精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:第5回例会:多剤大量処方( 4 )

「盛岡ハートネット」第5回例会アンケート回答
(2008年6月24日、於もりおか心のクリニック)
講師・上田均院長、高橋政代副院長

【参加者数】 約70人 回答者数 32人
【年齢】 30代・7人 40代・4人 50代・7人  60代・9人 70代・2人
【性別】 男・7人 女・22人
【職業】
無職・14人 NPO・1人 配達アルバイト・1人 会社員・2人 主婦・5人 サービス業・1人 作業所スタッフ・2人 公務員・1人 母親・人1 アルバイト(学生)・1人 団体職員・1人 元精神科ナース・1人

【お住まい】
盛岡市・20人
盛岡市以外・6人 釜石市・1人 野田村・1人 奥州市・1人
【所属家族会】 たんぽぽ会・9人 コスモス会・1人 助支安の会・2人 かっこうの会・3人 福寿草の会・1人 釜石市つくし会・1人 
家族だが家族会には入っていない・4人(盛岡ハートネット・2人)
当事者・3人

その他・4人 「ひだまり」にお世話いただいています・1人 NPOつくし会・1人

質問1:上田先生のお話はいかがでしたか?
分かりやすくためになった 29人
もっと詳しく知りたかった 3人
笑顔が魅力的だった 4人
その他
●薬の服用について、とても為になるお話でした。そこで、家族は具体的にどんな協力をするとよいのかーそこが知りたかったです。
●とても参考になりました。娘ももっと楽になればいいなと思います。
●薬の名前が分からないので、少々ついて行けなかった。
●家族がどんなサポートをすればいいのかを知りたいと思った。
●抗パーキンソン薬を飲んでいるし、眠剤にリスパダールが入っているので、どうなのかなと心配しておりました。
●率直だった。
●ぜひ単剤投与で多くの統合失調の患者さんが自立する助けになってほしいものです。
●先生のお話をお聞きしたのは2回目です。いつもわかりやすいお話で、特に質問に対してのお答えが的確でなるほどと新たなアドバイスを受けたような気がします。
●いつか個別でお話ししたい。
●薬の話はびっくりしました。あんなに薬を飲んだら起き上がれないとフツーにわかることだと思いました。
●スバラシイクリニックと思いました。以前からお話を伺いたいと考えておりました。
●ゴールは自立…その通りです。時間は、いや年月はかかっても自立にむけて進みたい。親はこのままでよいのか、すべき事があるのか、先生にお聞きした方がよいのか気になっています。
●単剤による治療。
●前もって渡されていた資料とスライドによって分かりやすかった。娘が服用している薬の名前が出ていて、その効用が分かった。

質問2:高橋先生のお話はいかがでしたか?
分かりやすくためになった 26人
もっと詳しく知りたかった 3人
笑顔が魅力的だった 7人(ちょっとシャープかな 1人)
その他
○心あったかくなった。
○クリニックのなされている内容がよくわかりました。何よりも〝まごころ〟をもって接するという言葉、すごくありがたく思いました。刺激を避け、楽にさせてなどのきめ細かい配慮に感心させられました。
○率直だった。患者だが政代さんの話をゆっくり聞く機会があってよかった。
○医療保護入院中の当事者は、その通りのことが行われて入院しました。
○とても頼りになりそうな先生で心強く感じました。
○実践者の説得力のある話で為になった。資料に当事者の声が上がっているのがよい。
○とてもタイムリーな講演で良かったです。これからの参考にさせていただきます。有り難うございました。
○真心があれば通じるという言葉が嬉しかった。
○患者さんへの接し方等、作業所にも共通する点が多かった。
○同一医師がずっとみてもらえる等、クリニックの長所、短所がスライドと説明でよく分かった。

質問3:「みなさんから一言」ははいかがでしたか?
○もう少し時間が欲しかった。
○Q1 病気という敵と戦うという意味、また病気という敵と和睦(薬?)するということでしょうか。
○Q3 昔の親は、意思疎通ができない親だった。その親に育てられた子どもの悲劇が繰り返されない為に、「家族」という教育が必要なのかなと思いました。生きていく規範その原則をどこで学ぶか教えられなかったと思います。何よりも安心、大丈夫という反応かな。
○当事者で発言された方の話し方がはっきりしていて自分の気持ちを発表できることはすばらしいと思います。
○もっと色々な方の声を…。
○やる気が感じられ、是非盛岡市街地にそのような場所ができれば良いと思いました。
○情報提供ありがとうございました。6月14、15日のフォーラムには行って聞いてみたいと思います。
○親、母親との関係はむずかしいです。私も母とはなれていると具合がいいです。
○「今は今のままでいい」とは思いますが、やはり先のことを考えてしまう親御さんの気持ちもわかるような気がします。
○街の中にホッとできる場所を…というお話に共感しました(その為に何が出来るか勉強中です)。
○難しい問題をかかえている家族が多いことも分かった。
○ぴったりあったテーマだった。

質問4:もりここの雰囲気などなど、感じたこと何でもお書き下さい。
○明るくほっとする感じがよかったです。
○上田先生、高橋看護師さんとても為になりました。
○明るい、きれい。
○県外のHpで働いていましたが、当時(15年位前)そのHpの院長が目指していたものがここでは行われているように感じました。どんな人でも地域で暮らすことが大切と思っています。
○きれいで、とても明るい感じがしました。
○デイケアを併設している〝もりここ〟は、医療と地域をつなぐ大きな役割を担っていると思います。〝もりここ〟のような考え方のクリニックが増えてくることを望みます。
○デイケアのあるクリニック、講演会を引き受けられた先生、いいなあと思いました。看護師さんの役割もいいなあと思いました。
○親しみやすく、暖かい雰囲気で好感がもてました。
○明るく、楽しそう。新しいので気持ちが良い。
○見えないところで努力してるんだなと思った。
○アットホーム的な、家族団らんの小さなそれでも大きな心のクリニックですね。
○建物が新しいので、きれいで明るくて気持ちの良い時間を過ごすことができました。病気も早めに快方に向かいそうですね。
○明るい雰囲気と先生の気取らない感じがgoo!(開放的なのがよいですネ)。
○そんなに固くない雰囲気で好感がもてます。
○クリニックにデイサービスを行っている病院とのことで興味をもってお話を聞きました。
○通いやすい。でかいTVがよい。
○デイケアスタートする前に、一度おじゃましました。精神科のイメージとはほど遠く、建物も素敵で息子も「ここに来られたら…」と淡い夢をいだいていました。このままの「もりここ」でいられますよう…。
○敷居が低く、来やすい雰囲気だと思います。
○受診してみたくなる病院です。お薬のお話は分かりやすかったです。薬の面でもこちらをすすめたいです。
○新しくきれいで、感じが良かったと思います。ホッとする空間でした。病院らしくない所もいいかな!
○新しくて明るくて感じが良いと思いました。
○病院とは思えない暖かな感じで良かった。
○バスだったので遠いかな…と思っていたがバス停から近くて分かりやすかった。クリニックの雰囲気が知れて良かったです。
○今までの精神科に対する偏見をなくすような印象。ありがたいです。
○自立が基本。
○広くてよい感じ。個人経営として。

質問5:今後、どんな講師のどんなお話が聞きたいですか?
○福祉制度について、可能であれば利用者の声も聞きたいと思います。
○グループホームの運営、どのような形で自立を助けているのか。
○当事者の体験発表や家族が支えてきた苦労話や快方に向かったお話等。元気の出るお話等。
○当事者の体験談、日常の様子を語って頂きたい(べてるのもりおかバージョン)。
○県の人の話。
○作業療法士さんや、理学療法士さんのお話。
○上田先生の薬物に対しての姿勢が大変嬉しく、ぜひ毎年講演会を開催していただければありがたいです。今後の日本の状態も知りたいと思います。
○薬の事について又お話をうかがいたいです。
○薬について、家族としての見守り方等。
○講師がどなたと言うよりも、こういうお話の場合、ほとんどいつも「統合失調症」がメインのような気がします。病名は色々あり、同じ病名でも、1人1人違うと思いますが、色々な病気の話も聞きたい。「そううつ病」の息子を持つ家族ですが、「そううつ病」の事を知る機会がほとんどありません。とまどいの中にずっといる様な気がします。
○今回初めてなので、どんな講師と言われても分からない。娘が長期間入院しても治らない。子どもがいて今後の問題があまりにも大きい。

そのほか…
○いつもありがとうございます♡
○今回は大変ありがとうございました
by open-to-love | 2008-07-26 22:18 | 第5回例会:多剤大量処方 | Trackback | Comments(0)
「盛岡ハートネット」第5回例会アンケート回答
(2008年6月4日 もりおか心のクリニック 講師・上田均先生、高橋政代先生)
※アンケート書く時間なかった方、メールでも郵送でもいいですので、ぜひお書き下さいませ。(黒)

【参加者数】約70人
【回答者数】 31人

【年齢】
30代・6人
40代・4人
50代・7人
60代・9人
70代・2人

【性別】
男・ 7人
女・22人

【職業】
無職・14人
NPO・1人
配達アルバイト・1人
会社員・2人
主婦・5人
サービス業・1人
作業所スタッフ・2人
公務員・1人
母親・1人
アルバイト(学生)・1人
団体職員・1人

【お住まい】
盛岡市・20人
盛岡市以外・6人(主に滝沢村)
釜石市・1人
野田村・1人
奥州市・1人
【所属家族会】
たんぽぽの会・9人
コスモス会・1人
助支安の会・2人
カッコウの会・3人
福寿草の会・1人
釜石市つくし会・1人 
家族だが家族会には入っていない・4人(盛岡ハートネット・2人)
当事者・3人
その他・4人
「ひだまり」にお世話いただいています・1人
NPOつくし会・1人
元精神科ナース・1人

質問1:上田先生のお話はいかがでしたか?
分かりやすくためになった 29人
もっと詳しく知りたかった  3人
笑顔が魅力的だった     4人
その他
●薬の服用について、とても為になるお話でした。そこで、家族は具体的にどんな協力をするとよいのかーそこが知りたかったです。
●とても参考になりました。娘ももっと楽になればいいなと思います。
●薬の名前が分からないので、少々ついて行けなかった。
●家族がどんなサポートをすればいいのかを知りたいと思った。
●抗パーキンソン薬を飲んでいるし、眠剤にリスパダールが入っているので、どうなのかなと心配しておりました。
●率直だった。
●ぜひ単剤投与で多くの統合失調の患者さんが自立する助けになってほしいものです。
●先生のお話をお聞きしたのは2回目です。いつもわかりやすいお話で、特に質問に対してのお答えが的確でなるほどと新たなアドバイスを受けたような気がします。
●いつか個別でお話ししたい。
●薬の話はびっくりしました。あんなに薬を飲んだら起き上がれないとフツーにわかることだと思いました。
●スバラシイクリニックと思いました。以前からお話を伺いたいと考えておりました。
●ゴールは自立…その通りです。時間は、いや年月はかかっても自立にむけて進みたい。親はこのままでよいのか、すべき事があるのか、先生にお聞きした方がよいのか気になっています。
●単剤による治療。
●前もって渡されていた資料とスライドによって分かりやすかった。娘が服用している薬の名前が出ていて、その効用が分かった。
●一つだけ気になった事が…精神病と闘う?どう受け入れていくかではないでしょうか。

質問2:高橋先生のお話はいかがでしたか?
分かりやすくためになった 26人
もっと詳しく知りたかった  3人
笑顔が魅力的だった     7人(ちょっとシャープかな 1人)
その他
○心あったかくなった。
○クリニックのなされている内容がよくわかりました。何よりも〝まごころ〟をもって接するという言葉、すごくありがたく思いました。刺激を避け、楽にさせてなどのきめ細かい配慮に感心させられました。
○率直だった。患者だが政代さんの話をゆっくり聞く機会があってよかった。
○医療保護入院中の当事者は、その通りのことが行われて入院しました。
○とても頼りになりそうな先生で心強く感じました。
○実践者の説得力のある話で為になった。資料に当事者の声が上がっているのがよい。
○とてもタイムリーな講演で良かったです。これからの参考にさせていただきます。有り難うございました。
○真心があれば通じるという言葉が嬉しかった。
○患者さんへの接し方等、作業所にも共通する点が多かった。
○同一医師がずっとみてもらえる等、クリニックの長所、短所がスライドと説明でよく分かった。

質問3:「みなさんから一言」ははいかがでしたか?
○もう少し時間が欲しかった。
○Q1 病気という敵と戦うという意味、また病気という敵と和睦(薬?)するということでしょうか。
○Q3 昔の親は、意思疎通ができない親だった。その親に育てられた子どもの悲劇が繰り返されない為に、「家族」という教育が必要なのかなと思いました。生きていく規範その原則をどこで学ぶか教えられなかったと思います。何よりも安心、大丈夫という反応かな。
○当事者で発言された方の話し方がはっきりしていて自分の気持ちを発表できることはすばらしいと思います。
○もっと色々な方の声を…。
○やる気が感じられ、是非盛岡市街地にそのような場所ができれば良いと思いました。
○情報提供ありがとうございました。6月14、15日のフォーラムには行って聞いてみたいと思います。
○親、母親との関係はむずかしいです。私も母とはなれていると具合がいいです。
○「今は今のままでいい」とは思いますが、やはり先のことを考えてしまう親御さんの気持ちもわかるような気がします。
○街の中にホッとできる場所を…というお話に共感しました(その為に何が出来るか勉強中です)。
○難しい問題をかかえている家族が多いことも分かった。
○ぴったりあったテーマだった。

質問4:もりここの雰囲気などなど、感じたこと何でもお書き下さい。
○明るくほっとする感じがよかったです。
○上田先生、高橋看護師さんとても為になりました。
○明るい、きれい。
○県外のHpで働いていましたが、当時(15年位前)そのHpの院長が目指していたものがここでは行われているように感じました。どんな人でも地域で暮らすことが大切と思っています。
○きれいで、とても明るい感じがしました。
○デイケアを併設している〝もりここ〟は、医療と地域をつなぐ大きな役割を担っていると思います。〝もりここ〟のような考え方のクリニックが増えてくることを望みます。
○デイケアのあるクリニック、講演会を引き受けられた先生、いいなあと思いました。看護師さんの役割もいいなあと思いました。
○親しみやすく、暖かい雰囲気で好感がもてました。
○明るく、楽しそう。新しいので気持ちが良い。
○見えないところで努力してるんだなと思った。
○アットホーム的な、家族団らんの小さなそれでも大きな心のクリニックですね。
○建物が新しいので、きれいで明るくて気持ちの良い時間を過ごすことができました。病気も早めに快方に向かいそうですね。
○明るい雰囲気と先生の気取らない感じがgoo!(開放的なのがよいですネ)。
○そんなに固くない雰囲気で好感がもてます。
○クリニックにデイサービスを行っている病院とのことで興味をもってお話を聞きました。
○通いやすい。でかいTVがよい。
○デイケアスタートする前に、一度おじゃましました。精神科のイメージとはほど遠く、建物も素敵で息子も「ここに来られたら…」と淡い夢をいだいていました。このままの「もりここ」でいられますよう…。
○敷居が低く、来やすい雰囲気だと思います。
○受診してみたくなる病院です。お薬のお話は分かりやすかったです。薬の面でもこちらをすすめたいです。
○新しくきれいで、感じが良かったと思います。ホッとする空間でした。病院らしくない所もいいかな!
○新しくて明るくて感じが良いと思いました。
○病院とは思えない暖かな感じで良かった。
○バスだったので遠いかな…と思っていたがバス停から近くて分かりやすかった。クリニックの雰囲気が知れて良かったです。
○今までの精神科に対する偏見をなくすような印象。ありがたいです。
○自立が基本。
○広くてよい感じ。個人経営として。
○上田先生のお話、とても分かりやすかったです。クリニックの役割として、地域との密な関係、そして総合病院との間の潤滑油であっていきたいというお話は「その通り」と感心していました。
 クリニックではまごころを持って患者さんと接しているという一言がありました。私は総合病院に通院していますが、そこのスタッフも「まごころ」を持って接してくれています。私は以前、そこに入院していたとき、朝六時にウオークマンの音が鳴らず、暗い中で格闘していたことがありました。その時、精神科の主任さんが「目を悪くするよ」とわざわざ電気を付けてくれたのです。ほんの些細な一言でも、その人の「あったかみ」って、にじみ出るものなんだと思うんです。おそらく、どこの総合病院のスタッフも、みんな「まごころ」を持って患者さんと接していると思います。ただ、忙しすぎるだけなのです。
総合病院では、医師がコロコロ変わります。いつも担当医がいる訳ではない。状態の悪い患者さんには、医師がコロコロ変わることは大きな負担!
でも、私が思うに、信頼できる医師が絶対的に一人だけという事は、すんごく恐ろしいことだと。もし、そのたった一人の医師が何らかの事情でいなくなったら、残された患者さんは、どうすればいいのか?私と、私の前の主治医とは相性もよく、私はとにかくべったりでした。その医師が医大を去る事を聞いて、依存していた私は七転八倒しました。その主治医が私にこう言いました。「一人の医師に執着せずに、信頼を持てる医師のスペアを確保しておくことはとても重要」と。私は今になって、前の主治医はホントに私の為に、ある意味突き放してくれたのだと思っています。ムリに、相性のいい先生(医師)と離れなくて、「一人だけ」でもいいのですが。ある程度の段階を踏んだら、日々これ変化あり!という世の中なので、医師が変わるという事も、かなりハードなリハビリですが、私はクリアしちゃったので、まあそういう考え方もありかな、って思います。

質問5:今後、どんな講師のどんなお話が聞きたいですか?
○福祉制度について、可能であれば利用者の声も聞きたいと思います。
○グループホームの運営、どのような形で自立を助けているのか。
○当事者の体験発表や家族が支えてきた苦労話や快方に向かったお話等。元気の出るお話等。
○当事者の体験談、日常の様子を語って頂きたい(べてるのもりおかバージョン)。
○県の人の話。
○作業療法士さんや、理学療法士さんのお話。
○上田先生の薬物に対しての姿勢が大変嬉しく、ぜひ毎年講演会を開催していただければありがたいです。今後の日本の状態も知りたいと思います。
○薬の事について又お話をうかがいたいです。
○薬について、家族としての見守り方等。
○講師がどなたと言うよりも、こういうお話の場合、ほとんどいつも「統合失調症」がメインのような気がします。病名は色々あり、同じ病名でも、1人1人違うと思いますが、色々な病気の話も聞きたい。「そううつ病」の息子を持つ家族ですが、「そううつ病」の事を知る機会がほとんどありません。とまどいの中にずっといる様な気がします。
○今回初めてなので、どんな講師と言われても分からない。娘が長期間入院しても治らない。子どもがいて今後の問題があまりにも大きい。

そのほか…
○いつもありがとうございます♡
○今回は大変ありがとうございました
○質問。家族のカウンセリングは誰が担っているのか?家族会?クリニックのSW?やっていない?
by open-to-love | 2008-06-04 21:31 | 第5回例会:多剤大量処方 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第5回例会報告&収支

2008年6月4日(水)午後2時~午後4時半、もりおか心のクリニック
講師:上田均院長、高橋政代副院長
参加者数:約70人(詳細は、追って「ハートネットニュース」にて)
参加地域・盛岡を中心に滝沢、紫波、八幡平、野田、奥州などなど。

※当初、プロジェクターをレンタルで借りなくちゃないかも、という事態が予想されたため、持ってる人貸して下さいと呼び掛けたところ、何と5か所から、「ありますよ、使ってください」とのご連絡をいただきました。ありがとうございました。一番最初に名乗り出ていただいた方にお借りして、講師先生のパソコンにつながるかどうか試してみようとしたところ、実は、私たちの窮状を察した上田先生が、既に製薬会社のイーライリリーさんからプロジェクターを借りてくれてたのでした。講演していただいて、場所も貸してくれて、さらにはプロジェクターまで…先生、ありがとうございました。あと、申し出ていただいたみなさま、御厚意ありがとうございました。またの機会に、お借りすることがあるやもしれません。そのときは、よろしくお願いします。
 ともかくも、今回のプロジェクターの一件で、私たちは多くのことを学んだ気がします。そう、
 困ったら、言ってみるもんだ。

※忘れ物! どなたか、講演内容メモを書き込んだ紙を会場に忘れてました。黒田が預かっていますので、お心当たりの方は連絡ください。

♡収支報告♡
【収入】13900円
内訳 参加費200円×70人=13900円

【支出】10243円
 内訳 切手代:1680円
    記念品代:5025円(中三)
    講師お菓子代:360円(パティスリー・Fu)
紙代:578円(ファミリーマート)
    資料コピー代:2600円

【計】3657円

【第4回交流会からの持ち越し】−628円
【さらに合計すると…ハートネットのトータルの収支】3029円

【事務局より】今回、ハートネット会計は3657円の黒字となり、前回の赤字分を合算すると、ついに3029円の黒字となりました。
 さて。みなさま、集計している私が言うのもなんですが、この数字はあまり信じないでください。というのは、場所代、講師料、ともに今回は厚意におもねっているから、これっぽっちの支出で済んでいるのです。あと、当然ながら事務局の見えない(領収書がない)支出もありますが、それらは計上していません。一人一人に渡した資料×1枚コピー10円×70人、と計算すれば、それは出て来ますよね。
 もし講師代も場所代も払っていたら…なんて架空の収支を計算するようなヤボなことはしませんが、そうした実態としての金額と、ここに記した金額との隔絶、それこそが、いわば、私たちの現状と、目指すべき目標の遥かな遠さ、と言えるかもしれません。私たちはまだまだ未熟ゆえ、今後もずうずうしくも多くの方の厚意におもねる可能性は高いですが(すいません)、こうした隔絶については、おのおの自覚的でありましょう。慣れてしまってはいけません。(黒)
by open-to-love | 2008-06-04 18:19 | 第5回例会:多剤大量処方 | Trackback | Comments(0)
盛岡ハートネット第5回例会のお知らせ

日時:
2008年6月4日(水曜日)午後2時〜4時30分(開場:午後1時30分)
講師:
上田均先生(もりおか心のクリニック院長)
高橋政代先生(もりおか心のクリニック副院長)
場所:もりおか心のクリニック
盛岡市本宮字宮沢55-5(市立病院の向かいです)

内容:充実の講演2本立て
上田先生「これからの統合失調症薬物療法~日本の常識は世界の非常識」
高橋先生「クリニック時代の精神看護」
質疑応答
講師のお2人に感謝の品贈呈(お金なくて講師料払えないので…気持ちです)

みなさんから一言(持ち時間5分)
①「DPI日本会議in盛岡」(6月14、15日 アイーナ)お知らせ
by CILもりおか事務局長 今川幸子さん
②第31回岩家連大会in釜石(7月17日、釜石市民文化会館)お知らせ
by 大会実行委員長 金子親次さん
③私の夢
by 佐藤理智子さん
④多重債務と自殺防止対策の連携を
by 吉田直美さん(盛岡市消費生活センター)

※今回は、講師先生のご厚意により、会場もクリニックのデイケアルームを使わせていただくことになりました。よって、いつもの第2部・交流会は開きません。なお、飲み物とお茶菓子も出ませんので、各自ご準備下さい。あと、ゴミは必ず持ち帰りましょう。質疑応答については、質問を紙に書いて、事務局にお渡し下さい。事務局が集約の上、講師先生に質問するかたちにします。限られた時間を有効に活用するため、ご協力お願いします。

※会費を200円(講師先生への記念品代)と考えていましたが、プロジェクターをレンタルで借りる際は、その分が会費に上乗せとなります。レンタル料は8000円ぐらいなので、会費が400円ぐらいに跳ね上がりそうです。で、もしどなたか、プロジェクターをお持ちの人がいましたら、その方の厚意におもねりたく思います。ただで貸して下さい。

盛岡精神障害者家族会連合会「盛岡ハートネット」(事務局:黒田大介)
携帯:090・2883・9043 Eメール:yukapyon@estate.ocn.ne.jp
by open-to-love | 2008-05-12 17:57 | 第5回例会:多剤大量処方 | Trackback | Comments(0)