精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ゆったりごはん( 102 )

≪今夜のわが家の夕飯全品 ゆったり☆ごはん第100回\(^o^)/≫

さつまいもと枝豆(冷凍)入りの雑穀ごはん
菊とほうれん草のおひたし
きのこたっぷりの芋の子汁
a0103650_29422.jpg

〜〜
*お米3合に市販されている雑穀
 小分けにされている小袋1袋を入れて
 通常にお米を炊くようにして炊きます
*さつまいも小さめな1本は 水洗いをして
 皮のまま四角いサイの目に切り
 水を入れたボールに入れて
 でんぷんを少しとりのぞいておきます 
*枝豆20個は自然解凍をしておいて  
 さやから豆を取り出し
 小鉢に入れておきます  
*20分ほど水に漬けおいたさつまいもは
 水を切り 次にひたひたに水を入れた
 耐熱皿に入れ 500ワット10分
 レンジで加熱します
*さつまいもと枝豆に塩ひとつまみを入れ 
 かるく混ぜ合わせ冷ましておきます
*炊きあがった雑穀ごはんに
 さつまいもと枝豆を
 さっくりと混ぜ合わせます

〜〜
*菊(丼1杯分くらい)は洗って
 湯がき 湯きりをしてからボールに入れ
 そこへ酢小3を入れ混ぜておきます
*ほうれん草1/2把は 洗ってから
 塩小2を入れた湯で 湯がき
 2cmくらいの長さに切り
 水気をしっかり切っておきます
*菊とほうれん草を混ぜ合わせ
 そこへ だし醤油小3を入れ
 更によく混ぜ合わせて
 味をよくなじませておきます

〜〜
*つきこん1袋は 熱湯であく抜きをします
*ごぼう小1本は 皮をこそげとり
 ボールに水を入れ 酢大5を入れて
 ささがきにして入れておきます
*人参小1本の皮もこそげとり
 ななめ切りに 大根10cmも洗って
 薄く皮をむき いちょう切りにします
*きのこ(どんなきのこでもたくさんOK)
 は いしずきを取り かるく
 キッチンペーパーで汚れを取りのぞきます
*木綿豆腐1丁は 短冊切りに
 長ネギ1本は ななめ切りにしておきます
*芋の子(10個位)は皮をむき
 一口くらいの大きさに切って
 酢大5を入れた水100ccにつけておきます
*豚肉(およそ150g)に
 根しょうが(チューブ入り)小2を
 揉みこみ そのままにしておきます
*鍋に水2000ccを入れ 人参・大根・ごぼう
 つきこん・きのこ・豚肉を入れ
 料理酒お玉1 三温糖大3 醤油お玉1 
 昆布だし(顆粒)小3で煮込みます
<注:あくが出ますので こまめに取りましょう>
*芋の子を水洗いして 鍋に入れます
*10分ほどそのまま中火で煮込み
 その後 味噌をお玉で1/2入れ 
 豆腐・長ネギを入れひと煮立ちさせ
 最後にみりん大3を入れて 出来上がり

   《ワンポイント・アドバイス》  

*秋ですね 
 ここ数日のいただきものは 
 まさに秋(^^♪
 野菜に はじまりまして
 栗ご飯 きのこ類 梨 ぶどう
 あふれんばかりの食材に
 毎日が嬉しい悲鳴
 こうして 
 着実に冬へと向かう準備が
 食べ物から
 整われて行くんですね
 美味しくいただけることに
 恵みを与えてくださる
 たくさんの方たちに感謝して。。

      〜≪ごあいさつ≫〜
a0103650_284256.jpg

《ゆったり☆ごはん》も
 本日ついに最終回の100回目となりました
 ここまでご支援くださった方々には
 感謝の気持ちでいっぱいです
 さて 最後のメニューはどうしようか。。
 と 98回目終了後から 
 いろいろと考えていたのですが
 みんながここに参加してほしくて
 材料のそこかしこに 
 私なりの『繋がり』を持たせていただきました
 例えば【ほうれん草・ごぼう・人参・きのこ】
 は故郷の八幡平市<道の駅>から購入
 【菊】は実母の家庭菜園から
 【さつまいも】は娘のお義母さまのご実家から
 【芋の子汁】メニューは先日の<県博まつり・
  ひだまりメニュー>の1品
  そしてこれが一番!
  できあがり写真の
  テーブルに向かって左側にあります【ユニコーン】と
  右側の【象】は息子が紙を折って
  参加しています(#^.^#)
 
 最後もやっぱり の〜んびり 
 わが家らしい夕飯で 締めくくらせて
 いただきました☆

 今まで本当に長い間おつきあいくださり 
 ありがとうございました
 また どこかで
 お会いできますことを楽しみに
 いつでも みなさんが≪ゆったり〜≫で
 いられますように(^.^)/~~~
     
        では。。また。。。☆
a0103650_291627.jpg
  
   おまけ。。
   わが最愛の息子 最後に登場して・・・
   と 打診したところ 
   やはりカメラは苦手でして・・・(~_~;)
   代打で 孫が(ささやかに)おずおずと登場
   ただいま大忙しの1才と
   もうすぐ6ヶ月です§^。^§(娘・撮)

        今度こそ では。。また。。(^^ゞ☆ 

※ほんとうに長い間、どうもありがとうございました。なお、「ゆったりごはん」は、本にします。(黒田)
by open-to-love | 2009-10-01 02:12 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)
ぼんやりとした曇り空
(このままなんとか
一日もってくれますように)
と 願っていたのですが
そうはいかず 
開催前にはパラパラと
無情の雨が県立博物館を濡らし始めました
今日は 第2回目となります
『博物館まつり』なのでした

   ≪第99回・ゆったり☆ごはん≫参ります

   《残り肉野菜炒めの卵とじ》〜1人分〜
a0103650_1122188.jpg

a0103650_1123581.jpg

*材料:残った肉野菜炒め(大きな肉は一口大に
  切っておきます)およそ1人分
  貝割れ大根1/2パック 
  刻んだキャベツ お椀で1つ分
  料理酒大1 醤油大1 みりん大2
  めんつゆ(希釈で)80cc
*フライパンを熱して めんつゆを入れます
*煮立ちましたらそこへ洗った貝割れ大根を
 半分に切って ぱらぱらと入れていきます
*次に 残った肉野菜炒めを 肉 野菜の
 順に入れていきます
*弱火にして 
 料理酒・醤油・みりんを入れます
*卵を割りほぐし 
 そこへ塩をひとつまみ(分量外)入れます
*フライパンへ その卵を静かに
 まわし入れて ふたをして
 そのまま3分ほど おいておきます
*皿に キャベツをしき
 そこへ半熟状態の卵とじを
 盛り付け ミニトマトを添えて出来上がり

     《ワンポイント・アドバイス》

*卵って どうして味を まあるく
 してくれるんでしょうね
 卵のイメージはと言いますと
 私的には 
 お弁当に入ってました
 甘い お砂糖の入った卵が 大好き
 おかずにならない お菓子感覚でしたが
 なんとも
 たまらないものがありました
 お砂糖で焦げたところ
 それもまた 美味しくて
 卵でとじて 
 美味しさも たっぷりと とじときましょう
 塩味の卵焼きには 
 大根おろしがいいですね 

第2回目となりました 県博まつり
今年は昨年より 大規模
おかげさまで 大盛況
ひだまり営業時間
いつもより延長したことも あるかと 思います
メンバーさん5名の参加
それぞれの担当域でよく頑張りました
大きなイベントは初参加の方がいましたが 
ひとことに
「体験したことが力になります」
決して マイナスにはならない
『今日の経験が
明日からの自分を作っていきます』
本当に お疲れさまでした

   では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-09-24 01:10 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)
指定席番号を探して
ゆっくりと腰かけ
前の座席の背部へバッグを掛ける
挽きたての熱いコーヒーを 
まずは一口
それから静かに目を閉じて
しばしの 時を待つ
『THE SOLOIST』
さあ 上映です

   ≪第98回・ゆったり☆ごはん≫参ります

   《かぼちゃとチーズのサラダ》〜小さなかぼちゃ1個分〜
a0103650_23442944.jpg

a0103650_23444245.jpg

*材料 かぼちゃ(小ぶりなところ)1個 
    スライスチーズ2枚 貝割れ大根(パック)1/3
    ミニトマト3個 グリーンカール1枚
    白すりごま小2 塩小1/3 練りからし小1/3 
    マヨネーズ大3
*かぼちゃは切って中の種や わたを取り除き
 サイコロ状に小さくカットして ザルに入れ
 ざっと水洗いをしておきます
*貝割れ大根は根を切り 細かく刻んでおきます
*ミニトマト・グリーンカールは水洗いして
 ザルにあげておきます
*鍋にかぼちゃが浸る程度の水を入れ
 塩を入れ 中火で茹でます
 (だいたい10分位で 茹であがります)
*小鉢にマヨネーズ・練りからし・白すりごま
 を入れ よく混ぜ合わせておきます
*茹であがったかぼちゃを ザルにあけ
 湯切りをして また鍋に戻し
 完全に水分を飛ばすため 少し火にかけます
*水気がなくなったのを確認して火を止めます
*スライスチーズを手で裂き鍋に入れ
 かぼちゃとしっかりと からめます
*そこへ 小鉢に作っておいた
 ドレッシングを入れ さらに混ぜ合わせます
*最後に 貝割れ大根も入れ
 さっくりと混ぜ 出来上がり
*グリーンカールを敷いた皿の上に盛り付け
 ミニトマトをアクセントに 召し上がれ

     《ワンポイント・アドバイス》

*かぼちゃ
 (この時期 野菜はなんでもそうですが)
 美味しい時期ですね
 産直コーナーに行きますと
 珍しい 初めての(私が知らなさ過ぎなのでしょう・・) 
 野菜がたくさん並んでいたりして 
 なんだか楽しくなってきます
 今回のかぼちゃは 大中小とのサイズを
 いただきまして 最後の小サイズを
 使用いたしました
 なんのためらいもなく 
 サラダにしちゃいましたが
 ナッツ類や乾燥果実を入れたり 
 茶巾にしてみたり 
 薄くスライスして
 サッとオリーブオイルで焼いて
 塩こしょう
 かぼちゃの甘みは 絶品です

邦題『路上のソリスト』
全編に流れる
ベートーベン バッハ
音と映像の世界
主人公ナサニエルが奏でる 
チェロの音色
『必要なとき 
そばにいる友達でいて』
言葉ではない
〖確かなこころ〗が 
そこには 存在する 
そんな作品でした
お勧めです

     では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-09-16 23:45 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)
9月26日で満10歳
当家の一員 猫のトト
先日 新聞に
ギネスブックに登録されている犬が
満21歳(人間年齢およそ147歳)で
亡くなったとありました
ずっと ずっと
一緒にいて 当たり前
そんな気持ちでいるのは
私だけでは ないように思います

  ≪第97回・ゆったり☆ごはん≫参ります

  《焼き豆腐ともやしのおろし添え》〜木綿豆腐1丁分〜
a0103650_022130.jpg

a0103650_0221916.jpg

*材料 木綿豆腐1丁 もやし1/2袋 ピーマン1個 
    サラダ油大3 ごま油大2 醤油大3
    おかか小袋1 みりん大1 昆布だし(顆粒)小1
    大根おろし(お好みで増減してください)
    ポン酢(おろし同様 お好みで)
*木綿豆腐は 12こに切り分け
 ペーパータオルで 水切りをしておきます
*もやしは ザルにあけ 洗っておきます
*ピーマンは 洗って種をとり 細切りにしておきます
*フライパンを熱し サラダ油大2 ごま油大1を入れ
 強火で もやし・ピーマンを炒め
 火を止める直前に みりん・醤油大2を入れます
*炒めましたら フライパンから器に
 真ん中を空かせた状態で 入れておきます
*水切りをしておいた木綿豆腐をフライパンに入れ 
 分量の残りの油を入れ
 弱火で 両面じっくりと焼きます
 (途中 焦げつきが多いようでしたら
  ごま油を大2 フライパンのまわりから
  足し入れてください)
*ピーマン・もやしを入れた
 器の空いているところへ 
 豆腐を斜めに重なるように入れて いきます
*豆腐の上から  分量残りの醤油・昆布だし・
 おかかをふりかけ 大根おろしを添えて
 いただく直前に ポン酢をかけて召し上がれ

    《ワンポイント・アドバイス》

*「なんだか寒くなってきたね」
 と この一言で思わず
 「よし!やっぱり豆腐!豆腐は木綿でしょう」
 冷蔵庫の中 ありました 
 あったかい お豆腐
 どうすれば いいのか 
 息子と2人 あれがいいよ これがいいよ
 で 決定したのが今回の 焼いたお豆腐
 お豆腐はもともと腹もちがしますが
 焼きますといっそう 腹もちがして
 ダイエットへの 1品になります
 ただ 素焼きですと 
 どうしても焦げやすくなるので
 ごま油でヘルシーに 
 油分の補給は いたしましょう

猫はこたつで 丸くなる♪
こたつがない わが家では 
ソファーで 押入れで 洗濯かごの中で
ありとあらゆるところで
毎日 丸くなっています
ただ そこにいてくれるだけで
どんなにか 安らぎを
もらっているのやら
当の本人は 知らぬ存ぜぬ顔で大あくび
どうか 
『ゆったり生きて』くれますように

    では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-09-10 00:19 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)
9月 今日は2日
県博は1日から10日まで
毎年行われています 
展示物の燻蒸のため
休館期間となっています
となりますと
必然的に ひだまりも休業
長期にわたる休暇の中
明日、明後日と2日間
こちらは年に1度の『岩家連大会』が
今年は『北海道・東北ブロック』と一緒に
花巻はホテル千秋閣で開催されます

  ≪第96回・ゆったり☆ごはん≫参ります*

   《なんとなくちらし寿司》 〜1人分〜
a0103650_029395.jpg

a0103650_029554.jpg

*材料 ご飯1膳 きゅうり1/3本 かにかま2本
    ボイルしたウインナー2本 味付け卵1個
    すり白ごま小1/2 ミニトマト2個 
    〈A:酢大2 塩5ふり みりん大1 醤油1/3〉
    桜でんぶ小1 レタスなどの葉もの1枚
*きゅうりは洗って皮を薄くむき 薄い輪切りにして
 塩(分量外)をふっておきます
*カニカマは1つを3つにきり ほぐしておきます
*ウインナーは 輪切り(ボイルしたては 熱くて
 切りずらいので少し待ってから)にします
*味付け卵は スライサーでカットしておきます
*ご飯をボールに入れて Aを混ぜてから
 ご飯に混ぜ込みます
*きゅうりの塩けを水で洗い流してから
 水分を固く絞り ご飯に混ぜます
*カニカマ、ウインナー、すり白ごまも
 混ぜ込みます
*皿に 洗った葉をしき
 そのうえに酢飯を盛り付け
 桜でんぶをふりかけます
*手前に カットした味付け卵を置き
 ミニトマトを添えて 出来上がり

    《ワンポイント・アドバイス》   

*お寿司といえば
 やはり何か特別な感じがして
 私の子供時代や
 子供たちの小学あたりまでは
 運動会や遠足の定番のお約束でした
 のり巻きがとても得意だった
 母の手つきが 
 とても格好よく見え 真似ては
 ご飯つぶだらけの手や顔に
 苦笑いをされたこともありました
 酢飯は 夏の疲れを癒します
 今回は息子の好きな具材ばかりを
 入れたのですが
 そのほか 変わりどころでは
 スクランブルエッグやシーチキンなど
 思いがけずにマッチしますので
 どんどん 入れちゃって お試しくださいね

さて
初日の明日 (なぜか)全体司会を
担当することになりまして
進行原稿の 最終チェックを
しているところ
「参加して 岩手に来て良かった」と
1人でも多くの方が
そう思ってくだされば
岩家連として また理事として 
こんなに嬉しいことは ありません
当日でも受け付けております
まだまだ 
たくさんの ご参加をお待ちしています
よろしくお願いします

       では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-09-03 00:31 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)
今日
可愛らしい
プレゼントをいただきました
五本指手袋の バスミトン
ウオッシュタオルです
お手紙には
「お孫さんへどうぞ」
と書いてありました

  ≪第95回・ゆったり☆ごはん≫参ります*

   《高野豆腐の卵とじ》〜2人分〜
a0103650_2201550.jpg

a0103650_2202985.jpg

*材料 高野豆腐(みそ汁用のカットされたもの)大3
    かいわれ大根1ケース 冷凍枝豆大2 卵1個
    めんつゆ(希釈)200 塩小1/3
*高野豆腐は 水200で戻しておきます
*冷凍枝豆は小鉢に入れ 水につけておきます
*かいわれ大根は 根を切り落とし
 さらに半分に切り サッと洗って
 ざるにあけておきます
*鍋に希釈しためんつゆを入れ
 カイワレ大根を入れます
*高野豆腐の水気を軽く絞り 鍋に入れます
*煮立ちましたら 卵を割り塩を入れ
 溶き卵を作り 静かに鍋に入れていきます
*冷凍枝豆を さやから取り出し
 卵とじの上から ふりかけていきます
*弱火にして 鍋まわりが
 くつくつと煮立ち始めたら 出来上がり

   《ワンポイント・アドバイス》

*今回の高野豆腐
 私の大好きな1品です
 煮物系がもともと好きなので
 味がたっぷりとしみ込む高野豆腐は
 口の中で だしがじんわりと広がり 
 しみじみ「日本人に生まれて良かった」と
 感じさせてくれます
 わかめや人参 
 盛り付けて最後に 紅ショウガを
 上にチョコンと のっけても
 色味もきれいで やんわりしたお味も
 少し引き締まります


自分の存在や 言葉が
自分が思う以上に周りに影響を
与えてしまっていること
良いことならば素晴らしいことなのですが
そうとも限りません
暗中模索 試行錯誤
右往左往することは しょっちゅう
その中で
『ありがとうございました』という
一言をいただくと
胸のつかえが すうっとなくなり
明日からのエネルギーになります
まだ 私は大丈夫という
活力で満たされます
いただいた言葉をそのままに
『ありがとうございます』と伝えたい
 
愛らしい いただきものは 
さっそく明日
孫のところへ持って行きます
想いをこめて
『ありがとうございました』

      では。。また。。。☆

☆お知らせ☆
 
 おかげさまで≪ゆったり〜≫も
 あと5回で100回目を迎えることとなりました
 ここで一区切りとし100回をもちまして
 終了とさせて いただこうと思います
 いろんなことが ありました
 週1回は 正直大変・・・
 と 一時弱音もはきそうになりましたが
 みなさまからの たくさんのご支援をいただきながら
 なんとか ここまでたどり着くことができました
 今後は なんらかの形で また登場させて
 いただくことも考えています
 ひとまずは 残り5回
 よろしくお願いいたします
by open-to-love | 2009-08-27 02:21 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)
二番目とは2歳
三番目とは5歳
四番目とは10歳
お盆 
われら四姉妹
数年ぶりの集会
賑やか度120%
あれもこれもで
時間は過ぎていきました

   ≪第94回・ゆったり☆ごはん≫参ります
    
   《桜えび入り・ひじき煮》〜ひじき100g分〜
a0103650_039754.jpg

a0103650_0392166.jpg

*材料 桜えび大2 ひじき100g(缶詰でOK)
    大豆(缶詰でOK)100g ピーマン2個
    えのき1/3房 人参2cm 油抜きした油揚げ少々
    昆布だし(顆粒)小1 〈A料理酒大3 醤油大3 
    めんつゆ大3 みりん大3 三温糖小2〉 
    サラダ油大3 塩小1/3
*桜エビを刻み料理酒大1(分量外)を入れ
 浸しておきます
*人参は洗って皮を薄くむき千切りに
 ピーマンも洗って種をとり千切りに
 えのきは根の部分2cmを切ってざっと洗っておきます
*鍋を中火で熱しサラダ油を入れ 
 人参・えのき・ピーマンを入れ炒めます
*しんなりしてきましたら桜エビを入れ炒めます
*大豆・ひじき・油揚げを入れサッと炒め
 材料がかぶるくらいの水を入れ
 昆布だしを入れます
*煮立ちましたら弱火にしてAを入れます
*水けが半分くらいになりましたら
 最後に塩を入れ 味を調えて出来上がり

(油揚げは お湯で油抜きしたものを
 ザルにあけ 冷ましてから
 大版のであれば 大体8等分に分け
 水けを絞ってから細く切っておき 
 使いやすいように一つづつラップにくるみ 
 冷凍庫に入れておきます) 

   《ワンポイント・アドバイス》

*豆は大豆に限らず 今時期の枝豆や
 ひよこ豆 青豆 いんげんなど
 どんな豆でも
 ごま油を使って中華風煮でも よさげ
 残暑厳しいおりであれば
 ピリリと ラー油を効かせても
 面白いお味です

「ねえねえ 今まで
 四人だけで撮った写真って
 ないかもよ!」
私の一言で 写メ・デジカメ・カメラ
ちょっとした芸能人並みの
カメラ台数が集まりました
カメラマンは かわるがわるの
可愛い甥っ子達
一枚の写真に写しだされた四つの顔を
四人でしみじみ眺めながら
『まだまだずっと元気でいようね
もっとたくさん おしゃべりしてこうね』
玄関先 手を振りながら
また 明日から
それぞれの歴史を紡ぐべく


      では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-08-20 00:40 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)
「すみませ〜ん、お迎えにきました〜」
私 生後50年と8ヶ月
嬉し恥ずかし初体験
いさんでやって来たのは
孫 生後1年と4ヶ月が待ってる
小さなわたり廊下の先
『ひよこ組』さん でした

  ≪第93回・ゆったり☆ごはん≫参ります

  《ざくざく夏野菜サラダ》〜サラダボール1つ分〜
a0103650_821736.jpg

a0103650_823436.jpg

*材料:レタス5枚 キャベツのスライス小鉢に山盛1つ
  きゅうり1本 セロリ1/2本 ピーマン1個 
  赤パプリカ1/4個 ボイルエビ4尾 ボイルホタテ6個
  A・〈オリーブ油50cc 酢大3 レモン果汁大2 
   塩小1/3 こしょう5ふり ねりからし小1/3
   粉チーズ大2 乾燥バジル小1/3〉 
*レタスは洗って一口大にちぎります
*きゅうりは洗って塩(分量外)で もんでから 
 薄く皮をこそげとり 4つに切りそれぞれを
 千切りにしておきます
*セロリは洗って筋を取り 千切りにします
*ピーマン・赤パプリカはへたをとり、縦に薄切りにする
*エビは殻をむき 背ワタをとり 4つくらいに
 切っておきます
*ホタテは耳と貝柱をとり 
 耳・貝柱とも小さく切っておきます
*エビ・ホタテとも かるく洗い
 塩(分量外)を5ふりていど ふっておきます
*Aをすべて合わせ ドレッシングを
 作っておきます
*ボールにAの材料をすべて入れ
 よく混ぜ合わせドレッシングを作ります
*野菜すべてを 別なボールに入れ
 ドレッシングを入れ よく混ぜ合わせ
 最後にエビ・ホタテを入れ出来上がり
*ミニトマト ありましたらどうぞ

     《ワンポイント・アドバイス》

*もっとレモン果汁 もっと酢
 と この季節はしっかりと酸味は必要
 夏バテ対策の最たるものですね
 今年はついに梅雨明け宣言のないまま
 夏に突入
 30度を超す真夏日はこれからまだまだ
 ありそうですね
 野菜とタンパク質は毎日きちんと
 摂りましょう

「あだ!」
まだちゃんとした
言葉にはならないのですが
小さな体から発せられる声と
両手を広げての
精一杯の抱っこのしぐさに
私の顔の筋肉は緩みっぱなし
大好きな おじちゃんの
たかいたかいに 大喜び
ほんわかとした空気が
流れた数時間が
忘れてしまいがちな
ピュアな気持ちを
思い起こさせてくれました
ありがとう ゆうり

    では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-08-13 08:03 | ゆったりごはん | Trackback(1) | Comments(0)
さて はや8月
ですが
梅雨明けのないまま
季節が過ぎていってしまう
そんな気がする
ここのところの天気です

  ≪第92回・ゆったり☆ごはん≫参ります

  《ピーマンとちりめんじゃこの炒め物≫〜ピーマン6個分〜
a0103650_2041551.jpg

a0103650_2041417.jpg

*材料 ピーマン6個 ちりめんじゃこ30g 
    サラダ油大1 ごま油大1 醤油大1
    めんつゆ大1 みりん大1 みょうが1つ
    すり白ごま小1
*ピーマンは洗って縦半分に切り
 種を取り 細切りにしておきます
*フライパンを熱し じゃこを空炒りにします
*じゃこの色が少し変わりましたら火を止め
 取り出しておきます
*そのまま またフライパンを熱し
 サラダ油とごま油を入れ
 ピーマンを炒めます
*ピーマンが少し
 しんなりとしてきましたら
 めんつゆ・みりんを入れます
*そこへ次に じゃこを入れます
*全体によくからまりましたら
 最後に醤油を入れて 出来上がり
*皿に盛り付け
 サッと白ごまをふりかけ召し上がれ
(食べる直前に みょうがの千切りを
 かけても よさげです)

《ワンポイント・アドバイス》

*いただきもの
 なぜか続いておりまして 
 ただ今 わが家は野菜のオンパレード
 まるごと季節の野菜に
 嬉しい悲鳴をあげています
 その中の 今回はピーマン
 青々としたピーマンは
 炒めますと一層 栄養価が高まります
 少し 三温糖を入れ甘めにして 
 きんぴら風でも いかがかと
 短い岩手の夏を
 野菜で たんと召し上がれ

この8月
「ひだまり」は2ヶ所へ出店
1ヶ所目は市役所・1F正面ホール
4月に引き続き2回目となります 
福祉事業所体験販売『ふれあい広場』
20日・11時〜13時まで
2ヶ所目は大通りは歩行者天国
こちらは昨年のリベンジにて
生協主催の『福祉まつり』
23日・11時〜16時まで
「ひだまり」の幟や横断幕を
見かけましたら ぜひお立ち寄り 
いただけたらと思います
当日参加スタッフ一同
心より お待ち申し上げます

    では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-08-06 20:36 | ゆったりごはん | Trackback(1) | Comments(0)
7月最後の土日
昨年が初めての参加となった
《松園夏祭り》
今年2回目の出店参加です
初お目見えの
ピカピカ横断幕『喫茶ひだまり』が
やたら堂々と見えたのは
私だけだったでしょうか

  ≪第91回・ゆったり☆ごはん≫参ります

 《ごろごろ夏野菜・にんにく味噌の炒め煮》〜茄子2本分(中くらい)〜
a0103650_0274167.jpg

a0103650_0275436.jpg

*材料 茄子2本 ピーマン2個 しめじ1/2房
    玉ねぎ1/2個 人参3cm 赤黄パプリカ各少々
    味噌大3 醤油大1 にんにく(チューブ入り)大1/2
    三温糖大1/2 サラダ油大3 みりん大2
    水200cc 根ショウガ(チューブ入り)小1 
    顆粒だし小1 すり白ごま小1
    (あれば 鶏胸肉100g)
*茄子は洗ってへたを取り 乱切りにして
 あく抜きのため 水にさらしておきます
*玉ねぎは皮をむき 厚さ1cmほどにして
 切っておきます
*人参は 洗って皮をこそげおとし
 乱切りにして おきます
*しめじは 石づきをとり 手でほぐしておきます
*ピーマン・パプリカは洗ってへたを取り
 乱切りにしておきます
*鶏肉は皮の部分をのぞき
 縦に細く切り 根ショウガでもんで
 そのままつけておきます
*フライパンを熱し サラダ油を入れ
 鶏肉を入れ サッと火が通りましたら
 一旦 取り出しておきます
*そのあとフライパンに
 人参・玉ねぎ・ピーマン・パプリカ・しめじを入れ
 炒めます
*玉ねぎが 透きとおりましたら
 茄子を入れ 水・顆粒だしを入れます
*にんにく・味噌・みりん・醤油・三温糖で
 にんにく味噌を作ります
*茄子に串を刺し スッと通りましたら
 にんにく味噌・取り出しておいた鶏肉
 を入れ 全体にからめ火を止めます
*器に盛り付け 最後に白ごまをふって
 出来上がり

    《ワンポイント・アドバイス》 
 
*娘のだんな様のご実家からのおすそ分け 
 が今回の ゆったりメニュー
 いくらいただいても お野菜はとても
 嬉しく 重宝します
 ですが茄子は結構好みが別れるところ
 どこかはっきりしないところが 
 その所以なのでしょうか
 焼き茄子にして この時期ひんやり茄子
 を 楽しみたいもの
 季節の折々を野菜で感じていただきたいものです

はっきりしないお天気の中
でしたが2日間の売上は上々
ひだまり・お得意メニューは
完売となりました
メンバーさんも
さすがに くたびれた様子
それでもしっかり最後まで
『仕事』をした顔は
つやつや きらきら
誇らしげなのでした
たくさんたくさん お疲れさまでした

     では。。また。。。☆
by open-to-love | 2009-07-30 00:30 | ゆったりごはん | Trackback | Comments(0)