精神障害がある当事者、家族、関係者、市民のネットワークを目指して


by open-to-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

盛岡ハートネット第42回お茶っこの会「見守り、見守られる」が開かれました

大変遅ればせながら…

盛岡ハートネット第42回お茶っこの会「見守り、見守られる」が開かれました

 精神障害当事者・家族・関係機関・市民のネットワーク「盛岡ハートネット」の第42回お茶っこの会「見守り、見守られる」は、2017年6月18日(日曜日)、盛岡市総合福祉センター・ボランティアルームで開かれました。

 県内外の36人が参加。ちょっと小さめの部屋で、ギチギチでした。
 講師は、一関市の千葉一歩さん。準超重症心身障害を抱えながらも、放課後子ども教室の指導員として、地域の子どもたちを見守っています。

 すごくいいお話でしたね。皆さんの感想の一部は、アンケート回答をごらんください。
 一歩さんには、皆さんの参加費から、ずっしり重い100円玉で1万円を謝金としてお渡ししました。
 そしたら、放課後子ども教室の子どもたちに、工作用のガムテープをプレゼントしたんだそうです。
 そしたら、その日のうちになくなったんだそうです。
 さすが、子ども。

☆相模原市の津久井やまゆり園事件から、間もなく1年となります。7月29日、盛岡市総合福祉センターにて、犠牲者の冥福を祈り、このような事件が二度と繰り返されないことを願って「相模原事件を考える集い」が開かれます。
 この集いに、盛岡ハートネットも協力するため、次回のお茶っこは8月のお盆過ぎになりそうです。
 皆さん、集い、そしてお茶っこで、またお会いしましょう。


 

トラックバックURL : http://opentolove.exblog.jp/tb/237148420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by open-to-love | 2017-07-07 23:20 | お茶っこの会2017 | Trackback | Comments(0)