精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:認知症( 6 )

コンボお知らせメール便:ユマニチュード@こんぼ亭当日参加できます&今週の『世界一受けたい授業』に注目

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。「こころの元気+」4月号のテーマは「恋愛の相手がいない」です。世の中婚活だ恋活だと盛り上がっていますが、とにかく相手がいないんです!!という体験談が満載です。
 4月号ではまた、新連載が3本もスタートしています。「双極性障害Q&A 人生行ったり来たりがリカバリー」は、当事者と精神科医(患者と主治医でもあります)がタッグを組んで、皆さんからの質問にお答えしていきます。「発達障害空気を読まずに言いたい放題」は、発達障害の当事者や支援者の皆さんによるリレー連載です。そして、「まんがリンク」では、読者の皆さんからのまんが投稿を、毎回紹介していきます。どうぞお楽しみに!

★HEADLINES★
(1) 第42回こんぼ亭 (4/22):当日参加できます!
(2) 4/22(土)の『世界一受けたい授業』に注目!
(3) ピアサポートグループ開催情報
(4) コンボ後援:第11回標準版家族心理教育研修会(千葉県市川市)
(5) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第42回こんぼ亭月例会★
 『ユマニチュードが役に立つのは認知症だけじゃない』
  2017年4月22日(土)~当日参加できます!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 今週末のこんぼ亭、当日参加もできます。直接会場にお越し下さい。
  ☆詳細はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=12255
  ☆チラシはこちらから(会場への地図つき)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/02/humanitude-S.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇本田美和子(ほんだみわこ):国立病院機構東京医療センター総合内科医長;ジネスト・マレスコッティ研究所日本支部代表
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役):伊藤順一郎(メンタルヘルス診療所しっぽふぁ~れ 院長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ふるってご参加ください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】2017年4月22日(土)12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】小松川さくらホール(〒132-0034 東京都江戸川区小松川3-6-3)
      〇最寄駅:都営新宿線「東大島(ひがしおおじま)」駅から徒歩12分
      〇アクセス:https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/02/komatsugawa-sakura-hall.pdf
 【参加費】当日3500円
 【お問合せ】NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  日本テレビ『世界一受けたい授業』でうつ病についての授業をします!
 ~みなさんにご協力いただいたアンケートも紹介されます!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 今週土曜日夜の、テレビ番組『世界一受けたい授業』(日本テレビ放送網;全国32局ネット)で、うつ病についての「授業」があります。その中で、先日皆さんにご協力をお願いしたアンケート(3/21配信のお知らせメール便、Facebook、Twitterなど)の結果が紹介される予定です。
 アンケートでは「今思えばあれはうつ病の兆候だったかも」と思うことや、うつ病を抜けたきっかけやヒントについて、100人を超える皆様から、回答や体験をお寄せいただきました。どうもありがとうございました。番組をぜひご覧ください!
  【放送日】
    2017年4月22日(土)19:56~20:54
  【番組ホームページ】
    http://www.ntv.co.jp/sekaju/

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○4/22(土)札幌ピアサポートグループSAPIAオープングループ(北海道札幌市)
 ○4/22(土)元気+サークルズ@秋葉原(東京都千代田区)
 ○4/30(日)盛岡ハートネットお茶っこの会(岩手県盛岡市)new!

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援イベント≫
 ☆日本心理教育・家族教室ネットワーク主催☆
    第11回標準版家族心理教育in市川
    2017年6月3日(土)~4日(日) (千葉県市川市)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 日本心理教育・家族教室ネットワークでは、家族心理教育を効果的に実施できる人材を幅広く育成することを目的とした研修会を行っています。心理教育実践の基礎的な知識とスキルを学ぶための研修会です。
  ◎開催概要など詳細は下記ウェブサイトから
     http://kokucheese.com/event/index/460463/
  ◎下記サイトより案内チラシがダウンロードできます
     https://goo.gl/XrFqD4
  【日時】2017年6月3日(土)10時~17時 6月4日(日)10時~16時
  【会場】国立国際医療研究センター国府台病院(千葉県市川市国府台)
  【お問合せ】
    事務局:認定NPO法人リカバリーサポートセンターACTIPS 訪問看護ステーションACT-J
    Email: fpetraining@gmail.com市川心理教育研究会)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第43回月例会◎
 『双極性障害の原因解明の現状~新しい診断法と治療法の開発を目指して~』
 【日時】2017年5月20日(土)
 【会場】行徳文化ホール(千葉県市川市)
 【出演】加藤忠史(理化学研究所脳科学総合研究センター)、
  加藤伸輔(ピアサポートグループ在)
  ☆事前申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=12483
 ☆チラシはこちらから(裏面に申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/03/43comhbotei-soukyokuS-.pdf

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪の補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ●ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
   ●リカバリーフォーラム発信
○===============================○
  《熱中症予防声かけプロジェクト》
   http://www.hitosuzumi.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=12768
☆4月号の特集は「恋愛の相手がいない」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/




by open-to-love | 2017-04-19 19:45 | 認知症 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:こんぼ亭 (4/22)によせて「亭主」からのメッセージ

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。前回、前々回のお知らせメール便で、うつ病がテーマの「世界保健デー」(4/7)、そして「世界自閉症啓発デー」(4/2)や「発達障害啓発週間」(4/2~4/8)をご紹介しました。実は、さる3月30日は「世界双極性障害デー」だったのだそうです。双極性障害だったという説のあるヴァン・ゴッホの誕生日ということで、3/30になったのだそうです。テーマカラーは、躁とうつとの混合をイメージして、赤と青のグラデーションだそうです。この情報をお知らせくださったのは、5月のこんぼ亭で双極性障害についての最新の研究情報をお話しいただく、加藤忠史先生(理化学研究所)です!

★HEADLINES★
(1) 第42回こんぼ亭 (4/22):事前申込締切を4/17(月)正午まで延長!
(2) NHKのEテレ「ハートネットTV」出演者インタビュー~宇田川健(コンボ)も
(3) ピアサポートグループ開催情報
(4) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★第42回こんぼ亭月例会★
 『ユマニチュードが役に立つのは認知症だけじゃない』2017年4月22日(土)
  ~事前申込締切を延長:4/17(月)正午まで!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 来週末のこんぼ亭、ご要望多数により、事前申込の締め切りを4/17(月)正午まで延長しました。皆様、ふるってご参加ください!
  ☆詳細および申込方法はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=12255
  ☆チラシはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
  → https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/02/humanitude-S.pdf
 そして、こんぼ亭「亭主」(ご案内役)の伊藤順一郎先生から皆様へのメッセージをお届けします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「ユマニチュードで示されること」伊藤順一郎(こんぼ亭「亭主」)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ユマニチュードで示されることは、コミュニケーションの基本のように思います。以下は、『ユマニチュードという革命』という本の「プロローグ」から僕が学んだことです。

 ユマニチュードという言葉は、フランス語で「人間らしさ」を意味します。そして、ユマニチュードの実践は「人間らしさを取り戻す」ことなのです。なぜなら、ケアをされる側の人々は、「他の人たちから認められていない」と感じているからです。ケアをする側が自分を変えることにより、ケアをされる人が「自分が人間である」ことを思い出すのです。「見る」「話す」「触れる」「立つ」という人間の持つ特性に働きかけることによって「あなたと私は同じ価値をもっています」ということを伝えるのです。怖れを捨てて自由になること、ケアをする側に必要なことはこのことです。 (引用ここまで)

 これは、認知症のケアの技術ではありません。人が人と深く触れ合うための哲学なのだと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  〇本田美和子(ほんだみわこ):国立病院機構東京医療センター総合内科医長;ジネスト・マレスコッティ研究所日本支部代表
  ★こんぼ亭亭主(ご案内役):伊藤順一郎(メンタルヘルス診療所しっぽふぁ~れ 院長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 事前申込は4/17(月)正午まで!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【日時】2017年4月22日(土)12:30開場 13:00~15:30 ※30分ほど延長する場合があります。
 【会場】小松川さくらホール(〒132-0034 東京都江戸川区小松川3-6-3)
     〇最寄駅:都営新宿線「東大島(ひがしおおじま)」駅から徒歩12分
     〇アクセス:https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/02/komatsugawa-sakura-hall.pdf
 【参加費】 事前申込3000円(コンボ賛助会員は2000円)、当日3500円
 【お問合せ】 NPO法人コンボ「こんぼ亭」係
       TEL: 047-320-3870
       FAX: 047-320-3871
       EMAIL: comhbotei@gmail.com

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  NHK EテレのハートネットTV
  「相模原事件を受けて 精神医療は今」
     ~出演者の番組収録後インタビュー~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 先週はじめ(4/4 & 4/5)、NHKのEテレ「ハートネットTV」で、相模原事件がとりあげられ、コンボ共同代表の宇田川健が、松本俊彦先生(国立精神・神経医療研究センター)とともに出演しました。番組ホームページには、出演者の番組収録後のインタビューが掲載されています。
   ≪出演者インタビュー≫
   〇松本俊彦「善意にもとづく『おせっかい』」
   http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/hntv/266665.html
   〇宇田川健「リカバリーには希望が必要」
   http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/hntv/266672.html
   ※番組名:『ハートネットTV』相模原事件を受けて 精神医療は今
     第1夜(4/4)テーマ:「措置入院」退院後の支援
     第2夜(4/5)テーマ:海外の事例「オープンダイアローグ」

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ
 開 催 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報は下記ウェブサイトから
 https://www.comhbo.net/?page_id=3698
 ○4/16(日)元気+サークルズ@清瀬(東京都清瀬市・東久留米市)今週末!
 ○4/16(日)ガレージとーく(長野県塩尻市)今週末!
 ○4/20(木)レインボーキャリア会《女性限定》(神奈川県座間市)
 ○4/20(木)ピアサポートグループ麦の会(長野県安曇野市)
 ○4/22(土)札幌ピアサポートグループSAPIAオープングループ(北海道札幌市)
 ○4/22(土)元気+サークルズ@秋葉原(東京都千代田区)new!

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第43回月例会◎
 『双極性障害の原因解明の現状~新しい診断法と治療法の開発を目指して~』
 【日時】2017年5月20日(土)
 【会場】行徳文化ホール(千葉県市川市)
 【出演】加藤忠史(理化学研究所脳科学総合研究センター)、加藤伸輔(ピアサポートグループ在)
  ☆事前申込受付中!
  ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=12483
 ☆チラシはこちらから(裏面に申込用紙つき)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2017/03/43comhbotei-soukyokuS-.pdf

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ●ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
   ●リカバリーフォーラム発信
○===============================○
  《うるおい日本プロジェクト(熱中症予防声かけプロジェクト)》
   http://www.uruoi-japan.jp/
   コンボも参加しています!
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=12768
☆4月号の特集は「恋愛の相手がいない」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/


by open-to-love | 2017-04-14 23:02 | 認知症 | Trackback | Comments(0)
明日は「いわて徘徊SOSセミナー」
a0103650_2133485.jpg

a0103650_213388.jpg


平成28年度(公財)いきいき岩手支援財団助成 認知症にやさしい町づくり推進支援事業 アクションプラン

日時:平成29年1月14日(土)13時~16時

先着200名 無料 (どなたでも可)

場所:いわて県民情報交流センター(アイーナ)7階 小田島組☆ほ~る 岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号

内容:
1.映画上映 「徘徊ママリン87歳の夏」(字幕付き)

 認知症の母とその娘、そして周囲の人々の姿を描 いたドキュメンタリー映画(77分)。 昼夜の別 なく徘徊する酒井アサヨさん(87歳)と、それ を見守る長女の酒井章子さん(55歳)。約10年前に認知症と診断されたアサヨさんはその後病状 が進行し、現在は章子さんとともに生活していま す。映画では二人の生活を追い、認知症とともに暮らすことや、老い、そして人間とは何かを考えさせられます。

2.シンポジウム 「徘徊について、できる事を考えよう!」

 徘徊での行方不明者の数は年間1万人とも言われています。今、地域で支え見守る体制が必要となっています。あるアンケートによると「困っている人がいた ら求められたら助ける」との回答が70%あるのに対して、「当事者になった際助けを求められ る」と回答した人はわずか5%しかいません。
 認知症にやさしい町づくりには「支援する、される」どちらの立場も歩み寄る事が必要で認知症の人や介護者がSOSを出しやすい地域づくり を考えていく必要があります。
 認知症の問題を他人事ではなく自分の事として「いろいろな立場の方」にパネリストとして体験や思い、取り組みについて紹介していただきます。ぜひ参加者皆さんの明日からの第一歩(アクション)につながるようなシンポジウムを開催いたします。

パネリスト(予定)介護家族、地域の方、商店・企業、行政等...

申込み:代表者氏名、住所、参加人数を記載の上、メール、往復はがきで申し込み下さい。
〆切:平成28年12月15日必着

申し込み先:
 〒020-0003 盛岡市下米内2‐4‐12 もりもり会 事務局宛て
 メール morioka.ninchishou@gmail.com

お問合せに関しましてはメールでお願いします。

主催:いわて徘徊SOSセミナー実行委員会 / NPO法人もりおか認知症サポーターズもりもり会

当セミナーにつきまして:「いわて徘徊SOSセミナー」は身近な地域にどんなサービス、もの、ひとがあったら良いのか...そし て、それぞれの立場で「わたしに出来る身近な取り組み」について参加者みんなで考え、認知症の人 もそうでない人も住みやすい町つくりの為の一歩(アクション)を進めていくセミナーです。 セミナーでは多くの地域で認知症の見守りについてアクションを起こしたい人を発掘し地域の担い手となる人の支援や人との繋がりを支援していきたいと考えております。 そのため映画の観覧のみの参加はお断りいたします。ぜひ皆さんで一緒に考えていきたいと考えてお ります。

☆このセミナーは、ハートネットも協力しています。で、明日、ハートネットから参加するみなさまにお願い。もしよかったら、ちょっと早めに会場に来ていただけますか?いろいろ、なんやかや、お手伝いあることと。よろしくお願いします。(黒田)
by open-to-love | 2017-01-13 21:06 | 認知症 | Trackback | Comments(0)
平成28年度(公財)いきいき岩手支援財団助成
認知症にやさしい町づくり推進支援事業 アクションプラン

「いわて徘徊SOSセミナー」
a0103650_10535629.jpg

a0103650_10535970.jpg


日時:平成29年1月14日(土)13時~16時

先着200名 無料 (どなたでも可)

場所:いわて県民情報交流センター(アイーナ)7階 小田島組☆ほ~る 岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号

内容:
1.映画上映 「徘徊ママリン87歳の夏」(字幕付き)

 認知症の母とその娘、そして周囲の人々の姿を描 いたドキュメンタリー映画(77分)。 昼夜の別 なく徘徊する酒井アサヨさん(87歳)と、それ を見守る長女の酒井章子さん(55歳)。約10年前に認知症と診断されたアサヨさんはその後病状 が進行し、現在は章子さんとともに生活していま す。映画では二人の生活を追い、認知症とともに暮らすことや、老い、そして人間とは何かを考えさせられます。

2.シンポジウム 「徘徊について、できる事を考えよう!」

 徘徊での行方不明者の数は年間1万人とも言われています。今、地域で支え見守る体制が必要となっています。あるアンケートによると「困っている人がいた ら求められたら助ける」との回答が70%あるのに対して、「当事者になった際助けを求められ る」と回答した人はわずか5%しかいません。
 認知症にやさしい町づくりには「支援する、される」どちらの立場も歩み寄る事が必要で認知症の人や介護者がSOSを出しやすい地域づくり を考えていく必要があります。
 認知症の問題を他人事ではなく自分の事として「いろいろな立場の方」にパネリストとして体験や思い、取り組みについて紹介していただきます。ぜひ参加者皆さんの明日からの第一歩(アクション)につながるようなシンポジウムを開催いたします。

パネリスト(予定)介護家族、地域の方、商店・企業、行政等...

申込み:代表者氏名、住所、参加人数を記載の上、メール、往復はがきで申し込み下さい。
〆切:平成28年12月15日必着

申し込み先:
 〒020-0003 盛岡市下米内2‐4‐12 もりもり会 事務局宛て
 メール morioka.ninchishou@gmail.com

お問合せに関しましてはメールでお願いします。

主催:いわて徘徊SOSセミナー実行委員会 / NPO法人もりおか認知症サポーターズもりもり会
(協力・後援 現在調整中)

当セミナーにつきまして:「いわて徘徊SOSセミナー」は身近な地域にどんなサービス、もの、ひとがあったら良いのか...そし て、それぞれの立場で「わたしに出来る身近な取り組み」について参加者みんなで考え、認知症の人 もそうでない人も住みやすい町つくりの為の一歩(アクション)を進めていくセミナーです。 セミナーでは多くの地域で認知症の見守りについてアクションを起こしたい人を発掘し地域の担い手となる人の支援や人との繋がりを支援していきたいと考えております。 そのため映画の観覧のみの参加はお断りいたします。ぜひ皆さんで一緒に考えていきたいと考えてお ります。
by open-to-love | 2016-10-09 10:54 | 認知症 | Trackback | Comments(0)
山崎英樹著『認知症ケアの知好楽―神経心理学からスピリチュアルケアまで』
(雲母書房、2011年5月30日)

a0103650_0393859.jpg
脳を患った人が体験する世界を医学の知識とスピリチュアルな感性で読み解く! 
物忘れ・胃ろう・看取りまで広く考察を重ねた認知症ケアの総合ガイド

認知症ケアを【知】り、【好】きになり、【楽】しむためのコツを伝授!
認知症というカラダの不自由をアタマで考え(知)、ココロに感じ(情)、タマシイという壮大な楽観を意志すること(意)が、バランスのとれた認知症ケアのいわば知情意であり、知→好→楽に通じるのだ。

山崎英樹:1960年生まれ。岩手県大槌町出身。東北大学医学部卒業。同大学病院、三枚橋病院、国立南花巻病院(神経科医長)を経て、99年仙台市に「いずみの杜診療所」を開設。現在、清山会医療福祉グループの代表。医学博士。

※あとがき、泣かさります。(黒田)
by open-to-love | 2012-06-24 00:40 | 認知症 | Trackback | Comments(0)
日精看岩手支部「やさしい認知症講座」のご案内
a0103650_2032939.jpg

やさしい認知症講座

(日時)  平成23年9月10日(土)2時〜4時
(場所)  さくら会館 盛岡市八幡町13-22
            電話019-651-8411
  (参加料) 無料
  (対象) どなたでも。
(主催) 日本精神科看護技術協会岩手県支部
(講師) 岩手晴和病院 副院長兼看護部長 尾形和恵さん

認知症って何だろう?もしかしたら家のお舅さんは認知症では?
認知症の介護ってどうすればいいんだろう?
こんなことで困っていませんか?
精神科看護のプロがわかりやすくお話しします!
お気軽に来てみませんか?
いろいろな疑問にお答えします!

(お問い合わせ先)日本精神科看護技術協会岩手県支部事務局
盛岡市東安庭2丁目5-14
Tel 019-604-7006 FAX 019-604-7007
by open-to-love | 2011-07-20 20:32 | 認知症 | Trackback(1) | Comments(0)