精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:第2回例会:SSCM( 2 )

「盛岡ハートネット」第2回交流会アンケートまとめと考察

回答者数・21人(参加者は35人)

♡回答率、大幅にアップです。回答していただいた方に、特別プレゼントとして、花の写真がプリントされたカードをあげたのが奏功したのだと思われます。回答していただいたみなさま、カードを部屋に飾ったり、大切な人に贈ったりしてくださいね。

【属性】
年齢 20代・1人
   30代・2人
   40代・6人
   50代・7人
   60代・3人
   70代・1人
性別 男・5人
   女・16人
職業 無職・6人 会社員・2人 福祉施設職員・2人、元福祉施設職員の会社員、保健師、自営業、高松近くの喫茶員、セラピスト、まちづくり関係の仕事、アルバイト各1人
お住まい 盛岡市・11人
     盛岡市以外・6人

所属家族会 タンポポの会・4人 助支安の会・3人ユリノキ会・2人 カッコウの会・2人 矢巾町あすなろ会・1人 風の又三郎家族会・1人
家族だが家族会には入っていない・2人
当事者・1人
その他・2人

♡年齢構成は、かなりばらけました。やはり、寒かったせいか、ご高齢の方の参加が減りました。それでも寒風吹きすさぶ中、参加していただいたみなさまには感謝です。ご家族の方はむろんですが、当事者の方、家族だが家族会に入っていない方、それから、まちづくり関係など多方面のご職業の方の参加がうれしいです。家族だけではなく、さまざまな人が集える場にしていきましょう。

【質問1:講師のお話はいかがでしたか?】
分かりやすくためになった・15人
もっと詳しく知りたかった・4人
笑顔が魅力的だった・2人
その他
 ○サポートセンターの事業がよくわからなかったのですが、お話を聞いて家族にとっても当事者にとっても心強い施設が出来て良かったと思います。
 ○はきはきと
 ○優しい感じがした♡
 ○岩手医科大学か~。お金のある病院はこれからどんどん、こんな大規模な施設作っていくんだろうなぁ~と思いました。介護保険と同じ道!!歩むんだなあ~。

♡廣田さんはちょっと緊張されていたようでしたが、お話は分かりやすく、優しさが伝わってきました。

【質問2:おしゃべり交流会はいかがでしたか?】
楽しかった・15人
つまらなかった・0人
もっと話したかった・4人
その他
 ○夕方のスケジュールの関係で最後まで話し合えなかったので残念でした
 ○もっと聞きたかった
 ○色別の名前カードでグループをつくるのはよいアイデアでした
 ○他の家族会との交流も出来、参考になりました
 ○自分と気の合う人とおしゃべりしたいというわがままな私

♡小グループになっておしゃべりをするとなると、どうしても同じ家族会同士で固まってしまうため、名札を赤、青、黄、緑、黒、ピンク、茶色の7色に分け、好きな色を選んでもらい、色別にグループ分けしたのですが、なぜか黒と黄色を選んだ方が多く、茶色やピンクの人は少なかった。不思議です。

【質問3:開催日時、場所はいかがでしたか?】
ちょうどよかった・16人
もっと長い時間の方がいい・0人
もっと短くてもいいかも・0人
歴史とぬくもりあるいい会場だった・2人
女性センター職員の笑顔の対応が気持ちよかった・2人
その他
 ○部屋が暗くて資料の細かい字がよく見えなかった
 ○開始時間を13時半ごろからではどうですか
 ○13時は早すぎる。13時半は?
 ○構造上、身体に負担のかかる建物で検討の余地あり
 ○交流会の回数は間が開いた方がよい
 ○第1回目の会場と、同じ場所だと勘違いしてむこうへ行ってしまいました。女性センターははじめて入りました!2Fへの登りが印象的。歴史を感じます。

♡もりおか女性センターでは、男女共同参画社会を実現すべく職員のみなさんが日々奮闘されています。別館は元市働く婦人の家で、女性団体に限らずさまざまな市民団体に部屋を貸し、市民活動を支援しています。ハートネットの参加者の中心、すなわち精神障害がある当事者の主たる介護者は母親が多いので、精神障害福祉の問題とは、女性問題でもありますよね。みなさん、この機に、福祉の殻に閉じこもらず、男女共同参画にも理解を深めましょう。女性センターではいろいろな講座を開いていますよ。

【質問4:どんな講師のどんなお話が聞きたいですか?】
○精神科医・3人
○家族会のどなたかの苦労話でも
○集うことのできない方々の声を集めて紹介するなど
○上川原さんのお話しが聞きたいです
○グループホームなど暮らす場
○子供(青年や大人でも)の成長を見守ってきた人
○とても有意義でした。又、交流会に伺いたいです
○交流会の中に重要な仕事(保健師他)をする方が輪になってできたこと。またサポートセンターもりおかの方も出席してほしいです
○精神保健福祉士の方のお話しをもっと聞きたいですし、精神医療や自立支援センターの運営に関わっている人の話も聞ければと個人的には思っています。
○べてるの家のおしゃべり大会(本人)のような企画を…
○知らないことを説明していただき、とても勉強になりました

♡「べてるの家のおしゃべり大会」とは、幻覚妄想大会のことでしょうか。ご指名の上川原さんとは、地域生活支援センター滝沢所長の上川原幸男さんですね。はい、これからもいろんな人をゲストに招いていきます。悩みの種は、お金がないので、講師謝金が払えないこと、ときとして講師からも参加費をもらっちゃったりすることです。すいません…困ったものです。

質問5:その他、感じたこと、お気づきの点、何でもお書き下さい
○ご家族の話大変勉強になりました
○まちナカの相談室の情報は今日参加してはじめて得られたので良かった
○お菓子のまんじゅう、帰ってから3等分してメンバーさんが食べました。「うん、うまい」そうでした。今回のお茶は、香りのいいおいしいお茶、ホッとしました。
○どんどん輪が広がっていくといいですね

♡お菓子は、盛岡市本町通の小さな由緒あるお菓子屋さん「三盛堂」にお願いしました。みなさん、行ってみましょう。
 そうですね、輪を広げていきましょう。(黒田)
by open-to-love | 2007-12-05 21:37 | 第2回例会:SSCM | Trackback | Comments(0)
「盛岡ハートネット」第2回交流会収支報告

2007年12月5日(水)、もりおか女性センター別館第1講習室

テーマ「困ったら相談しよう」
(講師:ソーシャルサポートセンターもりおか 廣田政彦さん)

参加者数:35人(女性27人、男性8人)

【収入】6000円
内訳
参加費200円×30人

(参加者数は、資料の残部から計算して35人でした。合計が合いませんが、気にしない)

【支出】10470円
 内訳
文書発送費:1600円(80円×20カ所)
  お菓子代: 6000円(三盛堂菓子店、ぞうみ飴と茶饅頭)
  名札代:  2870円(県重症心身障害児者を守る会、41円×70個)

【計】-4470円

【第1回交流会からの持ち越し】-4447円

【さらに合計すると】-8917円

 事務局より…会場費、プロジェクター使用料などは無料。封筒、お茶などは、第1回交流会の際に買って残っているのを使い回し、資料印刷についてはわが家のプリンターで間に合わせました。第1回交流会の反省で、「誰が誰だか分かんない」という指摘を受け、県重症心身障害児者を守る会(事務局がふれあいランド岩手の団体交流室にあり、岩家連の向かい側です。いつもお世話になっております)のご協力で、格安で名札70枚を購入しました。今後も使い回します。
 会場使用料は無料なんですが、駐車場がない。そのため、参加されたみなさんは少なからず出費されたことと思います…心苦しいですが、事務局も金がありません。どうかご容赦を。

 事務局追記…ところで、私は春から、プラタナス会の役員をやってるのですが、こないだ交通費を支給されました。思わぬ収入980円は、ハートネットに回すことにします。
【これをさらに合計すると…】−7937円。
by open-to-love | 2007-12-05 17:26 | 第2回例会:SSCM | Trackback | Comments(0)