精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:第11回例会:もりここ( 7 )

第11回盛岡ハートネット例会・上田先生講演「心の病とお薬」…㊦



a0103650_23472716.jpg

a0103650_23474152.jpg

a0103650_23475413.jpg

a0103650_23481547.jpg

a0103650_23482952.jpg

a0103650_23484653.jpg

a0103650_2349460.jpg

a0103650_23492023.jpg

a0103650_23493792.jpg

a0103650_23495568.jpg

a0103650_23501212.jpg

a0103650_23502665.jpg

a0103650_2350401.jpg

a0103650_23505855.jpg

a0103650_23511930.jpg

a0103650_23513822.jpg

a0103650_23515569.jpg

a0103650_23521179.jpg

a0103650_23522619.jpg

a0103650_2352516.jpg

a0103650_2353734.jpg

a0103650_23532689.jpg

a0103650_23534472.jpg

a0103650_23535850.jpg

a0103650_23541314.jpg

by open-to-love | 2009-08-27 23:55 | 第11回例会:もりここ | Trackback | Comments(0)
第11回盛岡ハートネット例会・上田先生講演「心の病とお薬」…㊤

a0103650_23335185.jpg

a0103650_2334668.jpg

a0103650_23342073.jpg

a0103650_23343215.jpg

a0103650_23344547.jpg

a0103650_2335084.jpg

a0103650_23352294.jpg

a0103650_23355167.jpg

a0103650_2336261.jpg

a0103650_23361380.jpg

a0103650_23362641.jpg

a0103650_23363990.jpg

a0103650_23365672.jpg

a0103650_2337858.jpg

a0103650_23372637.jpg

a0103650_23374790.jpg

a0103650_2338349.jpg

a0103650_23384059.jpg

a0103650_23385715.jpg

a0103650_23391227.jpg

a0103650_23392987.jpg

a0103650_23394568.jpg

a0103650_234023.jpg

a0103650_23401957.jpg

a0103650_23404120.jpg

a0103650_234103.jpg

a0103650_23451212.jpg

by open-to-love | 2009-08-27 23:42 | 第11回例会:もりここ | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第11回例会「心の病の薬を学ぼう」アンケート集計
(2009年8月26日午後1時30分~4時、もりおか心のクリニックデイケアルーム)

参加者      80人
アンケート回答者 33人

Q.年齢
10代 1人
20代 3人
30代 9人
40代 4人
50代 9人
60代 5人
70代 2人

Q.性別
男 10人
女 23人

Q.お住まい
盛岡市  19人
滝沢村   4人
矢巾町   1人
紫波町   1人
花巻市   4人
一関市   1人
陸前高田市 2人
二戸市   1人
岩手町   1人

Q.ご職業 主婦、訪問ヘルパー、大学生、介護士、アルバイト、教師、主婦、年金暮らし、会社員、多機能事業所はあとすぽっと就労継続支援B型施設外就労支援員、無職、パート、治療中、露天商(ピーコック)、会社員(製薬会社)、専門学生

Q.あなたは①「当事者(心の病を抱える人)」②「家族(当事者のご家族、きょうだい、親戚)」③「関係者(行政や支援機関職員、相談員、カウンセラー、作業所スタッフ、精神保健・傾聴ボランティアなどなど)」④「いわゆる市民(当事者でも家族でも関係者でもない方)」のうち、どこになりますか?

①当事者 10人
所属当事者会 心の病と共に生きる仲間達連合会キララ1人
当事者会に入ってない 9人

②家 族 10人
所属家族会 かっこうの会2人、花巻あけぼの会1人、花巻市やまなみの会、かわさき虹の会1人、盛岡ハートネット1人
家族会に入っていない 4人

③関係機関 10人
所属先 以前相談員・現在カウンセラーを目指し盛岡市の精神保健講座受講中、県立大看護学部4年精神看護学研究室、矢巾町精神保健ボランティア、岩手県男女共同参画センター、盛岡市保健所、ちょぼらinもりおか、多機能事業所はあとすぽっと、盛岡市役所、盛岡社会福祉専門学校

④いわゆる市民 5人

質問1:上田均先生「心の病のお薬について」はいかがでしたか?

◆とても分かりやすかったです。ぜひ今度受診しようと思います。
◆分かりやすくて具体的な薬の効用が良く分かった。
◆勉強になりました。自殺予防にかかわっていますが、ボランティアの方で活用させていただきます。
◆心の病の治療にも、薬理効果のあるものを積極的に取り入れる為に正しい医療の知識が必要だと強く感じた。私自身はPSW資格を目指して勉強中なのだが、福祉と医療の連携が上手く取れるように、医療に関する事ももっと学びたいと思った。
◆薬や病気について専門的な話が多く、聞いていてたのしかった。
◆家族が他医院を受診していますが、症状を訴えると(主に眠れない)どんどん薬が増えていき、15種類ぐらい内服しています。診察時間は非常に短く(4~5分)、服薬のみ多くなっており、不安に思い受講しました。患者が多く医師が一杯一杯で、本当に一人の患者と向き合っている暇などない、薬を処方するのが精一杯という現状だと思います。
◆日に日に無気力になり無表情になっていく子どもに対応しきれずにとまどっています。どのように関わればいいのか。希望を取り戻したいです。
◆本人が、日常、いろんな苦労をしていたのだと勉強になりました。
◆病気のこと、薬のことについて、分かりやすい説明で非常に良かったです。
◆総合的に解説して頂き、関連性を意識しながら理解することができました。
◆抗不安薬が内科でも処方される薬なのに、依存性があるという話が驚いた。睡眠薬をあまり出さないという話も、飲むのが普通だと思っていたのでびっくりした。
◆精神科の薬の副作用を止めてもらいたい。
◆精神疾患になって、死ぬ迄薬を飲んでもいいと思う人と、死ぬ迄は飲みたくないという人といます。死ぬ迄飲みたくない人は途中でも止められるようなシステムになったらいいと思います。精神科止めても生きていけるもう一つの道があるといいと思う。
◆病院開設時の頃、講演を聞いた。今回さらにくわしく理解できた。
◆うつについて分かりやすくお話していただけたので少し理解できたような気がする。統合失調症についても分かった気がする。
◆大変勉強になりました。
◆心の病を理解する…偏見は知識不足からといわれますから、まさにその通りと思います。薬の知識、さまざまな知識があることで安心、不安を取り除きます。
◆よかったと思います。
◆あらためて「精神薬の意味」を考えました。
◆今飲んでいる薬がアスペルガー障害に有効か?
◆個人的な意見で薬の量を変えていけないという事、改めて学びました。
◆薬に対してだいたい?分かったような気がする。薬に対してもう少し気を付けたい。先生を信用して飲んでます。
◆とても分かりやすかった。当事者(子)が参加できる日が来るように努力したい。
◆大変、病気と薬の関係が分かりやすくまとめて頂いており、あらためて勉強になりました。
◆ちょっと難しいところもありましたが、聞いてよかったです。
◆質疑応答にも丁寧に答えていただき、わかりやすかった。
◆大変勉強になりました。
◆分かりやすくためになった。
◆いつも患者さんの立場でのお話で分かりやすく聞いて安心できるだろうな、といつも感じています。今回も分かりやすいお話、ありがとうございました。
◆日米比較の新薬採用を聞いて、日本の医師の方々や厚労省も、よく学び、採用してほしい。
◆新しい知識の他に、誤解を正される勉強ができました。お話とても判り易かったです。
◆うつ病、統合失調症の症状のことは軽く学ぶことがありましたが薬に関して学ぶことはなかったのでとても良い勉強になりました。

質問2:高橋政代先生「服用する人、病気を支える人にとっての薬物療法」はいかがでしたか?

◆この病気は本人が自覚!がまずスタート。自分で自分の病気をしっかり納得し、薬を飲む。良く分かりました。
◆本人が自分の病気を理解する事は非常に重要であると思う。本人が病気を受け入れられない為に治療が進まないという事実はあると思うので、病気を理解することは大事だと思う。
◆前向きにお薬を飲むという考え方はわかり、そうだと思うのですが、質問の女性の方が、一生飲み続けるのかと不安を持つのもそうだなと思ってしまいました。
◆看護側からの視点で分かりやすく、聞いていて納得できた。
◆発想の転換のお話を聞いて、とっても勇気が出ました。
◆短い話でありましたが、明確で分かりやすい話で良かったです。
◆簡潔ながら、なかなか変容できない心理状況をシンプルに明示して頂き、とてもわかり易かったです。
◆よくわかります。
◆前向きな、自分主体の投薬、治療を考えて行く必要性を強く感じました。
◆大変わかりやすかった。
◆自分ときちんと向き合って病気とちゃんと向き合いたいと思いました。
◆本人が主体となるようにあまり口出しせずに。
◆ポイントがしぼられたお話ありがとうございました。
◆当事者として全くその通りだなあと思いました。
◆簡潔でわかりやすかったです。
◆参考になりました。今後実行していきたいと思います。
◆「本人の為」というメッセージが強く印象に残りました。
◆処方された薬を飲む人をサポートできる様にネットワークを強化してほしい。
◆先生の熱意が伝わるお話でした。もっと話して欲しかったです。
◆病気を知ることが、スタートだと、あたりまえのことのようでそこがまず初めの原点だと知ることができました。

質問3:上田&高橋先生へのメッセージ、精神保健医療福祉への要望や期待、ハートネットの例会テーマにこんなことを取り上げてほしい! など、何でもお書き下さい。

◆精神関係の医院は医師と話し合うのが初回から数回だけで、3回目くらいから薬の効能・効果の説明と効き具合を聞くだけで終わってしまう。カウンセラーとか話を聞いてくれる人がいてくれればと思う。又病院に行く前に不安や敷居の高さを感じているので精神病系の相談室やカウンセラー室を、上田先生専属(直通)を作って下さい。
◆ボランティアで精神?の方の電話を受けることがあり、対応が難しい。
◆せっかくの例会になかなか行けなくて、今日は来られてよかったです。
◆また来たいです。
◆院長先生、お腹が少し…生活習慣病に気を付けていただきたいと思いました。
◆一人の人間(社会人)として社会的にも認める社会でありたい。
◆今回強く訴えた女性のような自由な意見の交換会などで、自分の考えの「固まり」をやわらげていけないものかと思いました。「障害を障害だと思う事が最大の障害」な~んてね(笑)。
◆マイケル・ジャクソンの例についてはどう考えますか? 薬物依存と精神状態、宗教と精神状態、自律神経異常と薬物対応、睡眠障害と運動療法。先生との協調性を失っている。
◆先生方、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。とりあげてほしいテーマは、病気を抱えて働くという事などについて。
◆今回の例会、質問タイムがたくさんあったので満足できました。
◆分かっていると思われる、何気ない疑問もテーマにしてほしい(医学用語とか)。
◆上田先生のところに後日相談にうかがいたいと思っています。
◆製薬会社として出来るだけご協力できることはやっていきたいと考えています。又こういった機会を活かして自分自身の勉強にしたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。
◆先生方やスタッフの皆さん、おつかれ様でした。ありがとうございました。
◆今回、初めてこのような会に参加させて頂きました。実際の精神科へ受診されている方の心の声を聞く事が出来て実際の心の内を知る事が出来、今までにない刺激を受ける事が出来ました。将来、精神障害者の在宅復帰の為の支援に携わりたいと思っているので、まだ学びはスタートしていませんが、これから頑張りたいと思います。
by open-to-love | 2009-08-27 02:17 | 第11回例会:もりここ | Trackback(1) | Comments(0)
盛岡ハートネット第11回例会「心の病のお薬を学ぼう」収支報告

2009年8月26日(水)午後1時30分~午後4時、もりおか心のクリニック

【講師】上田均・高橋政代先生

【内容】上田先生講演「心の病とお薬」
    高橋先生講演「当事者や家族が薬とどのようにかかわっていくか」
    質疑応答

【参加者数】80人

【ひとこと】今回も多くの方に参加いただき、ありがとうございました。

♡収支報告

【収入】23700円
内訳
参加費300円×参加人数(若干計算合わないのは気にしない!)

【支出】17811円
内訳
郵便代:8890円(例会案内郵送代)
封筒代:396円(ホーマック)
資料コピー代:3800円(ファミリーマート)
講師記念品代:4725円(生そば3150円=直利庵、うどん1575円=中三)

【差し引き】5889円

【第10回例会からの持ち越し】7431円

【さらに合計すると…ハートネットのトータル収支】13320円

【事務局より】
前回に続き、黒字をキープ。多くの方々に、切手などカンパしていただいたおかげです。ありがとうございました。
アンケートのタイトルの文言、本来「『心の病のお薬を学ぼう』アンケート」となるところ、間違ってしまいました。失礼しました。ちょっと疲れてるかも…。
by open-to-love | 2009-08-26 22:28 | 第11回例会:もりここ | Trackback | Comments(0)
「当事者や家族が薬とどのようにかかわっていくか」
(第11回盛岡ハートネット例会 高橋政代先生の講演資料)
a0103650_21372671.jpg

a0103650_21373963.jpg

a0103650_21375082.jpg

a0103650_2138255.jpg

a0103650_21381330.jpg

a0103650_21382515.jpg


第11回盛岡ハートネット例会

日時:8月26日(水)13:30〜16:00(開場は13:00)

会場:もりおか心のクリニック
(盛岡市本宮字宮沢55―5、盛岡市立病院のむかい)

テーマ:心の病のお薬を学ぼう

講師:上田均院長・高橋政代副院長

タイムスケジュール
13:00 開場
13:30〜13:35 事務局より一言
13:35〜14:30
上田先生の講演「心の病のお薬について」
14:40〜15:00
高橋先生の講演「当事者や家族が薬とどのようにかかわっていくか」
15:00〜15:50 質問タイム
16:00 閉会、後片付け

参加費:300円(お金のない人は0円)
事前申し込み:不要。いきなり会場へどうぞ。
参加資格:なし。関心ある方どなたでもどうぞ。
注意:駐車スペースに限りがあります。なるべく最寄りの公共交通機関をご利用下さい。

盛岡ハートネットの問い合わせ:事務局・黒田大介
携帯=090・2883・9043
パソコン:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
携帯:opentolove@ezweb.ne.jp

※じゃ、みなさん、もりここでお会いしましょう!(黒)
by open-to-love | 2009-08-25 21:38 | 第11回例会:もりここ | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第11回例会「心のお薬を学ぼう」

 チラシもできました。
 みなさん、ぜひ来てくださいね。

a0103650_14593064.jpg

by open-to-love | 2009-08-07 14:59 | 第11回例会:もりここ | Trackback | Comments(0)
精神障害を抱える当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク
盛岡ハートネット 第11回例会
「心の病のお薬を学ぼう」

日時:2009年8月26日午後1時30分~午後4時(開場午後1時)
会場:もりおか心のクリニック(もりここ) デイケアルーム
(盛岡市本宮字宮沢55-5 ☎019-613-6677)
講師:上田均院長・高橋政代副院長

 第11回例会は「盛岡ハートネットinもりここ」第2弾。講師は、昨年6月の第5回例会で日本の精神医療における多剤大量処方の現状について感銘深いお話をいただいた、もりおか心のクリニック院長の上田均先生と、副院長の高橋政代先生です。今回のテーマは「心の病のお薬」。上田先生には、統合失調症やうつ病に限らず、躁うつ病、適応障害、社会不安障害、境界性パーソナリティ障害などさまざまな心の病について、薬物治療の観点からお話いただきます。高橋先生は、看護師としての豊富な経験をベースに、当事者や家族が薬とどのようにかかわっていくかのお話。どうして薬を飲まなくちゃならないの? 自分が飲んでる薬、本当にこれでいいのかな? 薬は一生飲まなくちゃないの? 睡眠薬って常習性あるの? といった素朴な疑問から、インフォームドコンセント、アカシジアなどの副作用、薬の切り替え、OD(大量服薬)を防ぐため周囲が心掛けるべきポイントなど、薬にまつわるさまざまな話は、当事者や家族のスキルアップはもちろん、相談現場の担当者にも、心の病に関心のある一般の方にもためになることでしょう。ちなみに、会場のもりここは、精神病院らしからぬ(?)明るい雰囲気。精神病院や精神医療に対する暗いイメージが一変すること、請け合いです。みなさん来てくださいね。

【タイムスケジュール】
13:00 開場
13:30~13:35 事務局より一言
13:35~14:30 上田均先生の講演「心の病のお薬について」
14:30~14:40 休憩
14:40~15:00 高橋政代先生の講演
「服用する人、病気を支える人にとっての薬物療法」
15:00~15:50 質問タイム&記念品贈呈
16:00 閉会・後片づけ

【参加費】300円(お金のない人0円)
【事前申し込み】不要。いきなり会場へどうぞ
【参加資格】なし。関心ある方どなたでもどうぞ
【注意】駐車スペースに限りがあります。なるべく最寄りの公共交通機関をご利用下さい

【問い合わせ】
盛岡ハートネット事務局 黒田大介
090-2883-9043
yukapyon@estate.ocn.ne.jp
by open-to-love | 2009-08-01 21:29 | 第11回例会:もりここ | Trackback | Comments(0)