精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:高森信子先生の家族SST( 11 )

コンボお知らせメール便:2/25のこんぼ亭、事前申込の締切を延長します!

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。コンボのある千葉県市川市、本日は朝から気温がぐんぐん上がり、春一番が吹き荒れました。コンボのスギ花粉症持ちのスタッフにとっては、なかなかツライ季節の到来です。

★HEADLINES★
(1) 第40回こんぼ亭 (2/25):回復力を高める関わり方~事前申込締切延長!~
(2) コンボ後援:講演会&松本ハウス!(滋賀県栗東市)
(3) コンボ後援:講演会「恋愛・結婚・出産!」(埼玉県越谷市)
(4) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第40回こんぼ亭月例会★
 『~こんなときにはどうするの?~回復力を高める関わり方の基本』
        2017年2月25日(土)
 ~事前申込み締切延長!2/20(月)正午まで!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 高森信子さんをお招きして開催する2月のこんぼ亭、たくさんのお申込みをいただいております。どうもありがとうございます。ご要望により、事前申込の締め切りを若干延長することにしました!2/20(月)正午までです。お申込みまだの方はお早めにどうぞ!
  ☆詳細&お申込方法はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=11794
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/12/40-konbotei-takamoriS.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇高森信子(たかもりのぶこ):SSTリーダー
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役):ドクトル・イチキこと市来真彦(東京医科大学)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 おススメ!「こころの元気+」に掲載した高森さんの記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以前「こころの元気+」にご執筆いただいた高森さんの記事(2014年10月号)をご紹介します。今回のこんぼ亭では、こういった内容をより深く、また、ご家族以外の方にもわかりやすく、お話しいただく予定です。
   「フィルターをはずして」
   → https://www.comhbo.net/?page_id=7544
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時&会場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2017年2月25日(土)
      12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】 小岩アーバンプラザ(〒133-0051 東京都江戸川区北小岩 1-17-1)
      〇アクセス:JR総武線小岩駅北口より徒歩約15分;京成本線江戸川駅より徒歩約10分
      〇地図: http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_koiwa_urban/guide.html
 【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援イベント≫
 ☆滋賀県精神障害者家族会連合会(鳰の会)主催☆
  「松本ハウスがやってきた!&家族への暴力は精神障がい者からのSOS」
     2017年2月19日(日)(滋賀県栗東市)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 松本ハウスのお二人をお迎えします! セミナーでは「家族への暴力」をとりあげます。家族、ご本人が抱える問題が共有され、普及啓発につながることを目的としています。
  ◎詳細は下記ウェブサイトから
  https://www.facebook.com/events/1190729264338077/
  【日時】 2017年2月19日(日)13:00~16:00
  【会場】 栗東芸術文化会館さきら 中ホール(〒520-3031 滋賀県栗東市綣2-1-28)
   ※事前申込不要。参加費無料。
  【お問合せ】
    NPO法人鳰の会 事務局(担当:尾畑)
    TEL: 077-575-5648

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援イベント≫
 ☆くお~れの風主催☆
  「恋愛・結婚・出産 障がいあっても恋したい!
    2017年3月12日(日)(埼玉県越谷市)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 くお~れの風(越谷市の精神医療・福祉を考える会)では、「恋愛・結婚・出産」をテーマに白石弘巳先生(東洋大学)をお招きしての講演会&パネルディスカッションを開催します。精神障がいがあっての恋愛・結婚・出産について、みんなはどう考えているのか、どうやって相手と出会ったのか、どう実践しているのかなど、専門家の方の意見や、色々な人の意見を聞いてみようというイベントです。
  ◎詳細は下記ウェブサイトから
  http://ameblo.jp/kuohre/entry-12230260143.html
  【日時】 2017年3月12日(日)12:00開場 13:00開演
  【会場】 越谷市中央市民会館 4F会議室(343-0813埼玉県越谷市越ヶ谷4-1-1)
   ※参加費500円。先着200名様まで。
  【お問合せ】
    南埼玉病院(担当:高瀬)
    TEL: 048-965-4712
    Email:  kuohre@yahoo.co.jp

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎第13回リリー賞表彰式&セミナー◎
 【日時】2017年3月10日(金)
 【会場】東京国際フォーラム ホールD7(東京都千代田区)
  ☆申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=4299
  ☆チラシはこちらから
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/01/1703_lilly-genki_flier_A4.pdf

 ◎こんぼ亭第41回月例会◎
 『大人の発達障害 働くときの苦労と工夫』
 【日時】2017年3月18日(土)
 【会場】江戸川区総合文化センター(東京都江戸川区)
 【出演】執行泉(株式会社いづみカンパニー代表取締役;第10回リリー賞当事者部門受賞者)、高木皓太(公務員)、ほか
  ☆事前申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=11970
  ☆チラシはこちらから(裏面に申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/01/41-konbotei-S.pdf

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
○===============================○
  《うるおい日本プロジェクト(熱中症予防声かけプロジェクト)》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=12046
☆2月号の特集は「メンタルヘルス ああ勘違い」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/


by open-to-love | 2017-02-17 21:21 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:次回こんぼ亭「高森マジック」をたっぷりと!

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。今日コンボのスタッフHが上野駅を通ったおり、小さい花束をもらってきました。伊豆の観光キャンペーンだったようです。花を配っていたのは「ミス熱海桜娘」、配っていた花は、カーネーションで、早速コンボの棚に飾られています。春が待ち遠しいですね。

★HEADLINES★
(1) 第40回こんぼ亭 (2/25):回復力を高める関わり方の基本~事前申込受付中~
(2) コンボのクラウドファンディング:2/24まで!
(3) ピアサポートグループ開催情報
(4) コンボイベント最新情報
(5) コンボ出展情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第40回こんぼ亭月例会★
 『~こんなときにはどうするの?~
     回復力を高める関わり方の基本』
        2017年2月25日(土)
     ~事前申込み受付中!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 2月のこんぼ亭月例会は、高森信子さん(SSTリーダー)をお迎えします。精神疾患のある方への接し方に特化した研修会を年に300回近く行っています。どんな時、どんな関わり方をするのが、効果が高いのかを熟知しています。その「関わり方」のノウハウは、非常に具体的でシンプル、しかも効果が高いため、「高森マジック」と呼ばれています。今回は、ご家族や当事者だけではなく、施設などの職員の皆さんや医療関係者の皆さんにも、ぜひご参加いただきたいとおっしゃっています。また、2月のこんぼ亭ご案内役、すなわち「亭主」は、「こころの元気+」にもたびたびご登場いただいているドクトル・イチキこと、市来真彦先生(東京医科大学)にお願いしています。高森さん&ドクトル・イチキにどんな化学反応が起きるか!!も、見どころです。皆様ふるってご参加ください!
  ☆詳細&お申込方法はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=11794
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/12/40-konbotei-takamoriS.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇高森信子(たかもりのぶこ):SSTリーダー
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役):市来真彦先生(東京医科大学)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 お得な事前申込は2/17(金)まで!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2017年2月25日(土)
      12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】 小岩アーバンプラザ
      (〒133-0051 東京都江戸川区北小岩 1-17-1)
      〇アクセス: JR総武線小岩駅北口より徒歩約15分;
              京成本線江戸川駅より徒歩約10分
      〇地図: http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/bunkachiiki/c_koiwa_urban/guide.html
 【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★クラウドファンディング・プロジェクト★Update!★
 「地域で生きる精神障害者を応援するシステムを強化したい!」
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  引き続き、ご支援をお願いいたします!
    ☆コンボのクラウドファンディングプロジェクトのサイト(ReadyFor内)
    https://readyfor.jp/projects/comhbo_plus
    ☆コンボのウェブサイト
    https://www.comhbo.net/?page_id=11752
    ◆Update!◆ (2017年1日26日 16:00現在)
    ●現在 865,000円 (目標額まであと 2,135,000円!)
    ●残り 29日 (期限は2017年2月24日まで!)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○1/28(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)
 ○2/16(木)レインボーキャリア会《女性限定》(神奈川県座間市)
  ★ピアグループ情報を掲載してみませんか?
   ご希望の方は、comhbo.peer@gmail.com までご連絡ください!

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第41回月例会◎
 『大人の発達障害 働くときの苦労と工夫』
 【日時】2017年3月18日(土)
 【会場】江戸川区総合文化センター(東京都江戸川区)
 【出演】執行泉(株式会社いづみカンパニー代表取締役;第10回
  リリー賞当事者部門受賞者)、高木皓太(公務員)、ほか
  ☆事前申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=11970
  ☆チラシはこちらから(裏面に申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/01/41-konbotei-S.pdf

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ出展スケジュール
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★新刊・DVDもお手にとってご覧いただけます! ぜひお立ち寄りください!
 ◎第8回ACT全国研修会関東大会◎
 【日時】 2017年1月28日(土)~29日(日)
 【会場】 ソニックシティ(埼玉県さいたま市)
 【HP】 http://assertivecommunitytreatment.jp/2016/
 ◎日本心理教育家族教室ネットワーク第20回研究集会新潟大会◎
 【日時】 2017年2月24日(金)~25日(土)
 【会場】 朱鷺メッセ(新潟市中央区)
 【HP】 http://jnpf.net/?p=1123

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
○===============================○
  《うるおい日本プロジェクト(熱中症予防声かけプロジェクト)》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=11907
☆1月号の特集は「医療機関選びのコツ」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/


by open-to-love | 2017-01-26 20:30 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:年内最後のこんぼ亭!12/17~信頼できるお医者さんと出会うには?

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。ついに師走に突入しました!冬といえば鍋ですが、最近は手軽にお鍋料理が楽しめる、「おひとり様用」のインスタント鍋(?)なども売っていますね。ベーシックなものに加えて、豆乳味、トマト味など、種類も豊富です。寒さが染みる日には、お気に入りの鍋で、ほっこりしたいものです。

 ★HEADLINES★
 (1) 第38回こんぼ亭 (12/17): 信頼できるお医者さんに出会いたい!~事前申込受付中~
 (2) アンケートご協力のお願い ~第40回こんぼ亭の内容について~
 (3) ピアサポートグループ開催情報
 (4) コンボイベント最新情報
 (5) コンボ出展スケジュール

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第38回こんぼ亭月例会★
 『信頼できるお医者さんに早くたどり着きたい!』
       2016年12月17日(土)
      ~事前申込み受付中~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボの調査では、4割以上の方が信頼できるお医者さんにたどり着くまでに5年~10年以上かかり、5割の方が4回以上担当医を変えています。信頼できるお医者さんはどこにいるのでしょうか?また、多くの方が「担当医とのコミュニケーションが一番苦労する」と感じています。それは患者さんの問題なのでしょうか? それとも医師のコミュニケーション能力の問題なのでしょうか?それぞれの医療機関では、医師がどのような態度をとり、どのような治療を行っているのでしょうか? 医療の実態とはどのようになっているのでしょうか?今回のこんぼ亭は、お医者さんの立場から、このような問題をテーマに全国調査を行ったお二人にお話しをうかがいます。 皆様、ふるってご参加ください。
  ☆詳細&お申込方法はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=11585
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/10/comhbotei38flier.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇夏苅郁子(なつかりいくこ):やきつべの径診療所; 児童精神科医
  〇菊地俊暁(きくちとしあき):杏林大学医学部精神神経科学教室講師; 精神科医
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役):伊藤順一郎(メンタルヘルス診療所しっぽふぁ~れ 院長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事前申込は12/9(金)まで!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】 2016年12月17日(土)
      12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】 かめあり リリオホール
      (〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-26-1)
      〇アクセス: JR常磐線・東京メトロ千代田線 亀有駅へ
        →南口に下りてすぐ前 イトーヨーカドー9階
 【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  ★第40回こんぼ亭月例会★
  高森信子さん講演会の内容についてのアンケート
      ~ご協力ください~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボでは、2017年2月25日(土)に高森信子さん(SSTリーダー)を講師にお招きしてこんぼ亭を開催いたします。高森信子さんは、精神疾患のある方への接し方に特化した研修会を1年間に300日も行っている方です。そのため、どのように接したら病気の方の回復力が高まるのか、ということを熟知している方です。長年、家族を対象にした研修会を続けてきましたが、近年では施設などの職員さんを対象にした研修や講演も数多く行うようになってきました。高森さんの「関わり方」のノウハウの特徴は非常に具体的でシンプル、しかも効果が高いため、高森マジックとも呼ばれているほどです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 皆さまにお伺いします
 ~どのような内容をご希望ですか?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 講演会の内容について、皆様がどのようなお話を希望されているかお伺いし、参考にしたいと思います。ぜひご回答ください。ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
 〇2月25日のこんぼ亭は、主に支援者の方を対象とした講演会を予定しています。
 〇ご家族の方や当事者の方にとっても役立つ内容になると思います。ぜひご意見をお寄せください。
 【回答期限】 12月4日(日)
 【回答方法】
   下記をクリックし、アンケート回答サイトにて、アンケートにお答えください。
   http://enq-maker.com/aBCdYDc
 皆様どうぞよろしくお願いいたします。

●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○12/10(土)元気+サークルズ in 清瀬(東京都清瀬市・東久留米市)
 ○12/15(木)ピアサポートグループ麦の会(長野県安曇野市)
 ○12/17(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)new!
 ○12/18(日)ガレージとーく(長野県塩尻市)
 ○12/24(土)札幌ピアサポートグループSAPIAオープングループ(北海道札幌市)
  ★ピアグループ情報を掲載してみませんか?
   ご希望の方は、comhbo.peer@gmail.com までご連絡ください!

●~●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第39回月例会◎
 『老子に学ぶうつ病の治し方 ~曰く、水のように低く、やわらかく、生きる~』
 【日時】2017年1月21日(土)
 【会場】江戸川区総合文化センター(東京都江戸川区)
 【出演】野村総一郎(六番町メンタルクリニック;日本うつ病センター)、ほか
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/11/comhbotei39flier.pdf
  ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします

 ◎こんぼ亭第40回月例会◎
 【日時】2017年2月25日(土)
 【会場】小岩アーバンプラザ(東京都江戸川区)
 【出演】高森信子(SSTリーダー)、ほか
  ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ出展スケジュール
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★新刊持参いたします! ぜひお立ち寄りください!
 ◎日本精神障害者リハビリテーション学会 第24回長野大会◎
 【日時】 2016年11月30日(水)~12月2日(金)
 【会場】 JA長野ビル(長野県長野市)
 【HP】 http://www.japr2016.jp/
  ※ただいま開催中!~明日まで~

 ◎就労支援フォーラムNIPPON 2016◎
 【日時】 2016年12月3日(土)~4日(日)
 【会場】 ベルサール新宿グランド(東京都新宿区)
 【HP】 http://hataraku-nippon.jp/forum/

○===============================○
  熊本地震復興支援募金 ~ご協力をお願いいたします!~
○===============================○
  ☆詳細はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=10107
  ☆地域精神保健福祉サポートセンターのHP
  → http://cmhawsc.web.fc2.com/
  ☆広報・周知にチラシをご活用ください
  → http://cmhawsc.web.fc2.com/assets/20160520siennkinbosyu_tirashi.pdf
○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
○===============================○
  《うるおい日本プロジェクト》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=11710
☆12月号の特集は「症状について考える」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2016-12-01 21:26 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
高森信子著『あなたの力が家族を変える』

(地域精神保健福祉機構・コンボ発行、B6判 224頁、1400円)
a0103650_2052530.jpg
●精神疾患を持つ方に、まわりの人がどのように接したらよいのかが具体的にわかるようになる本!

【この本を読んでわかること(ご家族の方にオススメください!)】
●幻聴・妄想などがある人への接し方がわかるようになります。
●病気の方の気持ちが理解できるようになります。
●病気の方の回復力が高まる接し方がわかるようになります。
●再発を減らす工夫がわかるようになります。

だから、ご家族の方にぜひお読みいただきたいのです。

【説明】
 統合失調症のご家族の人が、どうしたらご本人の回復力を高める接し方ができるようになるのかがよくわかる本です。この本に書いてある接し方は、非常にシンプルな方法です。病気の方の気持ちを理解するには、どうしたらよいのか。そのための話の聴き方はどうしたらよいのか。自分の気持ちを相手に伝えるにはどうしたらよいのか、ということが、具体的に書かれています。
 著者の高森信子さんは、家族の接し方に特化した研修会を1年間に300日も行っています。そのため、どのように接したら、病気の方の回復力が高まるのか、ということを熟知している方です。
接し方を変えることで、病気の症状も改善します。また、接し方を変えることで、再発率が下がることは、さまざまな研究で実証されていましたが、具体的にどのように接したらよいのか、ということをまとめた本はこれまでにありませんでした。
 接し方には、コツがありますが、自分自身ではなかなか見いだすことができません。病気のある方への接し方だけに的を絞った本書を読み、実践をしてみてください。

【著者紹介】
 高森信子…家族が当事者にどのように接したらよいのか、ということに絞り込んだ研修・ワークショップを全国で開催しています。口コミで評判が広がり、年間300日もの研修を開催。ちょっとだけ対応方法を変えることで、相手が大きく改善することから、高森マジックと呼ばれています。

【目次】
第1章家族が変われば子供が変わる
第2章家族ができる3つのポイント
第3章実践編「あなたは私にとって大切な宝物だよ」と伝えましょう
第4章実践編今の存在をプラスの評価で認めましょう
第5章実践編相手の気持ちをわかってあげるためのコミュニケーション
by open-to-love | 2013-12-13 20:54 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
高森信子『あなたの力が家族を変える』
a0103650_2181525.jpg

DVD「統合失調症の人の回復力を高める家族のコミュニケーション」
a0103650_2182040.jpg

by open-to-love | 2012-12-15 21:09 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
高森信子 家族SST

あなたの力が家族を変える

病気があってもしっかり回復…良い状態を続けていくコツがあります

主催 岩手県精神障害者家族会連合会
協力 NHK厚生文化事業団

再発を防ぎ 生活の中身を良くするために 家族は何をしたら良いのでしょうか?
家庭の中でよいコミュニケーションをしてみませんか

“甘やかし”と“気持ちをわかること”は違いがある
家族が変われば・・・本人も変わるのです
幻聴は「まぼろし」ではない
相手の気持ちを認める対応に切り替えると・・・
健康部分をのばすのがポイントです
親の気持ちと本人の気持ちのズレ・・・
良い聞き方の3つのポイント

日時 平成20年 3月22日(土)【午前9時30分~受付 午前10時~開始】
場所 ふれあいランド岩手2階 第1~第3研修室
講師 高森 信子 氏(SSTリーダー)
内容 午前の部 講義形式(午前10時より約2時間)
   ・SST(社会技能訓練)って何?――家族SSTについて知ろう!
   ・バーチャルハルシネーション(幻聴の仮想体験)
   午後の部 ワークショップ形式(午後1時より約2時間)
   ・ロールプレイ(皆さんの具体的事例を取り組んでみる)
※知りたいこと、困りごとを“メモ”してお持ち下さい。
対象 こころの病気を抱えている人のご家族(ご夫婦でのご参加も大歓迎です)
定員 講義120名 ワークショップ50名(希望者多数の場合は先着順となります)
参加費 無料
お問い合わせ 019-637-7600
         または gankaren@sage.ocn.ne.jp 遠藤 まで

※ちなみに、3月22日は上記の通り、岩家連主催で大々的に無料で開催。翌日の23日は、盛岡ハートネット主催で参加費いただいて、少人数で開催します。ハートネットの方は、すでにブログで紹介済みです。みなさま、ぜひ参加してくださいね。
by open-to-love | 2008-02-14 20:33 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
平成20年2月15日

各 位

特定非営利活動法人        
岩手県精神障害者家族会連合会   
   理事長 荒木田 次郎    

平成19年度 家族SST研修会について(ご案内)

余寒なお厳しき折、ますます御健勝のこととお喜び申し上げます。平素より当連合会の事業活動にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、標記研修会をNHK厚生文化事業団様のご協力により別紙要項の通り開催する運びとなりました。御多忙とは思いますが、ご家族の皆様お誘い合わせの上、多数ご参加下さいますよう御案内申し上げます。
 なお、参加申込は別紙様式(盛岡ハートネット主催のものと合同)により平成20年3月14日(金)までに当連合会事務局までお願い致します。

特定非営利活動法人     
岩手県精神障害者家族会連合会
事務局 遠藤
TEL 019-637-7600
FAX 019-637-7626
by open-to-love | 2008-02-14 20:21 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
≪盛岡ハートネット版・家族SST≫
あなたの愛を 言葉で伝えてますか?

少人数で もっと 回復力を高めるコミュニケーション・スキル
(その ポイントやコツ)を 一緒に学びましょう!
心の病を 抱える御家族の方 ぜひ ご参加ください。

日時:2008年3月23日(日曜日)午前9時30分〜午後2時30分
場所:盛岡市若園町2の2、盛岡市総合福祉センター3階 子ども会講習室

〖講師:SSTリーダー 高森 信子先生〗

【内容】*講座*どのように 対応したら 
        会話のキャッチボールが できるのでしょう
    *ワークショップ*参加者の 実例を 取り上げて
        繰り返し 練習してみよう
    *カウンセラーコーナー*困っている事 悩んでいる事
        先生と 話してみよう
 ※当日お聞きになりたい事をメモしてご持参下さい※

対象:心の病を抱えている 御家族の方
定員:30人
 会費:1500円(家族で参加の方は、2人目から1人1000円)
~昼食は各自ご持参下さい~
締め切り:3月8日

主催:盛岡家族会連合会「盛岡ハートネット」
お問い合わせ:事務局
・    黒田 携帯=090・2883・9043
       メールアドレス=yukapyon@estate.ocn.ne.jp
by open-to-love | 2008-01-17 00:51 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
ピープルファイル vol.34 高森信子さん(SSTリーダー)

即効性の魔法
 高森さんは魔法使いではないか、と時々思う。高森さんの話を聞いていると、それがホントなら、まるで奇跡ではないか!という逸話が次から次へと飛び出してくるのだ。
 「息子が一切の治療を拒否して困り切っていたお母さんがいたんです。お母さんは、病院になんとか連れて行き、医者の前で〝あんたは私の一番大切な宝物なんだ〟って大声で言った。それから息子さんは治療を受けるようになったのよ」
 こんな魔法話を聞くたびに私はそんなことがあるんだろうか、と思ってしまう。もちろん、そうした話は高森さんの「家族SST」を受けた人たちの実話だ。どうやら高森さんの魔法には即効性があるらしいのである。
a0103650_2094834.jpg

父親への複雑な思い
 高森さんは、幼いころから父親がきらいでしかたがなかったという。父親はアルコール依存で、毎晩遅く帰宅する。13歳のときには父親がいやで自殺企図さえした。高森さんが31歳のとき、父親が亡くなったのだが、後々まで高森さんのなかで父親の存在は複雑にからまり、その糸にがんじがらめにしばられていく。
 青春期、静岡で小学校の教師を2年間務めた高森さんは、上京して叔母が経営する幼稚園の先生となった。この幼稚園での経験が現在の仕事にとても活かされている。
 「子どもの気持ちを集中させるために、いろいろと工夫を重ねました。それに本当に人を育てるっていう意味をきちんと知らないとやれません」

創造美術協会との出会い
 人を育てることー高森さんがその意味を考えていたこの時期に、人生を左右する出来事にでくわす。久保貞次郎、北川民次、滝口修造などの戦後美術の啓蒙家が参加した創造美育協会との出会いである。創造美育協会はイギリスのレインやニールの教育の実践をめざし、美術を通して、子どもの心を育てる活動をしていた。「最も良い教師とは子どもと共に笑う教師である。最もよくない教師とは子どもを笑う教師である」とはニールの言葉だ。
 「ただ単に、歌や折り紙を教えて、というだけではなくて、一人の人間を育てる、という指針を持つことができたんです」と高森さんは語る。
 その後、協会の同志と結婚した高森さんは出産を機に幼稚園を退職する。しかし、子どもにのめりこみすぎてはいけないと思い、子育てをしながら自宅で画塾をはじめ、創造美育協会で学んだ考え方を実践した。
 「問題児」といわれている子どもを集め、15年間にわたり、画塾を続けた。高森さんは、子どもたちをほめながら、自信をつけさせる一方で、母親教育を熱心に行った。それが今の家族のSSTの原点ともなった。

突発性難聴になって
 15年間画塾を続けたが、引っ越しを機にやめることになる。そんなある日、突発性難聴になってしまう。今でも左側の耳は耳鳴りしか聞こえない。「外から見えない障害」をもつようになった高森さんは「心の中の不自由さを訴えることのできない人のつらい気持ちを通訳のように誰かに橋渡しができないか」と思った。
 そして、父親との関係も整理ができていないし、徹底的に自分のことも知ろう、とカウンセリングを学び始めた。セルフカウンセリングを学ぶなかで、「父親はこうあるべきだ」というフィルターを通して、父親を見ていた自分に気付く。フィルターを取払い、客観的に振り返ると、娘にきらわれ、孤立しているみじめな父親の姿がうかびあがった。そのとき初めて、かわいそうな父親の姿の存在に気が付いた。
 セルフカウンセリングで自分のなかの風通しがよくなり、ようやく父親からの呪縛が解けてきたのである。

家族SST、はじまる
 その後、カウンセラースクールで講師をするようになり、そのときに、世田谷の家族会を手伝ってもらえないか、と声をかけられた。家族会にかかわって2年がたったころ、東京都精神障害者家族会連合会から、SSTをやってほしいと要請された。
 SSTは「生活技能訓練」と訳されている。「〝訓練〟というものは自分の生き方から反している」と、初めのうちはSSTにかかわることを拒んでいた。しかし、SSTを見学してみると、かつて画塾で実践していたことが体系的に整理されていると直感し、「これだ!」と思った。
 SSTの研修を受けた高森さんは作業所などでSSTを行うようになった。やがて、SSTを受けさせようと子どもを連れてくる親たちが、子どもがいる場ではグチも話せず、親自身の不満が高まってしまうことに気づく。そこで、家族を対象としたSSTをやってみようと思い付いたのである。

ビタミン・アイ
 その後、12年を経て、高森さんの家族SSTは口コミでどんどん広がり、現在では、毎日どこかでSSTを行っている。高森さんの肩書きは「SSTリーダー」。リーダーとはSSTをやるときの役割の名称にすぎない。肩書きがきらいだ、という高森さんらしい。
 高森さんの家族SSTは一つの「芸風」を確立している、と私は思っている。誰かに技術を伝える際に、単にマニュアル通りに情報を伝えるだけでは限界があるはずだ。その限界を突破できるかどうかは、自分なりに工夫を重ねることができるか、ということにかかっている。ある人が高森さんのSSTを見て、「他の人にはマネのできない一世一代の芸のようだ」と言ったのだが、私もその通りだと思う。マニュアルを超えた高森さんの味付けがたっぷりとされているからである。
 高森さんが家族SSTで必ず伝えることがある。「ビタミン・アイ」だ。「アイ」は日本語の「愛」をかけている。まず、手話の「アイ・ラブ・ユー」の形をみんなに覚えてもらう。「今日、うちに帰ったら、早速これをやってみて」と言うと、家族は照れくさそうに笑う。家族にとって必要なことは、「あなたのことを大切に思っている」という気持ちを相手にわかるように伝えることだ、と高森さんは述べる。子どもは、自分の気持ちをわかってもらえた、と感じたときに、愛されている、と感じるという。

愛の形をつくる
 高森さんに、家族SSTを1回だけやるとしたら、何をしますか、と聞いたところ、「傾聴ですね」とのことだった。傾聴は、相手の気持ちを受けとめているよ、という一番のサインになるからである。
 抱え込みの危険性についても高森さんは指摘する。子どもを愛するがゆえに、口やかましく干渉したり、本人ができることでも、親が手を出してやってしまう。しかし、それは結局、自分の利害としてのーいい子になってほしいというー打算的な愛ではないか、と分析する。SSTは、それ以前の純粋な愛を伝えるテクニックを教える。SSTは行動療法だから、外側を愛っぽくやれば、本来の愛が育つ、というのである。
 家族SSTを見学したときのことだ。「人生楽ありゃ苦もあるさ」という水戸黄門のテーマ曲を「どんぐりころころ」の歌で歌ってみましょう、とみんなで歌い出した。重々しい曲が楽しげで軽やかな歌に早変わりする。家族からも笑い声があがる。これが愛の外側の原理だ。形を変えることで気持ちまで変わるのだ。親子のように関係が緊密な場合は、自然に愛を伝えあう関係にするには時間がかかる。だから、外側から始める。それによって、相手は愛をもらった、と感じてくれるのだという。
 なるほどーと思った。この話を聞いて、高森さんの魔法には即効性があることに、ようやく得心がいった気がしたのである。そして驚くべきことに、外側を作り替えると、家族が本来もっている愛がよみがえるというのだ。即効性があってもすぐに効き目がなくなるようなら手品にすぎないが、これは解けない魔法だ。
 父親との関係にずっと悩み、創造美育協会で子どもを育てることの意義を学んだ高森さん。だからこそ、愛を伝えることの大切さをみごとに「高森式」といってもいい「芸風」に育てることができたのではないか。
 5年前、入院して手術を受けた。死ぬかもしれない状況だった。「だから、今日の1日が最後かもしれない、明日はないかも、といつも真剣勝負なんです」と述べる。まさに一期一会の精神だ。「最近は、養護学校とか、子育てセミナーとか、精神障害者以外の新しい仕事が舞い込んでくるようになったんですが、それが楽しいんです。私の何を必要としているのかをそのつど考えますからね」とニコニコ笑う。きっと、どうすれば新しい需要に応えられるか、別の魔法を頭の中で仕込んでいるのだろう。
(取材:丹羽大輔・全家連制作部)

(季刊『Review』11-2(42),2002)
by open-to-love | 2008-01-13 23:44 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)
会話の練習(虎の巻シート)

(Blackwell行動療法的家族指導ワークショプ配布資料から 1990)

挨拶をしよう
★知り合いの人には必ず挨拶をしよう。挨拶ができれば社会人です。
★相手より先に言おう。お返しがなくても言おう。
★短くてよい。態度を感じよく言おう。

上手に感謝しよう
★すぐに感謝しよう
★相手を見て、嬉しそうに
★嬉しかった行動や言葉を伝えよう(又、やってもらえる)
★どんな感じがしたかを伝えよう

いいところを見つけよう
★相手は何をほめてほしいのかな
★すぐに表現しよう
★賞賛を正直に
★明るい表情で

うまく会話を交わすために
★答えやすいように、具体的に聞こう
★相手を見て、身を乗り出して聞こう
★うなづいたり、あいづちを打とう
★興味をもっていることを示すために、質問をしたり、聞き取ったことを確かめよう

上手にお願いしたい
★名前を呼びかける
★切り出しの言葉を言う(すみませんけど、お願いがあるんですけど…)
★どんなことをしてほしいのか、正確に手短に答えよう
★そうしてもらえると、どんな感じがするかを表現しよう
★要求がかなえられたら、うんと感謝しよう
★駄目なときはあっさり引っ込めよう

嫌な気持ちをうまく伝えたい
★人がなにかして、あなたが嫌な気持ちがしたときは、ちゃんと伝えよう
★すぐにその場で言おう
★手短に言おう
★相手を見て、真剣な表情や声の調子で話しかけよう
★腹が立った行動や言葉を伝えよう(全人格を否定しないこと)
★どんな感じがしたかを表現しよう
★今後どうしたらよいかを提案しよう

長引く会話をうまく終らせたいとき
★早めに切り上げよう
★話の切れ目を見つけ、まずストップをかける
★困った気持ち、ストレスであることを伝えよう
★一時的に休んだほうがいいことを伝えよう
★いつ話し合うか、今後の提案をしよう
★気分転換を持ちかけよう

もっと上手に断りたい
★早めに断ろう
★まず感謝(好意を断るとき)又は★ごめんなさい
★理由を手短に、堂々と言う
★自分の気持ちや状態を言う
★他の案を出すor話題を変える
★身振りをそえて

グループに入るときは
★人の横に立つ。それでグループに入れたということ
★ニコニコして、今話している人の方を見よう
★話にうなづく
★話の切れ目に言葉をはさむ。話を繰り返したり、質問をしよう
★話題にすることは何気ない世間話です

グループから出るときは
★話の切れ目を見つける
★「今日はこれで失礼」「そろそろ帰る」と離れる挨拶
★ジェスチャーをそえて、手短に言う
★晴れやかな大きな声で(悪いことをしているわけではない)
★気の弱い人は二段構えで抜ける。まずトイレに立つ。帰ってきて「今日はこれで帰ります」
(2006年9月18日「家族の為の井戸端会議」 講師・SSTリーダー高森信子さん配布資料)
by open-to-love | 2008-01-13 09:25 | 高森信子先生の家族SST | Trackback | Comments(0)