精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年 09月 18日 ( 1 )

「べてるのお正月 2016→2017 Re:ベリーオーディナリーピープル 2017」

 こんにちは。べてるの伊藤知之です。私が出演したDVD「べてるのお正月 2016→2017
Re:ベリーオーディナリーピープル 2017」が発売されました!

べてるは、今年も安心して絶望できます

 2016年の大晦日と2017年元旦のべてるを、スケッチしました。
 鈴木恵美子さんは、入院病棟の閉鎖を機に浦河赤十字病院を、2年前に退院しました。そしていまは、べてるの中で楽しそうに暮らしています。支えているのは、伊藤知之さん。彼も統合失調症の当事者なのでいわゆるピアサポート。ピアサポートとは、誰かを支える事ではなくて、互いに支え合うこと。鈴木恵美子さんを支える伊藤知之さん。自分だってけっこう大変なのに、自由奔放な恵美子さんに振り回されて、きつそうです。でもね、結局、伊藤さんの元気のもとは、おけいちゃん食堂の朝ご飯と恵美子さん、なんだろうな。
 以前、浦河赤十字病院で医師をしていた今村弥生さん(現:杏林大学病院)。毎年、親友の清水里香さんたちとべてるで年越しをします。「ただいま」「おかえり」そういうやりとりからはじまり、医師と患者という関係を離れた1年ぶりの女同士の四方山話に花が咲きます。患者という役割りの個人。そして治療者という役割りの個人。人と人が本当に信頼し合えば、役割りにとらわれた関係は無意味なのだということがよくわかります。
 ’お正月’というのは、その地方や生活する人たちの個性がはっきりでます。べてる、という集団も、やっぱり同じ傾向があるようです。いつもの通り、なんでもありのグチャグチャのべてる。
 新しい年、2017年も安心して絶望できますように。

製作・著作=株式会社中島映像教材出版

収録時間 30分

価格 3,780円(税込み)


by open-to-love | 2017-09-18 08:06 | べてるの家 | Trackback | Comments(0)