精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:お茶っこの会2015( 34 )

盛岡ハートネット第33回「お茶っこの会」アンケート回答

(2015年11月29日・盛岡市総合福祉センター ゲスト・WRAP研究会いわて)

参加30人、回答17人

Q1.みなさんの元気に役立つことって、どんなことですか? 他の人のアイデアで参考になりそうなのも含め、たくさん書いて下さい。

◎一人で楽しむことに終始しがちな私にとって、自分の楽しみを人様と分かち合うということを怠りがちなのですが、こうしてWRAPという試みに参加させていただくことで、自然にそれを語り合い分かち合うことができたのが、とてもありがたかったです。楽しみ方はそれぞれでも、それをたまに見せ合う場ってとても豊かで、人や自分への信頼感というか、安心感(この世にいることへの)が、自然に湧いてくるような気がしました。
◎スポーツ観戦。
◎ドライブ。
◎音楽を聴く。
◎スキー。
◎親しい人との語らい。
◎読書やテレビなどもあるけど一人ではなく誰かとできること。このような集まりに来てお互い話しが気軽にできたら、それこそ何か動くことができるかも。マージャンやカラオケなど一緒に何かをやるのは敷居が高いので、WRAPのようなディスカッションを一緒にやること。
◎ウオーキングや野球観戦、カラオケなど。美味しいものを食べる!
◎趣味をする。お花のアレンジ、料理、パンづくり、甘味処やカフェへ行く、読書、本や図書館へ行く、ビデオ、テレビ、ポアロ、モンクを見る。でも、笑っておしゃべりした時が一番軽くなり、すっきりするような気がします。
◎散歩、自然めぐり、道の駅へドライブ、などなど。
◎カラオケが多かった。
◎好きな食べ物や飲み物を食べる、飲む、は、多くの人に共通しているようです。自分では「元気に役立つ」と意識したことはなかったけれど、「眠る」という休養もあるんだと思いました。意外と難しいことではないのかも。
◎今日初めてファシリテーターをして、最初は緊張していましたが、最後はリラックスして、とても良い体験ができたので良かったです。これからもいろんなところに出てくると思いますので、よろしくお願いします。
◎悩んだり、悲しくなったりすると、思考が一点に集中してしまう感じがあるので、「長い目」で「広い視野」でを心がけている。たくさんの人とWRAPのように考えを共有していくことが「長い目」、「広い視野」につながっていくと感じた。
◎いろいろ、自分たちが気持ちよく元気になることに、気づいたように感じました。
◎安心と安全。人と将棋を指すこと。好きなマンガを読むとか。集団に受け入れられる。危険に打ち勝つ。
◎一人カラオケ、アニメ、ドラマを見るなどの趣味(一人でできるもの)
◎友達と会う、食事に行くなど(集団で楽しめること)
◎温泉でゆっくり横になる(リラックスできること)
◎落語を聞くこと(お笑い全般)、国際交流(個人的な楽しみ)
◎音楽を聴く、何かをやりとげること(目標を持って達成する)
◎どのようなことが役に立つか、というのは人によって捉え方がまちまちで、決定的なものもそれぞれではあるものの、生きていく上で何か楽しくて続くものがあれば、その人にとって生きがいになることは共通していると感じた。
◎鬱屈した思いを腹にため込まず、思い切り人の前で(親しい人に)吐き出すこと。
◎自分の本当に好きなことに、短い時間でも打ち込むこと。
◎タイプの異なるいりいろな人と交わること。
◎口癖を変える。けっきょく、みんあの聞いていると、元気になることって好きなことをすることなんだなあと思いました。好きを追求すれば元気になるんだなあと思いました。
◎自分のげんきの道具箱に入っているアイテム。それは、音楽、ラジオ、本(コミック)。すきなものは、こころのエネルギーにつながる。
◎自分の「とりあつかい説明書」をつくる、という話に、目からウロコでした。やってみよう、と、思った。


Q2.今後、こういうテーマで「お茶っこの会」を開いてほしい、とか、自分がこういうテーマで話題提供したい、とか、リクエストをお願いします。

◎前に「好きな本、好きなマンガ」をテーマにしていましたが、2回とも出れなかったので、またやってほしいです。本とか好きなので。
◎フューチャーセッション、グループトークなどの話し合い。
◎IPS、マインドフルネスなど。
◎困りごとに対して、皆の意見を聞いてみたいです。一人で考えていると、良いアイデアや浮かばないどころか、暗いトンネルに入って身動きできない気持ちになります。多様な意見を聞いて、毎日の生活に取り入れて穏やかな生活をしたいです。
◎「ふだんどんな生活を送ってますか」や「やってみたいけどできないでいることはありますか」など。
◎今日の会の雰囲気(まったり、ゆったり、のんびりした感じ)良かったです。
◎いろんなことをしていきたいです。なんでも良いですよ。
◎最近、心理学者のアドラーさんの言葉に助けられることが多い。
◎好きなことをもっと出し合うこと、食べ物、場所、etc…。
◎歌の意味を考える。自分にあった歌の探し方。
◎今まで通りゆるーい雰囲気でまったりとおしゃべりできる機会になれば良いと思います。
◎アートセラピー、折り紙など、みんなでわいわいできるものが良いかと思いました。
◎ストレス解消カラオケ大会(好きな人だけ参加で可)などどうでしょう?
◎精神的な世界。

☆たくさんの回答ありがとうございました。プライバシーが特定されなさそうなところだけ紹介させていただきました。(事務局)
by open-to-love | 2015-12-04 00:28 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第33回お茶っこの会「元気に役立つ道具箱」が開かれました

盛岡ハートネット第33回お茶っこの会「元気に役立つ道具箱」は2015年11月29日(日曜日)に、盛岡市総合福祉センターの畳の部屋で開かれました。
 30人が参加。「当日は行けないけど、漬物みんなで食べてね」という、“漬物参加”された方もいました。すごくおいしい漬物でした。

a0103650_2295687.jpg


 ゲストは、WRAP研究会いわてのみなさん。今回は、WRAP(元気回復行動プラン)の一番最初に出てくる、「元気に役立つ道具箱」をやりました。30人が参加し、みんなで、元気になるためのたくさんのアイデアをたくさん出してて、いい感じでした。

a0103650_2210255.jpg


 アンケート回答は、ちかぢか、アップしますね。
 WRAPについて詳しくは、リカバリーミーティングで楽しみましょう。
by open-to-love | 2015-12-01 22:10 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第33回お茶っこの会「元気に役立つ道具箱」収支報告

日 時:2015年11月29日(日曜日)
場 所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋
ゲスト:WRAP研究会いわてのみなさん
参 加:30人

収入:5万7323円
 内訳:参加費300円×30人=8323円
    日本精神科看護技術協会岩手県支部市民講座講師謝金:14000円
    民生委員児童委員全国大会分科会講師謝金:30000円
    性と人権ネットワークESTO「3.11とセクシュアリティー」謝金:5000円

支出:3万2377円
 内訳:コピー代:500円
    郵送代:5877円
    講師謝金:10000円
    自殺予防民間団体ネットワーク「さん・Sunねっと」会費:2000円
    山田サザンクロス交流会経費:16000円

【差し引き】2万4946円

【第32回お茶っこの会「マリネを楽しむ」からの持ち越し】マイナス2万7459円

【さらに合計…ハートネットのトータル収支】マイナス2513円

☆今回は、切手の差し入れをありがたく使わせていただきました。それから、おいしい漬物の差し入れ、どうもありがとうございました。事務局があちこちで講師とかを頼まれたりしたこともあって、だいぶ、赤字が圧縮されました。この分ですと、ハートネットが始まって以来、初の黒字になってしまうかもしれません。なんか、ふしぎ。
by open-to-love | 2015-11-29 23:08 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
明日は盛岡ハートネット第33回お茶っこの会「元気に役立つ道具箱」

a0103650_8362346.jpg


~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は月1回、「お茶っこの会」を開いています。震災や心の病で悲しみ、苦しみ、悩みを抱えている人、思いの丈を語りたい人、のんびり寝そべりたい人…それぞれのペースを尊重する集まりにしたいなと思っています。
もうすぐ冬本番。季節の変わり目は体調を崩しがちですが、元気を取り戻すため、どうすればいいでしょう?
 最近、アメリカ生まれの「元気回復行動プラン(WRAP)」というのが流行ってます。今回は、そのプランの中にある「元気に役立つ道具箱」というのをヒントに、おしゃべりします。「散歩をする」「音楽を聴く」「お風呂に入る」など、みんなで元気に役立つアイデアを出し合いましょう。
 震災で失ったものは多い。でも、少しずつ、新たなつながりをつくっていきませんか?

日時:2015年11月29日(日曜日)13:00~16:00(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:WRAP研究会いわて(盛岡市)のみなさん

参加対象:どなたでもどうぞ! 定員:30人 参加費:300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶っこの会は、少人数で安心しておしゃべりするため、定員制にしています。定員オーバーの祭は、初めて参加される方を優先させていただきます。ご了承ください。
◎ お茶菓子の差し入れ、歓迎します。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)
by open-to-love | 2015-11-28 08:34 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第33回お茶っこの会「元気に役立つ道具箱」

a0103650_2128297.jpg


~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は月1回、「お茶っこの会」を開いています。震災や心の病で悲しみ、苦しみ、悩みを抱えている人、思いの丈を語りたい人、のんびり寝そべりたい人…それぞれのペースを尊重する集まりにしたいなと思っています。
もうすぐ冬本番。季節の変わり目は体調を崩しがちですが、元気を取り戻すため、どうすればいいでしょう?
 最近、アメリカ生まれの「元気回復行動プラン(WRAP)」というのが流行ってます。今回は、そのプランの中にある「元気に役立つ道具箱」というのをヒントに、おしゃべりします。「散歩をする」「音楽を聴く」「お風呂に入る」など、みんなで元気に役立つアイデアを出し合いましょう。
 震災で失ったものは多い。でも、少しずつ、新たなつながりをつくっていきませんか?

日時:2015年11月29日(日曜日)13:00~16:00(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:WRAP研究会いわて(盛岡市)のみなさん

参加対象:どなたでもどうぞ! 定員:30人 参加費:300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶っこの会は、少人数で安心しておしゃべりするため、定員制にしています。定員オーバーの祭は、初めて参加される方を優先させていただきます。ご了承ください。
◎ お茶菓子の差し入れ、歓迎します。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)
by open-to-love | 2015-11-13 22:27 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第32回お茶っこの会「マリネを楽しむ」アンケート回答

日 時:2015年9月27日(日曜日)
場 所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋
ゲスト:國定さゆりさん(マリネ研究家)
参 加:32人
アンケート回答:17人

Q1.マリネはいかがでしたか? 見た目、味、幸せ感、今度はこんなマリネ食べたい、などなど、たくさん書いてください。

◎マリネはどれも美味しくて、自分も作れるようになりたいと思いました。食を通して、皆さんとつながるのは、とても楽しいなあと思いました。また、このような機会に恵まれることを願います。
◎お品書きの文字がステキでした。バナナのマリネは初めてでしたが、ソーダ割りは甘酸っぱくて美味しかったです。牛乳割りの方は試せなかったので、次は牛乳割りも飲んでみたいなあと思います。
◎マリネの酢が優しく口当たりが思った以上にまろやかでした。一人暮らしなので、今度は簡単料理を教えていただけるとありがたいです。
◎サンマの蒲焼程度の認識しかなかったけど、今回勉強させてもらいました。おいしかったです。
◎見た目もおしゃれで、楽しくいただきました。どれもおいしかったのですが、「梨と大根のマリネ」が、ミスマッチのようで実はおすすめです。酢は体にいいですが、心も元気になりそうです。
◎マリネは見た目もよく、とっても美味しかったです!マリネを食べながら、たくさんお話もすることができ、楽しかったです。お品書きの文字もとってもステキでした。ごちそうさまでした!
◎おいしかったです。例えば、スルメやサキイカなど、乾き物をマリネにしたらどうなるんでしょう。独り者には、保存が効く食材が材料になるとありがたいです。
◎「栗とさつま芋のマリネ」に秋を感じました。お酢は苦手でしたが、とても美味しかったです。林檎などのフルーツだったり、野菜(人参など)を摂れるレシピだったりがあったら、作ってみたいと思いました。
◎バナナ酢は無糖の炭酸で割っても美味しいかなと思いました。今日はごちそうさまでした。
◎もっとすっぱいものかと思っていましたが、とても食べやすく優しい味でした。マリネのメニューがこんなにあって、おいしいものなんだと知らなかったので、貴重な時間と味をありがとうございました。
◎初めてマリネを見てビックリした。
◎みんなおいしかったです。ダイエットに役立つような食材(ゴボウなど?)のマリネがあれば、食べてみたいです。
◎果物と酢の取り合わせが苦手ですが、「玉ねぎのマヨふりかけマリネ」はとても美味しく食べれました。リンゴ酢も好きです!バイキングパーティーのようなお茶っこもイイですね!!
◎みなさまと一緒に食べるとうれしい&楽しいですね。良い機会をありがとうございました。
◎果物の甘みが際立っていて、大変おいしかったです。
◎マリネはいろいろな種類があっておいしかった。幸せ感いっぱい、満足しています。
◎「さつま芋と栗のマリネ」がとてもおいしかったです。もっとすっぱいイメージがあったのですが、マイルドで食が進みました。とてもおいしかったです。本当にありがとうございました。
◎「梨と大根のマリネ」が、意外なおいしさでした。梨の味がおしゃれなマリネでした。話っこするには、やっぱり、食べ物がないとすすみませんね、と思いました。ピッタリのメニューでした。


Q2.黒田は10月、富山県で開かれる全国民生委員・児童委員大会で、「障がい者が生活しやすい地域づくりのために」というテーマで発表を頼まれました。全国の民生委員・児童委員のみなさんへのメッセージ(こういう活動してほしい、こういうふうに関わってほしい、とか)をお願いします。

◎個人情報を守る意識を高めてほしい。
◎今回の大災害で思ったことですが、災害時には障害者用(福祉)避難所が必要なことを、多くの人に知ってほしい。大勢がいるところでは苦しくなるので。
◎盛岡ハートネットのような、安心して、色々な立場の方が集える場所を草の根的に広がっていくとよいのではないかと。どうしたら、そうできるのか、分からないのですが。盛岡ハートネットの、よい意味で「ゆるい」感じが、とても参加しやすく、自分を開放しやすいような気がします。
◎まず、自分たちの地域がどのくらいのサービスがあり、システムが整っているか、それが全国的にどうなのか知る必要がある。先進的なところのどの部分なら実現できるのか。また、自分の地域が遅れているなら、それが地域行政、医療、保健、福祉関係者に分かってもらう必要がある。そのためには当事者、家族のネットワークが大切!
◎中立な立場で話を聞いてほしい。
◎障害者手帳を持っている人だけではなく、狭間にいる人の存在を知り、客観的に関わってほしいです。
◎民生委員、児童委員と障害者の地域定着は切っても切れないと思うので、仲介役であってほしいです。
◎障害者=特別であり別もの、のようなマイナスイメージ、固定観念をなくし、障がい=ひとつの個性であるということを地域の方に伝えられるようにしていただけたらと思います。
◎民生委員・児童委員のみなさんにも、セクシャル・マイノリティーのことを知ってもらう機会があれば…啓発の機会があればいいなあと思います。セクマイの人たちは、精神疾患のために苦しむ人も多いので、コラボしていける場も作ることができれば、カミングアウトする人も増えてくれるかなと思います。
◎「いつでも行ける場所」(いつも誰かが待ってくれている場所)が実現できると心強く思える気がします。夜中や休日(土日祝日)に病院に行くことができず困ったことや、衝動に襲われるとみなさま大変だと思うからです。待機する側の負担も大きくなってしまいますが、希望です。
◎福祉サービスの都心部と地方の地域差が縮まってほしい。
◎相手の言葉を大事に聞いて、マニュアルにこだわらず、お話をしていただければうれしいなと思います。
◎今回のお茶っこの会では、いろいろ活動しているグループ、個人があるのを知りました。情報を知るにはどうすれば良いのか…と思っている、自分のような人もいると思うので、情報発信の役割も担っていただければと思います。

☆たくさんの回答、ありがとうございました。一部を紹介させていただきます。
by open-to-love | 2015-09-28 20:37 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第32回お茶っこの会「マリネを楽しむ」収支報告

日 時:2015年9月27日(日曜日)
場 所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋
ゲスト:國定さゆりさん(マリネ研究家)
参 加:32人

収入:3万1474円
 内訳:参加費300円×32人=9190円
    県立大社会福祉学部精神保健福祉援助実習講師謝金:7655円
    精神保健を考えるいわての会・2014年度下半期日当・旅費・役員手当:1万4629円

支出:2万9566円
 内訳:コピー代:460円
    郵送代:1万169円
    マリネ材料費等:3857円
    岩手県精神保健福祉連合会の賛助会員費:5000円
    自殺予防民間団体ネットワーク「さん・Sunねっと」会費:2000円
    NPO法人「相双に新しい精神医療保健福祉をつくる会」賛助会員費:3080円
    一般社団法人「震災こころのケア・ネットワークみやぎ」からころステーション寄付:5000円

【差し引き】1908円

【第31回記念お茶っこの会(ゲスト:吉田直美さん)からの持ち越し】マイナス2万9367円

【さらに合計…ハートネットのトータル収支】マイナス2万7459円

※今回は、久々のお茶っこの会なので、収入も支出も、いろいろ計上するのがあります。
 収入については、7月1日に県立大社会福祉学部精神保健福祉援助実習講義(PSWを目指している学生さんが精神障害者家族の心理や現状について学ぶ講義)の講師をしたので、その謝金が入ってます。あと、いわての会は、県立博物館で喫茶ひだまりを運営しているNPO法人です。黒田はその理事をやってます。
 支出については、郵送料は、ハートネット家族がスタッフとして関わった「あいまいな喪失…東日本大震災行方不明者家族支援・事例検討会&ワークショップin盛岡」(8月8日・盛岡市総合福祉センター)のチラシ発送料も含まれています。
 「さん・Sunねっと」は、沿岸部の自殺予防傾聴ボランティアを中心としたネットワーク。「つくる会」は、東京電力福島第1原発事故の被害が今なお深刻な福島県浜通り北部で、被災者の心のケア活動をしています。「からころステーション」は、大震災で最大規模の被災をした宮城県石巻市を拠点に、心のケア活動をしています。それぞれ、ハートネットで応援させていただいています。
by open-to-love | 2015-09-27 20:56 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
あさっては、盛岡ハートネット第32回お茶っこの会「マリネを楽しむ」

~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

a0103650_20472970.jpg


 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は月1回、「お茶っこの会」を開いています。東日本大震災や心の病で悲しい思いをしている人、悩みや苦しみを抱えている人、思いの丈を語りたい人、いろんな人の話を聴きたい人、のんびり寝そべりたい人…それぞれのペースを尊重する集まりにしたいなと思っています。
 秋は野菜のおいしい季節。今回のテーマは「マリネを楽しむ」です。マリネ研究家の國定さゆりさんをゲストに、ヘルシーで色とりどりのマリネを楽しみながら、いろいろおしゃべりしましょう。簡単なマリネの作り方も教えてもらいます。
 震災で失ったものは多い。でも、少しずつ、新たなつながりをつくっていきませんか?

日時:2015年9月27日(日曜日)13:00~16:00(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:國定さゆりさん(盛岡市・マリネ研究家、イロプランニング代表)

参加対象:どなたでもどうぞ! 定員:30人 参加費:300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶っこの会は、少人数で安心しておしゃべりするため、定員制にしています。定員オーバーの際は、初めて参加される方を優先させていただきます。ご了承ください。
◎ お茶、お茶菓子の差し入れ、歓迎します。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)

*みなさん、マリネお楽しみに!
by open-to-love | 2015-09-25 20:48 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第32回お茶っこの会「マリネを楽しむ」のご案内

~当事者を中心に、みんなが安心しておしゃべりできる小さな集まり~

a0103650_20324156.jpg


 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」は月1回、「お茶っこの会」を開いています。東日本大震災や心の病で悲しい思いをしている人、悩みや苦しみを抱えている人、思いの丈を語りたい人、いろんな人の話を聴きたい人、のんびり寝そべりたい人…それぞれのペースを尊重する集まりにしたいなと思っています。
 秋は野菜のおいしい季節。今回のテーマは「マリネを楽しむ」です。マリネ研究家の國定さゆりさんをゲストに、ヘルシーで色とりどりのマリネを楽しみながら、いろいろおしゃべりしましょう。簡単なマリネの作り方も教えてもらいます。
 震災で失ったものは多い。でも、少しずつ、新たなつながりをつくっていきませんか?

日時:2015年9月27日(日曜日)13:00~16:00(開場12:30)

場所:盛岡市総合福祉センター・畳の部屋(盛岡市若園町2-2)
(ハローワーク盛岡の向かい側の、レンガ造りっぽい建物の3階です)

ゲスト:國定さゆりさん(盛岡市・マリネ研究家、イロプランニング代表)

参加対象:どなたでもどうぞ! 定員:30人 参加費:300円

◎ 安心しておしゃべりするため、プライバシーは守りましょう。
◎ お茶っこの会は、少人数で安心しておしゃべりするため、定員制にしています。定員オーバーの際は、初めて参加される方を優先させていただきます。ご了承ください。
◎ お茶、お茶菓子の差し入れ、歓迎します。

【申し込み&問い合わせ】盛岡ハートネット事務局 黒田大介
携帯:090-2883-9043
パソコンメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯メール:opentolove@ezweb.ne.jp
ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(運転中など、すぐ携帯に出られないときがあります。必ずかけ直しますので、怒らないでくださいね^^)
by open-to-love | 2015-09-05 20:16 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第31回「お茶っこの会」が開かれました

日 時:2015年6月21日(日曜日)
場 所:盛岡市・プラザおでって
ゲスト:吉田直美さん(あすからのくらし相談室・盛岡)
参 加:25人

a0103650_19442447.jpg

a0103650_19442940.jpg

by open-to-love | 2015-06-22 19:44 | お茶っこの会2015 | Trackback | Comments(0)