精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:第21回例会:福島と共にpart2( 2 )

井上きみどり著『ふくしまノート1〜3』…盛岡ハートネット第21回例会「福島と共に…part2」に際して

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は10月29日、第21回例会「福島と共に…part2」を開きます。
 東日本大震災から6年7カ月がたちました。岩手と宮城はずいぶん復興が進んできましたが、福島県浜通り北部の相双(そうそう)地区は、今なお原発事故の影響が深刻です。風評被害にも苦しんでいます。
 そこで今回は、相馬市を拠点に、相双地区で暮らす人たちの心のケアに奮闘している「相馬広域こころのケアセンターなごみ」センター長の米倉一磨さんをゲストに、相双の復興状況、なごみの取り組みなどについて話を聞き、福島の人たちの心の復興のために、私たちにできることをみんなで考えたいなと思っています。

 事前勉強をしたい方のため、おすすめ本の紹介。井上きみどり著『ふくしまノート1〜3』です。井上きみどりさんは、漫画家でコラムニスト。震災復興、放射能、女性と子どもの病気、国際協力をテーマにした漫画、イラストコラムを連載しているのだそうです。
 福島関連本というと、専門用語がたくさん並んだ難しい本がたくさん出ていますよね。でも、この本は、とっても分かりやすく、等身大に、福島の今を、一人一人の思いを、伝えてくれています。


井上きみどり著『ふくしまノート1』(2013年3月11日刊)

a0103650_00231170.jpg
 なぜ福島に住み続けるのか? 原発問題・風評被害・差別・失業・子どもの未来…ノンフィクション漫画家・井上きみどりが福島の被災者ひとりひとりに聞いてきた「今」の福島のこと。週刊誌やTVでは伝えきれなかった母親や子どもの視点で綴る迫真のエッセイマンガ!!





井上きみどり著『ふくしまノート2』(2015年3月11日刊)

a0103650_00231634.jpg

 福島県の“いま”を綴る迫真エッセイ!! 「子供なんか大キライ!」「わたしたちの震災物語」etc. 実体験&取材エッセイマンガのスペシャリスト・井上きみどりのエッセイ最新刊が発売。本作は原発問題・風評被害・差別・失業・子どもの未来…さまざまな困難を抱える福島の被災地の人達ひとりひとりに、作者が体当たりで取材してきた真実のエッセイマンガです。続巻の今回は福島の農業問題を深く掘り下げています。メディアでは取り上げない福島の人たちの「気持ち」を伝える渾身の一冊!



井上きみどり著『ふくしまノート3』(2017年3月11日刊)
a0103650_00232170.jpg
 福島県の“本音"を綴る迫真エッセイマンガ!! 「子供なんか大キライ! 」「わたしたちの震災物語」etc. 実体験&取材エッセイマンガのスペシャリスト・井上きみどりのエッセイ最新刊。本作は原発問題・風評被害・差別・失業・子どもの未来…さまざまな困難を抱える福島の被災地の人達ひとりひとりに作者が体当たりで取材してきた真実のエッセイマンガです。続巻の今回は福島の水産問題、県外避難した方々、飯館村の“今"を深く掘り下げています。メディアでは取り上げない福島の人たちの「気持ち」を伝える渾身の一冊!



◎盛岡ハートネット第21回例会「福島と共に…part2」

日時:2017年10月29日(日曜日)17:30~20:00(開場17:00)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:米倉一磨さん
(福島県相馬市・相馬広域こころのケアセンターなごみセンター長、精神科認定看護師)

参加対象:どなたでもどうぞ!

参加費:300円以上 ☆全額、福島のためにカンパします。


◎ 今回は夜の時間帯です。遠方の方は、くれぐれも運転にご注意を。
◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。

☆福島のお菓子、そして、各種料理も取り揃えてお待ちしています!

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)

by open-to-love | 2017-10-13 00:25 | 第21回例会:福島と共にpart2 | Trackback | Comments(0)
精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」第21回例会「福島と共に…part2」
a0103650_22504829.jpg


 東日本大震災から6年半以上がたちました。岩手と宮城はずいぶん復興が進んできましたが、福島県浜通り北部の相双(そうそう)地区は、今なお原発事故の影響が深刻です。風評被害にも苦しんでいます。
 今回のゲストは、相馬市を拠点に、相双地区で暮らす人たちの心のケアに奮闘している「相馬広域こころのケアセンターなごみ」センター長の米倉一磨さんです。
 米倉さんは2013年7月にもハートネットで講演していただきました。今回は、その後の相双の復興状況、なごみの取り組みなどについて話を聞き、福島の人たちの心の復興のために、私たちにできることをみんなで考えましょう。
 私たちは震災で、たくさんのつながりを失いました。でも、新しいつながりを少しずつ広げていきませんか?

日時:2017年10月29日(日曜日)17:30~20:00(開場17:00)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:米倉一磨さん
(福島県相馬市・相馬広域こころのケアセンターなごみセンター長、精神科認定看護師)

参加対象:どなたでもどうぞ!

参加費:300円以上 ☆全額、福島のためにカンパします。


◎ 今回は夜の時間帯です。遠方の方は、くれぐれも運転にご注意を。
◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。

☆福島のお菓子、取り揃えています!

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)

☆チラシ、ちょっと間違ってしまいました…2階のボランティアルームではなく、3階の畳の部屋です!


by open-to-love | 2017-09-29 22:29 | 第21回例会:福島と共にpart2 | Trackback | Comments(0)