精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:薬物療法( 6 )

コンボお知らせメール便:糸川昌成先生登場のこんぼ亭DVDの割引期間終了間近!

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。本日は人気のこんぼ亭DVDシリーズを一挙にご紹介します。糸川昌成先生登場のDVDは、割引期間終了間近です。

★HEADLINES★
 (1) こんぼ亭DVD:糸川昌成先生登場のDVD割引期間は10/31まで
 (2) これまでのこんぼ亭DVDシリーズ一挙ご紹介
 (3) ピアサポートグループ開催情報
 (4) コンボイベント最新情報
 (5) コンボ出展情報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  こんぼ亭DVDシリーズ
  『新しい治療法をめぐる冒険
    ~統合失調症の研究はドラマに満ちている~』
   特別割引期間は10/31まで!
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 こんぼ亭DVDシリーズは、発売から3ヵ月間に限り、特別割引期間を設けています。糸川昌成先生にご出演いただいた第18回月例会、こちらを収録したDVDの特別割引期間は、今月末(10/31)をもって終了となります。お得な特別割引をぜひご利用ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『新しい治療法をめぐる冒険
  ~統合失調症の研究はドラマに満ちている~』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●抗精神病薬は脳に作用するが、魂は治さない●
 【出演】
  ○糸川昌成(東京都医学総合研究所)
  ○島本禎子(杉並家族会)
  ○宇田川健(NPO法人コンボ)
 《ご案内》
  伊藤順一郎(国立精神・神経医療研究センター)
━━━━━━━━━━━
 特別割引価格とは?
━━━━━━━━━━━
 このDVDは、税込みで3780円(3500円+税)ですが、2014年10月31日までにお申し込みいただきますと、3240円(3000円+税)で、お求めになれます!
━━━━━━━
 ご注文は?
━━━━━━━
 コンボのHP(下記)からご注文いただけます。また、FAX、お電話でも承ります。
 https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000100
━━━━━━━━
このビデオの内容
━━━━━━━━
 【第1部】
 糸川昌成:臨床家がなぜ研究をするのか(97分)
 【第2部】トークセッション(27分)
 糸川昌成×島本禎子×宇田川健×伊藤順一郎

●~●~●~●~●~●~●~●
  こんぼ亭DVDシリーズ
  一挙にご紹介!
●~●~●~●~●~●~●~●
 こんぼ亭DVDシリーズは、個人の方はもちろん、家族会や、事業所でもお求めいただいています。教員の方からは、教材として授業で役立てていますといったお声をいただいています。
  【ご案内役】
  こんぼ亭「亭主」伊藤順一郎(国立精神・医療研究センター精神保健研究所)
  【価格】
  3780円(3500円+税) ※送料別
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『いろいろ応用できる認知行動療法』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●生活のなかで使える問題解決のコツをわかりやすく伝授!
 ●詳細はコンボのHPから:
   https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000087
 ●出演:
   ○大野裕(国立精神・医療研究センター 認知行動療法センター長)
   ○宇田川健(コンボ共同代表)
 ●「こころの元気+」ロングラン連載中!
   「いろいろ応用できる認知行動療法をじょうずに使ってみませんか」(大野裕)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『発達障害の人の可能性を広げよう
 ~人間関係を変えるコミュニケーション~』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●お互いに理解しあえる関係をつくって楽になる!
 ●詳細はコンボのHPから:
   https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000090
 ●出演:
   ○冠地情(東京都成人発達障害当事者会・イイトコサガシ代表)
   ○藤井和子(まめの木クリニック発達障害研究所)
 ●「こころの元気+」思わず納得の連載中!
   「コミュニケーション実験道場」(冠地情)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『躁うつ病のことをもっと知りたい!
 ~病気とのつきあい方・診断・治療・最新研究 etc.~』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●新しい時代の躁うつ病理解の全貌が明らかに!
 ●詳細はコンボのHPから:
   https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000091
 ●出演:
   ○加藤忠史(理化学研究所 脳科学総合研究センター)
   ○久賀さやか(双極性I型のご本人)
   ○稲垣みさお(双極性II型のご家族)
 ●「こころの元気+」現在進行形・自分取材漫画で連載中!
   「私のビョーキはトリプル」(稲垣みさお)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『iPS細胞の研究は精神疾患の治療に何をもたらすのか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●遺伝子レベルのことが治療可能な時代がもうすぐやってくる!
 ●詳細はコンボのHPから:
   https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000095
 ●出演:
   ○吉川武男(理化学研究所分子科学研究チーム)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『摂食障害からの回復
 ~本人・家族にできることを考える~』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●あなたにしかできないけれど、あなただけではできない
 ●詳細はコンボのHPから:
   https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S000098
 ●出演:
   ○生野照子(社会医療法人浪速生野病院心身医療科)
   ○鈴木高男(摂食障害家族の会 ポコ・ア・ポコ)
   ○鈴木ひとみ(摂食障害経験者)
 ●「こころの元気+」家族からのお悩み相談を連載中!
   「家族の相談カフェ」(鈴木高男)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そして、近日発売予定!
 『ちょうどよい薬の量のはなし』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ●薬の量が変わると生活の質が変わります
 ●出演:
   ○渡邉博幸(千葉大学社会精神保健教育研究センター)
   ○築地茉莉子(薬剤師・千葉大学医学部附属病院)
   ○市川左千子(コンボライター)
 ●第22回月例会収録 (2014/5/24)
 ●「こころの元気+」薬の適量処方について連載中!
   「さじかげんよいかげん」(渡邉博幸)

●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ピアサポートグループ開催情報
●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ☆最新情報はウェブサイトから
 → http://comhbo.net/2013/peersupport/genki-plus.html
 ○11/3(祝・月)うつ病友の会(栃木県宇都宮市)new!
 ○11/14(金)元気+サークルズ in パームハウス(東京都国立市・立川市)
 ○11/15(土)元気+サークルズ in パルティ(栃木県宇都宮市)
 ○11/15(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)
 ○12/12(金)元気+サークルズ in パームハウス(東京都国立市・立川市)new!

●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●
 ◎こんぼ亭第24回月例会◎
 ~申込受付中!~
 『うつ病に効く食生活と運動』
 【日時】2014年11月22日(土)12:30開場 13:00~16:00
 【会場】なかのZERO 小ホール(東京都中野区中野 2-9-7)
 【出演】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所)、
     阿部裕二(国立精神・神経医療研究センター 栄養管理室)、ほか
  ☆詳細はコンボのHPから
  → http://www.comhbo.net/event/report/report_20140805.html
  ☆チラシはこちらから
  → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20141122_24_remedy_flyer.pdf

 ◎PNPP in 札幌◎
 ~申込受付中!~
 『ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト in 札幌』
 【日時】2014年11月28日(金)13:00 ~ 16:00(12:30受付開始)
 【会場】かでる2・7(北海道立道民活動センター)1060会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
 ☆詳細はコンボのHPから
 → http://www.comhbo.net/event/report/report_20141128.html
 ☆チラシ(申込用紙つき)のダウンロードはこちらから
 → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/pnpp_sapporo.pdf

 ◎こんぼ亭第25回月例会◎
 ~申込受付中!~
 『働き続けるコツと就労継続支援のツボ』
 【日時】2014年12月20日(土)
 【会場】すみだリバーサイドホール(東京都墨田区吾妻橋1-23-20)
 【出演】宇田亮一(立教大学心理教育相談所;臨床心理士)、ほか
 ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします!

 ◎こんぼ亭第26回月例会◎
 ~申込受付中!~
 『自傷や依存 やめたい!でもやめられない』
 【日時】2015年1月31日(土)
 【会場】タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)
 【出演】松本俊彦(国立精神・神経医療研究センター)、ほか
 ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします!

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 コンボ出展スケジュール
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
  ★コンボのブースにぜひお立ち寄りください!お待ちしております。

  ◎日本精神障害者リハビリテーション学会第22回岩手大会◎
  【日時】 2014年10月30日(木)~11月1日(土)
  【会場】 岩手県民情報交流センターアイーナ(岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1)
  【HP】 http://japr2014.umin.jp/

  ◎ACT全国ネットワーク第6回ACT全国研修福岡大会◎
  【日時】 2014年11月8日(土)~9日(日)
  【会場】 九州産業大学(福岡県福岡市東区松香台2-3-1)
  【HP】 http://assertivecommunitytreatment.jp/2014/

○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
   ☆詳しくはこちらから
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=cart&sid=1
 【寄付を通じて】
   ☆詳しくはこちらから
    → http://www.comhbo.net/main/content003.html
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
  〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
  TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
  EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2014-10-29 21:31 | 薬物療法 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:統合失調症薬ゼプリオンに関する報道について

盛岡ハートネットのみなさま

 こんばんは、コンボ広報チームです。今月当初より、統合失調症薬ゼプリオンに関する報道が続いています。コンボでも、多大なる関心を持って、この問題・報道の経緯に注目していくつもりでいます。まずは、コンボHPに、これまでの情報をまとめましたので、ご参照ください。
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 統合失調症薬ゼプリオンの死亡問題について
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  ☆全文はコンボHPから
  → http://www.comhbo.net/new/report/report_20140418.html
 ヤンセンファーマ株式会社が発売している、統合失調症治療薬のゼプリオン水懸筋注を投与された患者さんが全国で21人死亡したことが報道されております。この死亡問題につきましては、多剤処方が背景にあるのではないかとの指摘が報道などでもされていますが、早急の原因究明や対策を明らかにしていただきたいと望んでおります。なお、副作用などの情報は、下記より入手をすることができますので、適宜検索をしてみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 薬剤や副作用に関する情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
  http://www.info.pmda.go.jp/
 上記機構には、さまざまな薬の情報を検索することができますが、薬剤名を入力すると副作用情報を検索することができます。ただし、4月18日現在ゼプリオンに関する副作用情報は掲載されておりません。
  http://www.info.pmda.go.jp/fsearchnew/jsp/menu_fukusayou_base.jsp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 安全性速報について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ヤンセンファーマ株式会社は、4月14日に「安全性速報――ゼプリオン水懸筋注25mg、50mg、75mg、100mg、150mgシリンジの使用中の死亡症例について」を発表しました。
http://www.janssen.co.jp/system/files/pdfbody/Xeplion-anzensei-sokuhou_20140
417.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚生労働省のプレスリリース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 また、厚生労働省は、下記のプレスリリースを発表しています。
  http://www.info.pmda.go.jp/kinkyu_anzen/file/kinkyu20140417_3.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さんのご意見を聞かせてください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 コンボでは、今回の報道に関する当事者・ご家族・専門職の皆さんのご意見・生の声を集め、そして、みなさんの声を厚生労働省に届けたいと考えています。(個人が特定されないように留意いたします。)皆さんのご協力をぜひお願いいたします!
  ※ご意見はメールで desk@comhbo.net まで。
  ※件名を「薬の適正使用問題について」としてください。

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  今夜のTV番組「報道ステーション」に
     吉尾隆先生出演予定
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 今回の問題について、今夜4月18日のTV番組「報道ステーション」(テレビ朝日、番組スタートは22:00)に吉尾隆先生(東邦大学薬学部医療薬学教育センター臨床薬学研究室教授)が登場、コメントされる予定です。
 吉尾先生には「こころの元気+」で連載をしていただいていました。(連載タイトル「薬剤師がすすめる~統合失調症の薬と安全につきあう~」第1号~18号)リカバリー全国フォーラム2012でも、分科会「リカバリーの視点から薬を使いこなす」に講師としてご参加いただきました。また、明日(4月19日)の下記講演会でも、「多剤併用大量処方の問題点とは何か~安全に効果的に使用するために必要なこと~」と題して講演をしていただきます。吉尾先生や他の講師のみなさんに、いろいろと質問してみませんか?
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 ★統合失調症の当事者の「リカバリーをひらく」★
    シリーズ第4回 『薬の処方が変わる?~国も適正使用に動き出す!~』
    4月19日(土)~参加費無料&当日参加OK!~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20140419.html
    ☆チラシはこちらから
    → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20140419_recovery.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時&会場  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【開催日】2014年4月19日(土)12:30~15:00 (12:10開場)
 【場所】成城ホール (東京都世田谷区成城6-2-1)
       アクセス → 小田急線成城学園駅下車徒歩4分
       地図 → http://seijohall.jp/access.html
 【参加費】無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 プログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ○講演1「多剤併用大量処方の問題点とは何か~安全に効果的に使用するために必要なこと~」
      講師:吉尾隆(東邦大学薬学部 医療薬学教育センター)
 ○講演2「なぜ当院で多剤併用が生じたか?」
      講師:小林和人(山容病院)
 ○シンポジウム「経験から学んだ薬とのつきあい方」
      パネリスト:上森得男(厚木市家族会)・小林和人・吉尾隆・当事者の方
 ◎総合司会:吉永陽子 (長谷川病院)
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 多剤処方に関するコンボのうごき
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 厚労省に薬剤の適正使用に関する要望書を提出
    (2014年1月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆要望書の全文はコンボのHPから
 http://www.comhbo.net/event/report/report_20140127.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 『統合失調症の人が知っておくべきこと~突然死から自分を守る~』を出版
    (2013年6月)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆本の内容はコンボのHPから
https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=details&sid=1&gid=1S00
0092

○===============================○
  ◎コンボの活動にご協力をお願いします◎
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=cart&sid=1
 【寄付を通じて】
    → http://www.comhbo.net/main/content003.html
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2014-04-19 20:21 | 薬物療法 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:「こころの元気+」3月号早読み!~テーマは薬

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。「こころの元気+」3月号ができあがってきました。今回のテーマはお薬と処方についてです。ひと足お先に、内容をご案内します。 

★HEADLINES★
 (1) 「こころの元気+」3月号のご案内:テーマは「薬」
 (2)  リカバリーフォーラム開催レポートをウェブサイトにアップ!
 (3)  リリー賞表彰式&セミナー:申込締切延長!
 (4)  コンボイベント最新情報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  「こころの元気+」3月号
    特集:薬を正しく処方してほしい
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 3月号は、薬とその処方について特集しています。最新情報から体験談、そして、皆様にご協力いただいたアンケートの結果など、濃い内容になっています。そして、今月号は新連載がナントふたつも、スタートします。
  【特集1】漫画:薬を信じようかな(ムトウカエル)
  【特集2】薬を正しく使うために(里中高志:精神保健福祉ジャーナリスト)
  【特集3】私たちの体験談 私たちが考える適正な処方とは?自分にあった処方に変えていくには?
  【特集4】みんなが今、のんでいる薬について ネットアンケートの結果は、はたして?
  【特集5】抗精神病薬の適正な使用について 抗精神病薬減薬支援シートとは?そして、医師とどう付き合うか?(佐竹直子:国立国際医療研究センター国府台病院)
  【特集6】抗うつ薬の適正な使用について 精神科の薬物療法に関するガイドラインが発表されています。(野口正行:岡山県精神保健福祉センター)
  【特集7】抗不安薬・睡眠薬の適正な使用について お医者さんや薬剤師さんと相談しながら、よりよい処方を目指しましょう!(渡邉真里子:ちはやACTクリニック)
  【特集8】気分安定薬の適正な使用について 双極性障害治療薬の正しいのみ方について(鈴木映二:国際医療福祉大学熱海病院)
  【特集9】奇跡のようなネット情報を見つけたら、、、 各々の情報の信頼性には非常なばらつきがあります。(大石豊:おおいしクリニック)

   ★「こころの元気+」最新号の情報・お申込みははこちらから
   → http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
━━━━━━━━━━━━━━
  新連載がスタート!
━━━━━━━━━━━━━━
 ◎私のビョーキはトリプル◎
  ウツ歴9年の漫画家稲垣みさおさんとその家族の奮闘記!いわく、「現在進行形・自分取材漫画」の、はじまり、はじまり。
 ◎家族のストーリー◎
  精神疾患を持つ人にとって、家族の関わり方や気持ちのあり方はとても大切なことです。この連載では、家族のみなさんの体験をお伝えしていきます。第1回は、岐阜県のお母さんのストーリーです。普通の毎日が「超幸せ」と思えるようになったきっかけとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  表紙モデルインタビュー(動画)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今月のモデルはどんな人?
  → http://www.comhbo.net/online/interview/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  《予告!》 4月号に付録冊子がつきます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 コンボ賛助会員の方には、4月号に「障害者雇用」の制度を使って働くためのガイドブックが付録としてついてきます。(A5版29頁)「働いてみたい」、「仕事に戻りたい」と思ったら、この冊子を読んで一歩を踏み出してください。お楽しみに!
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  ≪ご存知ですか?≫
  リカバリー全国フォーラム2013
       開催レポートがウェブサイトにアップされています
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 さる2013年8月に開催したリカバリー全国フォーラム2013の開催レポートが、フォーラム公式サイトにアップされています。ぜひご覧ください。(注:レポートは企画ごとに、PDFで掲載しています)
    ☆リカバリー全国フォーラム公式サイト
    → http://recoveryforum.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   Tシャツ募金にご協力いただいた皆様へ
   ~フォーラム開催レポート(冊子)進呈します~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 フォーラム2013では、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアからアーミー・マウラさんを招へいし、当事者の自主的な意思決定が反映されるしくみづくりについて、また、そこにいたる経験についてお話いただきました。そのマウラさん招へい費用ねん出のため、「Tシャツを買ってマウラさんを呼ぼう!」募金キャンペーンを行いました。たくさんの皆様にご協力いただき、無事マウラさんの来日をかなえることができました。このたび、フォーラムウェブサイトにアップした開催レポートを冊子にまとめ、ご協力いただいた皆様に進呈することにいたしました。下記の要領でお申込みください。
○対象:「Tシャツを買ってマウラさんを呼ぼう!」募金でTシャツをご購入いただいた方 
○申込方法:件名を「リカバリーフォーラム開催レポート希望」としていただき、以下を明記のうえ、コンボ内リカバリーフォーラム事務局までお申込みください。(メール、ファックス、電話)
   (1)お名前(ふりがなも)
   (2)送付先(郵便番号&ご住所)
   (3)電話番号
   (4)何KのTシャツを購入したか(Tシャツの裾近くにプリントされています)
○申込先:
   メール: RF@comhbo.net
   電話: 047-320-3870
   ファックス: 047-320-3871
   ※送料は無料です。
   ※おひとり様1冊にかぎらせていただきます。
   ※申込受付期間:本日より2014年4月30日まで。
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●●~●~●~●
  ≪申込締切延長!≫
  第10回精神障害者自立支援活動賞(リリー賞)表彰式
             &「こころの元気+」セミナー
●~●~●~●~●~●~●~●~~●~●~●~●~●~●
 事前申込の締切を、3/10(月)まで延長しました。ふるってご参加ください。
    ☆詳細はコンボのHPから(申込方法ほか)
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20140319.html
    ☆受賞者紹介
    → http://www.comhbo.net/new/report/report_20140221.html
   【日時】2014年3月19日(水)13:00~16:30 (12:30会場)
   【会場】ベルサール八重洲 2階A・B・C会議室
       (東京都中央区八重洲1-3-7八重洲ファーストフィナンシャルビル2F)
   【参加費】無料   
●~●~●~●~●~●~●
  コンボ★イベント
  最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●
◎PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)◎
    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20140217.html
    【PNPP in 鹿児島】
      ●日時:2014年3月23日(日)
      ●会場:鹿児島市精神保健福祉交流センター「はーと・ぱーく」 多目的室(鹿児島市鴨池2-22-18)
      ●チラシのダウンロードはこちらから
      → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/pnpp_kagoshima.pdf
    【PNPP in 秋田】
      ●日時:2014年3月26日(水)13:00 ~ 16:00(12:30受付開始)
      ●会場:横手市交流センター「Y2(わいわい)プラザ」 研修室3(横手市駅前町1番21号)
      ●チラシのダウンロードはこちらから
      → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/pnpp_akita.pdf
◎こんぼ亭第18回月例会:振替公演◎
   『新しい治療方法をめぐる冒険~統合失調症の研究はドラマに満ちている~』
   【日時】2014年4月5日(土) ※2013年10/26の振替公演です
   【会場】荏原文化センター(東京都品川区中延1-9-15)
   【出演】糸川昌成(東京都医学総合研究所)、島本禎子(杉並家族会)、ほか
    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20131210.html
    ☆コンボの書籍・DVDなど、ブースにてご覧ください!
○=====================○
  ◎コンボの活動にご協力をお願いします◎
○=====================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=cart&sid=1
 【寄付を通じて】
    → http://www.comhbo.net/main/content003.html
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2014-03-06 22:53 | 薬物療法 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:アンケートにご協力お願いいたします~薬の処方について

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。皆様、よいお正月をすごされましたでしょうか。2014年あけて最初のコンボお知らせメール便をお届けします。本日は「こころの元気+」編集部より、アンケートのお願い、他イベント情報などです。
★HEADLINES★
(1) 「薬の処方について」のアンケートにご協力ください
(2)  コンボ後援イベント:NHKフォーラム『統合失調症を生きる』(京都&盛岡)
(3)  コンボイベント最新情報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  薬の処方のことに関するアンケートにご協力を!
  2014年3月号特集「薬を正しく処方してほしい」
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 コンボの丹羽です。皆様いつもお世話になっております。あけましておめでとうございます。新しい年を迎え、皆さまも気持ちを新たにしていらっしゃることと存じます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、コンボが発行をしております「こころの元気+」から皆様へのお願いです。「こころの元気+」3月号では、「薬を正しく処方してほしい」という特集を企画しております。
 薬はお医者さんが処方してくれます。だから、薬をのむ側にとってみれば、適切な処方をしてくれることを信じて服薬をします。とはいえ、薬の量や種類が多すぎるのではないか、そのせいで副作用が必要以上に増えているのではないか、ということが現在問題になっています。
 「こころの元気+」2014年3月号は、少しでも自分にあった処方に近づくためにどうすればよいかを一緒に考える特集ですが、その特集のためのアンケートです。みなさま、ぜひご協力ください。よろしくお願いいたします。
 なお、このアンケート結果は、3月号にて公表いたしますので、ぜひご覧下さい。
 ≪ご注意:コンボライターの皆さまへ≫
 コンボライターの方で、すでにこのアンケートにご回答くださった方は、回答をしていただかなくて結構です。
【アンケートに答える方法】
 (1) http://enq-maker.com/b7Ws60q ←ここをクリックしてください。
 (2) そうするとインターネット上にアンケート頁が立ち上がりますので、アンケートにお答えください。
 (3) アンケート頁の右側に、いろいろな企業広告があるときは無視してください
   →企業広告をクリックすると全く別のサイトが立ち上がってしまうことがあります。
 (4) もし、上記をクリックしてもアンケート頁が立ち上がらない場合は、インターネットを立ち上げて、http://enq-maker.com/b7Ws60q をコピーし、それをURL欄に貼り付けてくだされば、たちあがります。
 (5) それでもアンケート頁が立ち上がらない場合は、インターネットを立ち上げて、「アンケートツクレール」と検索します。すると、アンケートツクレールというサイトになります。左上にある「アンケートを検索」をクリック。「こころの元気+」と入力すると、「こころの元気+」2014年3月号 「薬の処方」についてのアンケート」という欄を見つけることができます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  アンケートの趣旨と回答していただきたい方は下記の通りです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【アンケートの回答期間】
  本日~1月15日(水)まで
 【アンケートの趣旨】
  「こころの元気+」3月号特集「薬を正しく処方してほしい」に掲載をするアンケート調査です。
 【アンケートに答えてほしい方は下記の方です】
  精神疾患を抱えている方
  (そのご家族や支援者の方の場合は、ご本人の意見を聞きながらお答えいただいても結構です)
 【ご注意】
  1人で2回以上回答はしないようにお願いいたします。
 ★皆様どうぞよろしくお願いいたします。
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
  ≪コンボ後援イベント≫
   ☆NHKエンタープライズ主催☆
   フォーラム『統合失調症を生きる』in 京都 & 盛岡
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 このフォーラムは、病気についての正しい知識や、生活をしていくうえで役に立つ様々な情報を専門分野の方々(当事者、家族、医療従事者など)がわかりやすく紹介し、ひとりでも多くの方に希望をお届けできるような催しを目指しています。今年度は京都市および盛岡市での開催になります。みなさまのお申し込み、ご来場を心よりお待ちしております。
 ◎お申し込み方法など詳細はこちらのホームページから
  ■京都会場 →  http://www.forum-nep.com/tougou/kyoto.html
  ■盛岡会場 →  http://www.forum-nep.com/tougou/morioka.html
 【開催概要】
  ■ 京都会場:2月22日(土) @京都劇場
  ■ 盛岡会場:3月9日(日) @盛岡市民文化ホール 大ホール
  ● 時間:[開場]12時30分 [開演]13時 [終演]15時30分 予定(途中休憩あり)
  ● 定員:先着700人(事前の申し込みが必要。先着順、定員になり次第締め切り)
  ● 参加費:無料
  【お問い合せ】
  NHKエンタープライズ「統合失調症フォーラム」係
  電話 03-3466-0275 (平日の10時~17時)
  URL:http://www.forum-nep.com/tougou/
●~●~●~●~●~●~●
  コンボ★イベント
  最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●
◎こんぼ亭第20回月例会◎
   『精神科医療の未来を本気で語る』~新春企画:初夢放談!~
   【日時】2014年1月25日(土)
   【会場】北とぴあ(東京都北区王子1-11-1)
   【出演】池淵恵美(帝京大学教授)、大野裕(国立精神・神経医療研究センター)、加藤忠史(理化学研究所)
    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20131210.html
    ☆コンボの書籍・DVDなど、ブースにてご覧ください!
◎2013年度第2回
『学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムインストラクター養成研修会』◎
   【日時】2014年2月9日(日)
   【会場】日本社会事業大学文京キャンパス(東京都文京区小石川5-10-12)
    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20140209.html
◎こんぼ亭第21回月例会◎
   『本人が望まない入院はどうあるべきか~保護者制度の廃止と医療保護入院~』
   【日時】2014年2月22日(土)
   【会場】かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール(東京都葛飾区立石6-33-1)
   【出演】池原毅和(弁護士)、野村忠良(東京都精神障害者家族会連合会「東京つくし会」)、宇田川健(NPO法人コンボ)
    ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします
    ☆コンボの書籍・DVDなど、ブースにてご覧ください!
◎こんぼ亭第18回月例会:振替公演◎
   『新しい治療方法をめぐる冒険~統合失調症の研究はドラマに満ちている~』
   【日時】2014年4月5日(土) ※2013年10/26の振替公演です
   【会場】荏原文化センター(東京都品川区中延1-9-15)
   【出演】糸川昌成(東京都医学総合研究所)、島本禎子(杉並家族会)、ほか
    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20131210.html
    ☆コンボの書籍・DVDなど、ブースにてご覧ください!
○===============================○
  ◎コンボの活動にご協力をお願いします◎
○===============================○
  さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、賛助会員の皆様からの会費に支えられています。ぜひ会員になっていただき、コンボの活動にご協力のほど、よろしくお願いいたします。
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆会員の方は、コンボ主催の各種イベントが割引になります。また、情報提供誌「こころの元気+」を毎月1冊ずつ1年間(計12冊)お届けします。
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから(お電話、ファックス、郵送でも受付けています)
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2014-01-08 19:20 | 薬物療法 | Trackback | Comments(0)
向精神病薬を正しく理解していますか…薬物治療に不安や疑問を持っていませんか?
第1部 こころのお薬Q&A集

Q.44:他の薬を処方してほしいと医師にお願いしてもいいのでしょうか?


A.医師に薬の話をする場合、相手は医療の専門家なので、多くの人は大変緊張し、身構えてしまうことと思います。ましてや他の薬を処方してほしいという話は非常に言い出しにくいことだと思います。しかし、薬を処方することは医師にしかできませんので、他の薬に変えてもらうには話をするしかありません。では、一体どのように話をすればいいのでしょう?
 話のきっかけとして、以下に示すような質問を医師にしてみてはどうでしょう。あるいは、他の薬を処方してほしいと考える原因になった問題を医師に伝えるのも、よい方法だと思います。
〈今服用している薬では、○○○といった症状(副作用)で困っています。他の薬で、もう少し楽になる可能性はありませんか?〉
〈今の薬を服用し始めて△△△経ちますが、まだ症状がかなりあります。他の薬を試してみてはどうかと思いますが、先生はどう思いますか?〉
 このようなことをきっかけに話をはじめ、医師と一緒に結論を導き出すことが大切です。その場合、同時にその時の自分の病気の状態や生活の状況についても、医師に伝える必要があります。なぜならその症状や副作用が、どの程度、日常生活に影響を及ぼしているのかを知らせる必要があるからです。また、医師の方にもあなたに伝えなければならないことがあると思いますので、注意して聞いてください。医師は、あなたが考えつかなかったことを知っているかもしれませんし、あるいはあなたが思いもつかなかったことを心配しているかもしれません。お互いによく理解し合って治療を進めていくことが、とても大切だと思います。
 例として、統合失調症でのスイッチングの場合を考えてみたいと思います。
 統合失調症の薬物治療は、現在、従来型の抗精神病薬から新規抗精神病薬へと変わりつつあります。新規抗精神病薬は、従来型抗精神病薬と比べて効果は同等以上であり、かつ、手指が震える、呂律が回らないといった錐体外路症状が少ないといった特徴を有しています。副作用で困っている場合、あるいは効果が実感できない場合などは、上記のように話すことでスイッチングについて医師と一緒に検討出来れば、きっと実りは大きいものになると思います。何よりあなた自身が治療に対して積極的になるでしょうし、そうなることで服薬することの意義も感じられるようになります。すなわち、アドヒアランスの向上に繋がるということです。今より少しでもよくなりたいという気持ちを持ち続けることが、何にも増して大切なことだと思います。

星和書店「こころのりんしょう a・la・carte」Vol.27 No.3(2008年9月)
by open-to-love | 2009-08-24 20:28 | 薬物療法 | Trackback | Comments(0)
向精神病薬を正しく理解していますか…薬物治療に不安や疑問を持っていませんか?
第1部 こころのお薬Q&A集

Q.46:医師からいい薬だからと言われて飲んで効かないとき、効かないと言っても医師は気分を損ねないでしょうか?

A.大丈夫です。
 お薬を飲んでいるのは、患者さんです。飲んだ感触を医師に伝えることは、とても大事なことです。しっかりと、医師に伝えましょう。ただ、漠然と薬が効かないと言っても医師には伝わりにくいことがあります。そこで大事なポイントがいくつかあります。
 まず、改善したい症状に対して、どの程度の効果が感じられているか具体的に説明しましょう。たとえば、睡眠の薬であれば、「薬をのんでもまったく眠れない」とか、「寝つきは良いが、2〜3時間で起きてしまう」とか、抗うつ薬であれば、「本を読んでも頭にはいらない」「好きなテレビを見ても楽しくない」「家事ができない」とか。また、そのことで、どの程度困っているのか、もしくは辛いのかも伝えましょう。
 次に、大事なことは、抗不安薬や睡眠薬は、割と早く効き目の判定をすることができますが、抗精神病薬や抗うつ薬は、効果発現に時間が必要で、効果の判定がすぐにはできないということを理解しましょう。また、その患者さんに合う薬、合う用量を見つけるための時間も必要です。そこで大事なのは、病気の治療経過を理解し、現在の治療段階がどの段階にあるのかを、医師や薬剤師の説明を聞き、よく理解しておくことです。
 たとえば、うつ病の治療中であれば、抗うつ薬を飲み始めて、うつ症状が改善するまで、4〜6週間かかります。そして、良くなった状態を維持できるまでに、さらに約6カ月程度維持療法(良くなった時と同量の薬を飲み続けます)が必要です。はじめの4〜6週間で、症状が良くなったからといって薬をやめてしまうと再発する可能性があります。治療には、時間が必要ですが、きちんと治療すれば、しっかりと良くなります。自分が今どの段階にいるか、よく理解しておきましょう。


星和書店「こころのりんしょう a・la・carte」Vol.27 No.3(2008年9月)
by open-to-love | 2009-08-24 20:14 | 薬物療法 | Trackback | Comments(0)