精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:岩手日報心のケア関係記事( 2 )

岩手日報掲載の心のケア関係記事

【2011年3月11日〜】
 3月24日付「心のケア本格始動…全国から13チーム岩手入り」
 3月26日付「不安解消に呼吸法 岩手大・山口教授に聞く」
 3月29日付「はるばる沖縄県こころのケアチーム、宮古で活動」
 3月31日付「内陸から支える…盛岡の岩手晴和病院、被災患者の受け入れ態勢整備」
 4月 1日付「震災ストレス、時間かかっても回復…コンボ共同代表宇田川健さんに聞く」
 4月7~8日付「喪失から学び真の叡智へ…グリーフケア第一人者ニーメヤーさん寄稿」
 4月11日付「支援者に心のケアを…釜石に臨時診療所」
 4月14日付「ニーメヤーさん著書、読者にプレゼント」
 4月18日付「被災者の心、回復は安心・安全から…国立精研の中島聡美室長に聞く」
 4月22~24日付(3回連載)
       「心のケア 岩手の力…大震災現場リポート」
        上…保健師の真価 日ごろから地域密着
        中…裏方の働き 治療継続へ調整着々
        下…長期ビジョン 現場の提言に方向性
 5月18日付「普段のつながり大切…静岡県こころのケアチーム阿部宏史医師インタビュー」
 5月25日付「喪失に学ぶ生きる意味…GCC東京の鈴木剛子代表寄稿」
 6月 2日付「内陸の保健師・OBも奮闘…避難者受け入れの雫石町」
 6月 7日付「県精神保健福祉センターが災害時心のケア研修会」
 6月15日付「心のケア当事者目線で…大船渡のPSW吉田展泰さん活躍」
 6月21日付「今、ここを共に生きる…白川美也子医師、盛岡で講演」
 6月30日付「被災障害者に寄り添う…釜石・大槌地域相談支援専門員藤原伸哉さんの一日」
 7月22日付「気仙地域傾聴ボランティア『こもれびの会』が通常活動再開」
 8月 4日付「宮古で『こころの元気サロン』…WRAP応用、光る創意」
 8月22日付「震災という悲劇に意味を…白川美也子医師、岩手の精神医療支援」
 8月23日付「心の病と共に生きる仲間達連合会キララ、震災テーマにシンポジウム企画」
 8月30日付「連携して心のケア…県立大船渡病院で第5回気仙地域担当者連絡会」
 9月 2日付「当事者同士、内陸と沿岸、つながりを大切に…キララがシンポジウム」
 9月 3日付「LAWBLOW、キララシンポでミニライブ」
 9月20日付「心のケアの今後を議論 第6回気仙地域連絡会」
 9月22日付「当事者がつながろう…東京でリカバリー全国フォーラム」
10月 5日付「心のケア、息の長い支援を…青森で精神保健福祉東北大会」
10月14日付「復興支援ネット『オデンセ山田』が料理教室」
10月28日付「心の元気発信FM WRAP研究会いわて」
11月13日付「ハーブ手浴で手軽な癒し…兵庫県立大講師の天野玉記さん」
11月23日付「支え合って自殺防ごう…青森県藤崎町でキラりん一座演劇上演」
11月28日付「メンタルヘルス小冊子、被災地に無償提供…コンボとイーライリリー」
11月29日付「心の病、仲間と語ろう…12月4日に盛岡でPNPP」
12月16日付「心の病、支え合いが力に…PNPP盛岡開催」
12月20日付「復興期心のケア特集」
        加藤寛、メリッサ・ブライマー、パトリシア・ワトソン先生インタビュー
        陸前高田の保健活動ルポ

※いずれも、私が書いた記事であります。というのは、私は一応、岩手日報の学芸部の記者をしているのです。ちなみに、本来の担当は文化欄(音楽と埋蔵文化財)です…。記事をそのまま載っけると著作権の問題とかいろいろありますので、掲載日とタイトルのみ紹介します。関心ある方は、図書館とかで探してくださいな。すいません。
(盛岡ハートネット事務局 黒田大介)
by open-to-love | 2011-12-31 08:02 | 岩手日報心のケア関係記事 | Trackback | Comments(0)
4月13日 新組織「全国精神保健福祉会連合会」説明会
青森市 青森駅前グランドホテル
説明者:東京本部・川崎洋子副理事長
説明内容:「全国精神保健福祉会連合会」の設立の経過と今後の見通し、展望について
参集範囲:北海道・東北ブロック家族会連合会各道県会長、理事長、副会長、事務局長

4月17日 全家連平成19年度臨時評議員会
東京都中野区、中野サンプラザ13階会議室
報告事項
1:福祉施設運営事業の移譲について
2:負債状況について
3:全家連の活動の報告

4月17日 全家連が東京地裁に破産申し立て、記者会見で組織解散と発表
(午前中の理事会で破産申し立てを全会一致で決議し評議員会に報告)

4月23日 岩家連緊急理事会
ふれあいランド岩手2階 第3研修室
協議事項
1:NPO法人全国精神保健福祉会連合会入会の是非
2:岩家連平成19年度予算について

5月6日 アート集団「宙」交流会
盛岡市若園町 市総合福祉センター2階
10時〜15時
参加費100円(昼食持参)

5月9日 全福連平成19年度第1回理事会、定期総会
主婦会館(JR四谷駅)

5月10日 全福連発会式
リレートーク「これからの家族と家族会」
(指定発言者8部ブロックから1名で計8名、発言時間5分)
記念講演会「(仮)英国における精神障害者家族への支援策について」講師:伊勢田尭氏(東京都多磨総合精神保健福祉センター長)

5月12日 岩家連理事会

5月19日 岩家連総会 任意団体の解散と、NPO法人としての岩家連が正式に誕生。全福連への加盟を決定。正会員(家族会長)、つまり、単位家族会に対する会費を、人数に応じて増額して徴収し、財政危機を穴埋めすることを決定。

5月某日 盛岡市の喫茶ひだまりに新メニュー「ボロネーゼ」「カルボナーラ」登場。

a0103650_639984.jpg
a0103650_640201.jpg

5月26日 岩家連春季研修会
10時〜15時15分、盛岡市三本柳、ふれあいランド岩手ふれあいホール
講演1:「非援助による援助(仮)」講師:浦河赤十字病院 川村敏明氏
講演2:「知識は力、希望は回復への原動力(仮)」講師:神奈川県厚木市家族会「フレッシュ厚木」理事 上森得男氏
参加費:1000円
定員:200人

6月3日 アート集団「宙」交流会

6月14日 いわて発 こころかろやか HOT フォーラム
~もっと知ろう もっと充実 自殺対策~
 
     自殺対策について一緒に考えてみませんか?
 
【日時】 平成19年6月14日(木) 9時40分~18時00分
【会場】 ホテルメトロポリタン盛岡 NEW WING
【対象】 一般県民
【参加料】 無料
【参加申し込み】 平成19年5月31日(木)までに電話またはFAXにて申し込みください。
                電話:019-629-9618  FAX:019-629-9619


6月20日 風の会交流会
盛岡市本町通、県精神保健福祉センター

7月12日 第30回岩手県精神障害者家族大会
盛岡市見前、キャラホール
もりおかこころのクリニックの「もりここバンド」デビュー
講演「」講師:元葛巻町立小屋瀬小校長 高橋欣彌氏

8月21日 第30回県精神障害者家族大会第5回実行委員会(大会の反省会)
県精神保健福祉センター会議室
「大会で培った家族会同士の連携を大切にしよう」「大会は終わったけれど、つながりまで終わらせちゃもったいない」「定期的に集まりを持とう」と前向きに話が盛り上がる。

9月30日 二戸ふれあいまつり
  1 日時  平成19年9月30日(日)10:30~15:30
  2 場所  カシオペアメッセなにゃーと(二戸駅新幹線側の隣の会場)
  3 日程  10:30~11:00  オープニングセレモニー(駐車場で)
        11:15~14:00  コンサート

9月30日 自死遺族支援全国キャラバンinいわて・自殺総合対策県民シンポジウム
「いのちとこころを支えるいわて~今、私たちにできること」
開催日時:9月30日(日)10:00~17:15
開催場所:教育会館大ホール
主催:県、県自殺予防対策推進協議会
後援:自死遺族支援全国キャラバン実行委員会、内閣府
協賛:日本財団
プログラム
オープニング 10:00~10:15
 知事、県自殺予防対策推進協議会長、自死遺族支援全国キャラバン実行委員会あいさつ
第1部 演劇 10:30~11:30
 「星のしずく」演劇集団 空想工房
第2部 テーマ「自死遺族支援~今、私たちにできること」 13:00~15:00
 1 自死遺族からのメッセージ
 2 パネルディスカッション「自死遺族支援の課題と方向」
   パネラー 自死遺族の立場
         岩手医大
         県精神保健福祉センター
         県障害保険福祉課
   コーディネーター NPO法人ライフリンク
第3部 テーマ「自殺のない地域づくり~今、私たちにできること」 15:15~17:15
 1 報告「いわて自殺防止月間の取り組み」
 2 パネルディスカッション「つながり(結い)で自殺のない地域をつくる~私たちの活動報告」
    パネラー 演劇集団「空想工房」
          「はあとをとどけ隊」
          岩手医大学生ボランティア
          県精神障害者家族会連合会
          盛岡いのちの電話
    コーディネーター 精神保健福祉ボランティア連絡会

10月9日 盛岡精神障害者家族会連合会「盛岡ハートネット」第1回交流会

 盛岡市内8家族会を中心に、盛岡圏域内計15家族会、家族会に入っていない家族の方の初の交流会。当事者、行政・医療・保健・福祉・ボランティア関係のみなさまの参加も歓迎。
日時:2007年10月9日午後2時~4時
場所:盛岡市総合福祉センター3階老人教養室
(盛岡市若園町2番2号)
会費:100円(お茶、お菓子代)
内容:
午後2時~3時 話題提供「分かりやすい盛岡市の精神保健福祉サービス」(盛岡市障害福祉課)と質疑応答
午後3時~3時30分 おしゃべり交流会
午後3時30分~4時 今後の交流会について

10月11日 第34回県精神保健福祉大会
陸前高田市・陸前高田市民会館、午後1時から
13:00~13:30 大会式典
13:40~15:00 特別講演
演題「心健やかに生きるために~やさしいカウンセリング教室」
講師①トータル・カウンセリング・スクール講師 金藤晃一氏
   ②フリーランスアナウンサー 後藤のりこ氏
15:10 大会宣言 藤澤病院家族会長
15:20 時期開催地挨拶 北上市花北病院長
15:30 閉会の辞 大船渡保健所長
(併催 12:00~15:00 目で見る心の健康展)

10月25、26日
2007「全国精神障がい者家族大会」岡山大会
大会テーマ=地域で精神障がい者があたりまえの生活を!〜障害者自立支援法から1年〜
開催日:平成19年10月25日(木)〜26日(金)
会場:岡山シンフォニーホール
   岡山コンベンションセンター
参加費:3000円(当事者・学生1500円)
主催:特定非営利活動法人 岡山県精神障害者家族会連合会
共催:特定非営利活動法人 全国精神保健福祉会連合会
   中国、北海道・東北、北信越、関東、甲州・東海、近畿、四国、九州・沖縄、全国8ブロック家族会精神保健福祉促進研修会担当県代表者会議
後援:厚生労働省、岡山県、岡山市、他(予定)
参加対象:全国の精神障がい者とその家族、行政関係者、医療・保健・福祉関係者、施設の運営・指導者、ボランティア、学生等
定員:2000人

第1日目
基調講演 ジェームズ三木「ドラマと人間」
記念講演 大谷藤郎「これからの家族会活動」

第2日目
分科会
①地域におけえる生活支援の実際
②就労支援の実際
③親亡き後の生活の実際
④精神科医療の実際
⑤ひとりひとりが自分らしい暮らしを〜さあ、共に歩もうよ!〜
シンポジウム
①障害者自立支援法から1年〜在宅支援の立場から〜
②家族会活動について〜活性化とその課題〜

岡山県映像ライブラリー
岡山県にゆかりのある、精神障がい者福祉に関する映画・テレビ番組等を放映します。

問い合わせ先:JTB中国四国岡山支店イベントコンベンショングループ「2007全国精神障がい者家族大会 岡山大会」係
TEL:086−231−9370

盛岡精神障害者家族会連合会「盛岡ハートネット」第2回交流会
12月5日午後1時~3時30分
場所:もりおか女性センター別館第1研修室
(盛岡市肴町2番8号、旧働く婦人の家)
ゲスト・ソーシャルサポートセンターもりおか:PSW広田政彦さん
会費:200円(お茶、お菓子、資料代)
by open-to-love | 2007-04-29 00:18 | 岩手日報心のケア関係記事 | Trackback | Comments(0)