精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:教育( 12 )

コンボお知らせメール便:保健室に絵本を届けるプロジェクト!&動画でうつ病、ADHDを知る!

 盛岡ハートネットのみなさま、こんにちは。コンボ広報チームです。雑誌「AERA」の最新号で、「女性のうつ」を特集しています。数年前、コンボで「うつまま日記。」という漫画を発刊した頃のことを思い出します。この漫画の作者/主人公は、産後うつにはじまり、うつ病とかかわるなかで、子育てに奮闘します。当時、産後うつの啓発に協力していただけないかと考え、コンボなりに、産婦人科関係者に随分とアプローチしましたが、反応は冷たいものでした。コンボでやりとりしているピアサポートグループの中には、女性限定の活動をしているところもあり、参加者にはとても好評なようです。女性のニーズがこのような特集とともにますます発信されていくと、嬉しいですね。というわけで、「うつまま日記。」紹介のスライダーを、コンボのウェブサイトのトップに挙げてあります。ぜひご覧ください。

★HEADLINES★
(1) コンボ後援:保健室に絵本を届けるプロジェクト!
(2) 耳より情報1:うつ病を理解するための動画公開中!
(3) 耳より情報2:ADHDを理解するための動画公開中!
(4) コンボイベント最新情報

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援≫
 ☆NPO法人ぷるすあるは☆
  絵本で届ける保健室あんしんプロジェクト
     ~ver.2「統合失調症編」~
   2016年6月17日(金)?7月26日(火)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 NPO法人ぷるすあるはさんは、精神疾患を抱えた親とその子どもを絵本や情報サイトの制作で応援している団体です。いろいろなプロジェクトに取り組んでいます。第12回精神障害者自立支援活動賞(通称:リリー賞)ではその活動が評価され、支援者部門の受賞者となりました。このたびぷるすあるはさんでは、出身校や身近なお子様が通っている小中学校の保健室に「親がこころの病気をかかえている子どもを応援する」プルスアルハの絵本を届けるプロジェクトの第2弾をスタートしました。第1弾めのうつ病編(2016年3月に実施)では、110冊の絵本を届けました。今回は統合失調症の絵本が対象です。寄付する(1冊3千円;発送費ほか含む)、自身で絵本を準備して届けるという2つの参加方法があります。統合失調症の病気の知識や理解を拡げるきっかけになることを願って取り組んでいます。 プロジェクトは本日スタートです。ぜひご協力ください。

 ◎プロジェクトの詳細、参加・申込方法等について
  https://pulusualuha.or.jp/activity/picturebooksproject/
 ◎NPO法人ぷるすあるは(第12回リリー賞の受賞者紹介)
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/04/lilly12_purusaruha.pdf
 【期間】 2016年6月17日(金)~7月26日(火)
 【お問合せ】
    NPO法人ぷるすあるは
    Tel/fax : 048-881-8611
    E-mail: office@pulusualuha.or.jp

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ耳より情報その1≫
 うつ病について知ってほしい!
   ~当事者の視点で描いた動画をウェブで公開中~
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 日本イーライリリー株式会社では、うつ病による多様な症状に対する正しい理解を促し、当事者が適切な治療と、周囲からのサポートを受けられるようになることを願い、啓発のための動画『うつ病を経験したわたしから大切なメッセージ』を制作しました。ある女性を主人公に、うつ病の症状を感じてから回復に向かうまでの道のりが当事者の視点から描かれています。この動画は、6月13日(月)よりウェブサイト『うつ病 こころとからだ』で公開しています。動画中のアニメーションの原画制作を担当しているのは、NPO法人ぷるすあるはさんです。コンボも、当事者を支援する立場から、制作に協力し、監修もしています。
 ◎動画は下記サイトにてご覧いただけます。
   http://utsu.ne.jp  (ウェブサイト『うつ病 こころとからだ』)
       ※画面上部の、『うつ病を経験したわたしから大切なメッセージ』をクリックしてください。

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ耳より情報その2≫
 ADHDについて知ってほしい!
   ~当事者の体験をつづった再現ドラマをウェブで公開中~
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 「リリー賞受賞者つながり」で、もうひとつご案内です。第10回当事者部門受賞者、執行泉さん(株式会社いづみカンパニー代表取締役)の半生を紹介する再現ドラマ(約16分ほど)を、ウェブ上で見ることができます。現在では、ADHDを自分の「個性」としながら、『餃子専門店黒兵衛』を経営するビジネスウーマンとして活躍している執行さんですが、ADHDと診断されるまでの25年間、戸惑い、苦しみ、生き辛さをかかえて暮らしてきました。この動画では、その様子がつづられています。 制作は、リリー賞を協賛している、日本イーライリリー株式会社です。
 ◎動画は下記サイトにてご覧いただけます。
   http://adhd.co.jp/otona/shoujou/animation.html
       ※動画のタイトル『自分の特性を知ること、それがすべての
       始まり-成人期ADHD 当事者執行泉さんの半生-』
       ※再生が始まるまで、しばらく時間がかかる場合があります。
 ◎執行泉さん(第10回リリー賞の受賞者紹介)
   https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2015/05/1c319a4f4df72c00bf893215aea17bef.pdf

●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●
 ◎ACTブロック別研修会《近畿》◎
 【日時】2016年6月26日(日) ※事前申込は6/20まで
 【会場】茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)(大阪府茨木市駅前4-6-16)
 ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=10198
 ☆チラシはこちらから
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/06/ACT_Kinki.pdf

 ◎アウトリーチセミナー◎
 【日時】2016年7月10日(日) ※事前申込は7/4まで
 【会場】仙都会館 8階 会議室(宮城県仙台市青葉区中央2-2-10)
 ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=10283
 ☆チラシはこちらから
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/06/outreach-seminar.pdf

 ◎第2回IMR全国研修会in 横浜◎
 【日時】2016年7月17日(日)~18日(祝)
 【会場】横浜市総合保健医療センター (〒060-0002横浜市港北区鳥山町1735)
 ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=9965
 ☆チラシはこちらから
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/05/IMR-Yokohama-201607.pdf

 ◎リカバリー全国フォーラム2016◎
 【日時】2016年8月26日(金)~27日(土) <仮押さえ中>
 【会場】帝京平成大学 池袋キャンパス・本館 (東京都豊島区東池袋)
 ☆詳細はコンボのHPから
  https://www.comhbo.net/?page_id=102
 ☆プログラムはこちらから
  https://www.comhbo.net/?page_id=10271
 ☆チラシはこちらから
  https://www.comhbo.net/wp-content/uploads/2016/05/RNF2016-Flier-May-ver.pdf
 ※事前申込みの受付開始まで、いましばらくお待ちください。

○===============================○
  熊本地震復興支援募金 ~ご協力をお願いいたします!~
○===============================○
  ☆詳細はコンボのHPから
  → https://www.comhbo.net/?page_id=10107
  ☆地域精神保健福祉サポートセンターのHP
  → http://cmhawsc.web.fc2.com/
  ☆広報・周知にチラシをご活用ください
  → http://cmhawsc.web.fc2.com/assets/20160520siennkinbosyu_tirashi.pdf
○===============================○
  コンボの活動にご協力をお願いします
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://www.comhbo.net/?page_id=190
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → 《書籍》 https://www.comhbo.net/?page_id=2537
    → 《DVD》 https://www.comhbo.net/?page_id=2298
 【寄付を通じて】
    → https://www.comhbo.net/?page_id=182
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームのモニタリング調査、スタッフ養成及びスーパービジョン体制の整備
○===============================○
  《熱中症予防声かけプロジェクト》
   www.hitosuzumi.jp
   コンボも参加しています!
   「暑さ対策川柳」を募集中(締切7/15)
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
https://www.comhbo.net/?page_id=10144
☆6月号のテーマは「親なき後に備える」
***********************************************************
認定NPO法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/comhbo
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2016-06-17 21:55 | 教育 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:学校MHL教員向けセミナーのお知らせ

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。関東でもやっと梅雨があけ、いよいよ夏本番です。コンボでは夏といっしょにやってくるリカバリー全国フォーラムの開催準備に、目下まい進中です!本日は、8月のイベントを中心にご案内をお送りいたします。

★HEADLINES★
 (1) 学校MHL教員向けセミナーのご案内
 (2) コンボ後援イベント:フォーラム『うつ病と躁うつ病を知る』(埼玉県さいたま市)
 (3) ピアサポートグループ開催情報
 (4) コンボイベント最新情報

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  学校MHL教員向けセミナー in 横浜
  2014年8月7日(木) ~申込み受付中~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

 NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)では、効果の上がる学校メンタルヘルスリテラシー教育「こころの体験学習」プログラムの開発を各地の教育委員会・中学校のご協力のもと進めています。今回、神奈川県の学校教育関係者の皆さまを対象にした、「学校MHL教員向けセミナー」を企画いたしました。またトピックスとして「生徒のメンタルヘルス-アディクションの観点から-」と題した講演も予定しています。
☆プログラムの詳細はこちらから
→ http://www.comhbo.net/event/report/report_20140807.html
☆チラシ(申込用紙、会場地図つき)はこちらから
→ http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20140807mhl.pdf
【日時】2014年8月7日(木)13:30~17:00
【会場】ウィリング横浜 5階501研修室(横浜市南区上大岡西 1-6-1)
【参加費】無料
【対象】神奈川県内の学校教育関係者

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 プログラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〇「生徒のメンタルヘルス~アディクションの観点から~」
  松下年子(横浜市立大学 医学研究科精神看護学教授)
〇「海外と日本における学校メンタルヘルスリテラシー教育の現状」
  上松太郎(NPO法人コンボ)
〇「こころの学習プログラム」の紹介
【お申込・お問合せ先】
NPO法人コンボ内 学校MHL教育研究会
TEL:047-320-3870
FAX:047-320-3871
★事前申込みをお願いいたします(7/31まで)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  ピアサポートグループ開催情報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
☆最新情報はウェブサイトから
→ http://comhbo.net/2013/peersupport/genki-plus.html
○7/26(土)盛岡ハートネット第24回お茶っこの会(岩手県盛岡市)New!
○7/26(土)札幌ピアサポートグループSAPIA オープングループ(北海道札幌市)New!
○7/27(日)元気+サークルズ in 清瀬(東京都清瀬市)New!
○7/28(月)うつ病友の会(栃木県宇都宮市)
○8/23(土)元気+サークルズ in 秋葉原(東京都千代田区)New!

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
  ≪コンボ後援イベント≫
  ☆NHKエンタープライズ主催☆
  フォーラム『うつ病と躁うつ病を知る』 in さいたま
     2014年8月10日(日)
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 このフォーラムは、病気についての正しい知識や、生活をしていくうえで役に立つさまざまな情報を専門分野の方々(医療従事者、当事者、家族など)が分かりやすく紹介し、うつ病や躁うつ病にかかわるひとりでも多くの方に希望をお届けできるような催しを目指しています。
◎プログラムの詳細・お申し込み方法などはこちらから
→ http://www.forum-bipolar.com/
【日時】2014年8月10日(日)
【会場】大宮ソニックシティ 大ホール(埼玉県さいたま市大宮区)
【参加費】無料
 ※事前のお申込みが必要です。(先着順、定員になり次第締め切り)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  出演者
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○加藤忠史(理化学研究所脳科学総合研究センター精神疾患動態研究チーム シニア・チームリーダー)
○大野裕(国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長&認知行動療法研修開発センター 理事長/コンボ理事)
○当事者・ご家族の方
◆コーディネーター:町永俊雄(福祉ジャーナリスト、元NHKキャスター)
【お問合せ】
NHKエンタープライズ「うつ病と躁うつ病を知る」係
電話 03-3465-0701(平日の10:00~17:00)

●~●~●~●~●~●
 コンボ★イベント
 最 新 情 報
●~●~●~●~●~●
◎リカバリー全国フォーラム2014◎
【日時】2014年8月29日(金)~30日(土)
【会場】帝京平成大学 池袋キャンパス(東京都豊島区)
☆最新情報はコンボのHP&フォーラムウェブサイトから
→ http://www.comhbo.net/event/report/report_201408291.html
→ http://recoveryforum.net/

〇===============================〇
 ◆コンボは熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています◆
 「ひと涼みしよう 熱中症予防声かけプロジェクト」
  ~みんなが少し意識して変えるだけで、熱中症被害は防げる!~
  ◎公式サイト: http://www.hitosuzumi.jp/
〇===============================〇
  ◎コンボの活動にご協力をお願いします◎
○===============================○
 さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、皆さまからのご理解・ご協力に支えられています。コンボへの皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。
 【賛助会員として】
   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi
 【書籍・DVD等の購入を通じて】
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/shop/main.cgi?mode=cart&sid=1
 【寄付を通じて】
    → http://www.comhbo.net/main/content003.html
 ※賛助会員のお申込み、書籍・DVD等のご注文、ご寄付はお電話・ファックス・郵送でもお受けしております。

○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2014-07-24 22:22 | 教育 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:学校MHL教育第2回インストラクター養成研修会のご案内

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。1月も半ばとなり、いよいよ寒さが増してきました。寒さに負けず、コンボでは「熱い」イベントが目白押しです。

★HEADLINES★
  (1)  学校MHL教育プログラム研修会
  (2)  ピアサポートグループ開催情報
  (3)  コンボ後援イベント:映画上映会(千葉県浦安市)
  (4)  コンボイベント最新情報
  (5)  コンボHP~What’s New?~

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 2013年度第2回
 『学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムインストラクター養成研修会』
     2014年2月9日(日)
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

 こんにち中学校の教育現場では、ひきこもりや不登校、摂食障害、虐待やいじめ、うつ病や自殺など学校メンタルヘルスに関する対策が喫緊の課題になっていますが、中学校では、メンタルヘルスに関する基礎的な知識や対応方法(メンタルヘルス・リテラシー)に関する教育が十分に提供されていない厳しい現状があります。そのため、専門家に援助を求める行動が遅延し、必要な専門機関受診が遅れ、深刻な事態を引き起こす大きな原因になっています。
 これに対して、私たち NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)は、保健・医療・福祉が連携して取り組むメンタルヘルス教育プログラムとして、中学校を対象にした「こころの体験学習」プログラムを開発し、東京都、千葉県、島根県の中学校においてモデル事業に取り組んできました。
 この教育プログラムをさらに全国に拡大するために、インストラクター養成研修会を開催しています。この研修会は、各地域の中学校でこの教育プログラムを実施するインストラクターを養成することを目的として実施するものです。

    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20140209.html
    ☆チラシ(申込書つき)のダウンロードはこちらから
    → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/2013MHL_annai.pdf

【日時】2014年2月9日(日)10:00~17:00

【申込】事前申込:1/20まで
   (当日のお申込みも可能ですが人数確認のため事前申込にご協力ください) 
【参加費】1,000円
   (当日ご持参ください)

【対象】精神科の看護師、精神保健福祉士、スクールカウンセラー、作業療法士、教育関係者、家族会会員、福祉系・心理系・看護系大学に所属する大学生・大学院生、家族会、当事者、学校メンタルヘルスリテラシーに関心のある方など

【会場】日本社会事業大学文京キャンパス(東京都文京区小石川5-10-12)
   アクセス → http://www.jcsw.ac.jp/about/outline/access.html

【主催】NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)
    学校メンタルヘルスリテラシー教育研究会

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 《コンボピアサポートグループ支援事業》
 「元気+サークルズ」(ピアサポートグループ)開催情報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

  ☆最新情報はウェブサイトから
  → http://comhbo.net/2013/peersupport/genki-plus.html

  ○1/17(金)元気+サークルズ in 清瀬(第41回)(東京都清瀬市)
  ○1/19(日)成田ぴあぴあ倶楽部(千葉県成田市)
  ○1/19(日)元気+サークルズ in まちぴあ(栃木県宇都宮市)
  ○1/25(土)こころパートナーズ(千葉県松戸市)
  ○1/26(日)元気+サークルズ in 清瀬(第42回)(東京都清瀬市)
  ○2/16(日)元気+サークルズ in まちぴあ(栃木県宇都宮市)
  ○3/16(日)元気+サークルズ in まちぴあ(栃木県宇都宮市)

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
 ≪コンボ後援イベント≫
 ☆浦安市ソーシャルサポートセンター主催☆
  『むかしMattoの町があった』映画自主上映会
    2014年1月29日(水)in 千葉県浦安市
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆

 ◎プログラム・お申込み方法など詳細はこちらから
 → http://180matto.jp/show_detail.php?id=130

 【日時】 2014年1月29日(水)
 【会場】 浦安市文化会館小ホール(千葉県浦安市猫実1-1-2)
 【お問合せ】TEL: 047-353-2130(浦安市ソーシャルサポートセンター) 
 ※事前申込不要です。直接会場へお越しください。


●~●~●~●~●~●~●
  コンボ★イベント
  最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●

◎こんぼ亭第20回月例会◎
★事前申込:1/17(金)まで!★
   『精神科医療の未来を本気で語る』~新春企画:初夢放談!~
   【日時】2014年1月25日(土)
   【会場】北とぴあ(東京都北区王子1-11-1)
   【出演】池淵恵美(帝京大学教授)、大野裕(国立精神・神経医療研究センター)、加藤忠史(理化学研究所)
   ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/event/report/report_20131210.html
   ☆コンボの書籍・DVDなど、ブースにてご覧ください!

◎こんぼ亭第21回月例会◎
   『本人が望まない入院はどうあるべきか~保護者制度の廃止と医療保護入院~』
   【日時】2014年2月22日(土)
   【会場】かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール(東京都葛飾区立石6-33-1)
   【出演】池原毅和(弁護士)、野村忠良(東京都精神障害者家族会連合会「東京つくし会」)、宇田川健(NPO法人コンボ)
   ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップします
   ☆コンボの書籍・DVDなど、ブースにてご覧ください!

◎こんぼ亭第18回月例会:振替公演◎
   『新しい治療方法をめぐる冒険~統合失調症の研究はドラマに満ちている~』
   【日時】2014年4月5日(土) ※2013年10/26の振替公演です
   【会場】荏原文化センター(東京都品川区中延1-9-15)
   【出演】糸川昌成(東京都医学総合研究所)、島本禎子(杉並家族会)、ほか
   ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/event/report/report_20131210.html
   ☆コンボの書籍・DVDなど、ブースにてご覧ください!

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  コンボ★HP ~What’s New?~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

○コンボのHPに、こんぼ広報チラシ(PDF)をアップしました
  → http://www.comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_3.pdf
  (1) 画面左上「メインメニュー」より「COMHBOとは」をクリック
  (2) ページの一番下をクリック
  ◎「コンボとはこんな団体なんです」ということをご紹介する時にお配りしています。皆さんも一度ぜひご覧になってください。

○===============================○
  ◎コンボの活動にご協力をお願いします◎
○===============================○

  さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、賛助会員の皆様からの会費に支えられています。ぜひ会員になっていただき、コンボの活動にご協力のほど、よろしくお願いいたします。

   ☆会費は1年間5,000円です
   ☆会員の方は、コンボ主催の各種イベントが割引になります。また、情報提供誌「こころの元気+」を毎月1冊ずつ1年間(計12冊)お届けします。
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから(お電話、ファックス、郵送でも受付けています)
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi

○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Website: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2014-01-19 12:37 | 教育 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムがテレビで紹介されました

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。本日は速報です。コンボの事業のひとつ、学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムがNHK(Eテレ)の番組で紹介されました。本放送は昨夜でしたが、まだ再放送があるそうです。再放送は深夜になりますが、ぜひご覧になってみてください!
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 NHK Eテレ 「オトナへのトビラTV」
  ~学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムが紹介されました~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
◎「オトナへのトビラTV」昨夜の放送◎
http://www.nhk.or.jp/otona/p2013/131010.html

◎再放送◎
NHK Eテレ
10月15日(火)午前0時30分~0時59分(月曜深夜)

☆MC: 有吉弘行さん、鈴木奈々さん
☆ゲスト: 松本ハウスのお二人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムとは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今日中学校の教育現場では、ひきこもりや不登校、摂食障害、虐待やいじめ、うつ病や自殺など学校メンタルヘルスに関する対策が喫緊の課題になっています。しかし、中学校では、メンタルヘルスに関する基礎的な知識や対応方法(メンタルヘルス・リテラシー)に関する教育が十分に提供されていない厳しい現状があります。そのため、専門家に援助を求める行動が遅延し、必要な専門機関への受診が遅れ、深刻な事態を引き起こす大きな原因になっています。
 これに対して、私たちNPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)は、保健・医療・福祉が連携して取り組むメンタルヘルス教育プログラムとして、中学校を対象にした「こころの体験学習」プログラムを開発し、東京都、千葉県、島根県の中学校においてモデル事業に取り組んできました。 現在は神奈川県・静岡県内の中学校にもご協力をいただき、事業を続けています。 
 実施校も随時募集していますので、興味のある方はコンボまでお問い合わせください。
○===============================○
  ◎コンボの活動にご協力をお願いします◎
○===============================○
  さまざまなイベント・研修会や情報提供など、NPO法人コンボの活動は、賛助
 会員の皆様からの会費に支えられています。ぜひ会員になっていただき、コン
 ボの活動にご協力のほど、よろしくお願いいたします。

   ☆会員費は1年間5,000円です
   ☆会員の方は、コンボ主催の各種イベントが割引になります。また、情報
    提供誌「こころの元気+」を毎月1冊ずつ1年間お届けします。
   ☆賛助会員のお申込みはこちらから(お電話、ファックス、郵送でも受付け
     ています)
    → https://x172.secure.ne.jp/~x172042/support_member_apply/main.cgi
○===============================○
  《競輪 RING!RING!プロジェクトの補助を受けています》
   「こころの元気+」の制作&PNPP(ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト)
  《日本財団の助成を受けています》
   ACTチームへの調査及びアウトリーチ支援に係わるスタッフ養成事業
○===============================○
●「こころの元気+」最新号の情報はこちらからご覧になれます。
http://www.comhbo.net/mental_energy/index.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf
***********************************************************
特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Webpage: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)
***********************************************************
下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2013-10-13 15:33 | 教育 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:学校メンタルヘルスリテラシー研修会のお知らせ

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは、コンボ広報チームです。本日は、最近注目を集めつつある、学校メンタルヘルスリテラシー(MHL)の研修会に ついて、お知らせをお送りします。

★今回ご紹介するのは★
   (1)  学校メンタルヘルスリテラシー(MHL)研修会
   (2)  コンボイベント最新情報
   (3)  コンボ出展スケジュール

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
2012年度第2回『学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムインストラクター養成研修会』~あなたの学校を元気にする「こころの体験学習」プログラムの普及をめざして~
2013年2月17日(日)
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 こんにち中学校の教育現場では、ひきこもりや不登校、摂食障害、虐待やいじめ、 うつ病や自殺など学校メンタルヘルスに関する対策が喫緊の課題になっていますが、中学校では、メンタルヘルスに関する基礎的な知識や対応方法(メンタルヘルス・リテラシー)に関する教育が十分に提供されていない厳しい現状があります。そのため、専門家に援助を求める行動が遅延し、必要な専門機関への受診が遅れ、深刻な事態を引き起こす大きな原因になっています。
 これに対して、私たちNPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)は、保健・医療・ 福祉が連携して取り組むメンタルヘルス教育プログラムとして、中学校を対象にした 「こころの体験学習」プログラムを開発し、東京都、千葉県、島根県の中学校におい てモデル事業に取り組んできました。
 この教育プログラムをさらに全国に拡大するために、インストラクター養成研修会を今年度も開催致します。本研修会は、各地域の中学校でこの教育プログラムを実施するインストラクターを養成することを目的としています。

※内容の詳細・申込方法および申込書はコンボのHPからダウンロードできます
→ http://www.comhbo.net/event/pdf_data/2013-2kenshukai.pdf

【日時】2月17日(日)10:00~17:00
【参加費】1000円(資料代)※当日持参してください

【申し込み】
  申込書に必要事項を記入の上、ファックス(047-320-3870)でお送りください
  ※事前申込締切り:2月10日

【会場】日本社会事業大学文京キャンパス (東京都文京区小石川5-10-12)
  地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅より徒歩5分
  アクセス → http://www.jcsw.ac.jp/enter/documents/bunkyou_tizu2.pdf

【対象】
  精神科の看護師、精神保健福祉士、スクールカウンセラー、作業療法士、
  教育関係者、家族会会員、福祉系・心理系・看護系大学に所属する大学生・
  大学院生、家族会、当事者、学校メンタルヘルスリテラシーに関心のある方など
【主催】NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ) 学校メンタルヘルスリテラシー教育研究会

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  コンボ★イベント
  最 新 情 報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●

◎ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト(P.N.P.P.)◎
  『PNPP@千葉』
  【日時】2013年2月2日(土)13:00 ~ 16:00
  【会場】千葉市文化センター/6階スタジオ1(千葉県千葉市中央区)
   ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/event/report/report_20130202.html
   ☆チラシのダウンロードはこちらから
   → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/PNPP_chiba.pdf

◎アウトリーチセミナー◎
  『被災地におけるアウトリーチ』
  【日時】2013年2月22日(金) 13:00~16:00
  【会場】仙台市福祉プラザ ふれあいホール(宮城県仙台市青葉区)
   ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/event/report/report_20130222.html
   ☆チラシのダウンロードはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
   → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20130222_outreach.pdf

◎こんぼ亭第14回月例会◎ 事前申込締切:2/15
  『不眠はみんなの悩み~眠れないあなたに捧げる~』
  【日時】2013年2月23日(土)12:30開場 13:00~15:30
  【会場】北とぴあ つつじホール(東京都北区)
   ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/event/report/report_20121217.html
   ☆チラシのダウンロードはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
   → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/121217_14_sleep_trouble_flyer.pdf

◎『ピアサポートフォーラム』◎
  【日時】2013年3月2日(土) 13:00~17:00
  【会場】中央大学駿河台記念会館(東京都千代田区)
   ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップいたします

◎第9回精神障害者自立支援活動賞:表彰式◎
  【日時】2013年3月8日(金)
  【会場】ベルサール八重洲(東京都中央区)
   ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップいたします

◎ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト(P.N.P.P.)◎
  『PNPP@富山』
  【日時】2013年3月10日(日)13:00 ~ 16:00
  【会場】富山県民共生センターサンフォルテ / 303&304研修室(富山県富山市)    ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/event/report/report_20130202.html
   ☆チラシのダウンロードはこちらから
   → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/PNPP_toyama.pdf

◎ピア・ネットワーク・プロモーション・プロジェクト(P.N.P.P.)◎
  『PNPP@大阪』
  【日時】2013年3月14日(木)13:00 ~ 16:00
  【会場】大阪市立総合生涯学習センター(大阪市北区)
   ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップいたします

◎高森信子氏研修会◎ 事前申込締切:3/10
  『相談支援のコミュニケーション技術
  ~コミュニケーションが難しいと感じるときの対応について~』
  【仙台会場】2013年3月18日(月) エル・パーク仙台 セミナーホール
  【福島会場】2013年3月19日(火) 二本松市市民交流センター 多目的室
   ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20130318.html
   ☆チラシのダウンロードはこちらから
    → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20130318_takamori_chirashi.pdf
   ☆申込用紙のダウンロードはこちらから(両会場共通)
    → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20130318_takamori_moshikomi.pdf
   〈注〉福島会場が「コラッセふくしま」から「二本松市市民交流センター」に変更
    となりました。

◎こんぼ亭INTERNATIONAL◎
  『むかしMattoの町があった』上映会&トークライブ!
  【日時】2013年3月23日(土)
  【会場】かつしかシンフォニーヒルズ(東京都葛飾区)
   ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップいたします

◎こんぼ亭第15回月例会◎ 事前申込締切:4/19
  『iPS細胞の研究は精神疾患の治療に何をもたらすのか』
  【日時】2013年4月27日(土)
  【会場】葛西区民館(東京都江戸川区)
   ☆詳細は近日中にコンボのHPにアップいたします
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
◎コンボ出展スケジュール◎
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
★コンボのブースにぜひお立ち寄りください!お待ちしております。

◎精神障害者中央就業セミナー◎
「働く喜びを拡げよう~当事者からのメッセージ~」
【日程】2013年2月1日(金)
【会場】KFCホール(国際ファッションセンター)(東京都墨田区)
【ウェブサイト】 http://vfoster.org/event/view/142

◎NHKフォーラム◎
「統合失調症を生きる ~病とともに 自分らしく~」
【日程】2013年2月11日(月・祝)
【会場】岡山シンフォニーホール 大ホール(岡山県岡山市北区)
【ウェブサイト】 http://www.forum-nep.com/tougou/

◎第6回 世界精神医学会◎
「アンチスティグマ分科会 国際会議 ~こころの絆 わたしたちのリカバリー~」 【日程】2013年2月12日(火)~14日(木)
【会場】砂防会館(東京都千代田区 地下鉄永田町駅徒歩1分)
【ウェブサイト】 http://www.congre.co.jp/anti-stigma2013/ja/index.html
***********************************************************
以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf

特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Webpage: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)

下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2013-01-31 23:11 | 教育 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便:学校メンタルヘルスリテラシー研修会

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは。コンボ広報チームです。本日はお知らせが二つあります。一つ目はコンボで取り組んでいる学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムの 研修についてです。このプログラムについては、先月のリカバリー全国フォーラム(http://recoveryforum.net/)でも分科会をお願いし、発表や活発な討論が行われ ました。二つ目は、「うつ病と躁うつ病を知る」というNHKのフォーラムで行われるワーク ショップへの参加者募集のお知らせです。このフォーラムには、12月のこんぼ亭月例会で登場する加藤忠史さん(理化学研究所脳科学総合研究センター)が出演なさいます。そしてコンボでもコンボライターの皆さんをご紹介するなどして協力しています。

★12月のこんぼ亭★
「躁うつ病のことをもっと知りたい!~病気とのつきあい方・診断・治療・最新研究etc.~」についてはこちらから
→ http://www.comhbo.net/event/report/report_20120425.html

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
2012年度第1回『学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムインストラクター養成研修会』~あなたの学校を元気にする「こころの体験学習」プログラムの普及をめざして~
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 こんにち中学校の教育現場では、ひきこもりや不登校、摂食障害、虐待やいじめ、 うつ病や自殺など学校メンタルヘルスに関する対策が喫緊の課題になっていますが、中学校では、メンタルヘルスに関する基礎的な知識や対応方法(メンタルヘルス・リテラシー)に関する教育が十分に提供されていない厳しい現状があります。そのため、専門家に援助を求める行動が遅延し、必要な専門機関への受診が遅れ、深刻な事態を引き起こす大きな原因になっています。
 これに対して、私たちNPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)は、保健・医療・福祉が連携して取り組むメンタルヘルス教育プログラムとして、中学校を対象にした「こころの体験学習」プログラムを開発し、東京都、千葉県、島根県の中学校においてモデル事業に取り組んできました。
 この教育プログラムをさらに全国に拡大するために、インストラクター養成研修会を今年度も開催致します。本研修会は、各地域の中学校でこの教育プログラムを実施するインストラクターを養成することを目的としています。

※内容の詳細・申込方法および申込書はコンボのHPからダウンロードできます
→ http://www.comhbo.net/event/report/report_20120914.html

【日時】平成24年10月14日(日)10:00~17:00
【会場】日本社会事業大学文京キャンパス(東京都文京区小石川)
【申し込み】事前申し込みが必要です ※締切り:10月10日(水)
【参加費】無料
【対象】精神科の看護師、精神保健福祉士、スクールカウンセラー、作業療法士、教育関係者、家族会会員、福祉系・心理系・看護系大学に所属する大学生・大学院生、家族会、当事者、学校メンタルヘルスリテラシーに関心のある方など
【主 催 者】NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ) 学校メンタルヘルスリテラシー教育研究会
【問い合わせ】NPO法人コンボ(担当:桶谷・李)

●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
「NHKハートフォーラム うつ病と躁うつ病を知る~ワークショップ~」
◎TV収録参加者募集のご案内◎
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
 10月6日、東京ウィメンズプラザホール(東京都渋谷区)にて開催される「NHKハートフォーラムうつ病と躁うつ病を知る~ワークショップ~」では、テレビ番組のための収録がおこなわれます。今回はパネリストと客席とのやりとりを含めた参加型のフォーラムになっています。このTV収録にご参加ご希望の方は、下記6つの質問にご回答の上、「NHKハート フォーラムうつ病と躁うつ病を知る~ワークショップ~」制作までFAX(03-3481-2088)又はEmail(info@forum-nep.com)にてお申込ください。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

*申込は先着順です。
*一般参加については定員に達し、応募を締め切らせていただきました。
*フォーラムのホームページ
  → http://www.npwo.or.jp/info/2012/2012utu_tokyo.html

(1)あなた自身についてお聞かせください。
  → □当事者 □家族(年齢、当事者の病名、当事者の病歴も)
(2)発言内容の事前取材は可能ですか。→□はい □いいえ
(3)精神療法ワークショップへの参加は可能ですか。→□はい □いいえ
(4)お名前(ふりがな)、住所、電話番号、メールアドレス
(5)今回のフォーラムで知りたいこと
(6)今回のフォーラムで伝えたいこと

【お問い合わせ】
〒150-0047東京都渋谷区神山町4-14 第三共同ビル
株式会社NHKエンタープライズ
「NHKハートフォーラム うつ病と躁うつ病を知る ~ワークショップ~」制作担当
TEL:03-3460-2021(平日13時~18時)

◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
◎コンボ出展情報◎
ぜんせいれん(NPO法人全国精神障害者団体連合会)の第12回全国大会in神奈川でコンボが出展します
◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆=◆
【日程】2012年9月29日(土)&30日(日)
【会場】神奈川県小田原市市民会館&国際医療福祉大学小田原保健医療学部
【ウェブサイト】 http://www18.ocn.ne.jp/~zenseirn/12taikai.html
★コンボのブースにぜひお立ち寄りください!お待ちしております。
***********************************************************
以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf

特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
http://comhbo.net
http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL 047-320-3870 FAX 047-320-3871
info@comhbo.net(コンボ広報チーム)

http://comhbo-mail.blogspot.com/
こちらで過去のお知らせメール便がご覧になれます。
by open-to-love | 2012-09-19 22:15 | 教育 | Trackback | Comments(0)
コンボお知らせメール便「学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラムと本の紹介」

盛岡ハートネットのみなさま

今日のお知らせメール便は
★『学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラム第2回インストラクター養成研修会』開催のご案内
★「うつ病の人の気持ちが分かる本」の紹介です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★『学校メンタルヘルスリテラシー教育プログラム第2回インストラクター養成研修会』開催のご案内
 中学校では、メンタルヘルスに関する基礎的な知識や対応方法(メンタルヘルス・リテラシー)に関する教育が十分に提供されていない厳しい現状があります。NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)は、保健・医療・福祉が連携して取り組むメンタルヘルス教育プログラムとして、中学校を対象にした「こころの体験学習」プログラムを開発し、東京都A市・B市、千葉県C市、島根県D市の中学校においてモデル事業に取り組んで、その有効性を明らかにしてきました。
 つきましては、この教育プログラムをさらに全国に拡大するために、インストラクター養 成研修会を開催致します。本研修会は、各地域の中学校でこの教育プログラムを実施 するインストラクターを養成することを目的として実施するものです。
 席にまだ少し余裕がありますので、ご関心のある方は必要事項を参加申込書にご記入 の上、8月4日(木)正午までにFAXを送って下さい(FAX: 047-320-3871 )
【日時】:平成23年8月5日(金)10:00~17:00
【申し込み】:事前申し込みが必要です
【〆切】:平成23年8月4日(木)正午まで
【参加費】:無料(懇親会は会費がかかります)
【対象】:精神科の看護師、精神保健福祉士、スクールカウンセラー、作業療法士、教育関係者 、家族会会員、福祉系・心理系・看護系大学に所属する大学生・大学院生、学校メンタルヘルスリテラシーに関心のある方など
【会場】: 日本社会事業大学文京キャンパス
【主 催 者】:NPO法人地域精神保健福祉機構(コンボ)
 学校メンタルヘルスリテラシー教育研究会
http://comhbo.net/event/report/report_20110729.html
申込書はこちらよりダウンロードして下さい。
http://comhbo.net/event/pdf_data/twice_workshop_guide.pdf
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
★コンボは講談社より出版された「うつ病の人の気持ちがわかる本」を監修いたしましたのでお知らせいたします。

こころライブラリー イラスト版
「うつ病の人の気持ちがわかる本」
監修:大野裕
   NPO法人地域精神保健福祉機構コンボ

この本はイラストや図表をたくさん使いながら、うつの人の気持ちや対処法を、わかりやすく説明した本です。
はっきり言って精神科のお医者さんに「休みましょう」と言われて「休み方」のわかるうつ状態の人はいないと思います。僕は最近「大いなるうつ状態」になって主治医に「1週間休やすみましょう」と言われました。「休むって何をしたらいいかわかりません。」と主治医に言ってしまいました。それは、自分が「大いなるうつ状態」であることを確認するきっかけになりました。
その答えがこの本にはありました。第2章「わからないから不安になる」には「休養 ?「休み方」がわからない」という項目があります。ここにも本人の体験談が載っています。
というように、うつ状態の重かったあの時、言葉にできていれば・・・という思いが、「あれはここ」、「あれもこれ」と何もかもが載っている本です。

第3章の「見守るってどういうこと」では必ず誰もが知ってる「励ましてはいけない」は、もう書かれていません。「励ます以外にどうすればいい?」が書いてあります。

どの職場にも1冊おいて欲しい本です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【ご注文方法】
(1)お電話かファックスでご連絡ください。
ファックスの場合は、1、本の題名 2、ご注文冊数 3、送り先ご住所 4、お名前 5、電話番号をお書き下さい。
TEL 047-320-3870 / FAX 047-320-3871  担当:田口、黒澤
(2)メールでご注文いただけます  →  book@comhbo.net
ファックス同様メールの本文に1、本の題名 2、ご注文冊数 3、送り先ご住所 4、お名前 5、電話番号をお書き下さい。

【お支払い方法】
お電話・ファックス・メールでのご注文の場合は、書籍と一緒に郵便振替用紙を同封してお送りしますので、書籍が届いた後で郵便局でお支払いください。
***********************************************************
以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf

特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
http://comhbo.net
http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL 047-320-3870 FAX 047-320-3871
info@comhbo.net
コンボお知らせメール便 担当:宇田川健

http://comhbo-mail.blogspot.com/
こちらで過去のお知らせメール便がご覧になれます。
by open-to-love | 2011-08-02 21:18 | 教育 | Trackback | Comments(0)
家族のための相談コーナー 今月の相談「休学支援」

□価値観を見つめなおしながら納得できる道の模索を
(津田塾大ウェルネスセンターカウンセラー 岡伊織)

■精神障害をもつ人への教育支援が少ない現状

 中学までが義務教育と定められているわが国では、それ以降の進路は各自の選択に委ねられています。とはいえ、実際のところ高校へは9割以上、また大学へも高卒者の半分近くの人たちが進学しています。中学後の教育が特別なものではなくなり、また少子化が問題となる昨今、様々な教育支援策が提供されるようになってきていますが、統合失調症などの精神障がいを持つ人に特別にあわせた教育支援策はほとんどないのが現状です。
 それでは、一度病気になったら在学、進学をあきらめなければならないのかと言うと、決してそんなことはありません。高校、大学の時期はちょうど統合失調症を発病しやすい時期ですが、休学して病状の安定を得た後に復学し、卒業していった生徒・学生たちを私も何人か知っています。
 確かに学校生活は、授業を受けたり課題をこなしたり、友人関係を含めてなかなかエネルギーの要るもので、生じるストレスも少なくないでしょう。一定期間治療に専念し病状の安定をはかることは、学校生活を再開するためにもとても重要なことで、それには多くの場合休学または退学という形をまずは取ることになるでしょう。
 このような時期は、先の見えない毎日にご家族の不安も募り、更に休学中の場合は経済的な事情も絡んできますので焦りも加わってくるかもしれません。

■復学を急がず進路の幅を広げる

 高校や大学に籍があることはご本人にとって「とりあえず休息できる…」という安心材料になりますが、同時に、周りが復学を急かすと「早くよくならないと…」というプレッシャーから無理をしてしまい、せっかく落ち着いた病状が再び悪くなる危険性もあります。休学も、まだ不確かな先のこと(大学進学)に焦点を当てるより、大学進学を含めて進路を模索していける時期として捉える方が、ご本人の選択の幅も広がり、気持ちは楽になるのではないでしょうか。
 回復の過程は、病状だけでなく、ご本人の周りにある社会資源や性質によっても異なるわけですから、一概にそのペースを定めることは難しいと思います。主治医から現在とこれからの診たてを聞き、ある程度の見通しを家族として持ちつつも、やはり大切なのは、今現在のご本人の経験そのものなのだということを認識しておく必要があります。
 たとえ復学されなくても、病気を機に自らの進路を考え直し別の道を納得して選ばれる方もたくさんいらっしゃいます。このような方々は、病気を含めた一つひとつの経験を通して、人間としての成長をされているのだと思います。

■支援策が少ない中で利用可能な施策は

 さて、はじめに精神障がいを持つ人に向けた教育支援策はないと書きましたが、その理由の一つは、精神障がいに関わる施策のほとんどが厚生労働省によるという現状にあります。教育施策は文部科学省管轄になりますので、関わりが乏しくなるのです。縦割り行政の弊害といえるかもしれません。しかし、それでは精神障がいのある方にとって利用可能な施策がないかというとそうではありません。
 例えば、公立の中学校にはスクールカウンセラーが配置されていますが、高校でもスクールカウンセラーを置いているところがあり、多くの大学にもカウンセラーがいます。もし在籍校に彼らがいれば、休学・復学について相談してみるのも一つです。復学をするとしたら、その時に重要になってくる先生方との連携についても一緒に考えてくれるでしょう。
 学校という枠組みの中で学業を続けていくためにはある程度の融通性が必要で、それは一人よりも、相談できる人と一緒に情報を得ながら考えた方が広がるのではないかと思います。
 また、在籍校にカウンセラーがいない、あるいは学校に在籍していない場合、公的機関である教育相談センターがお住まいの自治体にもあると思います。そこでは高校生位までの方を対象に進路や学業の相談を臨床心理士などが受けています。各種学校についての情報も持っていますので、在籍校以外の道を考える際の助けになります。

■中学以後の進路として考えられるもの

 中学以後の進路としては、全日制や定時制の高校の他にも単位制や通信制の高校もあります。通信制高校は、自宅学習を基本にレポート提出やスクーリングを受けることで高校卒業資格が得られます。
 また、サポート校と呼ばれる学校も近年増えています。これは通信制高校の授業補習を行う民間の教育機関で、提携する通信制高校の単位を合わせて取ることで卒業資格が得られるところが多いです。サポート校の中には制服や校則などもあり、一般の高校と雰囲気の変わらないところもありますが、生徒に合わせた様々な支援体制をおいているのが特徴です。
 更に、高校に進学しなかったり中退した人が、高卒者と同等以上の学力があると認定を受けるためにあるのが、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験・旧大検)です。これは高校卒業の学歴を与えるものではないので、就職の際は高卒者と同等に扱われない場合もあるようですが、大学や専門学校への進学は可能になります。そして、16歳以上であればいつでも受けられます。
 親にとって、病気になった子どもの進路を心配し心を砕くことは、その成長過程を見守っていくことに他なりません。自らの価値観を見つめなおしながら、ご本人が納得できる道の模索を共に進むことが大切です。

全福連「みんなねっと」14号(2008年6月)特集「休学支援」
by open-to-love | 2008-09-18 00:23 | 教育 | Trackback | Comments(0)
ワークショップ「みんなちがってみんないい」お知らせ

a0103650_13541366.jpg


ワークショップ「みんなちがってみんないい」~支えあうまちをめざして~

2008年10月4日(土)
と き 10:30~12:00(受付10:00から)
ところ プラザおでって3F大会議室(盛岡市中ノ橋通1-1-10)
平成20 年度 もりおか女性センター 市民団体支援事業
対 象 一般市民
定 員 30名
受講料 無 料
申込方法 電話にて受付 9/10 10 時より申込受付開始
託 児 5名 要予約(無料) 託児の申込は9/30 まで
<お問合せ・お申し込み先>
すまいる倶楽部 電話&FAX019-641-0738

障がいのある子もない子も
ともに育つことができたら
ス・テ・キ!
…盛岡が、そんなやさしさ
あふれるまちになればと願い
ワークショップを行います。

おもなプログラム
☆はじめに 障がいのある子を育てるとは…
☆ショートストーリー 『あたたかく見守ってね』
☆擬似体験
☆聴いてください。父の想い、母の気持ち
☆おわりに…みんなで支えあうには…

※専用の駐車場はありません。
おでって地下駐車場および近隣の有料駐車場をご利用ください。

ちなみに、石鹸づくりもやりますよ!

心地よい暮らしの提案セミナー~慈しみの石けんづくり~

 毎日の暮らしの中の洗顔、入浴、食器洗い、洗たくから掃除にいたるまで、石けん一つで環境にも家計にも優しい生活をしてみませんか?今回は、EM(有用微生物群)入りの石けんの作り方や、石けんを使った掃除の仕方などをお話します。ぜひこの機会に目からウロコの、すまいる倶楽部セミナーにみなさまお誘い合わせのうえお越しください。

と き 2008年10月7日(火) 10:30~12:30
ところ 厨川老人福祉センター 老人集会室(前九年3-7-1 TEL647-1982)
講 師 岩村のりこ(岩手エコマスター)
定 員 先着30名
参加費 500円(材料・保険・資料代含)
託 児 500円(先着5 名 要予約)

お持ちいただくもの
・エプロン(または汚れてもよい服装、長そで・長ズボン)
・ゴム手袋またはビニール手袋
・廃油 (米油、エコナ以外)
<お問合せ・お申し込み先>
すまいる倶楽部
電話 019-641-0738
FAX 019-601-1036
by open-to-love | 2008-09-11 14:06 | 教育 | Trackback | Comments(0)
「偏見」をなくすための方向性〜学校でメンタルヘルスの基礎知識を
(NPOコンボ代表理事 大島巌)

 昨年1月に設立された私たちNPO法人地域精神保健福祉機構・コンボは、団体設立の目標(ビジョン)を次のように定めました。ご記憶の方も多いと思いますが、それは、
 「精神障害をもつ人たちが主体的に生きていくことができる社会のしくみをつくりたい。そのために私たちは、地域で活動するさまざまな人たちと連携し、科学的に根拠のあるサービスの普及に貢献します」ということです。

□社会の偏見を正していく

 私たちは、精神障害をもつ方々がどうしても社会の中で受け身の立場に置かれがちなのは、そのような立場を強いる社会の仕組みがあるからだと考えています。その「社会の仕組み」を形づくるおおもとになっているのが、実は「社会の偏見」ということができるでしょう。精神障害をもつ方々、およびそのご家族が自信を取り戻し、ご自身が本来やりたかったことや、新しい夢を実現できる社会を築くためには、どうしても「社会の偏見」を正していくことを避けては通れません。

□学校精神保健福祉教育と早期介入プログラム

 私たちは、私たちの目標(ビジョン)を達成し、使命(ミッション)を実現するために、当面これから10年の間、力を入れて活動すべき課題を設定しました(こころの元気+創刊1号4〜5頁を参照)。その中の一つが、「学校に精神保健福祉教育を取り入れるための諸活動と早期介入プログラムの導入」です。「社会の偏見」是正には、ご存知のとおりこれまでも公私の各種機関・団体によってさまざまな努力がされてきました。多くの課題が山積しますが、その解決が容易でないことは御承知のとおりです。その中で私たちコンボが注目したのが、「学校精神保健福祉教育と早期介入プログラム」だったのです。

□私たちがこの取り組みに注目する理由

 私たちがこの取り組みに注目する理由の第一は、精神疾患の発症時期が小中学校・高校の学齢期が多いにもかかわらず、精神保健福祉の基礎知識すらほとんど教育されていないことが多いことです。そのためメンタルヘルスの問題を経験しても、専門サービスを上手に活用することができません。
 第二に、その結果、適切な治療を受けられない未治療期間が延び、多くの本人・家族が多大な苦労を強いられます。
 第三に、精神疾患は適切な支援・治療が早期に行われれば、その後の経過が改善する科学的根拠が明かにされています。私たちコンボは、まずは科学的根拠のあるサービスから取り組んで行く使命を持っています。
 第四に、学齢期・思春期の頃は誰しも思い悩む年代であり、多くの青少年にとってメンタルヘルスの問題は、人ごとではなく自分たち自身の問題でもあります。
 第五に、このことも関連して、学齢期・思春期など若い年代ほど精神疾患に対する「偏見」が少なく改善されやすいと考えられています。

□この取り組みがめざすもの

 以上のように、早期にメンタルヘルスの基礎的知識・技能を習得することができれば、自分自身の問題解決に役立つだけでなく、人間が共通に関わる問題であるメンタルヘルスへの共感性を高め、偏見を是正することにつながると考えます。
 私たちコンボは、清瀬市などで取り組まれている研究グループの活動と連携しながら、この活動を発展させていきたいと考えます。読者の皆さんも小中学校・高校時代のさまざまな思いと経験が交錯する領域からと思います。この活動へのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

コンボ「こころの元気+」通巻18号 2008年8月 特集「偏見をなくしたい 6『偏見』をなくすための方向性」

※なるほど。みなさん、協力しましょうね。(黒)
by open-to-love | 2008-08-28 20:43 | 教育 | Trackback | Comments(0)