がいたりで 少し 揺れています。
会報151号 お届けいたします。
 暑さも尋常ではありません くれぐれも 熱中症 気をつけください
YouーMeゆいっこ

a0103650_2114468.jpg

a0103650_2114812.jpg

a0103650_2115195.jpg

by open-to-love | 2015-07-16 21:02 | You-Meゆいっこ | Trackback | Comments(0)
心の病と共に生きる当事者が企画運営するシンポジウムのご案内

明るく生きる2015 こころのシンポジウム

~生きることを支える活動の輪を広げていこうよ!~

a0103650_0302920.jpg


2015年8月22日(土)13時45分~16時15分(開場13:15)

会場 一関市大東コミュニティセンター 2階研修室
   JR摺沢駅隣接(一関市大東町摺沢字街道下25−3 ℡0191-75−2229)

主催 心の病と共に生きる仲間達連合会キララ

心の健康や障がいに関心のある方、どなたでも参加可!定員80名

入場無料

第1部:歌で広める心の病と障がいの理解「心の応援歌コンクール作品発表」~心の病や心身の障害と共に生きる方から募集した替え歌作品等の紹介

第2部:語り合いで広める心の病と障がいの理解「おしゃべりシンポジウム」
   「精神疾患・精神障害者と家族の自殺予防のために~支援、ピアサポート、セルフケアについて考える!」
「自分たちが抱える死にたい気持ち」と「乗り越えるために必要な支援」、そして「自分たちにできること」について考えます。

基調講演講師:智田 文徳 先生(未来の風せいわ病院理事長)

シンポジスト:精神疾患等抱える当事者・家族 大切な方を亡くされたご遺族 等
コメンテーター:智田 文徳 先生(未来の風せいわ病院理事長)
コーディネーター:千葉孝治氏(県立南光病院 主任社会医療事業士)、 心の病と共に生きる仲間達連合会キララ

復興応援 震災がれきを受入れた静岡県島田市のお茶コーナー

共催(予定) 精神保健福祉ボランティアあおぞら会 精神障害者家族会けやきの会 地域活動支援センター一関 
後援(予定)  千厩まちづくり株式会社 岩手県一関保健所 一関市 平泉町 岩手県立南光病院
一関市社会福祉協議会 盛岡ハートネット

【主催・問合せ先】
 心の病と共に生きる仲間達連合会キララ ℡ 0191(32)4889
 事務局:地域活動支援センター一関 ほのぼのステーション(月曜・祝日除く10:00~17:00)
by open-to-love | 2015-07-16 00:31 | キララ | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:「こころの元気+」表紙写真展@日本うつ病学会!

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。台風が近づいてきていますね。台風のような低気圧が近づいてくると、目の奥や頭が痛くなったりする人もいると思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。本日は、「こころの元気+」写真展のお知らせです。都内新宿で行われる、日本うつ病学会総会のプログラムの一環として開催されます。写真展は無料、そして、どなたでもご参加いただけますので、ぜひお立ち寄りください!

 ★HEADLINES★
 (1)「こころの元気+」写真展
 (2) リカバリー全国フォーラム2015:事前申込受付中!
 (3) ピアサポートグループ開催情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 「こころの元気+」表紙写真展を開催!
  123人の笑顔! テレビも取材に来ます!
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボでは、「こころの元気+」の創刊号から最新号の101号までの表紙写真展を新宿の京王プラザホテルで開催します!NHKのEテレも取材にきます!写真は101枚ですが、モデルさんの人数は総勢123人。123人のとびきりの笑顔がずらっと並ぶとこれはもう圧巻です! どんな人にも健康な部分があります。このとびきりの笑顔はモデルさん達の健康な部分を表現しています。そうした意図を感じつつ表紙モデルの皆さんの笑顔に魅了されていただければと願っています。皆さまぜひご来場ください!!
【名称】市民公開特別展示「こころの元気+」表紙写真展
【開催日&時間】2015年7月17日(11:00~18:40)~18日(9:00~14:00)
【場所】京王プラザホテル(東京都新宿区西新宿2-2-1) 42階「御岳(みたけ)」
    アクセス → JR新宿駅西口から徒歩5分
    http://www.keioplaza.co.jp/access/index.html
◆入場無料
◆テレビ取材の時間帯=7/17(金)13:40~14:50頃 ※この時間帯をめがけて来てくれれば、テレビに映る可能性有り!お約束はできませんが(笑)
◆この写真展は、第12回日本うつ病学会総会のプログラムの一環として開催しております。
《注》日本うつ病学会に参加するには別途参加費が必要です。詳しくは → http://www.c-linkage.co.jp/mdct2015/
★表紙モデルの人数 123人(創刊号~101号までの人数)
━━━━━━━━━━━━
 この写真展の意義は?
━━━━━━━━━━━━
〇精神疾患は昔も今も強い偏見がつきまといますが、そうした偏見を少しでも減らすことが目的です。
〇病気を隠さなくても生きていける時代が来つつあることを表現しています。
〇どんな人にも健康な部分があり、その健康な部分に注目をすることの大切さを伝えます。
 ★詳しくはコンボのHPから「お知らせ」をクリック
   → https://www.comhbo.net/?post_type=infomations
   (3月に開催した写真展の様子を見ることもできます)

●~●~●~●~●~●~●~●~●
 リカバリーフォーラム☆ニュース
     ~事前申込受付中!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●
【日程】2015年8月21日(金)~22日(土)
【会場】帝京平成大学 池袋キャンパス・本館 (東京都豊島区東池袋)
   〇アクセス:https://www.thu.ac.jp/access/access_ike.html
   ☆リカバリー全国フォーラム2015のご案内
   https://www.comhbo.net/?page_id=102
   ☆開催案内のダウンロードはこちらから
   https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/06/RNF2015leaflet.pdf
   ☆申込用紙のみのダウンロードはこちらから
   https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/06/RNF2015leaflet-p8.pdf
   ☆チラシのダウンロードはこちらから
   https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/07/RNF2015flier-final.pdf
   ☆チャリティーTシャツの詳細&ご購入はこちらから
   https://www.comhbo.net/?page_id=2542
   ☆FacebookやTwitterでも発信中!
   Facebook: https://www.facebook.com/recoveryforum
   Twitter: https://twitter.com/recoveryforum/
━━━━━━━━━━━━━━
 お問合せ&申込用紙送付先
━━━━━━━━━━━━━━
 〒272-0031
 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
 NPO法人コンボ内 リカバリー全国フォーラム事務局
 TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
 Email: RF@comhbo.net

●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○7/16(木)ピアサポートグループ麦の会(長野県安曇野市)明日!
 ○7/16(木)元気+サークルズ in 清瀬(東京都清瀬市)明日!
 ○7/18(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)週末!
 ○8/20(木)レインボーキャリア会《女性限定》(神奈川県座間市) new!

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=5541
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2015-07-16 00:16 | コンボ『こころの元気+』 | Trackback | Comments(0)
あいまいな喪失…東日本大震災行方不明者家族支援ワークショップin盛岡
a0103650_1092793.jpg


 東日本大震災津波の行方不明者は約2600人に上ります。大切な人との突然の死別はご遺族の心に深い悲しみをもたらしますが、大切な人との「さよならのない別れ」に伴うご家族の悲しみも深く、特有です。いつまでも気持ちの整理がつかず、孤立しがちになるなど、日常生活にさまざまな影響を及ぼすこともあります。
 この行方不明者のご家族に特有の心理について、近年、米国のポーリン・ボス博士が「あいまいな喪失(Ambiguous Loss)」と名付けて援助法を体系化し、日本でも注目されています。第一線の講師によるワークショップが、ご家族の悲しみに理解を深め、周囲の方々が寄り添い、回復を支えていく一助になれば幸いです。

日時:2015年8月8日(土)13:30~16:00

場所:盛岡市総合福祉センター・4階講堂(盛岡市若園町2-2)※会場は駐車場に限りがありますので、公共交通機関をご利用下さい。

講師:後藤雅博(日本家族研究・家族療法学会(JAFT)震災支援委員会委員長、南浜病院長)、石井千賀子、黒川雅代子、瀬藤乃理子、中島聡美(JDGSプロジェクト)

プログラム:
第1部:講演 後藤雅博「あいまいな喪失について」
第2部:シンポジウム「あいまいな喪失に向き合いながら、穏やかに豊かに生きるとは」

対象:精神保健・復興支援関係者、ご遺族・行方不明者のご家族、傾聴ボランティア、学生等

主催:日本家族研究・家族療法学会  
共催:災害グリーフサポート(JDGS)プロジェクト

参加費:500円

問い合わせ&申し込み:ワークショップ事務局(社会医療法人智徳会 未来の風せいわ病院)
TEL.019-696-2055 FAX.019-696-4185

※日本家族研究・家族療法学会(http://jaft.org/)は1984年、日本における家族支援、家族療法に関する精神医学的、心理学的、社会福祉学的、社会学的な研究、応用、普及を目的に設立されました。JDGS(Japan Disaster Grief Support)プロジェクト(http://jdgs.jp/)は東日本大震災を機に、日本国内で「悲嘆(グリーフ)」を専門に支援活動や研究を行ってきた者が集まり、災害時に残された人たちを支援するためのプロジェクトとして誕生しました。

※本プログラムは、日本家族研究・家族療法学会、日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(B)東日本大震災後の喪失悲嘆に対する中長期の心理社会的支援プログラム開発(15H03443)によって運営されています。

a0103650_1093120.jpg


※「あいまいな喪失」ワークショップin盛岡 参加申込について

・ファクスでの申し込みは「東日本大震災行方不明者家族支援ワークショップ事務局(未来の風せいわ病院)FAX 019-696-4185」です。

☆チラシのPDFがほしい方は、盛岡ハートネット事務局までメールをください。

・なお、盛岡ハートネット事務局のメールに申し込んでいただいても構いません。その際は…

☆「所属等」として「ご遺族」「ご家族」「関係機関」「学生」「その他」のいずれかを書いてください。所属機関のある方は、所属機関名等を記入してください。

☆「名前」を書いてください。

☆「連絡先」として、電話とメールアドレスの両方を書いてください。

精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」事務局

メール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp

※申し込み締め切りは、2015年7月31日(金)です。
by open-to-love | 2015-07-08 10:10 | 喪失と悲嘆 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:「こころの元気+」7月号「こころの元気マイナス」早読み!

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。本日は、「こころの元気+」7月号のご案内です。毎月15日までには皆様のお手元に届く予定です。どうぞお楽しみに!

 ★HEADLINES★
 (1) 「こころの元気+」7月号のご案内:「こころの元気マイナス」???
 (2) ピアサポートグループ開催情報
 (3) コンボ後援:リカバリーとピアサポート研修会(北海道札幌市)

●~●~●~●~●~●~●~●~●
 「こころの元気+」7月号
 特集:こころの元気マイナス
●~●~●~●~●~●~●~●~●
 前向き、ポジティブ、プラスな話ばっかりで、疲れちゃう、、、。ごもっともです!そこで7月号は、「後ろ向き」企画。特集タイトルも後ろ向きなら、雑誌のタイトル(気が付いてね!)も後ろ向きです。
【特集1】漫画:マイナス過ぎる思考(神戸いつほ)なーにが「ゆっくり」だ!「自分らしく」だ!
【特集2】漫画:はにゅ山一家物語~怒濤のマイナス伝説編~(はにゅけんまま)「マイナス」ネタは尽きることなし
【特集3】こんな言葉や話題でマイナスに!(投稿)気持ちがマイナスになるような、元気がなくなるような他の人の言葉や話題って、何ですか?
【特集4】私のマイナス体験談(投稿)症状で、人間関係で、仕事で、家事で、、、。様々なマイナス体験をおよせいただきました。
【特集5】すべてがマイナスだったとき-私はどうしてきたか「私はあの時人生を一度あきらめました。でも結果的に生きることになりました。」という筆者の今。(澤登和夫)
【特集6】マイナスな自分でもいいやと思う(投稿)人間、いつもポジティブではいられない!そして、それも悪くないかも。
【特集7】マイナスの気持ちアンケート 「マイナスの気持ち」になる原因、はたして第1位は?
【特集8】マイナスな気持ちが切り替わったきっかけ(投稿)それは、言葉、気持ち、生活習慣、等々でした。
【特集9】こんなときにちょっと認知行動療法 心がマイナスになったときでも、元気の源が消え去ったわけではありません。引き出し方を具体的に紹介していただきました。(藤澤大介:慶應義塾大学精神・神経科)
★その他、各連載が盛りだくさん!
★「こころの元気+」最新号の情報・お申込みはこちらから
 → https://www.comhbo.net/?page_id=6416
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 リカバリー全国フォーラム2015の
      情報も満載!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 7月号といっしょに、リカバリー全国フォーラムの申込用紙をお届けしています。全体のスケジュール(p.65=裏表紙のウラ)や、分科会のご紹介(p.62-63)をご覧ください。
【日程】2015年8月21日(金)~22日(土)
【会場】帝京平成大学 池袋キャンパス・本館(東京都豊島区東池袋)
☆リカバリー全国フォーラム2015のご案内
https://www.comhbo.net/?page_id=102
☆開催案内(8頁)のダウンロードはこちらから
https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/06/RNF2015leaflet.pdf
☆チラシのダウンロードはこちらから
https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/07/RNF2015flier-final.pdf
☆チャリティTシャツの詳細&ご購入はこちらから
https://www.comhbo.net/?page_id=2542
☆FacebookやTwitterでも発信中!
Facebook:https://www.facebook.com/recoveryforum
Twitter:https://twitter.com/recoveryforum/

●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○7/8(水)レインボーキャリア会《女性限定》(神奈川県座間市)
 ○7/11(土)レインボーキャリア会元気+サークルズ《女性限定》(神奈川県横浜市)
 ○7/16(木)ピアサポートグループ麦の会(長野県安曇野市)
 ○7/16(木)元気+サークルズ in 清瀬(東京都清瀬市)
 ○7/18(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援イベント≫
 ☆北海道ピアサポート協会主催☆
    精神疾患当事者のリカバリーとピアサポートに
    関する研修会 in 北海道札幌市
      2015年7月25日(土)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 精神疾患を経験した仲間が集まり、北海道ピアサポート協会が設立しました。リカバリーの旅の途中でクラブハウスに出会いました。今回はクラブハウスの運営を通し、精神疾患当事者のピアサポートとリカバリーについて学ぶ研修会です。講師はJHC板橋会の寺谷隆子さん。道内外から4名のシンポジスト達がクラブハウスを語ります。二部構成で開催します。
【日時】2015年7月25日(土)14:00-16:30
【会場】市民活動プラザ星園 会議室大(札幌市中央区南8条西2丁目5-74)最寄り駅:地下鉄東豊線「豊水すすきの駅」、地下鉄南北線「中島公園駅」
【参加費】一般1000円 会員500円  ※定員100名
 ★プログラムの詳細、お申込み方法などは、こちらから
 http://hokkaido-peer.net/
 ★お申込はFAX、メールでお願いします。
 【お問合】 一般社団法人北海道ピアサポート協会事務局
        TEL/FAX 011-577-6693 (担当 永井・稲垣)
        Email: hpsa2014@hokkaido-peer.net

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=6416
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2015-07-06 18:57 | 当事者として | Trackback | Comments(0)
「恐怖の味噌汁」…ブログ訪問者数40万人突破に際して

a0103650_042118.jpg


 2015年7月5日、盛岡ハートネットのブログ「Open,to Love」のPC訪問者数が40万人を突破しました。
 ともあれ最近、蒸し暑い日々が続いてます。
 そしたら、絵心&遊び心豊かな女性から「少しひんやりしそうな差し入れ」写真を送っていただきました。
 「恐怖の味噌汁」→「きょうふの味噌汁」→「今日、麩の味噌汁」です。
 麩をドクロに削った、こわかわいくて、いい感じです。ありがとうございます。
 盛岡ハートネットも、これからもこんな感じ?でいきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

盛岡ハートネット事務局 黒田大介
by open-to-love | 2015-07-06 00:42 | 管理人より | Trackback | Comments(0)