精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:全精連( 2 )

第10回全国精神障害者団体連合会全国大会・さいたま大会が、9月12日、13日に埼玉会館で開催されます。
申し込み締め切りの延長が決定されました。お申し込み受付の締め切りはパンフレットでは7月25日となっておりますが、これは一次締め切りといたしました。大会当日9月12日まで受付期間を延長いたします。8月29日以前にお申し込みいただくと、JTBので対応できますので、ご宿泊や交通その他オプションも対応いたします。
8月30日以後は大会当日の会場でのお支払いとなります。できる限り8月29日までにお申し込みいただきますようお願い申し上げます。

2日目のプログラムのメインはスピークアウトです。ここでは精神障害当事者が3分間を限度に次々に自由に発言します。1時間半のスピークアウトで多くの当事者の声を聞いてください。
また当事者の皆さん、話に来てください。マスコミの方はどうぞ、取材に来てください。
声なき精神障害者というイメージを払拭するよい機会です。主張する精神障害者に会いにきてください。
なお、作業所、デイケア、授産施設、地域生活支援センター、地域活動センター単位でのお申し込みも募集しております。
また、大会への参加資格は特にありませんので、当事者以外の方でもお申し込みいただけます。 特に一般のなんでもない方のご参加をお待ちしております。

NPO法人 全国精神障害者団体連合会 第10回全国大会 さいたま大会
実行委員長 宇田川 健

※「一般のなんでもない方」という表現、実にいいですね。みなさん、ぜひご参加を(黒)
by open-to-love | 2008-07-31 12:04 | 全精連 | Trackback | Comments(0)
第10回全国精神障害者団体連合会全国大会・埼玉大会

第10回ぜんせいれん全国大会in埼玉

2008年9月12(金)、13(土)

場所:埼玉会館
(さいたま市浦和区高砂3-1-4、JR浦和駅西口下車徒歩8分)

参加費:1900円(交流会4000円、先着400名様)


わかちあおう、こころの叫びを
  
  大会実行委員長 宇田川健あいさつ

全精連全国大会が埼玉県さいたま市の埼玉会館をメイン会場にして開かれます。今回の大会は記念すべき第10回大会となります。当事者として何を語るか。発言すること、それが当事者のするべきことです。発言した内容を伝えるのはだれなのか。発言を聞くべきなのは誰なのか。今回のスローガンは「わかちあおう、こころの叫びを」です。 全精連が発足して15年になります。精神障害者の当事者団体としては、アジアに先駆けて、日本で一番初めに当事者の全国団体が作られました。また、世界各国に当事者団体はありますが、国規模の全国団体がある国は日本などの比較的面積が狭い国です。アメリカ合衆国は当事者運動が盛んですが、実質的な全国団体はありません。 

 ひとりひとりの声を拾って、大きな声にしていくのが全精連全国大会の役割です。誰か一人の精神障害者の声は、背後にいる100万人の精神障害者のニーズを反映していると言えます。 第10回全国大会ではひとりひとりの声を大切にします。どうぞ皆さん自分の話をもって、埼玉まで来てください。そして発言してください。


■大会日程■
9月12日 金
11:30 受 付
13:00 開 場
13:30 開会式
14:10 基調講演 やどかりの里 増田 一世 氏
15:00 休憩・移動
15:30 分科会

  1 サービス、制度の地域格差
  2 恋愛と結婚   
  3 自立支援法
  4 一人暮らし
  5 障害者の高齢化
  6 社会的入院の退院促進
  7「働く」という事について
  8 自助グループ
  9 差別、偏見
 10 統合失調症(症状の対処法)
 11 ピアスタッフ、ピアカウンセリング
 12 家族との関わり方
 13 薬について
 14 躁鬱病(気分変調症)
 15 なんでも話そう

17:30 休憩・移動
18:00 交流会
20:00 終 了


9月13日 土
 9:30 受 付
10:00 スピーク・アウト
11:30 閉会式、大会宣言
12:30 終 了

主催:ぜんせいれん、ぜんせいれん埼玉大会実行委員会
後援:厚労省(予定)、埼玉県、さいたま市、埼玉県精神障害者団体連合会(ポプリ)他予定

問い合わせ:ぜんせいれん全国大会実行委員会
TEL&FAX 03-5497-2345

 【ぜんせいれん】
 全国精神障害者団体連合会(全精連・ぜんせいれん)は、「ひとりぼっちをなくそう」をスローガンに、1993年4月に結成し、現在、県連や単会などの団体会員、所属する精神障がい者本人の個人会員、一般市民の賛助会員を加えると約5000人の会員が加盟しています。ぜんせいれんはこれらの全国の仲間とともに、精神障がい者が、精神障がい者のために、精神障がい者自身の要求や願いを分かちあい、その実現に向けて自分たちが活動する当事者活動を、当事者の運営で展開しています。
 ぜんせいれんは、その活動の中で、全国の精神障がい者の悩みや心配ごとに対する相談相手となり、また、全国の精神障がい関連団体とも協力して、精神障がい者に対する社会の偏見や差別の解消、精神障がい者の人権の確立や生活環境の改善などに向けて広く社会にアピールし、関係諸団体と連携して国や厚生労働省などへの要望書の提出、実現のための折衝等を推進していきます。
by open-to-love | 2008-07-18 14:09 | 全精連 | Trackback | Comments(0)