精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:第7回例会:奥家連と交流( 4 )

盛岡ハートネット第7回例会「奥家連との交流会」アンケート
(2008年10月8日 県立博物館内「喫茶ひだまり」)

※今回は、いつものように講師をお招きせず、交流会のみだったこともあり、設問の趣向をちょっと変えてみました。いつものごとく、時間が押してしまい、アンケートを書く時間が設けられず…。奥州市からお越しのみなさんには、後日取りまとめて送っていただくことになり、本日(10月25日)、ごっそり送っていただきました。しかも、沢山書き込んでいただき、ご協力どうもありがとうございました。

年齢
 30歳代1人
 40歳代6人
 50歳代8人
 60歳代5人
 70歳代1人
 80歳代1人

性別
 男 12人
 女 10人

お住まい
 盛岡市 3人
 奥州市 19人
 それ以外 滝沢村1人

職業
 作業所通所 1人
 無職 4人
 パート 1人
 農業 2人
 作業所職員 2人
 林業 1人
 ひまわりの家 2人


質問1:病気、生活、人間関係、将来…あなたが困ってることは何ですか?
 ○息子の病気がよく分からない。日々の接し方がよいのかどうか。ゆっくり待つだけで良いのかどうか。
 ○自立支援法ができても、三障害共同の支援が同じでないこと。精神の方のみ差別であること。
 ○うつ状態になる時がある。
 ○精神薬の副作用で胃が痛くなることがあるが飲まなければならないのがつらい。人間関係では自宅に親しい友人達がこないこと。現在市内のDC(デイケア)に通っているがスタッフがあまり私の病気に理解していない。
 ○親亡き後
 ○当事者である息子の状態が不安定なとき、共に悩んでしまう。自分が亡き後、ひとりでしっかり生きてゆけるだろうか。結婚のことを常に考えているようだが相手が居ない。
 ○自分の病気の事、私が亡き後。
 ○今は、生活面は、年齢的に、程々。強いて言えば、体力のおとろえが心配。
 ○年金の事。
 ○病気。
 ○家族のケガ。
 ○おとうとが仕事しないで困っている。
 ○メンバーの高齢化によりどのような選択肢があるのか考えていく必要があり、又、家族会も高齢化しているのでその点について。親亡き後のことを心配している親もいる。
 ○私が亡くなった後の娘の将来。
 ○現在は生活費援助を月々も行っているので、両親共に高齢なので年金からなので老齢後が心配。
 ○当事者の体調が安定しないのが気になっている。体重が増えて来てる。
 ○当事者に対する社会教育を一歩進めたいのだが?
 ○人間関係です。言いたいことが言えない。
 ○病気。コレステロールが高いので食事に気をつけないといけないこと。
 ○生活。何をしたらよいのかわからないが、本やテレビをみている。
 ○将来。家族が死んだら一人になるのでそれが困る。
 ○足が痛い。
 ○病気の事。
 ○将来一人になったらどうしようかと。問題は生活費です。ですから早く就職してお金を貯めたい。
 ○統合失調症で苦しんでいる。
 ○病気と生活。
 ○病気、金の面。
 ○今の所はないです。

質問2:そんなあなたは、どんなときに幸せを感じますか?
 ○統合失調症他精神に障害をもつ人の業績、才能、活躍しているというニュースを耳にした時。それらの人々が支援を受けて生活しているというニュースを耳にしたとき。
 ○なやみ事を聞いてもらっている時。
 ○妻と二人で自宅で食事の時と夜ねる前に二人で少し1日のことを話しするのが幸せと感じます。
 ○自分の心の友として人形(チビ太君)といるのが楽しい。
 ○参加出来る事。
 ○母が体調を崩した場合、真剣に対処してくれる息子がいる。息子は何か重大な?心配ごとがあっても比較的立ち直りが早い。性格的に共通点が多いので気分が楽である。 ○今のところ母自身の趣味活動に対して全面的に協力してくれる。
 ○何でも話してくれていると感じているとき。
 ○いろんな事に参加出来る事。
 ○主人の、協力が、もう少々、ほしい時に、アラと感じ、これで良いかな、と。本人も一人で生活してるんだな、と、それぞれに思いますので、一安心。
 ○1日が無事終わり、晩酌が出来る時かな。
 ○スポーツで汗を流せる時。
 ○皆んなと語り合いをしてコミュニケーションを取れて、自分の思いを話すことができたとき。
 ○みんなで楽しく何かをしている時。
 ○日常のおだやかなちょっとした時。
 ○ケンカしない時が幸せです。
 ○メンバーと一緒に楽しく作業が出来たとき、新しいメンバーを受け入れて少しずつ慣れていったとき。
 ○娘の病状の良い時。
 ○当事者と一緒になって大声で笑えるとき。
 ○人とお話をしているとき。
 ○家族が楽しいとき。
 ○友人関係又職員。
 ○毎週土曜日、趣味で出かける時、母がやさしく送り出してくれる事。
 ○母が年なのに、元気でいてくれる事。
 ○発作が治まった時。
 ○遊んでいるとき。
 ○給料をもらった時。
 ○楽しくすごしたりするのが幸せです。

質問3:例会の感想、ひだまりの印象など、何でもお書き下さい!
 ○初めて他市の方々と交流し、お話を伺うことができて良かった。すばらしい自然の中で、すばらしい施設で働ける事はいいですね。でも来店者が少ないようなので気がかりです。
 ○(ハートネット例会が)毎回、同じ体制でないことが新鮮です。
 ○とても楽しかったので、また、機会が有ったら参加したい。
 ○あすなろ会の家族は金の使い方。市内にある有名店にある。滝沢の親子さんと話したのは初めてです。
 ○初めて参加し、メンバーさんの自立にびっくりしました。
 ○水沢の場合、例会に出席する人が少ない。何とか、もっと魅力ある集まりにできないだろうか。「ひだまり」について当事者が大会で発表したのを聞いたことがあったが、実際に見て、合点ができた。すばらしいと思う。今回の交流会に際して、念入りなご準備、リーフレット等、よかったと感謝。マイクがあったらもっとよかった。
 ○ひだまりの人達、明るく対応していただきました。どうもありがとうございます。
 ○支援する人達の苦労とか、本人達の心なども見える時はもう少し手伝いたいなと考える事も沢山あり皆様の心の広さにかんどうして帰りました!
 ○よかった。
 ○ひだまりはキレイな職場だと思いました。
 ○博物館で刀の展示品を見ることができてよかった。
 ○ひだまりのメンバーさんがみんなしっかりしているのに感心しました。
 ○声がききとりにくかった。
 ○人のまえでしゃべるのがにがてで、利用者の人達がはっきりとわかりやすく言っていたのがうらやましかったです。
 ○ひだまりについて、職員の指導が大変でしたね。メンバーさんが生きがいをもって働けるのは力づよいと思いました。
 ○初めての参加でしたが、どこの親も私と同じ意見だなあと思いました。
 ○ひだまりのメンバーのひとりが自立出来た事。
 ○当事者とは思えない、客の応待が良く行き届いていた。
 ○楽しかった。
 ○自分自身の考え方に早く気付いた様な気持ちでいっぱいでした。
 ○登り坂と下り階段、たいへんだった。いい所だと思います。
 ○自分の為になった。
 ○りっぱなところだと思った。
 ○てきぱきと働き、こまかなことに気づいてよい。
 ○木工パネル。

質問4:今後、どんな講師のどんなお話が聞きたいですか?
 ○精神科医、作業療法士、ソーシャルワーカーなど。
 ○いろいろなサービスについてのお話が聞きたい。
 ○当事者の親との関係の場を今以上にふやしてほしい。又はそれについて話しをする講師がいれば話しをききたい。
 ○薬の現状と将来について。
 ○希望の持てる前向きになれる話が良いなあと思います。
 ○当事者に対する家族の接し方のお話が聞きたい。
 ○社会生活に入るのにどんな問題がありますか。
 ○あまり固い話はききたくない。
 ○成井クリニックの成井先生の講義を聞きたい。
 ○自分にあう先生。
 ○人生。
 ○いろんな楽しみだけです。
by open-to-love | 2008-10-24 23:59 | 第7回例会:奥家連と交流 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第7回例会(奥家連との交流会)収支報告

2008年10月8日(水)午後1時~午後3時半、県立博物館内「喫茶ひだまり」

参加者数:65人(奥州市からのご一行42人)

♡収支報告♡
【収入】0円
内訳 参加費無料(ひだまりでの飲食費は自己負担)=0円

※キララ主催「明るく生きる2008 こころのシンポジウム」(9月27日、一関市千厩)パネリストとして参加=謝金1万5000円(講師料、交通費)

【支出】7889円
 内訳 郵便代:6410円(ニュース郵送代、72通)
    封筒代:479円
    シンポジウム昼食代:1000円(阿部、山口)

【差し引き】7111円

【第6回交流会からの持ち越し】―501円

【さらに合計すると…ハートネットのトータルの収支】6610円

 【事務局より】前回例会のシンポジウム「こころとお金の悩み解決」でハートネットが有名になったのと、当日予想以上の参加者につき資料が足りなくなり、後日郵送した関係で、郵便物が大幅に増え、今回は計72通となりました。あと、封筒もなくなりました。
 なお、臨時収入としては、9月にキララ主催のシンポジウムでハートネットの取り組みを発表した際になんと1万5000円もの多額の謝金をいただいてしまいました。ありがたく受け取りました。そこで、ハートネット会計が一気に好転し、トータル収支で6610円の黒字となりました。なお、そんなわけで今回例会は参加費無料でしたが、6000円ちょっとの黒字はニュース郵送料で消えると思いますから、次回は数百円の参加費を取りますね。
 なお、これまでの領収書はすべて保管してあります。
 第7回例会と、キララのシンポのもようの詳細は、ハートネットニュースにて。アンケートは、奥家連のみなさんに書いていただく時間がとれなかったため、のちほど取りまとめて送ってもらうことにしました。よって、こちらもしばしお待ち下さい。
 ともあれ、奥家連のみなさん、遠路はるばるお疲れさまでした。(黒田)
by open-to-love | 2008-10-08 18:05 | 第7回例会:奥家連と交流 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第7回例会…奥家連との交流会
(2008年10月8日午後1時から 県立博物館内「喫茶ひだまり」)

司会進行:阿部稲子さん
①盛岡ハートネット、喫茶ひだまりの紹介
②奥家連(奥州市精神障害者家族会連合会)の紹介
③小グループでおしゃべり(テーマ「困ってること」「幸せなこと」)
④まとめ…後は、県立博物館で楽しもう!

盛岡ハートネットの紹介
 盛岡ハートネットは、家族主導による当事者、関係機関、市民巻き込み型のネットワークです。活動の特徴は、「開かれている」ということ。家族限定でも、家族と当事者限定でも、家族と当事者と関係者だけでもありません。誰が来てもいいのです。活動の柱は、例会です。ネットワーク成立の条件は、要するに「埋もれているニーズ」にほかなりません。

【代 表】いません
【事務局】阿部稲子さん、山口みどりさん、黒田の3人です
【会 則】なし。その代わりに「4つのルール」があります
♡代表は選びません。参加された皆さん一人ひとりが主役です
♡参加費の領収書は出しません。払うか払わないかは任意です
♡安心し楽しくおしゃべりしましょう。プライバシー厳守です
♡みんなで決めて、みんなの力でハートネットを育てましょう
【会員数】不明(例会のたびに来たい人が来ます)
【会 費】なし(例会のたびに実費数百円)
【活動場所】決まった場所はなし(あちこちに出没してます)
【参加資格】なし。誰でもどうぞ!
(主な参加者は家族ですが、徐々に当事者、関係者も増えてきました)
【活動ペース】2カ月に1回ぐらい
【活動内容】講師のお話&交流会の二本立て。シンポジウムもやりました
【情報発信】
◇リーフレット
◇ニュース(例会のもようを紹介。通巻6号。毎号100部程度発行)
◇ブログ「Open, to Love」http://opentolove.exblog.jp/
(開設は2007年4月、1日のアクセスは80件から140件ぐらい。08年10月7日正午現在、アクセス2万936件、記事数772件)
【岩家連との関係】微妙
【行政との関係】微妙
【目 的】まずは、まだつながれてない、独り悩み苦しんでいる人とつながること
【期 待】盛岡以外でも、いろんなネットワークが広がればいいな…

 ハートネットはどうして、こういうスタイルで活動しているのか?そこには、精神障害者家族会活動の現状と課題をなんとかしようという思いがあります。

○既存の家族会活動の課題
◇家族だけ、がそもそもおかしい。一番大変なのは当事者なのに
◇家族会に入っておらず、孤り苦しんでいる人と、なかなかつながることができない
◇各家族会単位で活動し、横のつながりがない
◇おしなべて高齢化、会員減。一方で、患者も家族も増えているのに…
◇代表(会長)が一度決まるとなかなか代わらず、高齢化し、後任が見つからない
◇統合失調症患者の家族ばっかり集まっている。精神疾患はさまざまなのに
◇これだけ情報化時代なのに、情報に巡り会えなかったり、振り回されている人が多い
◇社会との接点がまだまだ希薄
◇世の中の動きに呼応した活動になっていない
◇こうした課題を自覚しつつも、「お金がないとできない…」「行政にやってほしい」
「誰かがやってくれないかな」とかいう理由で、なかなか一歩が踏み出せないでいる

○関係機関の課題
◇行政、病院、支援事業所…関係機関はごまんとあるのに、意外と連携してない
◇従来の家族会活動とはかなりの距離があり、おそらくはニーズが見えずらかった

○社会全体の課題
◇まだまだ精神障害のこと、精神障害者や家族のことを知らない
◇だから、いざ発病したとき、早期発見・早期治療がなかなか難しい…
 
 …ってなわけで、課題はてんこもり。でも、座して待っていては世の中さっぱり変わりませんよね。ちょっとずつでも解決していくために、まずは一歩を踏みだそう!というわけで、ハートネットは誕生しました。間もなく1年になります。

○ハートネットは、どのように「開かれている」のか?
 私たちは、まだつながれていない当事者や家族、そして社会とつながるため、可能な限りその活動をオープンにして、みんなが参加しやすいよう間口を広げています。また、リーフレットとブログとニュースで情報発信。例会は、当事者や家族のエンパワーメントの場でありながら、一般の人も参加することで、社会に実情を知ってもらう場にもなっています。例会のテーマについては、参加者のアンケートや直接寄せられるニーズに基づき、設定しています。例会のもよう、収支報告、アンケート結果などは、プライバシーに差し支えない限り、そっくりそのままニュースやブログで公開してます。

 最後に。ハートネットのような、超ゆるゆる組織もあれば、奥家連のようにかっちりした組織もある。どちらがいいという比較の問題ではなく、それぞれの地域事情に応じたネットワーク(組織)がそれぞれの地域で活動すれば、ずいぶん世の中よくなるんじゃないのかな、と思います。圏域ごとに家族会の連携を図る動きは、今のところ盛岡と奥州だけ。形はともあれ、こうした取り組みが各地で始まればいいな、と願っています。(黒田大介)

 というわけで、みなさん、あす8日は奥州市から50人、スローキュアナチュラルハウス経由で喫茶ひだまりに到着します。盛岡のわたしたちは、午後1時ごろまで喫茶ひだまりに集合です。では、ひだまりでお会いしましょう。
by open-to-love | 2008-10-07 19:35 | 第7回例会:奥家連と交流 | Trackback | Comments(0)
※盛岡ハートネット第7回例会は、奥家連にとっては、「第5回奥州市精神障害者家族会連合会合同交流会(奥家連・盛岡ハートネット合同交流会)」という位置づけになります。そちらの実施要項も、参考まで。(黒)

第5回奥州市精神障害者家族会連合会合同交流会
(奥家連・盛岡ハートネット合同交流会のご案内)
1 目的
 精神障害者を持つ奥州市・金ケ崎町の家族が一同に参加し、当事者や家族の持っている悩みや、不安を出し合い意見交換を行う。又、各地区の作業所及び授産施設を見学して視野を広める。

2 実施主体など
(1)実施主体 奥州市精神障害者家族会連合会(奥家連)  地域活動支援センター友とぴあ        
(2)協力機関 奥州市・金ケ崎町 
          
3 開催日時及び開催地
(1)開催日時・場所
平成20年10月8日(水) 
盛岡スローキュアナチュラルハウス(自然食レストラン)見学
県立博物館内ひだまり昼食・見学・交流会場所
(2)日程
8:45 衣川保健福祉センター出発 
9:00 コスモスの家出発
9:15 アテルイ観光物産館(旧胆沢病院跡)出発
9:20 水沢駅東口(裏口)
9:40 江刺ヒロノ福祉パーク玄関
11:00 盛岡スローキュアナチュラルハウス(施設長の説明お茶タイム)
12:00 県立博物館内ひだまり昼食・見学 
13:30 ハートネット・奥家連(黒田氏・伊達氏から活動説明)後班別交流会
15:30 出発、逆コースで各地区へ

4 参加料 一人1,000円(交通・昼食・お茶すべて込み)

5 参加者 家族会員・当事者・保健師・関係機関職員(交流会時は当事者は見学)

6 申し込み 9月20日までに別紙用紙に記入の上郵送・メール及びFAXにて奥家連事務局まで申し込みください。
       〒023-0053
        奥州市水沢区大手町4-3 (有)伊達武道具店内  
        TEL/FAX 0197(24)9645
        E-MEIL date1983@catv-mic.ne.jp

7 その他  実名を希望しない方はABCアルファベットで記入申請OKです。
by open-to-love | 2008-10-07 19:30 | 第7回例会:奥家連と交流 | Trackback | Comments(0)