精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:心の病と音楽( 6 )

コンボお知らせメール便:クラシックコンサートに10名様ご招待

盛岡ハートネットのみなさま

 こんにちは、コンボ広報チームです。本日は、5月のクラシックコンサートに皆様をご招待というお知らせです。皆様のご応募をお待ちしております。
 ★今回ご紹介するのは★
   (1)  クラシックコンサートご招待
   (2)  コンボイベント最新情報
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
「ノバルティス クラシック スペシャル2013 “チェロがうたう“コンサート」
       10名様ご招待
       お申込は:4月2日(火)午前10:00まで
●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●~●
  ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/new/report/report_20130325.html
  ☆チラシはこちらから
   → http://www.comhbo.net/new/pdf_data/20130513_classic.pdf
こちらのコンサートに10名様をご招待いたします。
4月2日(火)午前10:00までに、下記の希望者登録サイトからお申し込みください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日時&場所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2013年5月13日(月)午後4時開演
場所:サントリーホール・ブルーローズ(小ホール)
    アクセス → http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/map/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 演奏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
堀正文(NHK交響楽団ソロ・コンサートマスター)& N響室内合奏団
高木綾子 (フルート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 応募方法
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【応募の対象】精神疾患をお持ちの方(当事者)かそのご家族の方
【応募方法】下記の希望者登録サイトからご応募ください
        ※一人1回お2人様までの応募ができます
        http://enq-maker.com/83H43vBB
(1)ご住所、電話番号、メールアドレス、車いすの有無をご連絡ください
(2)当事者かそのご家族のどちらかのお立場をお書きください
【締め切り】4月2日午前10:00まで
【ご招待人数】10人(ペア参加含む)
【当選の発表】当選された方には、4月8日ごろまでにメールでご連絡いたします
●~●~●~●~●~●
  コンボ★イベント
  最 新 情 報
●~●~●~●~●~●
◎ACT研修会◎ 申込締切ました
  『ACT研修会in鹿児島』
  【日時】2013年3月30日(土) 10:00~16:30 (開場9:30)
  【場所】鹿児島大学 農・獣医共通棟1階(鹿児島県鹿児島市)
   ☆詳細はコンボのHPから
   → http://www.comhbo.net/event/report/report_20130330.html
   ☆チラシはこちらから
   → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/act_kagoshima.pdf
◎こんぼ亭第15回月例会◎ 事前申込締切:4/19
  『iPS細胞の研究は精神疾患の治療に何をもたらすのか』
  【日時】2013年4月27日(土)
  【会場】葛西区民館(東京都江戸川区)
    ☆詳細はコンボのHPから
    → http://www.comhbo.net/event/report/report_20121217.html
    ☆チラシのダウンロードはこちらから(裏面が申込用紙になっています)
    → http://www.comhbo.net/event/pdf_data/20130226_ips_fly.pdf
***********************************************************
以下のリンクから「こころの元気+」創刊号が無料でダウンロードできます。
http://comhbo.net/mental_energy/pdf_data/genkiplusno1_2.pdf

特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構(コンボ)
Webpage: http://comhbo.net
Twitter: http://twitter.com/#!/comhbo/
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
TEL: 047-320-3870 FAX: 047-320-3871
EMAIL: info@comhbo.net (コンボ広報チーム)

下記のサイトより過去のお知らせメール便がご覧になれます。
http://comhbo-mail.blogspot.com/
by open-to-love | 2013-03-29 22:26 | 心の病と音楽 | Trackback | Comments(0)
大久保忠充第1回ソロ・テューバ・リサイタル
a0103650_100412.jpg

by open-to-love | 2011-10-16 10:00 | 心の病と音楽 | Trackback | Comments(0)
~ピアノとヴァイオリンと音楽療法~ まるまるひつじ音楽会

●ピアノ 雫石環 ・・・クリストファー・ノートン「ラテンプレリュード」他

●ヴァイオリン 高山仁志 ・・・ジュール・マスネ「タイスの瞑想曲」他

●音楽療法 智田邦徳 ・・・音楽療法歌集「おどりの大王」より

●さくら音楽教室 宇部未音 近藤照正 伊藤明香里

2009年1月25日(日)13時会場 13時半開演

プラザおでって 3Fホール 入場無料

お問い合わせ FAX 019-656-7365 智田
by open-to-love | 2009-01-11 09:54 | 心の病と音楽 | Trackback | Comments(0)
私達と一緒にあったかくなるコンサートをやりませんか?

 私達は精神科デイケアのバンド活動を通じて「絆」ができた仲間です。
 つまずいたり、転んだりしながら「少しずつでも前へ」という気持ちで歩み、コンサートの舞台を経験しました。道のりは平坦なものではありませんでしたが、後には皆でひとつの事をやり遂げたという達成感、笑顔、支えてくれた人たちへの感謝の気持 ち、何物にも代えがたい思い出という絆が生まれました。
 そしてコンサートに携わったひとりとして、何か出来ないだろうかと思ったのです。
障害を持っている人、そうじゃない人も一緒に、楽しくやさしくなれるようなコンサートをしたいと仲間たちに声を掛け実行委員を立ち上げました。
 どうしたらいいか分からなくなっている人、「どうにもならない」なんて考えないで。間違えても、恥ずかしくても、呂律が回らなくてもいいじゃないか。
みんなの最高の本気を見せてください!
 『コンサート』といっても音楽以外のパフォーマンス(お笑い、詩の朗読、劇、踊り、笛、太鼓 等)なんでもありのコンサートにしたいと思っています。
 もちろんお客様として来ていただくのも大歓迎!

 何かの一歩を踏み出すきっかけになれたら・・・幸いです。
 暖かい返事お待ちしています。

2008年5月20日
  あったかコンサート実行委員長  まーぼー
  あったかコンサート実行委員一同       

♪あったかコンサート(仮称)参加意向アンケート♪
 ギャラも交通費もありません。そんなイベントですが、参加してくれる方々を募集しています。時期もだいたい「11月頃(変更の可能性もあり)」としか決まっていません。もし、この企画に興味をもっていただけましたら、アンケートに記入いただいて、下記あて先に郵送してください。(申し訳ありませんが、切手は自己負担でお願いします)どうかご協力をお願いいたします。

 今回は、参加申し込みではなく、皆さんの気持ちをうかがうアンケートです。イベントの開催が決まりましたら、改めて参加者(ステージ発表希望者)の募集をいたします。

お名前(団体名でも可)                      

それぞれの質問で、「あてはまる」と思うものに○をひとつ付けてください

1.「歌(うた)」「楽器演奏(ソロ・バンド・合奏など)」や「演劇」といった活動に関心はありますか?
(ア)関心はある
(イ)関心はない

2.日ごろ「歌」「楽器演奏」「演劇」のような活動をされていますか?
(ア)活動している
(イ)活動していない
(ウ)やってみたいと思うが、楽器も演劇もやったことがない

 日ごろ「歌」「楽器演奏」「演劇」などの活動をしていると
 答えた方にお尋ねします。(○をつけてください)

  ●人前で表現(発表・演奏等)したいと思いますか?
 (ア)すでに、ライブ、発表会などを行ったことがある。
 (イ)ライブ、発表会の経験はないが、機会があれば人前で表現したいと思う。
 (ウ)表現してみたい気持ちはあるが、恥ずかしいので人前には出たくない。
 (エ)人前で表現したいと思わない。
  ●活動は、おもにどこでされていますか?
 (ア)自宅で、ひとりでやっている
 (イ)職場や施設のなかにある音楽サークル(劇団など)で活動している
 (ウ)地域の音楽サークル(劇団など)に入って活動している
 (エ)音楽教室(演劇講座)などに通っている
 (オ)その他(どこで?

3.現時点で、私たち実行委員会で企画を考えているコンサートに出演したいと思いますか?
(ア)出演したいと思う
(イ)現時点で「出演する」とは言えないが、前向きに検討する(出演の可能性あり)
(ウ)出演したいと思わない

ご質問などありましたら、ご記入願います。
後日、文書にて回答いたしますので、「あて先住所」「お名前」もご記入願います。

☆募集は、既に終了しました。


by open-to-love | 2008-05-19 19:08 | 心の病と音楽 | Trackback | Comments(0)
障害者自身の手による「あったかコンサート(仮称)」の企画実行委員会スタッフ募集

発起人 佐々木正明

いつになるかわかりませんが、コンサートを開きたいと思います。
人にやさしく楽しいコンサートにしたいと考えています。
赤だったり青だったりコンサートではいろんな花が咲きます。
もりココにはいろんな人が居ます。
ゆっくりだったり つまづいたり人も居ます。
答えは1つじゃないし、考え方も1つじゃない。
半年ぐらい時間をかけ、
ゆっくり、ゆっくり≪1つの音≫
にしてみませんか。

この企画に賛成して
一緒に企画をたてたり
実行委員として活動して
くれる仲間を
募集しています。
申し込み先
090-2883-9043
(ハートネット事務局 黒田)

~~~プロヒィール~~~

佐々木正明、マー坊と呼ばれています。
統合失調症になったぼくは、始め早くよくなろうと思い、先生の話を聞き薬を飲み
治る病気なのだろうと思っていた。
内科でも外科でも先生の話を聞いて薬りを
飲めばよくなる。そう思った平成9年、いや発病したのはもっと前で10数年になるかな。
でもこの病気になって妻やデイケアメンバー、スタッフ
先生、いろんな人達の人生に何らかの形で
関係をもてた事に幸せを感じています。
失うものもありましたが、ぼくは現実を見て生き
て行こうと思います。
幸せって何んだろうと思った時ぼくは統合失
調症になったものの不幸ではない自分が現実
に今ここに居る事がわかります。
ぼくはもりここメンバーです。
もりここではいろんな人達と出合います。
笑い声のたえない日々、これからもいろんな人達
と出合い、笑いあえる出合いの場としてこの企画を考えました。

※というわけで、2008年2月12日、盛岡ハートネット第3回交流会の場で、マー坊が仲間を募集しました。ちなみに、2007年に盛岡市で開かれた第30回記念県精神障害者家族大会に出演したもりここバンドとマー坊の詩「夢の距離」は、「当事者」「管理人より」のカテゴリーに収録済みです。
 スタッフ募集の問い合わせと申し込み先は、話のなりゆきで、ハートネット事務局が引き受けました。どしどしご参加を(黒田)
by open-to-love | 2008-02-14 11:52 | 心の病と音楽 | Trackback | Comments(0)
「俺たちはここにいる」マー坊作

俺たちは仲間だ
俺たちは、偶然「もりここ」で出会った
そこで俺たちは仲間として話し合い
時には衝突し
時にわかり合い
ここまできた
そして今、ドキドキでキャラホールに立っている。

みんなの声を一つに
いまここで叫びたい

このバンドを通して
自分たちが何者であるかを証明したい。
俺たちが生きていることを
知ってもらいたい。

そう!俺たちは今キャラホールに立っている。
俺たちは今ここに居る。
そう俺たちはここに居る。

「夢の距離」マー坊作

手を伸ばし夢の距離を計ってみる
「ぼくはこれからドコへ行くんだろう」
「みんなは これからドコへ行くんだろう」
人は夢を遠い遠い所にあると思っている。
しかし、あと数センチかもしれない。
人生の中の小さな小さな夢
もう少しあとちょっとで夢は手を伸ばせば
つかめるかもしれない。
「君の夢は何ですか」
「小さくても手に入れなきゃ」
それで人生バラ色にならなくとも

デイケアにいる時
みんなの笑い声の中
自分の夢を思い出す。
今までたった一人で夢を追いかけた日々は
何もかもひとりで頑張っていた日々は
もう終った

明日の夢を追いかける
夢を追って泣き 自問自答する
それでも
明日に向かって走り続ければきっと
答えは出るのだから。
それは明日かもしれないのだから…

もりここバンドの紹介
 もりここバンドは、「誰かと音楽をやりたい」という気持ちをずっと暖めてきたメンバー数名の熱い思いと「楽器の音がうるさいから、クリニックの外で演奏してくれ」という切なる願いから昨年10月に誕生しました。ことの始まりは、さらにさかのぼる事数ヶ月、クリニックデイケアの放課後に何人か集まって「ちょっと1曲やってみようか?」「じゃあ歌も合わせてみる?」「なかなかいいじゃん」「将来ライブやれたりして(夢だけど)」そんな感じで始まった音楽活動でした。あれから40年(綾小路きみまろ風に)…バンドは、年齢もさまざま、楽器の腕前もさまざま、好きなジャンルも違えば、音楽に対する考え方も全く違う人たちが一緒に音楽をやっているという不思議な集合体になりました。個性と個性がぶつかり合いケンカになることもありますが、「音楽をやりたい」という一心でいくつもの山を乗り越え、現在まで続いてきました。
 それぞれの歩んできた道が、それぞれの個性となり、音となり、そして一つの音楽となった。そんな「もりここバンド」の演奏をぜひ聴いていただきたいと思います。

(第30回県精神障害者家族大会パンフレット所収 2007年7月12日、盛岡市・キャラホール)
by open-to-love | 2007-07-16 20:42 | 心の病と音楽 | Trackback | Comments(0)