精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:自死遺族支援( 17 )

「風音」のつどい(2016年12月&2017年1月)

 自死遺族の悲しみ、苦しみ、怒りなどを、当事者のみで語り合う集いの場です。

場所:岩手県高校教育会館(盛岡市志家町11ー13)

日時:
 2016年12月17日(土)午後1時より
 2017年11月20日(日)午後1時より

* 参加費100円

* 事前連絡下されば感謝です。当日参加の方も可です。

* 問い合わせ先  ささき  080—6293—2529

* 特定の組織、団体とは関係していません。

by open-to-love | 2016-11-17 22:47 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)
「風音」のつどい(2016年9、10、11月)

 自死遺族の悲しみ、苦しみ、怒りなどを、当事者のみで語り合う集いの場です。

場所:岩手県高校教育会館(盛岡市志家町11ー13)

日時:
   9月18日(日)午後1時より
 10月15日(土)午後1時より
 11月20日(日)午後1時より

* 参加費100円

* 事前連絡下されば感謝です。当日参加の方も可です。

* 問い合わせ先  ささき  080—6293—2529

* 特定の組織、団体とは関係していません。
by open-to-love | 2016-09-14 22:16 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)
自死遺族の想いを伝えるパネル展「折鶴づくり」のご協力について
a0103650_23513285.jpg
 一関保健所では、大切な方を自死で亡くした遺族の想いを聞き、当事者の尊厳を大事にする取り組みをみんなで考えていくために、「いわて自死遺族フォーラムin一関」を2016年9月3日(土)に一関市川崎市民センターで開催します。
 このフォーラムと同時開催する「自死遺族の想いを伝えるパネル展」において、みなさまが抱えている“言葉にできないさまざまな想い”を「折鶴」に込め、パネル展の会場に飾りたいと考えています。
 言葉や想いは思うようにかたちにしにくいですが、それを「折鶴」に込めて、パネル展に添えてみませんか?
 賛同、協力いただける方は、お持ちの折り紙(大きさ、素材、個数は問いません)で折鶴を作り、可能な方はメッセージを添えて、8月23日までに、一関保健所あてにお送りくださるようお願いいたします。

☆パネル展は全国各地で40回ほど開催されており、全国各地のご遺族が作成したメッセージや写真などが展示されるものです。

【折鶴について】
・折鶴を折る紙の色、大きさ、素材は問いません。1羽でもOKです。
・折鶴はパネル展会場に飾ります。
・メッセージ(手記など)を添えたい方は、便箋等に記入して、折鶴と共に郵送してください。
・郵送の際は、住所、氏名、連絡先(電話番号等)を記載したメモの同封をお願いいたします。匿名も可です。
・折鶴に添えたメッセージは、ご了解いただいた方についてのみ、ファイルに入れ、パネル展会場に掲示しますので、連絡先等のメモに掲示の可否の記入をお願いします。

【送付先及び問い合わせ先】
一関保健所 保健課
〒021ー8503 一関市竹山町7ー5
電話:0191・26・1415(266)


by open-to-love | 2016-08-19 23:49 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)
いわて自死遺族フォーラムin一関
a0103650_23033056.jpg
日時:2016年9月3日(土)13:45〜16:30
会場:一関市川崎市民センター ホール
(一関市川崎町薄衣字諏訪前7番地 電話0191-43-3112)

講演とパネルディスカッション

講演 〜「まさか」から始まった私の闘い                           

弁護士 佃 祐世(つくだ・さちよ)さん(はつかいち法律事務所所長)

2007年、元裁判官だった夫を自死でなくす。4児を育てながら、司法試験に挑戦、弁護士となった。自死遺族支援弁護団、広島弁護士会所属

パネルディスカッション
 1 前川珠子(東北希望の会代表:宮城県)
 2 桑原正好(しまね分かちあいの会・虹代表:島根県)
 3 佃 祐世(弁護士・夫を自死で亡くす:広島県)
 4 自死遺族(岩手県)
 ファシリテーター 秋保茂樹 精神科医(秋保クリニック院長、一関地域自死とうつに関するケアネットワーク構成員)

自死遺族からのメッセージ:多くの命が自死で、しかも私達の身近で日々失われていっています。でも“自死”はいつまでも“まさか”なのです。何かふとしたことをきっかけに私たちは心を病むこともあります。時には死へと追い詰められてしまうこともあります。自死と、きちんと向き合うことが社会の更なる犠牲者を生まないことへもつながるのではないでしょうか。

同時開催:自死遺族の想いを伝えるパネル展=9月2日(金)9時〜3日(土)16:00

主催:岩手県一関保健所
共催:一関市、平泉町
後援:特定非営利活動法人働く者のメンタルヘルス相談室、しまね分かちあいの会・虹、自死遺族自助グループりんどうの会

入場無料 どなたでも入場できます

問い合わせ先:一関保健所(0191・26・1415)


by open-to-love | 2016-08-19 22:54 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)
「風音」のつどい(2016年8、9月)

 自死遺族の悲しみ、苦しみ、怒りなどを、当事者のみで語り合う集いの場です。

場所:岩手県高校教育会館(盛岡市志家町11ー13)

日時:8月27日(土)午後1時より
         9月18日(日)午後1時より

* 参加費100円

* 事前連絡下されば感謝です。当日参加の方も可です。

* 問い合わせ先  ささき  080—6293—2529

* 特定の組織、団体とは関係していません。
by open-to-love | 2016-07-24 22:59 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)
「風音」(旧風の会)

 自死遺族のわかちあいの集いを開催いたします。

場所:岩手県高校教育会館(盛岡市志家町11ー13)

日時:7月16日(土)午後1時より

* 参加費100円

 自死遺族のみの参加とさせていただきます

 事前連絡をお願いいたします。

 問い合わせ先  ささき  080—6293—2529
by open-to-love | 2016-06-28 23:58 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)

「風の会」のご案内

「風の会」のご案内

場所…盛岡市志家町11ー13、岩手県高校教育会館

月日…6月18日(土)
          7月16日(土)

時間…午後1時より

当事者による当事者だけの
自死遺族のわかちあいの集いです、

事前連絡不要、
参加費100円

代表 gahow.Sasaki
   tel 080.6293.2529


☆6月5日の盛岡ハートネット第36回お茶っこの会で、代表の方に、活動に込めた思いを紹介していただきました。
by open-to-love | 2016-06-05 22:30 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)
2014年度こころサロン公開講座「地域の自死遺族支援を考える」

日時:2014年10月17日(金)14:00〜
場所:盛岡市中央通・エスポワールいわて

a0103650_2194056.jpg


公開講座:14:00〜15:30
こころサロン盛岡(自死遺族交流会):15:45〜17:00
 =対象は自死遺族の方のみ
by open-to-love | 2014-09-21 21:09 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)
平成22年度こころサロン(自死遺族交流会)公開講座のご案内

a0103650_19191722.jpg


自死により遺された方々への支援を考える集い

 家族を突然に自死(自殺)で亡くした場合、その衝撃は大きく、ご遺族は、生きていくことが難しいと感じるほどの深い悲しみを抱えることもあります。周囲の無理解などから、悲しみや心の痛みを、人に話すことが難しいこともあります。悲しみを分かち合えない状況になり、心理的・社会的に孤立してしまうことも少なくありません。
 ご遺族の皆さんが、同じ体験を持つ方と出会い、語れなかった自分の体験や想いを語り、分かち合う場として開かれているのが自死遺族交流会『こころサロン』です。
 この集いでは、県内各地にご遺族の方々が交流する場があること、相談の場があることなどを多くの方に知っていただくとともに、ご遺族の声、支えている方の声を聞き、私たちにできることを考えていきます。

【日時】平成23年3月13日(日) 10:30~15:00
【会場】いわて県民情報交流センター(アイーナ) 5階 501号
    (盛岡市盛岡駅西通1-7-1 TEL:019-606-1717)
【対象】
◆午前・公開講座:自死やその支援について関心のある方はどなたでも参加可
◆午後・自死遺族交流~分かち合い~:自死遺族の方のみ

【主催】岩手県精神保健福祉センター

【プログラム】                             
【午前】公開講座
対象:自死やその支援について関心のある方はどなたでも参加できます。要事前申込
10:00~受付
10:30~ 開会、あいさつ
10:40~11:30 講話「ともに生きる」
講師:守林寺(奥州市)住職 松森弘隆氏
11:30~ 12:00 ご遺族からのお話「自死遺族の想い」 
昼食・休憩

【午後】自死遺族交流
13:15~15:00 自死遺族交流 ~分かち合い~
抱える悲しみや苦しみを語り合い、分かち合ってみませんか? 
プライバシーは、厳守します。
対象:自死遺族の方のみ、要事前申込

【申込方法及び申し込み締切】下記担当までお申込ください。
◆午前・公開講座:3月8日(火)まで
◆午後・自死遺族交流自死遺族交流~分かち合い~:3月10日(木)まで
【申し込み・問い合せ先】
岩手県精神保健福祉センター(020-0015 盛岡市本町通3-19-1)
電話:019-629-9618  FAX:019-629-9603
by open-to-love | 2011-03-04 19:19 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)

こころサロンのご案内

岩手県自殺予防情報センターニュースレターNo.46( 2011年2月28日)

発行:岩手県精神保健福祉センター 岩手県自殺予防情報センター

こころサロンのご案内

 大切な人を突然に自死で失うということは、身近な人にとってとてもつらいことです。しかし、心の内を周囲に話すことは難しいこともあるかもしれません。
 「こころサロン」は、同じ経験を持つご遺族が集い、その悲しみや体験を語り合い、支えあうところです。
 この場は、思いや体験を安心して分かち合えるよう、参加は原則としてご家族を自死で亡くした方に限っています。ご自分の地元に限らずご希望のサロンに参加することができます。会の進行は職員が行うこともあります。

●要予約です。日時等はお問合わせください。
●職員が個別のご相談もお受けします。

こころサロン
「和やかで落ち着けるような雰囲気づくりを心がけています。」
毎月第2日曜 13:30~15:00
会場:いわて県民情報交流センター(アイーナ)
お問い合わせ:精神保健福祉センター019-629-9617

こころサロン 北上
「迷ったらお電話下さい。温かく迎える仲間がいます。」
毎月第4土曜 14:00~16:00
会場:北上地区合同庁舎
お問い合わせ:中部保健所 保健課0198-22-2331
北上分室0197-65-2732

こころサロン 奥州
「H22.11.5 全国自死遺族会代表 田中幸子さんの公開講座の様子です。」
会場:お問い合わせ:奥州保健所 保健課0197-22-2831

こころサロン 一関
「毎回、3~4人の方が参加しております。大切にしているのは『安心して語れる場、ほっとできる場』 よかったら、のぞいてみてください。」
会場:お問い合わせ:一関保健所 保健課0191-26-1415

こころサロン 釜石
「昨年6月に始めたばかりの『こころサロン釜石』です。私たちにできることを、継続しながら、自殺ゼロのまちづくりにしていきたいと思っています。」
会場:お問い合わせ:釜石保健所 保健課0193-25-2702

こころサロン 気仙
「こころサロン気仙は、平日の夜の開催です。ご遺族の交流の場、個別相談の場としての時間を共有しましょう。」
会場:お問い合わせ:大船渡保健所 保健課0192-27-9913

こころサロン 宮古
「思いを語りながら、ゆっくりとした時間を過ごせる雰囲気づくりを心がけています。」
会場:お問い合わせ:宮古保健所 保健課0193-64-2218

こころサロン 久慈
「誰かに思いを話すことが、生きる力になると感じます。どうぞ、足を運んでみてください。」
5・8・11・2月の第4日曜 13:30~
会場:お問い合わせ:久慈保健所 企画管理課0194-53-4987

こころサロン 二戸
「苦しいこと、つらいことは、話すことで半減します。楽しいこと、うれしいことは話すことで倍になります。いろんなことを語り合える場です。お待ちしています。」
会場:お問い合わせ:二戸保健所 保健課0194-23-9206

~大切な人を自死で亡くされたご遺族の語り合いと交流の場~
●分かち合いでは無理に発言を求めたりすることはありません。
●話したくないときはパスすることができます(聞くことだけでも可)。
●話したこと、聞いたことは、この場限りとします(秘密を守ります)。
by open-to-love | 2011-03-01 19:17 | 自死遺族支援 | Trackback | Comments(0)