精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:第4回例会:家族SST( 2 )

盛岡ハートネット版・家族SST「あなたの愛を言葉で伝えてますか?」(第4回盛岡ハートネット交流会)収支報告

2008年3月23日(日)午前9時半~午後3時半、盛岡市福祉総合センター
講師:高森信子さん(SSTリーダー、川崎市)
参加者数:20人(詳細は、追って「ハートネットニュース」にて)

♡収支報告♡
【収入】18550円
内訳 参加費1000円×17人=17000円
500円×3人=1500円
(ご家族2人での参加は2人目500円。午後の部参加者は500円)

【支出】11235円
 内訳 弁当代:3000円(東屋、1人1000円。講師&スタッフ2人分)
    お菓子代:1107円(マルイチ城西店)
    フェザン駐車料金:1400円(高森先生お迎え&お見送り)
    おでって駐車料金:300円(高森先生と打ち合わせ)
    南部せんべい巖手屋フェザン店:3678円(高森先生へのお土産代)
    コーヒー代:1200円(高森先生を送った後の反省会)
    資料コピー代:550円
(高森信子先生の謝金3万円については、岩家連より「家族会育成費」として支給)

【計】7315円
【第2回交流会からの持ち越し】-7943円
【さらに合計すると…ハートネットのトータルの収支】−628円

【事務局より】当初は高森先生への謝金を念頭に、参加費を1500円(2人目は1000円)と設定していました。ところが、開催数日前、岩家連事務局の八重樫正美さんより「黒田さん、3万円出ます」との連絡。「3万円って何ですか」と聞くと「岩家連の家族会育成費から、高森先生の講師謝金が出せることになったんですよ」とのこと。そもそもこちらから岩家連に謝金出してくれと頼んでなかったので、思いがけぬ事態に感謝しきりであります。そこで、スタッフ一同「謝金出るんなら、1人1500円は貰いすぎだよね」と考え直し、急遽、1人1000円に下げました。(黒田)
by open-to-love | 2008-03-24 23:28 | 第4回例会:家族SST | Trackback | Comments(0)
盛岡精神障害者家族会連合会「盛岡ハートネット」第4回交流会
盛岡ハートネット版・家族SST「あなたの愛を言葉で伝えてますか?」

2008年3月23日(日曜日)午前9時30分〜午後2時30分
盛岡市若園町2の2、盛岡市総合福祉センター
講師:SSTリーダー 高森 信子さん(川崎市)
参加:20人
午前の部 講話
午後の部 高森先生に質問しよう
(詳しくは、追ってハートネットニュースにて。しばしお待ちを)

アンケート集計(回答15人)
参加者の年齢
20代・1人
40代・1人
50代・6人
60代・3人
70代・2人

性別
男性・3人
女性・10人
職業・無職4人、主婦3人、主婦で学生、介護、自営(教育関係)、塾指導者、作業所事務員、OT、ナチュラルハウス
お住まい
盛岡市・8人
盛岡市以外・3人

所属家族会
助支安の会・3人
たんぽぽの会・1人
カッコーの会・1人
みやま会・1人
無所属・3人
岩手保養院・1人
盛岡地区・1人

質問1 午前の部はいかがでしたか?
分かりやすくためになった・14人
もっと詳しく知りたかった・1人
笑顔が魅力的だった・3人
その他:病気の詳細が少し理解できました。とても大変な病気と思いました。親の思いというか今までの自分を根底から変えようと努力したいと思います(自信がないですが)

質問2 午後の部はいかがでしたか?
楽しかった・10人
もっと話したかった・3人
その他:とても興味深かったです。ありがとうございました。
    具体的でとてもよかった
質問3 そのほか何でもお書き下さい
○ フィルターをかけて家族内で会話していることがよくわかった。精神障害の家庭だけでなく、いろいろな意味で現代の家庭の中でコミュニケーション不全があると感じました。少しずつでも聴けて共感できるようになりたいです。
○ ためになるお話、歌もよかった。ありがとうございました。全体会(大きな)だけより、いいですね。事務局、お疲れさまです。
○ 盛岡には、精神の問題を抱える本人、家族への偏見が強いのか、グループ、相談機関が少ないのが残念です。本人も家族も辛さを抱えながら、手探り状態や右往左往している、と思うのは、私だけかもしれませんが。
○ 私と同じような事例を知りたい。他の方はどのようにやっているのか。(子どもを持つ主婦が家事、育児ができなくなり長期間入院生活をしている。そのため、夫が父子家庭となり、苦労をしていること。両親は70歳を過ぎ、今後年をとっていき、入院している娘の世話ができなくなった時、一体どうなるのか全く不安である)
○ 2日間の参加でしたがとても元気をもらえました
○ 初めて出席いたしました。助言いただき感謝しております。次回も是非参加して更なる結果を話せる様に努力したいです。
○ この世界をもっと勉強したいと思います。ありがとうございました。
○ 高森先生のパワーで肩の力が抜け、気持ちが楽になりました。病気の息子と付き合って20年、先生のお話を聞いているとパズルがすぱっすぱっと合って行く時の心地よさが感じられました。息子に全部当てはまる事ばかりでした。
○ 日常生活での会話は大変重要。相手を理解するよう、訓練して勉強して行きたい。むずかしい!
○ 先生の人柄の暖かさが伝わる、とても良い講演でした
○ 家族がストレスをためない方法は?家族のためにどんなアドバイスをしますか?
○ これからの生活の参考にできる事がたくさんあり感謝しております
○ バリエーションを学びました。その時の手法の違いに戸惑います。対象者の違いはあって、それは理解していますが…、その場面を大切にしたいと強く考えました。
by open-to-love | 2008-03-23 22:01 | 第4回例会:家族SST | Trackback | Comments(0)